ポストホルン さん プロフィール

  •  
ポストホルンさん: 標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ハンドル名ポストホルン さん
ブログタイトル標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ブログURLhttp://posthorn.muragon.com/
サイト紹介文49年ぶりに帰郷した戸隠が終の棲家となりました。画像付きのかなり詳細な野菜づくり日記です。
自由文『農家日記』も「野菜づくりノート」も書いています。
前の年の今頃は何をどう育ててどんな様子だったか、、、。いま一つ参考になりません。写真を添付したブログの方がよほど役に立つのではないだろうか、、と。
気負わずに、淡々と記録していきたいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 54日(平均7.3回/週) - 参加 2017/03/02 17:12

ポストホルン さんのブログ記事

  • 冬越しの野菜は失敗
  • 朝4時半、もう東の空が明るくなり、下弦の月が見えます。 日が長くなり、夏至まではまだ日数がある4月、5月は私の最も好きな季節です。 しかし、今ごろ怖いのは遅霜で、このように晴れると今朝も霜が降りました。 今日は全くフリーの一日です。 冬越しの野菜は5,6種類は畑にありますが、すべて播くのが遅すぎて、小さいまま薹立ちしかかっています。もっと早くに、もっと株間を広く育てなくてはものにはなりません。 譲 [続きを読む]
  • 戸隠蕎麦
  • 我が家の梅も満開です。 消毒もしないし、手入れもしないので、いい梅の実はなりませんが、ここのところ数年は梅干を作っています。 長男夫婦とその子、長男の嫁さんのご両親が、戸隠蕎麦を食べに行きたい、また私の畑も見学したいというので、戸隠中社で3家族が合流することにしました。 中社に向かう途中で見る戸隠山ですが、霧が立ち込めてくっきりとは見えませんでした。 戸隠中社の三本杉の一つ。三本に枝分かれしている [続きを読む]
  • スパゲッティをスプーンで食べる
  • 長男が勤めている県立病院は須坂市にあって、その町は知らないではありませんが、程よい規模で、落ち着いた感じがいいです。 この町で今でも戸惑うのは方向感覚で、北と南が逆であるような感じがします。それは、北に向かって坂になっている長野市とは逆に、須坂は南の方が高くなっているからです。 それと、扇状地の町なので、直角に交わる道路が少なく、うかつに走っていると元のところに戻るようなところがあります。 診察の [続きを読む]
  • マルチを剥ぐ
  • 雪が融けて畑に行かれるようになったら、真っ先にすることは、マルチが張られたままならそれを取ることだと、つくづく思い知らされました。 ぐずぐずしていたら、マルチの両脇と、穴あきマルチならその植穴の雑草が大きくなって、剥ぎにくくなりました。 今日はたとえ一本でもと思って、剥ぎました。 ①の区画の下の方のここに、穴あきマルチがあったのですが、苦労して、多分40分ぐらいかかって、?ぎ取りました。 右隣のマ [続きを読む]
  • Tさんのお手伝いの初日
  • 今日の天気については、予報を見誤っていたのでしょうか。 朝起きたら、なお雨が降っていたのが予想外で、出荷に向かう時にもワイパーを動かしました。 晴れに向かう感じではあったけれど、長野市街の方角を見れば、不穏な雲の様子でした。 中間点近くに商店があるのですが、そこの駐車場から北の方、つまり自分の家や畑がある方面を振り返れば、そっちの方はもっと怪しい感じでした。 出荷を終えて、裏側から善光寺に向かう街 [続きを読む]
  • 地に足の着かない感じ、、、
  • 家の庭から前方を見ると、V字谷の向こうに見える集落に日が当たり、霧も立ち上って、いい感じの一日の始まりです。 昨夜は、妻によるとかなり激しい雨が降り続いたそうですが、私は熟睡していました。 たっぷりの雨で土も黒っぽくなると、庭先の畑のホウレンソウも発芽がくっきりです。しかし、思うように大きくならないなとい思っています。 毎朝、また毎夕の苗の扱いは大分楽になりました。夜の寒さに備えてどうこうすること [続きを読む]
  • たくさんの苗
  • たくさんの苗というのは、小規模な農業の私としてはという意味です。 軒下の農電マットの上ですが、ピーマンがのさばっています。少しでも発芽したものは、今朝ビニールトンネルに移動したので、すきずきしています、軒下には、他に簡易温室にも10枚。 庭のハウスの脇のトンネル。 庭先の畑のトンネルの苗。 これらを定植するのは、楽しみではあるけど、相当な作業量です。 まだ畑では、植える場所が整備されていません。一 [続きを読む]
  • 生民弥栄
  • 「ムラ」の祭の幟ですが、「生民弥栄」(せいみんいやさか)と「神祇徳?」とあります。 「生民弥栄」なら、生民は民、人民、国民のことですから、問題も抵抗もありません。私は勘違いして、あれは「平民弥栄」だったなと、今日午前に幟が立てられる前には思っていたのでした。 私が生まれる前、70数年前に書かれた幟が、延々と引き継がれているわけです。昭和30年代、40年代には、さて何人だったか正確なことは分かりませ [続きを読む]
  • 農休日
  • 予報と個人的な期待に反して、晴れのあと降るかもしれないという雨が、午前中から遠慮なく降りました。 それで、今日はダメだなと早々と諦めて、休みにしました。 上松に出荷のあと、買い物があったので妻も同行しましたが、善光寺裏手のサクラが咲いていました。 長野市街。 大座法師池。 バードラインを更に進むと、忽然として戸隠山が見えてきますが、雨のために迫力もなしでした。 ゆうべ睡眠が少なかったので、午後は気 [続きを読む]
  • タバコ育苗ハウス
  • 昨夜の神楽練習後の飲み会で、「どんなものでも、遠慮なく持ってくればいい」と言われたので、播き直しのトマトとナスのポットを持ち込ませてもらいました。 4月7日に播きましたが、まだ発芽していません。私の農電マットに置くよりはこっちの育苗床の方が、発芽も間違いないでしょうし、その後の管理もいいに決まっています。 葉タバコをつくる人は、育苗のプロです。私のポットを引き受けてくれた彼は、勤めをしながらなので [続きを読む]
  • 下の区画からきめていく
  • メインの福平の畑は八つの区画に分かれていますが、下の方つまり南側の区画から耕したり種播きをしています。 上の方は、秋に耕さなかったし、マルチが残っているので、どうしても後回しになります。 ⑦の区画は、最後の仕事の一つとしてTさんに耕してもらったのを思い出します。そのように畑仕舞いをしなければ、春に苦労することを思い知らされました。 今日はこの区画に、ホウレンソウ「オーライ」を5条(列)、野沢菜を9 [続きを読む]
  • 培土器
  • 畑から帰る前に、今日の仕事の一部を表す写真を撮りました。不満足ですが、まあよしとします。 マルチを張ったら連続で2年は使う魂胆ですが、こんなに雑草に覆われたのでは、とても使えません。穴あきマルチは、土台無理のようです。 ハコベは「いい草」と思っていますが、冬の間に雪の下でも伸びている感じで、厄介です。2.4馬力の軟弱な管理機では、ロータリーが絨毯のような草を切っていきません。 トラクターがあったら [続きを読む]
  • 種播き器
  • 7時半に出発して、出荷です。今日は、4回目のエンドウ苗とアサツキだけの出荷でしたが、前もって気がかりなことがありました。 ニンニクの芽とエシャレットが、この2日間ちっとも売れないのです。案の定バックヤードに移動されていましたが、ニンニクは少し古くなると強烈なニンニク臭を発します。 そうなると、益々といよりはまったく売れません。大体が、アサツキはよく売れますが、あとの2品目は新しい時でも素早く売れる [続きを読む]
  • ズッキーニを植える
  • 朝5時。すでに少し明るくなっている上に、庭に出て前方を見ると。南東方面が格別に明るかったです。 そっちは長野市街地方面ですが、太陽が昇ってくるのはずっと左の方です。何故か分かりませんが、それは気にしないことにして、5時でもこんなに明るいことをしっかりと知りました。 アラームは6時にセットしていますが、それでは遅すぎる時候になりました。もっとも、私はたいていはその前に目覚めるけど、夜明けとともに起き [続きを読む]
  • 発芽をよろこぶ
  • 庭先の畑に辛味大根「雪美人」を播いたのは3月18日のことでした。 大根などは、時期によっては播種して2,3日で発芽します。しかし、地温が低いのでたしか3月29日に、ポツリと双葉が出ているのを初めて認めました。その後も大半はダメになったのかと気落ちしていましたが、今日あたりは、写真ではよく見えませんが、確かに4条播いたことが分かる具合です。 結局はエンドウを育てることにした一本の胡瓜支柱の南側には、 [続きを読む]
  • 小型耕耘機が大活躍
  • 今日は、今年初めて軽トラで畑に行きました。 耕耘機も持って行き、オイル交換をしたあと、⑦の区画を耕しました。 次は②の区画。こっちは、草がびっしりと生えています。胡瓜支柱も置きっぱなしだし、南側には茗荷が植わっています。もし茗荷の茎を片付けてなければ、ロータリーに絡むだろうなあ。 それに、食用ホオズキですが、これは取り除かないといけないだろうか?近づいて、見ると、いけそうです。たった2本で、このよ [続きを読む]
  • 雨上がり
  • 今朝は7時半ごろ起きましたが、たいてい6時のアラームの前に起きるので、寝過ごし、その分よく眠れたともいえます。 昨夜は雨が降ったので、おとといは今年初めて7時に畑に向かったのですが、そのようなことはできないことが残念であるどころか、朝寝の言い訳になって、具合がいいです。 かなり降った雨は朝にはやんで、気温も上がりそうだし、何とも嬉しい一日の始まりです。青い空も少し見えるから晴れに決まっていますが、 [続きを読む]
  • あまり嬉しくないエンドウの定植
  • 今日はいまひとつ気が乗らない一日で、仕事量も少なかったです。 庭先の畑にエンドウのポット苗を植えましたが、苗は出来が悪いし、時期は遅いし、仕方なくやったというところです。 胡瓜支柱に胡瓜ネットを張るのは、裾にヒモを通すのに方向を間違えて逆にすると、もちろん張ることはできません。 今年初めてのことなので。片方は失敗してしまいましたが、結局はずーっと伸ばしておいて、ヒモで網目を縫うようにすれば問題あり [続きを読む]
  • 朝飯前の種播き
  • 朝飯前とは極めて容易なことを指しますが、私にとって種播きはそんなに容易なことではありません。 しかし、今朝の種播きは文字通り朝飯前のことであって、それは、きのう種播き用に三角ホーで3条の播き溝をつけておいたので、簡単に播くことができました。 7時ちょっと過ぎに畑に向かい、タネを播いて帰るとき写真を撮りましたが、達成感を感じることができました。 急いで帰ったのは、8時ごろに朝食になるからだし、今週か [続きを読む]
  • 今までとは異なる種の播き方
  • 稲の育苗箱は、私はセルトレイの受け皿として使っていますが、本来はここに土を詰めて籾をばら播きます。田植え機によってはばら播いたのでは具合が悪く、セルトレイのように穴が開いたものもあります。 もう何年もコメづくりはせず、結局しないと思いますが、穴の開いたトレイが相当数ありましたが、処分しました。 何の面白みもない写真ですが、野菜のタネを条播きするかばら播く人は、たくさんいるはずです。 私は、一粒の種 [続きを読む]
  • ピーマンの毛苗
  • 農協の人が、昨年暮れに注文しておいたピーマンの毛苗を届けてくれました。 その苗を見て、プロは違う!とほとほと感心しました。何という優秀な苗なのでしょう。夕方近く、届いた苗は250本ですが、96本はポットに鉢上げしました。 この苗の根が掴んでいる培養土はほんの少しで、私なら怖くて、このような小さなセルのトレイに播くことはできません。それが、ちゃんとできている、、、、。多分、誰かが農協の委託を受けて播 [続きを読む]
  • 朝出荷に行ったのはいいけど
  • 間違いなく今日は快晴だろうと思える嬉しい朝でした。近頃は日の出時刻も早くなって、東にも山がある我が家でも6時前に明るくなります。 松の根元のミニ水仙がようやく咲きました。これは何年か前に鉢植えを買ったのを、花が終わったあとここに植えたのでした。 水仙だから間違いなく着きます。しかし、水仙というものは、ミニならまあいいけど、私はあまり好きではないなと、改めて思いました。 そのしぶといところ、増えてい [続きを読む]
  • ネギおやじになっている?
  • 冬に逆戻りの朝です。雪は午前中に融けたけど、気温は上がらず。気合の入らない一日でした。昨日も、そう、、、。 昨日はほったらかしだったので、ビニールを剥いで水やりをし、またビニールを掛けておきましたが、日照時間はまあゼロでした。 どんな種類の苗も、ちっとも大きくなりません。こうして、セルトレイに次々と種まきしているけど、その苗を畑に定植したのはほうれん草のセルトレイ3枚だけです。そのうちの2枚は、半 [続きを読む]
  • 出荷について、大失敗
  • 月末の今日は今年2回目の出荷をしました。二つの直売所に、、、、。 ところが、一つの直売所は毎月月末に棚にある商品(生もの)は全部バックヤードに下げるのですが、久しぶりの出荷なのでそのことを失念していました。1袋売れただけでした。 午後4時ごろには雪さえ降りだし、気温は多分零度ぐらいです。 冴えない一日を振り返ると、、、、。 朝、畑に置いてあったものを取りに行ったら、昨日は雪が薄くあったところですが [続きを読む]
  • 畑の雪、ようやくなくなる
  • 今日は気温も上がり、この山村にもようやく春が来ました。 私のメインの福平の畑は、タイトルは雪がなくなったとしましたが、農道から畑に入る道を上り切ってカーブするところに、無意味な辛夷の樹があるので、そこにだけ雪が残っていました。 畑のちょうど真ん中ではないけれど、東西南北を見ると、いよいよ春耕の春到来と思いました。 東を見る。杉、落葉松、雑木が生えているのは、南北に400mの「福平城跡」です。安土桃 [続きを読む]