黒河れら さん プロフィール

  •  
黒河れらさん: 西洋占星術×売文。レラストロロジー
ハンドル名黒河れら さん
ブログタイトル西洋占星術×売文。レラストロロジー
ブログURLhttp://ameblo.jp/rerastrology/
サイト紹介文西洋占星術が好きで、「星を愛でる」という世界で1冊の本をおつくりしています。
自由文西洋占星術が好きな売文業です。
「星を愛でる」という世界で1冊の本をおつくりしたり、占星術を自由に楽しむレラストロロジーで遊んだりしています。
http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12251673105.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 17日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/03 10:44

黒河れら さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「星を愛でる」カバーと表紙サンプル(入稿しました)
  • ご注文をいただいている分に先駆けて、先日から自分自身の「星を愛でる」を作成していたのだが昨日入稿。 できあがってきたら、またここでも実物をお披露目する予定だけれどもとりあえず、こんな感じだよーというサンプル画像を。 まず、カバーと、帯を巻いたイメージはこんな感じ。文庫サイズで、カバーはマットコート、帯はオーロラコートに刷ってもらう。で、この上にさらに、ちょっとした工夫がプラスされる。 このデザインは [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文サンプル「キロンを愛でる」
  • 先ほどの記事http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12255637080.htmlの続き、今度は私の「キロンを愛でる」を全文公開する。 これで、「星を愛でる」の本文サンプル公開はいったん終了。あとは、表紙やカバー、また完成品ができてきたらそれも、お披露目をしたいなと考えている。 「星を愛でる」詳細はこちらから。http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12251673105.html にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文サンプル「水星を愛でる」
  • 連日、自分のものから抜粋サンプルを紹介している「星を愛でる」だが、今日は自分の「水星を愛でる」と「キロンを愛でる」を、全文公開しようと思う。 この二つには、なぜ私が「星を愛でる」をやろうと思ったか、やりたいのか、できるのか、その答えがすべて表れていると感じるからだ。 まずは「水星を愛でる」を。 こののち、「キロンを愛でる」も全文公開する。 「星を愛でる」詳細はこちらから。http://ameblo.jp/rerastrol [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文抜粋サンプル「海王星を愛でる」より
  • 前回の記事http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12255149011.htmlに続き、今日も「星を愛でる」の本文抜粋サンプルを。 今日は、私の「海王星を愛でる」より。 明日以降は、私の「水星を愛でる」と「キロンを愛でる」を掲載しようと思っている。この二つは、抜粋でなく全文公開をしたいなと考えてもいて、ここに、私の核というか、そういう部分が凝縮されていて、読み返すたびに泣けるのだがだからこそ、抜粋のかたちでなく、全 [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文抜粋サンプル「木星を愛でる」より
  • 昨日の記事http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12254882637.htmlに続き、今日も「星を愛でる」の本文抜粋サンプルを。 今回は、私の「木星を愛でる」より。 もうすぐで、自分の「星を愛でる」は、入稿できる状態になる。とても楽しみ。今は、「そのほかの感受点を愛でる」をやっている。 「星を愛でる」の詳細はこちらから。http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12251673105.htmlにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文抜粋サンプル「火星を愛でる」より
  • 昨日のhttp://ameblo.jp/rerastrology/entry-12254587599.htmlこの記事に続き、今日も「星を愛でる」の本文抜粋サンプルを掲載。 今日は、私の「火星を愛でる」より。 途中から+今日のサンプルは1頁のみなので、わかりにくいと思うが雰囲気が伝われば。 明日以降は、木星や海王星などの抜粋サンプルも公開していこうと思う。(※これらの公開サンプルは、すべて私自身のものであり、お申し込みくださった方様のものを勝手に公開 [続きを読む]
  • 「星を愛でる」本文抜粋サンプル「太陽を愛でる」より
  • 私は「星を愛でる」という提供物をやっていて、お申し込みも頂戴しているがおひとりおひとりに1からお書きしていくものなので、完成までに時間がかかる。 装丁もすべて違うものなので、デザインや制作もおひとりおひとり1からやっていく。 それが、とてつもなく愉しい。 今日から試しに(?)私の、自分の「星を愛でる」から、一部の本文サンプルをお見せしていこうと思う。自分自身のことなのだけど、いつも、頭で書いていないの [続きを読む]
  • アルケミストオイルの12星座シリーズ。
  • 前のブログでも、折に触れて話してきたが私はミカエル・ザヤットのアルケミストオイルが大好きだ。 他の精油にはそこまでこだわらないし、ないならないでいいけど、アルケミストオイルだけはものすごく好き。 もうここ数年間、アルケミストオイルを愛用していて、趣味でこれも数年続けている石鹸づくりの際も、着香には必ずアルケミストオイルを使っている。 今までは特に女神シリーズが好きで、ネフェルティティやヴィーナスなど [続きを読む]
  • 黒河れら版サビアン本、発行構想。
  • 「星を愛でる」のメニューでも使っていくのだけれども、黒河れら版サビアンの日本語訳を、そのうちに1冊の本にまとめたいと思っている。 どうしても、サビアンはもともと日本語で降ろされた言葉ではないために、どれを見てもちょっと無理やりな表現というか、美しい日本語とは言いにくいところがある。 イメージや象意が伝わればそれでいいのかもしれないが、できることなら日本語で読んで美しいサビアンというのを使いたい。 自分 [続きを読む]
  • レラストロロジー⑤座相(アスペクト)の解釈について
  • 「自分」で生きることが愉しくなる。魂のままに生きやすくなる。自分という存在がもっと愛しくなる。 そのために、基礎のベースは自分の好きな先達の読み解きから学ぶけど、あとは自分の感覚とインスピレーションで自由に解釈する。「この惑星はこうこう」という象意を丸暗記するのではなく、その星を見ていたらふと思い浮かんできたものを膨らませる。どの小惑星や恒星を重視するかや、その象意も自由にイメージする。通り一辺の [続きを読む]
  • 「星を愛でる」お申し込みありがとうございます!
  • 昨日公開した「星を愛でる」http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12251673105.html見てくださった方様はありがとうございました。 そして、FBでシェアしていただいたこともあってか、早速お申し込みくださった方様、本当にありがとうございます。 今朝までにお申し込みを頂戴した方様へは、すべてご連絡を差し上げております。 本当に、この「星を愛でる」は、自分の中で極上に好きなこと、ずっとしていたいことを詰め込んで、そ [続きを読む]
  • 「星を愛でる」あなたのためだけに語られる、純粋で厳かな愛の物語。
  • 「星を愛でる」という提供物は、いま私がかたちづくることのできるすべてのものの中で、もっとも愛に満ちた作品です。 これは、銀河にただひとりのあなたという人へ寄せる、賛歌で、恋文で、全幅の祝福です。 ☆「自分のためだけの本」、ほしいと思ったことはありませんか。 その本の、表紙も中身もまるごと1冊、その全部があなたのためにつくられたものを、手にしたことがありますか? 「星を愛でる」は、文字通り「あなたのた [続きを読む]
  • レラストロロジー④感受点の捉え方と過去世について
  • 「自分」で生きることが愉しくなる。魂のままに生きやすくなる。自分という存在がもっと愛しくなる。 そのために、基礎のベースは自分の好きな先達の読み解きから学ぶけど、あとは自分の感覚とインスピレーションで自由に解釈する。「この惑星はこうこう」という象意を丸暗記するのではなく、その星を見ていたらふと思い浮かんできたものを膨らませる。どの小惑星や恒星を重視するかや、その象意も自由にイメージする。通り一辺の [続きを読む]
  • レラストロロジー③吉星・凶星の捉え方
  • 「自分」で生きることが愉しくなる。魂のままに生きやすくなる。自分という存在がもっと愛しくなる。 そのために、基礎のベースは自分の好きな先達の読み解きから学ぶけど、あとは自分の感覚とインスピレーションで自由に解釈する。「この惑星はこうこう」という象意を丸暗記するのではなく、その星を見ていたらふと思い浮かんできたものを膨らませる。どの小惑星や恒星を重視するかや、その象意も自由にイメージする。通り一辺の [続きを読む]
  • レラストロロジー②小惑星・恒星をどこまで見るか
  • 「自分」で生きることが愉しくなる。魂のままに生きやすくなる。自分という存在がもっと愛しくなる。 そのために、基礎のベースは自分の好きな先達の読み解きから学ぶけど、あとは自分の感覚とインスピレーションで自由に解釈する。「この惑星はこうこう」という象意を丸暗記するのではなく、その星を見ていたらふと思い浮かんできたものを膨らませる。どの小惑星や恒星を重視するかや、その象意も自由にイメージする。通り一辺の [続きを読む]
  • 過去の記事 …