瀬戸光 さん プロフィール

  •  
瀬戸光さん: 瀬戸光の棺桶からこんにちは。
ハンドル名瀬戸光 さん
ブログタイトル瀬戸光の棺桶からこんにちは。
ブログURLhttps://ameblo.jp/hikaru21xoxo/
サイト紹介文元葬儀屋さんの瀬戸光が、葬儀業界の面白い話や、葬儀の参列を100倍楽しくするブログです。
自由文元葬儀屋さんです。辛気臭いのになんかカワイイをモットーに葬儀のアレコレを記事にしていきます。
ご家族の葬儀や、ご自身の葬儀について、考えたことってありますか?葬儀の値段の全国平均は199万円。たった2日でこれだけの大きな買い物をします。最後の時間に思いっきり別れを悲しめるように。葬儀のことを知るきっかけになれば幸いです?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 168日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/03 10:02

瀬戸光 さんのブログ記事

  • 【プライベート】やっぱり夢は叶う?でもコツがある?
  • 棺桶からコンニチハ瀬戸光ですなんと!私の大好きなお友達の佳代子さんが「中国招待研修旅行」をGETしました佳代子さんは、とーっても海外への憧れが強くて、でも、お子さん2人いて、旦那さんもお仕事忙しくて色んな壁が立ちはだかって、なかなかうまくいかずに、でも心では海外に行きたい!って(特にチャイナ)すごく情熱的に思ってて、そんな自分の本心に気が付いているのに、変わらない現実が苦しくて苦しくて。。。佳代 [続きを読む]
  • 【プライベート】潜在意識は毎日簡単に書き換えられる
  • 棺桶からコンニチハ 瀬戸光です 突然無性にコアラのマーチが食べたい!( ?o? )/わたしトイプードルを2匹飼ってまして、そのうちの1匹が根っからのビビリ犬なんですとにかく自然災害が苦手で苦手で・・・カミナリと地震には特に弱くてですね、どっちも最近とても多いので、とにかく怖がって、ブルブル震えて、体が熱くなって、息が上がりながら部屋の隅っこから動かなくなっちゃうんです。こうなると、ご飯もおやつも一切食べ [続きを読む]
  • 先祖供養と受け取る器
  • 棺桶からコンニチハ瀬戸光ですお盆休みを利用して京都にいってきました お盆の時期は京都のあちこちのお寺で法要があっているので、ご先祖様の供養にはもってこいなのです お盆の風習が始まったのは飛鳥時代からで、その頃は貴族や僧侶などの上層階級の人々の特別な行事だったそうです。一般に広まったのは江戸時代からだそうです。 迎え火や送り火を行ったり、家庭に祭壇を設けてキュウリやナスの馬と牛をお供えしたり、盆踊 [続きを読む]
  • 【プライベート】現実は望んだ通りに変えられる
  • 棺桶からコンニチハ瀬戸光です先日ジョジョの奇妙な冒険の映画を観に行ってすごくハマりそうな予感…マンガ全巻買おうかなぁ( ?o? )/春ごろから相談にのって欲しいって言われて話をきいてた友達がいたんですけど、結構崖っぷちで(仕事・お金・恋愛)、わたし現実的な事しか言わないから、その友達最初泣き言ばっか言ってたんですよ。「正論しか言わない・・・」って。笑だってねー。お金ない仕事ないって言ってるのに甘っちょ [続きを読む]
  • 必見!お線香の付け方講座
  • 棺桶からこんにちは 瀬戸光です 昨日から扁桃腺が腫れてて熱が出てしまって苦しんでたんですが、点滴して薬飲んでゆーっくり寝てまして、朝起きたら大好きなともみパイセンからこんなメッセージが…お盆近いしね!というわけで、束の線香を買いに行ってきました! 束の線香3種類買ってみました〜そんなに変わらないかもしれないけど、お葬儀アイドルとしては使い比べとこうかなと思って!笑 この束のお線香。基本的にみなさん、 [続きを読む]
  • ウガヤフキアエズ王朝を学ぶ神武天皇のルーツを知る旅
  • 棺桶からこんにちは 瀬戸光です 2泊3日の日程で「ウガヤフキアエズ王朝を学ぶ神武天皇のルーツを知る旅」 に参加してきましたよ 九州の旅なので、行ったことのある場所が多かったのですが、 歴史ポンコツの私には目からウロコの知らないお話が盛りだくさんでした。 歴史の話しはポンコツの私から説明してもgdgdなので・・・笑 割愛しますが、この旅で何を感じたかって言うと、 ご当地アイスや、ジェラート美味しいなっ [続きを読む]
  • 死者はお墓にいるのか?問題
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です もうすぐお盆ですね〜お盆と言えば、お墓参りに行く方も多いかな〜と思うのですが、もしも、親や親戚などから「墓じまい」の相談をされたら・・・あなたならどうしますか? お墓の管理って地味に大変だし、例えば納骨堂とかなら、お金はかかるけど手厚く管理してもらえそうじゃないですか。お経とかあげてもらったり、周りにもたくさんお仲間(?)がいて、寂しくなさそうだし・・・お盆や法事とか [続きを読む]
  • 【プライベート】メアリと魔女の花
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今日はお葬式と関係ない話です3連休中にメアリと魔女の花をみてきましたあんまり期待していなかったのだけど、すごく面白かった―!!!原発などのエネルギーの問題食(農業)の問題、医療の問題、ひとりひとりの心の問題。。。多分全部一緒。今いる世界より、より良い世界を生きるために人は「変わりたい」と願って、そのままでは”なれなかった自分自身”になろうとする。だけど、自然に逆らった変 [続きを読む]
  • みたまうつしの儀
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですまたしてもご無沙汰の更新になってしまいました…災害が多いと忙しくなる私ですさてさて、少し遅くなってしまいましたが小林真央さんのお通夜が執り行われたニュースで「みたまうつしの儀」という言葉を初めて耳にされた方も多いのではないでしょうか「みたまうつしの儀」は神道などで行う、お通夜の事です。「遷霊祭」とも言います。故人の霊魂を遺体から霊璽(れいじ)と呼ばれる、仏式でいう位牌 [続きを読む]
  • ”オレンジジュース”
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です。6月22日に小林麻央さんがお亡くなりになりました。約2年8ヶ月闘病されていたとのこと。最期はご自宅で息を引き取られました。緩和ケアを行いながらご家族に囲まれての時間を過ごされていたのでしょう。彼女のニュースを見て、病気と闘病中の方、そのご家族、ブログの読者、家族を持つ人、いろんな人が「死」について思うことがあったのではないでしょうか。命は限りがあるもの。そして、いつ訪れ [続きを読む]
  • 霊感あるある?
  • 棺桶からこんにちは今日はまたちょっとプライベート気味な「霊感」のお話です霊感がある人の特徴の手相らしいです。わたしソロモン以外まるっとこの手相。。。葬儀屋さんをやってると、霊感が強い人って周りに何人かいたりするような気がします。もともと見えなかった人も、周りに影響されて次第に第六感を解放しちゃったりします。それで、別に見えたり感じたからって得なことがあるか?って言われたら多分ありません。自分を守 [続きを読む]
  • 6月のこと
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です 怒涛の忙しさで、お久しぶりの更新になってしまいました。最近あったことを振り返ります 6月3日にともみさんの主催で初めての「お話会」をやらせてもらいました初めてということもあり、ギリギリまで結構ナーバスになっていたのですが、暖かいサポートのおかげで無事最初の一歩を踏み出すことができました。 来てくださった方は、こちらが勉強させていただきたい程に多くの経験を [続きを読む]
  • ”好きな人に会う時のエネルギーってすごい!”
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です 今日は完全なるプライベートの話しですわたしの尊敬する人。總水とおまさんについて! 私はチャラついた感じの見た目で生活しています。よく、「悩みがなさそう」とか「ポジティブ」とか「わがままそう」とか言われたりします。見た目通りだったら良かったのに、中身は全然違って、小さなことで悩むし、超ネガティブだし、嫌われないように常に空気を察して人に合せたり。。。そんな風に生きて [続きを読む]
  • 地球に滋養を与える埋葬の方法
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です以前、火葬や土葬のことを書いたのですが、(その時の記事→「火葬ってしなきゃダメなの?」))今日はこちら↓↓↓をご紹介します。ケイトリン・ドーティさんは、ハワイ州オアフ島生まれ。シカゴ大学で中世史を学び、サンフランシスコの葬儀社に就職し「火葬技師」として1年間働いた。その後葬祭ディレクターの資格を取得し、複数の葬儀社に勤務した後、故人や遺族の希望に沿う多様な葬儀をプランニ [続きを読む]
  • 叔父の命日
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今年最初のハイビスカスが開きました。今日は叔父の命日。あっという間に2年が経ちました。今日はどんよりした天気。確か2年前も、こんなふうにどんよりした朝でした。ちょうど朝から、私も体調が良くなくて、引き出しを開けて痛み止めを探していたら、叔父も亡くなる少し前に、痛み止めが効かないって言ってたのを思い出しました。あー、こんな風に体が痛かったんだね。良く頑張ったね。大好きだ [続きを読む]
  • 死への恐怖-ホリエモンの対処法-
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですみなさんホリエモンはご存じですよね。ものすごくエネルギッシュにビジネスでも芸能でも大活躍されていますが、彼を動かしているものってなんだろう?という素朴な疑問から、著書をいくつか拝見しました。この本の中で彼はこんな風に語っています。ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくAmazon僕は、ずっと死への恐怖にとらわれて生きてきた。いまもなお、その恐怖は強くある。人はみな [続きを読む]
  • 気持ちを表す弔電の作法。
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今日は久しぶりに皆様の役に立つお葬儀の豆知識。「弔電」についてです。遠方でのお葬儀に駆けつけることができない時や、事情があって参列が難しい時。。。故人を送る気持ちを表す手段として「電報」があります。電報のお葬儀版のことを「弔電」と言います。お葬儀に参列されると、式の終盤あたりでいくつか読み上げられることがありますので、みなさん耳にされたことがあるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 世界で一番大切な人が死んでしまうこと。②
  • その後、朔太郎はアキの両親とともにオーストラリアのウルルを訪れ、アキの遺灰を撒きます。そして小さな瓶に少しだけ残した遺灰は、帰国後、二人で過ごした思い出の無人島へ撒こうと思うのですが、結局撒くことが出来ずに帰ります。 それから十数年が経ち、朔太郎は恋人を連れてアキと過ごしたこの街を訪れます。この時の朔太郎は恋人にアキの話しをして、「ときどき自分でも、夢なのか現実なのかわからなくなること [続きを読む]
  • 死の瞬間を看取れるか?
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですゴールデンウィークが終わってしまいましたね。私は宣言したとおり、自分の感性を磨くために出かけたり、今までやったことない事に挑戦したり、疎遠になっていた友達に会ってみたり、本を読んだり、お勧めされていた映画を見たり充実した連休を満喫しました実は、今月は私の叔父の3回忌。なので、私と叔父の話しをちょこっと綴ってみます。叔父は、私の母の兄で、独身でした。私の両親は離婚してお [続きを読む]
  • 【つぶやき】これからの時代に必要なスキルって?
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今日はちょっと最近いくつか経済の本とか、企業戦略の本とかを読んだので思ったことを書いてみます。お葬儀には関係ない話です。これは別に葬儀業界に限った事ではないのだけれど、企業の在り方も、ひとりの人の在り方もこれからの時代に生き残っていくためにはどうしたらいいだろうということを考えてみました。今までの時代は「どうやって?」を考える時代だったのではないかな〜と思うのです。よ [続きを読む]
  • 【つぶやき】死を受け入れるって難しいこと。
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですさてさて、前回、気になっていた番組「都会の小さな葬儀屋さん」の内容をご紹介しました。見ていただいた方はお分かりになると思うのですが、本来、人の死を受け入れるって簡単な事ではないのです。大切な人を失うことも、人の死を見て、いつか自分も死ぬのだということを受け入れることもとても難しい事だと思うのです。例えば、ブッダは、自らの死を恐れて長い間思い悩み、なぜ人は死ぬのか?死ん [続きを読む]
  • 都会の小さな葬儀屋さん
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です先日紹介していた「都会の小さな葬儀屋さん」を見ました。噂通りとっても素晴らしい番組でした。今日は番組の内容をご紹介しますね舞台は新横浜駅近くのビルの中にある、少人数のいわゆる「家族葬」を取り扱う葬儀屋さんです。色んな種類の棺桶や骨壺も置いてあるみたいですね。ゴルフボールや野球ボール型は珍しいですね。この方は、葬儀の打ち合わせに来た方。お母様を亡くされて、生前にこの葬儀 [続きを読む]
  • ドキュメント「都会の小さな葬儀屋さん」
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です奄美大島で出会った大好きなお友達のさとポンが、NHKで放送されているドキュメント番組「72時間」で、先日「都会の小さな葬儀屋さん」という回が放送され、ものすごく心に響くものがあったと教えてくれましたまとめサイトはこちら新横浜駅近くにある、葬儀屋さんの3日間。取り扱うのは、少人数で行うシンプルでこじんまりした葬儀。「大がかりな式で残された家族に手間をかけたくない」との遺 [続きを読む]
  • 【イベント】”びびりながら「死」と「生」を見つめる”お話会
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です なんと、この度大好きなともみさんとお茶会を開催することになりました ともみさんと言えば、ビビリながらも毎月東京でコンサルを受けたり、(しかも旦那さんの貯金で!)ビビリながら自分が生業としてきた「教える事」を手放してみたり、最近はビビリながら7万円のドレスを試着してみたり。。。ビビリながらもドンドン進んで、いつもみんなに勇気を与えてくれるそんな愛すべきビビリ部 [続きを読む]