黒河れら さん プロフィール

  •  
黒河れらさん: 西洋占星術×売文。レラストロロジー
ハンドル名黒河れら さん
ブログタイトル西洋占星術×売文。レラストロロジー
ブログURLhttp://ameblo.jp/rerastrology/
サイト紹介文西洋占星術が好きで、ホロスコープに基づいた「星を愛でる」という世界で1冊の本をおつくりしています。
自由文西洋占星術が好きな売文業です。
「星を愛でる」という世界で1冊の本をおつくりしたり、占星術を自由に楽しむレラストロロジーで遊んだりしています。
http://ameblo.jp/rerastrology/entry-12251673105.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 141日(平均2.6回/週) - 参加 2017/03/03 10:44

黒河れら さんのブログ記事

  • 「星を愛でるPetit」のご感想をいただきました
  • 先日、当方の提供物「星を愛でるPetit」をお届けさせていただいたかたから、ご感想を頂戴し、ここでの掲載をご快諾いただけたので紹介致します。改めて、「星を愛でるPetit」をお受け取りくださって、ありがとうございます! 本日、無事に星々からのメッセージを受け取ることが出来ました。よくぞ、…という最初の単語を目にした瞬間胸に響き、熱く心震わせながら一言一句丁寧に読ませて頂きました。涙とともに。。。私の人生の [続きを読む]
  • 「ほしめで」にご感想をいただきました
  • 先日、こちらの記事 星を愛でる番外編、てのひらサイズの「ほしめで」お知らせでご案内した夏限定の提供物、「ほしめで」をお求めくださった方様へ発送し、そして、早速ご感想をいただきました。ご快諾いただけたのでこちらにてシェア致します。ありがとうございます! このかたは、当方と数年前からご縁くださっているかたです。感謝! ほしめで届いたーーっ背中押された。ここのところ、太陽も月も冥王星や天王星と重なってて [続きを読む]
  • すべては素晴らしく、そして拙い。
  • 地上に生きる生命は、そのすべてが徹底して素晴らしい。 どんな人も等しく素晴らしく、美しく、その人にしかない輝きを呈して日々を生きている。そこに優劣も順序も一切ない。 人間はなべて、人間目線の価値観で人を序列づけようとしがちだが、それには何の意味もない。人間目線の価値観、たとえば美醜、たとえば学歴、たとえば貧富、そういったもので生命をはかることに意味など生まれようもない。 同じ星のもとに生まれる人がい [続きを読む]
  • この世の全ては地球名物。
  • この、我々が暮らす地上にはさまざまなものがあって、それらには善や悪、光と闇、清いものとそうでないものなどいろいろな側面がある。 ことに、それが人体や生命に害をなすものとされるものは、除去しようという動きが高まったり、それの使用を否定したりする人が必ずいる。「それは身体や環境によくないよ」と、それを使っている人を説得しようとしたり、「こういう裏があってこういう事態を招くんだよ」と害を説いて改心させよ [続きを読む]
  • 「星を愛でるPetit」に、ご感想をいただきました
  • 当方の提供物「星を愛でるPetit」へ、ご感想をいただきました。掲載のご快諾をいただけたので、こちらでご紹介をおこないます。 先日は、星を愛でるpetitをありがとうございました。そこにあったように、もっと自分のホロスコープを真剣に見つめようと、開発すべきところとか、持ってるものに感謝しながら、幸せを感じて過ごしています。あと、心身を労わりながら、限りある命を大事に過ごすことを自分に許してあげていることが [続きを読む]
  • 星のせいにしない。
  • 星、ネイタルチャートの影響はとても決定的で強固なものではあるけれど、でも、それはやっぱり絶対ではない。 星がこうだからこういう人間になった、とか、こんなアスペクトだからこうなんだ、とか、この配置のせいでこんなふうになってしまった、とか、そういったことはないとわたしは考える。 ネイタルチャートは基盤であり根底であり、計画書であり取扱説明書でもあるが、結局、この地上でどう生きるかは個々人の自由意思ときま [続きを読む]
  • 小説新刊を出します。(黒河れら別名義活動のこと)
  • 今日は、黒河れらとも西洋占星術ともまったく関係のないお話。 明日の札幌の文学イベントで、小説新刊を出します。もともと、そっちがわたしの主軸の行い。別名義でやってることなので、こことは関係がないといえばないのだけれども、 普段、「星を愛でる」などの提供物と並行して小説の原稿やライティングの仕事などをおこなっているので、小説にもご興味いただければそれもまた嬉しい。 直接ここには詳細をリンクはしないが、も [続きを読む]
  • レラストロロジー的、過去世・前世の考えかた
  • 自分の過去世に興味がある、知ってみたい、と思う人は多いのかもしれない。知りたくなかったが知ってしまった、という人もいるし、知ろうとしてさまざまな療法などを体験したがよくわからなかった、という人もいるだろう。 わたし個人は、知る必要がある魂は知るし、特にそうでなければ知ろうとも思わないのだし、別にそれは、どちらでもいいのだと思う。過去世を知ることができたからといって何か得なわけではないし、知ったら偉 [続きを読む]
  • 「星を愛でるPetit」にご感想をいただきました
  • 当方の提供物「星を愛でるPetit」に、ご感想をいただきました。掲載のご快諾をいただけたので、こちらにてご紹介致します。 先日送っていただきました「星を愛でるpetit」。 紡がれたと言う表現がぴったりの言葉。薄々気がついてはいたけれど、こんなにもはっきりと星からの言葉として断言していただけたことがとても嬉しく心強いです。「まだ」そんな言葉ばかりが頭をよぎり、準備ばかりしてしまうわたしにもうすでに時は始まっ [続きを読む]
  • 蠍座が強いということ――エレメントとサインの話。
  • 今日は、わたし自身の話。 わたしは、太陽とアセンダントとドラゴンテイルが蠍座で、その他に個人天体からトランスサタニアンまでの間であと2つ蠍座の天体があり、さらに小惑星のイクシオンとクワオワ、ウラニアが蠍座。そしてこれはみんな同じ位置だが恒星のアクルクス。 だがこのアクルクスが太陽のすぐ近くにあり、そして、決定的なのはアセンダントとドラゴンテイルとウラニアがコンジャンクションであること。↑これが、わた [続きを読む]
  • 【再度お知らせ】 「星を愛でる」納期変動に関しまして
  • いつもありがとうございます。 「星を愛でる」の、新規お申し込みでの納期に関しましてお知らせを致します。 おかげさまで、現在さらに連日「星を愛でる」のお申し込みを頂戴しており、今後の新規お申し込みをいただく場合、納期にずれ込みが生じます。 現行ではお申し込み・ご入金より3〜4か月でのお渡しとして参りましたが、今後は5〜6か月納期とさせていただきます。(すでにお申し込み済みの方様へは、ご案内差し上げた納期で [続きを読む]
  • 「星を愛でる」に、ご感想をいただきました
  • 先日に引き続き、「星を愛でる」にご感想を頂戴しました。そのかたからご了承をいただけたので、ここでご紹介をおこないます。ありがとうございます! 私の星を愛でる は、射手座に天体が集中している私らしく、6月9日射手座満月に届きました。手元にやってきた本は、小さくてもち運びやすく、可愛く、いつでも、どこにでも、側にいてくれそうな佇まいでした。勇敢で、明るい光に満ち溢れた一冊。予想に反して、あまりに勇ましい [続きを読む]
  • 「星を愛でる」ご感想をいただきました
  • 「星を愛でる」をお求めくださったかたから、ご感想をいただきその紹介についてご快諾いただけたので、こちらに掲載致します。ありがとうございます! 「星を愛でる」をつくっていただき、ありがとうございました。手に取れた喜びのままに、思いをお伝えします。まず、表紙を見てしばらくうっとりしていました。「わたしって、LOVEだったんだ!」をひしひしと味わっていました。そして、本体の色が、生まれたての空のようなブル [続きを読む]
  • 「星を愛でる」お渡し致しました
  • 先日あるかたへお渡しした「星を愛でる」、表紙の掲載許可を頂戴したのでこちらにご紹介します。 表表紙と裏表紙。カバー下の本体表紙はまた異なるテイストのものにしてあって、そちらもお気に召していただけた。 このかたも、とても特徴的なホロスコープのかたで、「星を愛でる」をおつくりさせていただけてほんとうに幸せだった。 今月は、わたしの私用でお受けしている「星を愛でる」に深く着手できなかったので、次のお [続きを読む]
  • 「星を愛でる」お渡し致しました
  • 先日あるかたへお渡しした「星を愛でる」、表紙の紹介許可を頂戴したのでこちらにご紹介します。 表表紙と裏表紙。カバー下の本体表紙はまた異なるテイストのものにしてあって、そちらもお気に召していただけた。 このかたも、とても特徴的なホロスコープのかたで、「星を愛でる」をおつくりさせていただけてほんとうに幸せだった。 今月は、わたしの私用でお受けしている「星を愛でる」に深く着手できなかったので、次のお [続きを読む]
  • 「星を愛でる」、お渡ししました
  • 昨日、お一方へ「星を愛でる」をお渡しすることができ、そのかたから、表紙の紹介許可をいただいたのでお披露目を。 表表紙と裏表紙。 このかたも、とても崇高な美しい魂で、おつくりしている間、何度も感嘆した。 「星を愛でる」はほんとうに、すごいことをさせていただけているなあと、胸がいっぱいになる。 1冊まるごと、そのかたの魂のことを記した本。そのかたのためだけにおつくりする本。 わたしはこういうことが、ほ [続きを読む]
  • 「星を愛でるPetit」の意味。タイミングと意図の話
  • 今日は、当方の提供物「星を愛でるPetit」について。 これは、概要は「星を愛でるPetit」記事を見ていただくとして、わたしはこれに触れていただくタイミングについて、 節目や記念日、誕生日や転機の際に。確認したい時、飛躍したい時、「よし!」という時、「星を愛でるPetit」、どうぞ触れてみてください。 と、している。ふつうは、こういったものに触れていただくタイミングというのは、「迷っている時」をフォーカスして勧 [続きを読む]
  • 星を愛でられる幸せ。
  • 以前、この記事(近況報告と「星を愛でる」の進捗状況)でも触れたのだが、 ほんとうに、「星を愛でる」をおつくりさせていただけることは私にとって、幸せなことだ。 おつくりしている間、毎回、どのかたの「星を愛でる」をやっている時も、あまりの魂の美しさや尊さで涙が出てくる。なんという勇敢な魂だろうかと心うたれたことも、なんて健気な魂なのだろうと愛しさに胸がいっぱいになったことも、何度もある。 「星を愛でる」 [続きを読む]
  • 「星を愛でる」ができるまで。鑑みているあれこれ
  • お一方の「星を愛でる」ができるまでには、多くの情報を出して鑑みている。 基本となるその人のホロスコープ、ネイタルチャートは当然だが、それに小惑星や恒星を出したチャート、ヘリオセントリックチャートとドラコニックチャート、各天体や感受点すべてのサビアンとアスペクト、 それに、銀河の署名や宿曜占星術の宿も出している。 それらを鑑みて、そのあとに、その深層へアクセスしていく感じ。でも情報はあくまで情報であっ [続きを読む]
  • 「星を愛でるPetit」のQ&A
  • 私の提供物「星を愛でるPetit」へ、いただいたことのあるご質問や疑問をここに公開しておこうと思う。もちろん、このほかのご不明点などは、いつでもお問い合わせいただければ。 Q.データの形式はPDFとなっているけど、それが開けない環境の場合はどうしたらいいの? A.基本的には、「星を愛でるPetit」は高解像度のフルカラーデータをPDF形式でお渡しします。これは、お求めのかたがお手元で印刷もできるよう、元データを350d [続きを読む]
  • 「星を愛でる」のQ&A
  • 私の提供物「星を愛でる」へ、いただいたことのあるご質問や疑問をここに公開しておこうと思う。もちろん、このほかのご不明点などは、いつでもお問い合わせいただければ。 Q.家族や配偶者の分の「星を愛でる」をつくってほしいのだけど? A.これは、基本的にはお断りしています。「星を愛でる」は、魂の個人情報のような箇所にアクセスするので、そのかたご自身の許可がないと、原則おつくりできません。それに、いいことばかり [続きを読む]
  • 【星の愛でかた。西洋占星術の思いごと】
  • 星はもっと自由に触れてよいものです。教科書通りの見かたやセオリーに縛られる必要はなく、「間違い」「不正解」とされるべき解釈もない。 星の見かたに限らず、現代日本で育つと多くの人が「これで合ってますか?」という確認のしかたをするようになる。ひとつの正答、正道、無難であり安全な地点から逸脱しない解釈を追い、そこに「合って」いることをよしとする。「合って」いなければ失格、恥ずかしい、不勉強、と思うように [続きを読む]
  • 新提供物「星を愛でるPetit」
  • 「星を愛でるPetit」は、私の提供物「星を愛でる」の趣旨をそのまま、フォーカスする箇所とアクセスする時間をカスタマイズしたものです。  銀河にただひとりのあなたという人へ寄せる、賛歌で、恋文で、全幅の祝福です。という思いは同じで、でも「星を愛でる」がフォーカスするのはあなたの魂そのもの、アクセスする時間は深遠であるのに対し、「星を愛でるPetit」がフォーカスするのは今世のあなた。アクセスする時間は「今」 [続きを読む]