nikachu さん プロフィール

  •  
nikachuさん: 二華中への道
ハンドル名nikachu さん
ブログタイトル二華中への道
ブログURLhttp://xn--u9jta829t3kal81t4sp.nikachu.link/
サイト紹介文二期生も無事卒業し、二華中への道もリニューアルです。
自由文仙台市若林区にある公立中高一貫校「仙台二華中学校」の一期生として、15倍の倍率を突破した少年と、そのお父さんの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 31日(平均4.5回/週) - 参加 2017/03/02 22:05

nikachu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 番外編 その6 長男の成長を感じた座談会
  • 「二華中への道」の連載がひと段落した所でメールアドレスを公開したところ,何名かの方々から感想や質問が寄せられた。 メールで回答可能なものは回答していたのだが,「作文はどんなことを書いたのですか」「テーマはどうやって選んだのですか」など,メールではなかなか回答しにくい質問が寄せられるようになるに至り,「座談会」という形で集まり,そこで回答していくこととした。 会場を確保し,開催を告知し,レジュメを [続きを読む]
  • 番外編 その5 K先生の言葉
  • 私の母校(東北学院大学)に,K先生という方が勤務されている。小柄で化粧っ気のない女性であるが,研究に対する情熱のようなものを感じる方である。 私とは合気道つながりで縁があり,長男の夢を具体化するに際し,大いにご協力頂いた人である。いわば長男の恩人である。 #その恩人を私は,稽古でケチョンケチョンにしている(笑) 長男に対してかけてくれた「K先生の言葉」をいくつか紹介し,解説を付け加えようと思う。 &n [続きを読む]
  • 番外編 その4 合否を分けたもの
  • 二華中を語るときに,倍率15倍という数字がセンセーショナルに取り上げられがちである。 確かに,定員80名に対して,受験者1196名であるから,1196÷80=14.95≒15倍である。 しかし私は上位300名位の競争だったと考えている。 なので実質の倍率は3〜4倍程度だったのではないか。 その300名も、実力にはほとんど差がなかったはず。 では何が合否を分けたのか。 私が思うに「本番で実力が発揮できたかどうか [続きを読む]
  • 番外編 その3 塾とのお付き合い
  • 長男が二華中に入学してから,副校長先生に何度か言われたことがある。それが 「我々を信じて欲しい」 である。その意味を説明しようと思う。 長男が通っていた某塾。この塾では二華中合格者に対して「進学後も通塾するように」としつこいほどの勧誘が行われたという。 「二華中に通う子は,進学後も皆塾に通いますよ」 「進学後も通わないと,絶対ついていけなくなりますよ」 当時6年生の長男に対して,軟禁に近い状態で [続きを読む]
  • 番外編 その2 「どこの塾がいいですか?」
  • 合格通知が届いてから,長男の二華中進学の噂が町内に広がり始めた。 生まれも育ちも地元。 地元の自動車整備工場。 地元商工振興会の会員。 地元で合気道を教えている。 だから顔が知られている。 狭い町内という事もあり,噂が広がるのも早い。たまたますれ違った同級生から突然「聞いたわよ〜,すごいじゃない」と話しかけられて,本当に驚いた記憶がある。 そんなこんなで,小学生の子を持つお父さん,お母さんと話を [続きを読む]
  • 番外編 その1 やりすぎた〜orz…
  • ある日の土曜日。長男は休日。私は仕事。 いつも通り朝のメニューをこなし,土曜日の一日で行う勉強について長男と話し合う。 受験生とは言え,小学校6年生。遊びたい盛りであるから,丸一日勉強はさせられない。 「ここまでできたら,遊びに行ってもいいんじゃないか」 「うんわかった」 そして私は出勤,長男は勉強開始。私が帰宅する頃には,予定通り進んでいるだろう・・・そうなるはずだった。 夕方帰宅。長男はまだ [続きを読む]
  • 二華中への道 エピローグ
  • ※この記事は平成22年8月時点に執筆したものです 全国的に猛暑である。仙台も例外ではない。毎日汗だくでの作業である。そんな暑さもお盆を迎え,少しは和らいだようである。 長男と本格的に受験勉強を始めたのが,去年の今頃であった。 親子で毎朝5時半に起きて,100ます計算と漢字の書き取り,作文に過去問演習。それをひたすら繰り返した4ヶ月の日々。 「二華中への道」は,その4ヶ月間に蓄積した二華中受験のノウハウ [続きを読む]
  • その26 合否が出たら
  • ○ポイント 結果通知は必ず本人に開封させる 合格した場合 不合格だった場合 お世話になった方々に挨拶をしよう ○結果通知は必ず本人に開封させる 結果通知は書留で届くのだが,必ずお子さんに開封させるべきである。 どのような結果であっても,他人から知らされるのではなく,自分で知り,結果は自分で受け止めるのである。 ○合格した場合 「合格と不合格は紙一重。今回は [続きを読む]
  • カラダが固くていいことなんて一つもない
  • 仙台の鈴木@二華中への道です。 私の道場では、稽古前にいつも時間をかけて「開脚ストレッチ」をおこなっています。 ↑オススメです↑ ○カラダが固いのが悩み 私も「カラダが固い」のが悩みでした。 カラダが固いと、ケガしやすいんです。投げられてもきれいに受け身が取れず、身体を痛めてしまいます。これでは年齢を重ねるごとに稽古が辛くなっていくでしょう。稽古に限らず、交通事故に遭ったとして [続きを読む]
  • その25 本番当日
  • ○ポイント いつも通りに起きて,いつも通りのメニューをこなそう 服装で合否は決まらない 本番を模試のように 待ち時間に手帳を読もう 受験会場に子供を送り出したら,親に出来ることは何もない ○いつも通りに起きて,いつも通りのメニューをこなそう よほど遠方の受験生でないかぎり,いつも通りの時間に起きて,いつも通りのメニューをこなして欲しい。 私の長男は毎朝5時30分 [続きを読む]
  • その24 本番1週間前
  • ○ポイント 勉強の「見える化」を行おう 勉強してきたことを記録する手帳を作ろう 合否はどっちでもいい 教科書を見直す 新しく問題集や参考書は買わない ○勉強の「見える化」を行おう 受験が近づくと「こんな勉強でいいのかな」「もっと勉強しないとだめなんじゃないか」と,どうしても不安になる。 どれだけ勉強してきたのかが,実感できないのだから無理もない。 そこで親御さ [続きを読む]
  • その23 面接
  • ○ポイント 面接はどのように行われるか 面接で問われること 想定外の質問 面接中の態度 面接官と会話のキャッチボールは一回だけ 突然面接を始めよう 親以外の大人と積極的に会話させよ 面接は素直な気持ちで ○面接はどのように行われるか 二華中の面接は,集団面接である。 一つの質問に対して,全員が順番に回答する形式である。 1:1だと受験生が極端に緊張 [続きを読む]
  • その22 出願
  • ○ポイント 書類はチェックリストを作り,完璧に揃えよう。 先着順に合否は決まらないので,出願初日の朝イチでなくていい。 ○チェックリストを作り,書類は完璧に揃えよう 出願に際しては,誤りは許されないので,チェックリストを作って確実に書類を揃えよう。 私は以下のようなチェックリストを作成した。 ※このチェックリストは平成22年当時のものです。あくまで「参考」としてご利用下さ [続きを読む]
  • 逆境を嘆かない
  • 2010年7月1日(木)の河北新報に「一票のリアル」と題した記事が掲載された。 サブタイトルは「家計の余力 受検左右?」である。 『一票のリアル・参院選(1)家計の余力、受験左右?/母親として=仙台市・48歳女性』 すでにリンク切れになっているので、内容をざっくりと説明すると 娘が二華中を受検した。模試では100位前後で,合格ラインまであと少しだった。 家庭の事情により,週1回しか塾に通わせられなか [続きを読む]
  • その21 志望理由書(志願書)の書き方
  • ○ポイント 担任の先生とは良好な関係を 具体的な夢を持とう 夢と二華中をリンクさせよう 志願書は自分の言葉で 志願書は最もていねいに書こう ○担任の先生とは良好な関係を 出願は12月であるからまだまだ先であるが,出願の2ヶ月前になったら,担任の先生に二華中を受験する旨を告げることとなる。 小学校ではその後,調査書作成委員会を組織し,5,6年次の担任の先生が協議を [続きを読む]
  • その20 下見と神仏へのお参り
  • ○ポイント 何度も下見に行こう お地蔵様に手を合わせよう ○何度も下見に行こう 合否に関係なく,何度も下見はして欲しいと思う。 私と長男は,建設中の二華中を10回近く下見した。 長男が通っていた塾が仙台駅の近くということもあり,授業が終わったらお昼を食べて,その足で二華中に下見に行くというパターンだった。 最初の下見は,7月末に行われた学校説明会の帰り道である。 当時はまだ [続きを読む]
  • その19 模試の結果に一喜一憂しない
  • ○ポイント 二華中模試を受けよう 模試の結果が悪かったら 模試の成績が良かったら ○二華中模試を受けよう 21年度の実績を言えば,二華中模試の受験者数と,二華中受験者の数はほぼ同数だったように記憶している。 つまり二華中模試の判定結果は,ある程度信頼できると思っていい。 もちろん本番では調査書や志願書,面接も加味されるから完全とは言えないが,それでも総合問題,作文につい [続きを読む]
  • その18 早寝早起き,朝ごはん
  • ○ポイント 早寝早起きの習慣を身につけよう 朝ごはんを食べさせよう 起きてすぐ食べられないとき ○早寝早起きの習慣を身につけよう 本番の試験開始は,午前9時30分である。 脳が目覚めるまでに3時間かかると考えると,少なくとも6時30分には起きなければならない計算である。 私と長男は,受験を決意してからは,毎朝5時30分には起床するようにした。 5時30分起床を開始したのが8月 [続きを読む]
  • その17 やる気が出ないとき,受験をナメているとき
  • ○ポイント 全部制限せず,さりとて全部許容せず 時には「やめちまえ」と言う やる気を出させる一言 受験をナメてかかる気持ちは早めに摘み取る ○全部制限せず,さりとて全部許容せず どうしてもやる気が出なかったり,嫌々勉強している態度が目に付くときがある。 アウトプットしたものを見てみると,間違いだらけだったり,やっつけ仕事だったり。 そんなときは,頭ごなしに叱るので [続きを読む]
  • (無題)
  • ○ポイント 試験とは準備を問われるものである 敵を知る,穴が開くほどパンフを読む ○試験とは,準備を問われるものである 試験とは,準備を問われるものである。 準備とは,敵を知り己を知り,十分な対策を立てること。 それができれば,試験には合格するものなのである。 ○敵を知る,穴が開くほどパンフを読む まずは敵を知る。敵を知る=情報収集である。 私が収集した情報は,二 [続きを読む]
  • 過去の記事 …