taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 今日も生かされて
ハンドル名taka さん
ブログタイトル今日も生かされて
ブログURLhttp://taka821.blog60.fc2.com/
サイト紹介文66歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春を満喫しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 20日(平均4.2回/週) - 参加 2017/03/03 07:36

taka さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 素敵な話 《人生というものは旅である》
  • 【人生というものは旅である】伊那食品工業会長、塚越寛氏の心に響く言葉       「人の心に灯をともす」より例えば二泊三日の旅行に出かけたとします。 私達は旅先で観光地をめぐったり、名物料理を食べたり、お土産を買ったりするなど、時間を有効に使って存分に楽しもうとするでしょう。なぜ旅行中、1時間も無駄にせずに積極的に行動するのでしょうか。それは、旅行の期間が、往復の移動時間を含めて「二泊三日しかない」 [続きを読む]
  • 素敵な話 《自分の中の鏡を磨く》
  • 【自分の中の鏡を磨く】浜松医科大学名誉教授、高田明和氏の心に響く言葉       「人の心に灯をともす」よりある高校の校長先生に聞いた話です。 その学校の剣道部の部長は剣道初段にすぎませんでした。自分がそれほどの腕ではないと思っていたせいか、生徒が試合に勝ったりすると非常にほめて、「そのやり方でいいぞ。がんばれ」と励ましたのだそうです。「欠点などどうでもいいよ。得意技だけを磨け」というのが口癖でし [続きを読む]
  • 素敵な話 《人が最後に「幸せだ」と言える生き方とは》
  • 【人が最後に「幸せだ」と言える生き方とは】ホスピス医、小澤竹俊氏の心に響く言葉     「人の心に灯をともす」よりたとえ、それまで後悔の多い日々を過ごしてきたとしても、最後に「自分の人生は幸せだった」と思うことができれば、人は穏やかな気持ちでこの世を去ることができます。 では、人が最後に「幸せだ」と言える生き方とは、どのようなものでしょうか。私が今まで、看取(みと)りを通して学んだのは、「たとえ最 [続きを読む]
  • 一期一写 《牡蠣打ち場の傍の鳥達》
  • 江田島市は、牡蠣の名産地。あちこちに牡蠣の殻から実を取り出す牡蠣打ち場があり、そこから処理した海水が流れ出る所は、野鳥の格好の餌場になっている。色々な野鳥が集まっているが、強い野鳥がどんどん食べているが、おとなしいカモメは、ただ見ているだけ・・・ちょっと可哀そうだが、これも自然の掟があるのだろうか。 [続きを読む]
  • 管理人物語ー44 《ゴルゴ松本の講演会》
  • 江田島市大柿公民館体育館で行われた講演会、お笑いコンビTIMのゴルゴ松本のゴルゴ塾「命の授業」を聴きに行った。「命」などの漢字を体で表現するパフォーマンスで知られている。漢字やひらがなでの言葉で話す日本語の素晴らしさを面白おかしく、聴衆に直接質問したりしての講演は、物凄く良かった。講演の最後に、お馴染みのパフォーマンスをサービス [続きを読む]
  • 過去の記事 …