バッテン長崎の人 さん プロフィール

  •  
バッテン長崎の人さん: バッテン長崎の人
ハンドル名バッテン長崎の人 さん
ブログタイトルバッテン長崎の人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tkankyofore2020
サイト紹介文長崎の良いところ発信、植物観察、旅日記、日々感じること、自分での新発見、写真付きで日記や趣味を書く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 52日(平均3.9回/週) - 参加 2017/03/02 02:08

バッテン長崎の人 さんのブログ記事

  • あと、なんねんの じんせい?
  • 人生も後半になると、何かと考える事がある。数えると途方もない、数々。また、過去と未來にわけると、いや未來が有るとしても、もうそう長くは無いのだが、今まで何やってきたか と思うと焦りを感じて しまう。人生やり直しが、出来ればいいのですが。そうは、いかない。もう過去は、返りみず、これからどう生きるかを十分に考えていくしか道は無い。 [続きを読む]
  • 我が母
  • 私は小学1年生までは産みの親、兄弟とは生活してわない。母方のお祖父さん、おばあさんとくらしていた。山あり、川あり、海ありの美しい、田舎だつた。主な交通手段は歩く、馬車に、牛車に乗って遊びながらの、学校通い、また、大きな水車、毎日ことことこっとんと、休み無く働いていた。子供らの、おやつは、自然のなかに、イチゴを初め、くはのみあり、梨あり、皆自生するものであっだ。学校では給食はなく。弁当持参するのだ、 [続きを読む]
  • 我が父親
  • 我が家は、父親、母親、兄、姉、私、弟、妹の7人家族。父母は子供達が大学卒業するのを見ると、父、母とこの世を去った。父は厳しい人で私にはとくに。だが今思い、起こせば、実にやさしい父であった。東京で就職した時、家を買ってやるからと、言われた時は、涙出るくらい嬉しかったが、さすがに私はありがとうと、言って断った。私には真似の出来ない父の優しさであった。兄弟、思い起こせば、それぞれに、やさしい父であったの [続きを読む]
  • 最近、不思議な感覚おちいる。
  • 最近、寝ていると、今自分が何処に居るのか分からなくなる。東京であったり、横浜であったり長崎の実家だったり、私の家であったり、それぞれの場所でそこにいた人が私の回りにいる?あたまが??と、なって、いやおかしい、そんなはずないと思いなやみ目が覚める。すこし、惚け老人になってしまったのか? [続きを読む]
  • 長崎のびわ
  • どうやら、今年のビワはかなり豊作のような気がする。実際は分かりませんけど?私の私見は豊作。あの人この人送ってあげたい人を数えてみる。これもまた、楽しい。長崎ありがとう。 [続きを読む]
  • 最近、悲しい事、嬉しい事、など。
  • 悲しい事、娘が遠く離れて行った。アメリカに留学してる時は、もう日本には帰って来ないだろうと思っていたので、何ともおもはなったが同じ日本にいて会えないのは辛い。私の年齢によるのだろうが。最近、嬉しかったのは兄より73年生きていて初めて電話を貰った事です。暫く暖かい空気にしたっていた。兄80才。何時までも元気で‼ [続きを読む]
  • 今夢の中
  • 今夢の中目が覚めた。 また夢の中目が覚めたが暗闇の中ここはどこ?やっぱりこの世界に近いのか&????????????????? [続きを読む]
  • この印籠見えないか??
  • この朱肉は25位前、ある病院の竣工記念に、天皇家よりいただいものです。なかなか重量があるので、よく見ると24kとあった。かなり遅く気が付いたが、大事にしよう。もう思いでの世界に入り込んだようだ。思い出は良いものだけとしよう。 [続きを読む]
  • 私の会社と私の頭は自転車操業中
  • 会社風前の灯火、私の頭は脳は時々忘れ物をする、脳の回線が複雑骨折をする、頭はつねずね、働かせないと易しい数式さえ浮かんで、来ない。こんな調子で他人様の仕事を、 して良いものか。こんなことでは、決していけない。そんな事続けていると仕事来る筈がない。人の生命に関わることも有るのだから。仕事をすることは、それを続けるなら、頭の訓練、体調の訓練は日頃から、やるべしと心得よ。「医は生涯勉学を排すべからず。」 [続きを読む]
  • 時間外労働とは、何ですか??
  • 時間外労働今、国会でも取り上げあげる程に問題になっていますが、何年か前はそんなには騒ぐほどではなかったように思いますけど。大手の会社では問題化され、多少は五月蝿かったようにですが。タイムカードで誤魔化していた。小さな会社はそうは行かないでしょう。大きい会社に負けない様に時間など気にしてたら潰れ去るのみ。さてわれわれ自営業者は政府の頭にも浮かばない、討死するのみ。そのてん公務員の方々は、真面目に時間 [続きを読む]
  • 突然の友の訃報
  • 最近、突然に訃報が飛び込んくる。そんな年齢に成ったと言える。覚悟はできている。何度か三途の川はわたり、その情景もみてきた。世に言われるように美しい風景がある。あの世はそう悪くはないでしょう。私は10回くらい見たから、もう行けなくてこの世の地獄でうんと苦しみな、と、人は言う。どちらが良いのかな?? [続きを読む]
  • 受験生の皆さん、受験頑張って。
  • 皆さん、受験頑張って桜の花は決して皆さんが合格するまで、散らない?皆が合格して学校に入学するまで待っているよ。その時は満開で迎えてくれる。日本の将来は、若い皆さんにかかっている。自分の好きな道を早く見付けて、学生時代それを目標に勉学に、恋にエンジョイ して。社会に出るとまた、大変な事もあろうが、それもまた楽しいものです。大いなる皆さんの人生にエールを送ります。 [続きを読む]
  • 春は足下来たようです。
  • 明日は誰にも平和にやって来る。だが、それを蹴破る人間がいる。何処かに、何処かの国では争いが絶えない。貧困、宗教、等仝の問題で、大きな国の大統領は世界向かって アメリカフアーストと叫び世界平和のバランスが崩れそうだ。ゆっくりと温まりある、会話は、話し合いは出来ないものでしょうか。 [続きを読む]
  • 光陰矢のごとし
  • 若い頃は日の移り行くの遅いと思われ、年老いた今では、日々が矢のごとく、過ぎ去る。やるこ多くして何もかも出来ないで1日が去って行きます。このままだと、中途半端な人生で終わる。目の前のカレンダーは2月はあと、ふつか。明日から戦争だ。 [続きを読む]
  • 外に、足音がしたが春の、いや???
  • 春が来たとてこの世になにかわる。私には、暖が身を楽にしてくれる。私は知らない、私が背負ってる人知れぬこの病気。今まで、生きて来た事が奇跡。生きてる、生きると言う事は水が食べるものが要ると、数えれば地球より重い物がある。この年寄りには何の生きるすべもない。いつの日か春の花ばなが、心から美しいと思える時を迎え、 迎えの銀河列車に乗りますか。 [続きを読む]
  • この、花の 名は わからなくても。。。?
  • この花の名は私は知らない、花が好きと、言っても花の名を知ってる訳ではない。美しい花を観て心が癒される。神経がイライラとしてる時とかに、綺麗な花見ると、少しは心が穏やかに成ったりする。イギリスやフランスは花の公園が多くて、周囲の景観とマッチしてとても楽しく散歩できる。男だけで一人で行く私にはそぐわないかもしれないが。ロンドンもParisもバラが多種多様で美しい。時にはこんな時間があっても良いですね。 [続きを読む]