優奈 さん プロフィール

  •  
優奈さん: くらげ日記
ハンドル名優奈 さん
ブログタイトルくらげ日記
ブログURLhttp://v579yd2e.blog.jp/
サイト紹介文昭和生まれのクラゲ(精神疾患有り、30代、バツ有独女)の日記。
自由文面白い記事はなにひとつ書けません。 
思うがままに駄文を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 58日(平均6.2回/週) - 参加 2017/03/03 11:08

優奈 さんのブログ記事

  • 赤い糸
  • 某SNSには”コミュ”というものが存在する。自分の好きなことや好きなものなどについて、仲間と語り合う場所のようなものでたまたまS氏が加入していたコミュにそうとは知らずに加入したということがあった。N氏と別れる事になった日、私はそのコミュの掲示板にメッセージを書いた。S氏もたぶんそのメッセージを見たのだと思う、私の最新の日記にS氏のコメントが入る。『こんばんは、お久しぶり! メール送ってもいい?』某SNSでは [続きを読む]
  • オワカレ
  • 私がガトー・ショコラを送った日から2日後、N氏は本当に楽しみにしていたと思う。しかし私もN氏も予測できなかった結末が待っていた…***某SNSでその日の夕食の写真を載せる。すると沢山のコメントを頂く・・・S氏はそうしたコメントを寄せてくれる方のひとりに過ぎなかったはずだったのにいつの間にかS氏のコメントを待っているという不思議。私がガトー・ショコラの写真を載せた日からS氏はコメントを書かなくなった。S氏と私の [続きを読む]
  • 変化。
  • その日、某SNSの日記には夕食の写真を載せる代わりに、N氏のために作ったガトー・ショコラを載せた。それを見たMさんが、さっそくコメントをくれた。『美味しそうに出来たね? きっと彼氏さん喜ぶよ?』 私はチルド郵送で送らなかったことをMさんに話す。N氏の言葉を信じて普通郵送にした事はいいものの、私は何か不安を感じていた。 『必ず受け取るって言ってくれたのなら大丈夫だよ。彼氏さんも楽しみにしているだろ [続きを読む]
  • Gift of Love
  • N氏に送るためのお菓子を焼く。資金に限りがあるため試し焼きができず、ぶっつけ本番で送るお菓子を焼かなければならない。成功するか失敗するか・・・強く願えば願いは叶う。私はありったけの想いを込めて作れば成功すると信じた。***チョコレートは苦すぎず甘すぎないビターチョコレートを使い、お酒の好きなN氏ならばラム酒があったほうが良いと思いラム酒をふんだんに使ってみた。出来上がったのはシンプルなガトー・ショコラ [続きを読む]
  • サイン
  • 私は某SNSの日記にその日作った夕食の写真を載せている。↑はたまたまその日載せた夕食のメニューだ。上から胡瓜の柴漬け、左は生ダコの和風カルパッチョ右は麻婆茄子それにご飯とお味噌汁が付く。枠に収まらなかったので、写真には載っていないけれど。我が家の夕食はおかずの種類が少ない。それは1杯のご飯を食べるなら、2種類のおかずがあれば十分という考えから来ている。S氏はその日もコメントを書いてくれた。左の生ダコの和 [続きを読む]
  • ココロを送る
  • Mさんの勧めで、N氏のためのバレンタインを手作りにすることにした私。ホントはお菓子以外に何か贈り物を添えたいけど…無職でお金がない私には、せいぜい出来てもお菓子だけを送るのが精一杯だ。N氏が喜んでくれるお菓子はなんだろう?私は一生懸命考えた。***私が住む札幌市とN氏が住む東京都では約1000kmほど離れている。郵送だと出してから届くまで2日間掛かる。とすれば日持ちのするお菓子が望ましい。市販のものと違い、保存 [続きを読む]
  • 太陽の人
  • 私は洋楽が好きだ。洋楽にも色々ジャンルがあるけれど、私は割りとジャンルは不問で何でも聞くタイプだ。でも好きな曲にはR&Bが多いかもしれない。N氏は邦楽のほうが好きで洋楽はあまり聴かないから、某SNSを通して洋楽好きの人と話せるのは嬉しい事だった。私は某SNSの日記に、その日作った夕食の写真を載せていた。それをたまたま目にした方がコメントをくれる。S氏はそうしたコメントをくれる方の一人で、いつしか相互で日記に [続きを読む]
  • Mさんのすゝめ
  • 某SNSに登録してMさんと知り合ってから、このところよく話すようになった。SNSを通して仲良くなった方もMさん以外にも3人ぐらい増えた。N氏のLineよりも某SNSを通して仲良くなった方とのLineの方が、楽しくなるのにそんなに時間は掛からなかった。***Mさんは 石川県/金沢市に住む30代の独身女性で、病気のため長年務めていた会社を休職し、現在は病院を退院し自宅療養をしていた。 そんな彼女の趣味は洋裁で、普段着のは全て [続きを読む]
  • 癒しの人
  • N氏に言われた言葉で、私は某SNSに登録した。そのことはN氏には言っていない。隠す必要もないけれど、言う必要もないからだ。登録して一週間が経った頃、そのSNSを通して私は一人の女性と知り合った。彼女はMさん。穏やかで優しい話し方をする、癒し系の人だ。そんな彼女がどうして私に話しかけてくれたのかは、彼女もよくわからないらしい。年齢が一緒だったから?境遇が似ていたから?これも縁のひとつだろう。彼女と話している [続きを読む]
  • 浮気と嫉妬
  • N氏が部屋を決めた頃、N氏の職場は繁忙期を迎えた。お昼も満足に取れないほど忙しい中で、それでもN氏とのLineは毎日続いていた。 N氏はかつてのN氏ではなくなっていた・・・精神的にも余裕がなくなってきたからだと思う。朝早く出勤して日付が変わる頃に帰宅するN氏。また倒れるのではないかと心配だった。しかし私がN氏のために出来ることは、遠くから見守ることだけだ。でも、何かできないかと思ってN氏に聞くと、『朝、起 [続きを読む]
  • 遠い約束
  • 私とN氏は数ヶ月前に某ネットゲームで知り合った。そしてN氏と遠距離恋愛を始めて3ヶ月めになる…N氏は私に”一緒に暮らそう”と”同棲”を提案する。そうしてふたりの将来のために”部屋”を借りた…それはN氏にとって大きな負担だったと思う、しかし借りた部屋にはふたり分の希望と夢が溢れている。『そう遠くない明日に、一緒に暮らそう。俺は此処で待っているから』 N氏が私を待つと決めた期間はそう長くはない。それでも [続きを読む]
  • 夢をカタチに
  • IF I AIN'T GOT YOU / ALICIA KEYS(”あなたがいれば何もいらない”歌詞と歌詞の和訳は↑を参照されてください)山のような物件の中から、ここぞと思う物件を探すのは大変だった。見れば見るほど欲が出てくるし、もっと探せば良い物件が出てくるような気がするから。しかし私とN氏には時間がない。入学・卒業・就職と今時は人の移動が激しい時期。ある程度目星をつけて不動産会社に行かなくてはいけない。ふたりで暮らすための” [続きを読む]
  • ふたりの Sweet Dream
  • 『何も不安に思うことはない。俺がそれを取り除いてやる自信があるから』”同棲”がカタチを為すことに不安を感じる私にN氏はそう告げる。N氏が”二人で住む部屋として”希望したのが、 家賃**万程度の2LDKだ。物件を探してみると思わぬ現実が待っていた。東京で**万程度の家賃は、けして豪華な部屋が借りられるわけではないことに。 札幌で同額の家賃で部屋を探そうとしたら築浅のお洒落な2LDKのマンションに手が届くだ [続きを読む]
  • 同棲について
  • 『N氏の提案』(または『N氏の選択』)でN氏が私に始終言い続けていること、それが”同棲”だった。N氏は年相応に結婚願望が有り、交際の果てには”結婚”と考えていた。 離婚を繰り返している親を見て、”同棲”をして”本当に長い結婚生活を共にできるか”を見たい。親と同じ道を辿りたくはない・・・それがN氏の考えとするところだった。今までは単なる口約束でしかなかった”同棲”を、ある程度”カタチ”にしたいと、『N [続きを読む]
  • N氏の選択
  • N氏は予約しておいたホテルに到着し、チェックインをすませていた。予約した部屋は、とても広かった。窓一面に広がる美しい夜景を長いこと見ていた。食事は適当に済ませるつもりだが、ウィダーinゼリーぐらいしか食べたく無い。大きなダブルベットは独りだとかえって寂しい。傍に居るべき人が居ない寂しさには、慣れたはずだった。――待つのは、辛くない。辛いのは、本当に来るかどうかわからない人を信じ続けることだ。***N氏か [続きを読む]
  • N氏の選択
  • N氏は予約しておいたホテルに到着し、チェックインをすませていた。予約した部屋は、とても広かった。窓一面に広がる美しい夜景を長いこと見ていた。食事は適当に済ませるつもりだが、ウィダーinゼリーぐらいしか食べたく無い。大きなダブルベットは独りだとかえって寂しい。傍に居るべき人が居ない寂しさには、慣れたはずだった。――待つのは、辛くない。辛いのは、本当に来るかどうかわからない人を信じ続けることだ。***N氏か [続きを読む]
  • 真珠のように
  • 私が成人式を迎えた日、祖母からの荷物で、ネックレスが届いた。大粒で良質の本真珠の1連のネックレスは、祖母からの最後の贈り物だった。真珠は、貝の体内に微少な石などの異物が入って来た時に、貝殻成分を分泌する外套膜も一緒に、貝の体内に偶然に入りこむことで作られる。それを祖母はこう例えた。”成人を迎え”大人”として社会に出れば、辛いことや苦しい事もたくさんあるでしょう。流した涙を重ねて、真珠のように輝いて [続きを読む]
  • 真珠のように
  • 私が成人式を迎えた日、祖母からの荷物で、ネックレスが届いた。大粒で良質の本真珠の1連のネックレスは、祖母からの最後の贈り物だった。真珠は、貝の体内に微少な石などの異物が入って来た時に、貝殻成分を分泌する外套膜も一緒に、貝の体内に偶然に入りこむことで作られる。それを祖母はこう例えた。”成人を迎え”大人”として社会に出れば、辛いことや苦しい事もたくさんあるでしょう。流した涙を重ねて、真珠のように輝いて [続きを読む]
  • 7200秒の家出
  • 自宅には鍵がかかっていた。合鍵は親に返してから家を飛び出したため、インターフォンを鳴らすしか無かった。玄関を開けたのは母だ。「遅かったじゃないか、早く入りな。」私は何も言えないまま、キャリーバックを玄関に置いた。母はそれを見て雑巾を持ってくる、そうしてキャリーバックのローラーを拭き始めた。「随分詰め込んだもんだね、こんな重いのを引きずって歩いたのかい。」父が待つ居間へと、私と母は歩いて行った。対面 [続きを読む]
  • 7200秒の家出
  • 自宅には鍵がかかっていた。合鍵は親に返してから家を飛び出したため、インターフォンを鳴らすしか無かった。玄関を開けたのは母だ。「遅かったじゃないか、早く入りな。」私は何も言えないまま、キャリーバックを玄関に置いた。母はそれを見て雑巾を持ってくる、そうしてキャリーバックのローラーを拭き始めた。「随分詰め込んだもんだね、こんな重いのを引きずって歩いたのかい。」父が待つ居間へと、私と母は歩いて行った。対面 [続きを読む]
  • 翔べないトリ
  • 私は空港の屋上に向かった。私が乗るはずだった飛行機を見送るために…昔、恋人だった人に聞いたことがある。”飛行機は後ろには進めない”と。「民間旅客機はバックができない設計になってね、後ろ向きだと安全確保が出来ないから、前進するのみさ」「そうなの?」「飛行機は、エンジンの推進力を後ろ向きに伝えて進むんだ。自動車のようにタイヤに直接エンジンの推進力が伝わっている訳ではないから、後ろには進めない。」「俺は [続きを読む]
  • 翔べないトリ
  • 私は空港の屋上に向かった。私が乗るはずだった飛行機を見送るために…昔、恋人だった人に聞いたことがある。”飛行機は後ろには進めない”と。「民間旅客機はバックができない設計になってね、後ろ向きだと安全確保が出来ないから、前進するのみさ」「そうなの?」「飛行機は、エンジンの推進力を後ろ向きに伝えて進むんだ。自動車のようにタイヤに直接エンジンの推進力が伝わっている訳ではないから、後ろには進めない。」「俺は [続きを読む]
  • 暴走
  • 私の計画は順調だった。そのはずだった。祖父母の遺影に手を合わせて、玄関に向かい靴箱から靴を出す。時計を最後に見て、扉を開けようとしたところで、私は信じられない姿を見た。父と母が、玄関前の階段を上がってくる。買い物からもう帰宅したのだ。私が持つ小さなキャリーバックは、どう見ても職安に行くためのものではない。 あと3秒程度で私の計画は全て親が知るところとなるだろう。逃げられなかった。***私はネ [続きを読む]
  • 暴走
  • 私の計画は順調だった。そのはずだった。祖父母の遺影に手を合わせて、玄関に向かい靴箱から靴を出す。時計を最後に見て、扉を開けようとしたところで、私は信じられない姿を見た。父と母が、玄関前の階段を上がってくる。買い物からもう帰宅したのだ。私が持つ小さなキャリーバックは、どう見ても職安に行くためのものではない。 あと3秒程度で私の計画は全て親が知るところとなるだろう。逃げられなかった。***私はネ [続きを読む]
  • 祖母の涙
  • その日は、母がいつも行くスーパーの特売日だった。両親は新聞に挟まれたチラシを見て、買い物の内容を決める。珍しいこともあるもので、いつもの起床時間よりも早く娘が起きていた。昨晩大雪が降ったせいで、JRのダイヤが少し乱れているらしい。今日も職安に行くのだろうか?それなら買い物から帰ってきたら、最寄り駅まで送っていこうかと母は思った。***母は祖父と祖母の影膳をしている。祖父は祖母が亡くなって15年後に祖母を [続きを読む]