瀬戸光 さん プロフィール

  •  
瀬戸光さん: 瀬戸光の棺桶からこんにちは。
ハンドル名瀬戸光 さん
ブログタイトル瀬戸光の棺桶からこんにちは。
ブログURLhttp://ameblo.jp/hikaru21xoxo/
サイト紹介文元葬儀屋さんの瀬戸光が、葬儀業界の面白い話や、葬儀の参列を100倍楽しくするブログです。
自由文元葬儀屋さんです。辛気臭いのになんかカワイイをモットーに葬儀のアレコレを記事にしていきます。
ご家族の葬儀や、ご自身の葬儀について、考えたことってありますか?葬儀の値段の全国平均は199万円。たった2日でこれだけの大きな買い物をします。最後の時間に思いっきり別れを悲しめるように。葬儀のことを知るきっかけになれば幸いです?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 84日(平均2.7回/週) - 参加 2017/03/03 10:02

瀬戸光 さんのブログ記事

  • 叔父の命日
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今年最初のハイビスカスが開きました。今日は叔父の命日。あっという間に2年が経ちました。今日はどんよりした天気。確か2年前も、こんなふうにどんよりした朝でした。ちょうど朝から、私も体調が良くなくて、引き出しを開けて痛み止めを探していたら、叔父も亡くなる少し前に、痛み止めが効かないって言ってたのを思い出しました。あー、こんな風に体が痛かったんだね。良く頑張ったね。大好きだ [続きを読む]
  • 死への恐怖-ホリエモンの対処法-
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですみなさんホリエモンはご存じですよね。ものすごくエネルギッシュにビジネスでも芸能でも大活躍されていますが、彼を動かしているものってなんだろう?という素朴な疑問から、著書をいくつか拝見しました。この本の中で彼はこんな風に語っています。ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくAmazon僕は、ずっと死への恐怖にとらわれて生きてきた。いまもなお、その恐怖は強くある。人はみな [続きを読む]
  • 気持ちを表す弔電の作法。
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今日は久しぶりに皆様の役に立つお葬儀の豆知識。「弔電」についてです。遠方でのお葬儀に駆けつけることができない時や、事情があって参列が難しい時。。。故人を送る気持ちを表す手段として「電報」があります。電報のお葬儀版のことを「弔電」と言います。お葬儀に参列されると、式の終盤あたりでいくつか読み上げられることがありますので、みなさん耳にされたことがあるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 世界で一番大切な人が死んでしまうこと。②
  • その後、朔太郎はアキの両親とともにオーストラリアのウルルを訪れ、アキの遺灰を撒きます。そして小さな瓶に少しだけ残した遺灰は、帰国後、二人で過ごした思い出の無人島へ撒こうと思うのですが、結局撒くことが出来ずに帰ります。 それから十数年が経ち、朔太郎は恋人を連れてアキと過ごしたこの街を訪れます。この時の朔太郎は恋人にアキの話しをして、「ときどき自分でも、夢なのか現実なのかわからなくなること [続きを読む]
  • 死の瞬間を看取れるか?
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですゴールデンウィークが終わってしまいましたね。私は宣言したとおり、自分の感性を磨くために出かけたり、今までやったことない事に挑戦したり、疎遠になっていた友達に会ってみたり、本を読んだり、お勧めされていた映画を見たり充実した連休を満喫しました実は、今月は私の叔父の3回忌。なので、私と叔父の話しをちょこっと綴ってみます。叔父は、私の母の兄で、独身でした。私の両親は離婚してお [続きを読む]
  • 【つぶやき】これからの時代に必要なスキルって?
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です今日はちょっと最近いくつか経済の本とか、企業戦略の本とかを読んだので思ったことを書いてみます。お葬儀には関係ない話です。これは別に葬儀業界に限った事ではないのだけれど、企業の在り方も、ひとりの人の在り方もこれからの時代に生き残っていくためにはどうしたらいいだろうということを考えてみました。今までの時代は「どうやって?」を考える時代だったのではないかな〜と思うのです。よ [続きを読む]
  • 【つぶやき】死を受け入れるって難しいこと。
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光ですさてさて、前回、気になっていた番組「都会の小さな葬儀屋さん」の内容をご紹介しました。見ていただいた方はお分かりになると思うのですが、本来、人の死を受け入れるって簡単な事ではないのです。大切な人を失うことも、人の死を見て、いつか自分も死ぬのだということを受け入れることもとても難しい事だと思うのです。例えば、ブッダは、自らの死を恐れて長い間思い悩み、なぜ人は死ぬのか?死ん [続きを読む]
  • 都会の小さな葬儀屋さん
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です先日紹介していた「都会の小さな葬儀屋さん」を見ました。噂通りとっても素晴らしい番組でした。今日は番組の内容をご紹介しますね舞台は新横浜駅近くのビルの中にある、少人数のいわゆる「家族葬」を取り扱う葬儀屋さんです。色んな種類の棺桶や骨壺も置いてあるみたいですね。ゴルフボールや野球ボール型は珍しいですね。この方は、葬儀の打ち合わせに来た方。お母様を亡くされて、生前にこの葬儀 [続きを読む]
  • ドキュメント「都会の小さな葬儀屋さん」
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です奄美大島で出会った大好きなお友達のさとポンが、NHKで放送されているドキュメント番組「72時間」で、先日「都会の小さな葬儀屋さん」という回が放送され、ものすごく心に響くものがあったと教えてくれましたまとめサイトはこちら新横浜駅近くにある、葬儀屋さんの3日間。取り扱うのは、少人数で行うシンプルでこじんまりした葬儀。「大がかりな式で残された家族に手間をかけたくない」との遺 [続きを読む]
  • 【イベント】”びびりながら「死」と「生」を見つめる”お話会
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です なんと、この度大好きなともみさんとお茶会を開催することになりました ともみさんと言えば、ビビリながらも毎月東京でコンサルを受けたり、(しかも旦那さんの貯金で!)ビビリながら自分が生業としてきた「教える事」を手放してみたり、最近はビビリながら7万円のドレスを試着してみたり。。。ビビリながらもドンドン進んで、いつもみんなに勇気を与えてくれるそんな愛すべきビビリ部 [続きを読む]
  • 神の島 奄美大島での埋葬
  • 棺桶からこんにちは 瀬戸光ですさてさて、火葬や土葬のことについて書いたのですが、せっかくなので先日行った奄美大島の埋葬について書いてみようと思います 奄美大島は鹿児島から南へ380キロ、沖縄から北へ280キロに位置しており、8つの島(西南諸島)のうち一番大きな島です。とは言え、わたしも行ってみるまでは島というくらいだから1日もあれば回れると思っていました。全然甘かったです。。。空港 [続きを読む]
  • 【質問返し】奄美大島と女神のエネルギー
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です いつも割と一方的に書いてるわたしのブログですが、なんと初めてご質問をいただきましてお葬儀のことではないのですが(笑)ちょっと嬉しかったのでご質問に答えてみます 超プライベートな話ですし、興味がない方はスルーしてくださいねでもお葬儀関係の記事はまた読みにきてください! 奄美大島ツアーに参加した時の記事のことで、福ちゃんさんからこんなご質問をいただきました。& [続きを読む]
  • 火葬ってしなきゃダメなの?
  • 棺桶からこんにちはお葬儀アイドル瀬戸光ですみなさま、「荼毘に付す」(だびにふす)という言葉をご存じでしょうか 荼毘に付すというのは、火葬する という意味です。パーリ語やサンスクリット語で「火」を意味する言葉の発音からできた言葉だそうです。(正確には仏教徒のみに使われる言葉です。) ところで、なぜ日本は火葬を行うのか不思議に思いませんか 日本でも明治時代の初期までは土葬が主流でした。ご [続きを読む]
  • 故人のお茶碗を割る意味とは?
  • 棺桶からこんにちは お葬儀アイドル瀬戸光です 最近はちょこちょこ脱線しておりましたが、お葬儀の話題に戻ります。 地域によっては、お葬式の時にちょっと目を引く独特の慣わしがあったりします。例えば、お亡くなりになった後に、枕飾りというものを設置しますが、(↓こういうの)この絵にもありますが、お茶碗に大盛りにされたご飯にお箸が突き立ててあるようなものを見たことがある方も多いかもしれま [続きを読む]
  • 【プライベート】奄美大島に行ってきました?
  • 棺桶からこんにちは瀬戸光です 3日間奄美大島に行ってきました 大好きな[”なのに”営業No.1]まきょんの主催で、大好きな[覚醒アーティスト]とおまさんと奄美大島に行けて、なおかつ、女神を降ろしてもらおう!と言う素敵なツアー。 瞑想してヴィジョンを見せられたり みんなでハイテンションな電撃ダンスをしたり思わずUFOの大群に出会ってしまったり 夢にカミナリ大神がやってきたり [続きを読む]
  • 今日が最後だとわかっていたなら
  • 棺桶からこんにちは。お葬儀アイドル瀬戸光です∩^ω^∩すっかり季節は春ですね〜。みなさんにとっての春はどんな季節でしょうか。わたしは、今までの人生で春は別れが多かったので、ちょっぴりセンチメンタルな気分になる季節です。葬儀屋さんをやっていて、毎日別れに立ち会っていても慣れないものです。 私の祖父は癌で亡くなったのですが、もう余命幾ばくかという最後の1ヶ月くらいのことでした。母は毎日仕事の帰り道 [続きを読む]
  • 長寿のお祝いをしよう?
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です。年貢の納め時という言葉があります。遊び人の男性がついに結婚を決めた時などに使われたりしますね。ある物事に見切りをつけて、諦めなければならないときのことを表す言葉です。 この言葉に例えると、歳を取ることは年貢を納めていくことだと思うのです。 永遠に続くように感じていた自分の人生にいつか終わりが来るということを受け入れて、決して逃れることのできない「死」が向か [続きを読む]
  • 【プライベート】わたしが目指して行くもの
  • 棺桶からこんにちは?瀬戸光ですヽ( ・∀・)ノ週末に東京に行ってきたのですが、とっても素敵な女性とお会いしてきました。ブログを読んでくださって、声をかけてくれた方で、タイミングがピッタリ合ったので、お茶をしながら、四柱推命の鑑定結果を説明してくださいました?命式的にも葬儀関係の方向性が私にはすごく合っているみたい(*ノ∀ものすごく分析してくださっていて、今私がやっている「葬儀について発信する事」の後押しを [続きを読む]
  • 医療従事者は良くて葬儀屋はダメ?
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です(°▽°)東京の旅も今日でおしまいなので、また飛行機の中から更新しております♪さて、今日は、葬儀屋さんで働く側のリスクの一つについてぜひ皆さんにちょっとだけ知っておいて欲しいことがあるので書いてみます(^ー^)bわたしが現役時代勤めていた葬儀屋さんはご遺体に触る時に手袋をすることを禁止されていました。つまり素手です。大切なご家族に触れる際にゴム手袋をするのはお客様に対して良 [続きを読む]
  • エンバーミングとは
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です。今日はエンバーミングについてです。あまりなじみのない言葉に感じる方も多いかもしれませんね。エンバーミングというのは、遺体の防腐処理のことです。アメリカなど、土葬が主流の国では一般的です。日本は国土が狭いこともあって、ほとんどが火葬ですので、まだ一般的ではなく、一部の葬儀屋さんで導入されているレベルです。一般の納棺と比べると、ご遺体の色やツヤなどは格段に生前の状態に [続きを読む]
  • あなたの知らない棺桶の世界!
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です(*^^*)今日は東京に向かうJALの機内からブログを書いてます?もともと葬儀屋さんの前はJALの乗務員を目指してたのでJAL推しのJALマイラーです(∩・∇・∩)インターンシップ中のわたし?さてさて、ここ数日、久しぶりのお葬儀記事はなにを書こうかな〜と考えておりまして、今日は色んな棺桶を紹介しちゃおうと思います。みなさんは棺桶と言えばどんなのをイメージしますか?もちろん、ほとんどの方が [続きを読む]
  • 【プライベート記事】素敵な女性達?
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です、※今日は完全なるプライベートなつぶやきです。お葬儀一切関係ないです。 私の周りには本当に素敵な女性がたくさんたくさんいます(*゚▽゚*)?私のマスター(勝手に)こと、とおまさんや、いっつも私のアホみたいなしくじりを大丈夫!と聞いてくれる同志!ビビリのともみさん。先日初めてお会いして、本当の私を教えてくれた数秘の天才おかみちゃん。フェイスブックを開けば、他にも、あ〜、 [続きを読む]
  • 今週のイベント「お彼岸」
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です。 日に日に暖かくなりますね〜。(あ、関東は今日寒いのか!スミマセン)さて、春と秋にある「お彼岸」みなさんやってますか〜? 「お彼岸」というのは、毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日とした前後3日間(ちょうど1週間)のことを言います。今年の春のお彼岸は3月17日(金)〜3月23日(木)までデス。 さて、お彼岸というのは仏教の習わしです。仏教では、私たちの [続きを読む]
  • おばあちゃんを助けられなかった。
  • 棺桶からこんにちは。瀬戸光です。 今年急に花粉症が悪化しまして、体調がグダグダです・・・。去年までのほうが自然豊かなところで仕事してて、野外活動も多かったんですが気持ちで乗り越えられてたのに。。。今年は町中のオフィスでほとんど外出しないのに、あっという間にノックアウトされてしまいました。花粉症を発症する最後のスイッチはストレスなんじゃないかな〜。 さて。先日、Twitterである新聞記事が上がっ [続きを読む]