ポストホルン さん プロフィール

  •  
ポストホルンさん: 標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ハンドル名ポストホルン さん
ブログタイトル標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ブログURLhttps://posthorn.muragon.com/
サイト紹介文49年ぶりに帰郷した戸隠が終の棲家となりました。画像付きのかなり詳細な野菜づくり日記です。
自由文『農家日記』も「野菜づくりノート」も書いています。
前の年の今頃は何をどう育ててどんな様子だったか、、、。いま一つ参考になりません。写真を添付したブログの方がよほど役に立つのではないだろうか、、と。
気負わずに、淡々と記録していきたいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 172日(平均6.3回/週) - 参加 2017/03/02 17:12

ポストホルン さんのブログ記事

  • 明日から1週間ほどは毎日が日曜日
  • 今日は午前中、先日の大雨で被害を受けた3軒のお宅の片付け作業の手伝いでした。 誰かが、道路や川の復旧には重機も入るが、宅地には市の経費負担の重機は入らないと言っていましたが、ほんとにそうかどうか私は知りませんが、その発言は分かり易かったです。 私は土木作業は苦手ですが、他の人たちに負けないように頑張ったつもり、、、。下着までぐっしょり汗に濡れました。 悪いけど、最後まではできずに途中で上がらせても [続きを読む]
  • お寺で神楽・獅子舞
  • お盆の最中、またはその前後に、当地の割合規模の大きい寺で大施食会がありますが、今日がその日。 寺の本堂で、私の住む集落の神楽と獅子舞が奉納というか、披露されました。 ご住職にお尋ねしたら、今日の大施食会の参加者は350名だそうですが、みなさん食い入るように見て下さった。こちらも、感激です。 いろいろ感想はありますが、一番驚いたのは、お寺からの謝礼の高額さでした。 この獅子舞披露を皮切りに、三つの祭 [続きを読む]
  • 夏の一日
  • 青い空と白い雲。夏らしい一日にようやくなりましたが、これでまた夕方から雨も降るらしい。 昨日今日で、⑥の区画に胡瓜支柱を立て、ネットも張り、3種類のエンドウ苗を植えたのは4,5日前ですが、今日はその残り種を播き、種が足りなかったので、インゲンのマンズナルを種まきしました。 1本の胡瓜支柱に4種類の豆、その上に使ったマルチは4種類の継ぎはぎという奇妙な1畝というか2畝です。 エンドウの種がなくなった [続きを読む]
  • 明日から4日間、毎日何かがある
  • 年金だけでは足りないから、野菜をつくって出荷して、足しにする、、、。 そのことは、やっていて、自分の才覚次第で収入を得られるのは嬉しい限りですが、なかなか思うようにはいきませんね。 毎日が何の拘束もない日曜日のようだと錯覚する時も不図ありますが、現実は、日曜日もお盆休みもないというところです。 朝、この地区(組と言います)の組長名のお知らせが配られましたが、この間11日の豪雨で被害があったお宅2軒 [続きを読む]
  • 何という天候だと嘆くばかり
  • 長野市街に行くのに、いつもとは違うルートを取ったのは、当地のJAのアグリサポートセンターに行きたかったからで、そこで追肥用の米ぬかを注文してきました。 何とそこで、入荷したらお電話しましょうか?それとも、配達しましょうか?と聞かれて、ちょっと驚きました。 配達料金は掛かるの?と尋ねたら、いえ、ないです、、、と。案外に、JAにもいいところがあるな。 そこへ行く途中の山道で、このあいだ8月11日の大雨 [続きを読む]
  • 寂しいお盆と暗い天気
  • 昨日は迎え盆で、この田舎でも、町に出た子供や孫が帰省して、早めの食卓を囲む家が今でも少なくありません。 我が家では妻と二人。二人の息子たちとその家族が来てリユニオンの気づかいはないので、目いっぱい畑で仕事をして、それから盆棚をしつらえるというやっつけ仕事です。 このあたりでは、座敷に盆棚を作って、仏壇から位牌などをそこに移し、お供え物を上げて、お盆の間はその盆棚の近くで食事をする習わしですが、私が [続きを読む]
  • 丸ナス
  • 昨日の夜の激しい雨で、我が家から旧小中学校、郵便局、またJAなどに向かい、その先は長野市街へ、、、、という市道は、午後には通れるようになっていました。 このような小規模の土砂崩れでした。 そこから少し行ったところでは、ごくささやかな水路の水が道路上に溢れていました。この調子だと、あちこちに小規模な土砂災害があっただろうと思いましたが、国道406号線には格別なことはなかったです。 昨日は、年に一度し [続きを読む]
  • バーベキュー
  • 昨日、日中は気持ちよく晴れ、そよ風もあって、絶好のバーベキュー日和でした。 田舎家の荒れた庭が、一年に一度だけ、華やぎました。 昨年と全く同じ日に、メンバーは一人欠けているけど、あとは同じ。 どういう仕掛けで日差しを遮ろうかと思いましたが、長男が新規導入の何とかテントが優れものであり、広げるのには2分もあればよかったです。 しかし、グリルの場所にも日除けがあった方がいいということになり、そこは、田 [続きを読む]
  • スカッとした夏の一日がない
  • これは鰯雲、鯖雲?秋によく見られる雲と思いますが、私は好きですね。 朝7時ごろ、最短の直売所でも18km先なのですが、そこに向かって出発しようとしたり、2kmほど行ったりした時、雲の写真を撮ったのは、今日こそ一日雨の心配はなくて、夜には満天の星も見られるかと、早合点したからです。 その後、ラジオで天気予報を聞くと、所によっては雷を伴って激しい雨、、、。毎日毎日、同じことを聞きますが、今日もその通り [続きを読む]
  • ピーマンが豊作
  • 今日はTさんが手伝いに来てくれる日でしたが、朝も早めに電話があって、腕が曲がらないので行かれないと、、、、。 昨日自分の家の植木の手入れをしていた時に、腕というか肘の内側のところを蜂に刺されたので、パンパンに腫れてしまって、腕が曲がらないと、、、、。 どういうわけでか、Tさんはやたらと蜂や虻に刺されたり、蟻に噛まれたりする方で、その反応も、心理的にも表現の仕方でも、実際の体の反応でも、大きいかな? [続きを読む]
  • 草取り
  • ③の区画の3本の胡瓜支柱の上の方の2本は、ズッキーニの「立体栽培」に利用しましたが、立体栽培どころではありませんでした。 私が今年知った「立体栽培」は、ズッキーニの葉柄2本で支柱を挟み、紐で縛るというものでした。とてもいいアイディアと、すぐ飛びついたのですが、実は私には立体栽培の前科があって、それは一昨年のことですが、支柱に誘引するのにマジックテープを使うというものでした。 それも、うまくいきませ [続きを読む]
  • 暑いしアブ(虻)もいる畑
  • 入道雲が盛り上がり、青い空、、、。晴れるのは大歓迎ですが、4日目となると、少しバテてきた感があります。 昼日中に市街の直売所に行きましたが、34℃ぐらいで、風がないので、標高900mの畑でも街中とあまり変わらないと思いました。 夕方近くにネギを収穫していたら、左手の甲を虻に刺されて、それが採血する時のように血管を刺されて吸血されたかも知れず、プクッと左手が膨らんでしまいました。 あまりブンブンしな [続きを読む]
  • 夏の日の3日目を楽しむ
  • 朝、直売所に出荷に行って帰る途中、北陸新幹線の線路脇のスーパーマーケットの駐車場から空を見れば、まあ雨の心配はない夏の一日。 それで、休み休みあれこれの作業をして、畑から帰ろうという時の空は、こんな感じ。 今日は、特に何をしたと特筆することはありませんが、私の畑の下の畑のおばさんが、軽トラをコリンキーだかバターナッツを育てている所に乗り入れてしまって、動かないと言ってきました。 私の軽トラを持って [続きを読む]
  • ズッキーニを諦める
  • ズッキーニは私の主力野菜のはずですが、今年は大失敗で、③の区画の70株余りを刈り払いました。 なぜダメだったかといえば、昨年のトマトの畝をそのまま使いましたが、そこにはマルチがなく、雑草に埋もれたからです。 マルチはあったのですが、生分解マルチだったので、2年目の今年までには分解していました。マルチなしでズッキーニなどつくると、こういうことになります。 それと、『現代農業』でズッキーニの立体栽培の [続きを読む]
  • ようやく、今日は夏の一日
  • 私の待望の夏の一日とは、雨の心配がなく、畑で仕事ができたというだけのことです。 今日はTさんの手伝いの日だったので、このあたりのマルチを剥ぎ、耕耘し、二十日大根とほうれん草の種まきをしました。 ほうれん草を播いたのは、魔が差したようなもので、多分、8月始めの種まきではほうれん草はきびしいでしょう。 この区画の真ん中あたりの穴開きマルチ畝には、妻が地道に苗を植えたり、種を播いたり、発芽しなかったらま [続きを読む]
  • パッとしない8月のスタートだが、、、
  • 降るのか降らないのかはっきりしない天気でしたが、こんなことがもう10日以上続いています。 とにかく、まだ降らないうちに畑に行くことに、、、。出荷は、昼頃、、、、。 私の場合、いま出荷物が少ないことも、近頃の天気同様に、気持ちを晴れさせないようです。 しかし、つい先ほどまで妻と袋詰めをしながらボブディランを聞いているうちに、明るい気分になりました。 トミー・エマニュエルというオーストラリアのギタリス [続きを読む]
  • 最近の天気に憮然とする
  • 世界中で一番雨が多い場所はインドのどこかであると、だいぶ前、、というのは、20年、30年前に知りましたが、雨が多いことよりは、そこは年がら年中雲に覆われているということに注目しました。 ネットで調べてみましたが、インドのチェラブンジがそこかも知れません。標高1480メートル。 7月の雨量が、年間で一番多いのですが、3272ml。7月の降雨日は平均29日。湿度は95%。でも、高地なので7月の平均気温 [続きを読む]
  • 夏にエンドウを播く
  • サカタのタネから3種類のエンドウの種袋が届きました。 それで、さっそくポリポットに2粒ずつ播きました。 スナックエンドウ35ポット、絹さや安曇野35ポット、絹さや絹小町20ポット、ついでにインゲンのマンズナルも35ポット。 春先にも同じような種まきをしましたが、その時にはネズミに種をほじくられてダメージがあったのを思い出したので、パオパオを2重に被せて、周囲を適当な板で押さえておきました。 これで [続きを読む]
  • ネギが好き、、かな?
  • 一番広い⑥の区画の上部には、近頃7本のマルチ畝を作り、今までにインゲン、カブ、ズッキーニ、大根はすでに植えたり、種まきをしました。 今日は下(右手)から3番目と4番目の畝は昨日作ったばかりですが、3番目の畝にはセルトレイ2枚分の小ネギ「わかさま黒」を定植しました。 セルトレイの穴の全部にちゃんと苗が育っているのなら、マルチの400個の穴に植えたことになりますが、まあ380穴ぐらいでしょう。 植え終 [続きを読む]
  • 夏の葉菜
  • まるでまた梅雨に入ったような天気のここ数日で、気分も晴れないし、機械は動かせないし、雑草だけは旺盛に伸びるしで、困ったものです。 私はテレビ「番組」の中では、国会中継が一番好きなものの一つですから、雨のおかげで閉会中審査の予算員会を遠慮なく見ることができたのはよかったですが、その内容は、まったく天気よりもっと気分が晴れないものでした。 このように劣化した政権・政府は、日本では他に例を知りません。 [続きを読む]
  • 雨で休み
  • 夕方庭に出て向こうの山を見ると、山襞に霧が這い上り、これは晴れに向かう徴候です。 そんな遠くでなく、すぐ近くの山も霧に巻かれていました。今日は一日こんな具合で、何度か、晴れ間を見て畑に行こうと狙っていましたが、かないませんでした。 水はけのいい畑なので、今日ぐらいの雨ではぬかるむ気づかいはなく、むしろこういう土壌の状態だと、たとえばセルトレイ5枚に育つネギ苗などを仮植(長ネギは、育苗のための仮植) [続きを読む]
  • 夏野菜の収穫
  • ピーマンを、初めて少し出荷できるほどに収穫し、丸ナスは初めて2個だけ収穫しました。 7月下旬だから、もっと採れて当たり前なんですが、私の場合は大体こんなものです。 スナップエンドウは、夏野菜とは言えませんが、福平の畑でこれだけ採れ、同じくらいの量が庭先の畑で採れました。もういくらも採れないし、品質も悪くなっているので、福平のものは引き抜きました。ま、よく健闘してくれました。 ピーマンは280本近く [続きを読む]
  • 二人の孫に会った日
  • 二人しかいない我々夫婦の孫に、同じ日に会うということは、めったにないことです。 ところが、このmuragonはわりと操作しやすいのですが、今日はなぜかせっかくのタイピングが、初めてのこととして、何かの操作ミスで吹っ飛んでしまいました。 同じことをまたタイプする気力もないし、忘れられない一日であったけど、ブログに書かなければ忘れてしまうということでは全然ないので、写真を3枚、短い文章にとどめておきま [続きを読む]
  • 梅雨が明けて、消耗する
  • 畑の小屋の脇から荒倉山の方を見ると、澄んだ空で、いかにも梅雨が明けたという感じです。しかし、暑いなあ。 昨日より今日の方が気温が上がったようですが、Tさんの手伝いの昨日、私は大変な汗をかき、作業衣にしている古いワイシャツを4枚ぐっしょりにさせて、Tさんに呆れられました。 それだけ持って行ったのは、そんなことになるのを予想したからです。 妻は、この⑦の区画のマルチの穴の雑草を地道に取ってくれました。 [続きを読む]
  • 美しい大根
  • 京都の種苗会社の丸種から注文品が届きました。 どれも1袋ずつ、5種類です。ほんとはもっと欲しいのだけど、ちょっと変わった大根だとけっこう高いので、まあ、試しにつくってみようかというところです。 皮の色が何であっても、中は白という大根が多いですが、中まで表皮の色という大根は少数派であり、量の割に高いのは仕方ありません。 紅芯大根の種は安いですが、外は緑、中は赤です。この紅芯大根なら、穴開きマルチ畝2 [続きを読む]