Yoko さん プロフィール

  •  
Yokoさん: うたおうか
ハンドル名Yoko さん
ブログタイトルうたおうか
ブログURLhttp://utaouka.com/
サイト紹介文在野の声楽家、浅田容子です。『無名歌うたいの成長記録』を閉鎖してから3年。病を乗り越え3児の母に♪
自由文元「無名歌うたいの成長記録」管理人が帰ってきました!
咳喘息→声帯麻痺…を乗り越え、子どもを産んでパワーアップ?!3児の母になり、か弱かった少女メンタルを克服して気持ち新たにまいります♪

人生色々ありますが、歌と向き合い、心と向き合い、人生を謳歌して生きたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 20日(平均7.3回/週) - 参加 2017/03/03 11:55

Yoko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分をバカにしてはいけない
  • 先日、今までの学びを振り返っていたら、一番最初のレッスンで配られた紙(冊子?)の、それも一番最初に「自分をバカにしてはいけない」って書いてあったことに気づいた。衝撃。きっと一番大切なことだからなんだろうけれど、師匠に教わりながらもここが出来るようになってなかったんだなぁって。— 桜歌 (@utaouka) March 18, 2017 人生は思った通りになるということが突然腑に落ちたのが、2017年2月16日。心も部 [続きを読む]
  • 「子育てに失敗した」らしいけれどそれも含めて
  • 「子育てに失敗した」って言われました。数年前。反省をこめて…でしたけども、これを目の前で言われるのってキッツイですよ(笑)普通、目の前で言うか?(笑)「私は失敗作品かよ」って感じるかもしれないとか思わないのか?(笑) 正確には、一人は「どうせ欠陥品なんだー!!」って錯乱状態になりながら頭を床に打ちつけるような状態に育ったということと、もう一人は自ら社会に出ていくことが出来なくなったということか [続きを読む]
  • 風邪はデトックス?
  • 風邪ひいてます。一昨日、滝のような鼻水が吹き出し、「あれ?今年の花粉症はめっちゃ軽いはずだったのに!?」とか思っていたら、花粉症じゃなくて風邪でした。寝起き、喉痛い…と思いながら鼻をかむと、もう、いかにも!っていう色の…(以下略)。鼻水が治まってきた〜…ら、現在気管に…そしてみるみる声が変になり歌えない…という現状。 熱はありがたい?東洋医学的な考え方だと「風邪をよくひく人は、大病をしない」と [続きを読む]
  • 今の全ては自分の選択の結果だけども
  • 人や環境のせいにしたくなることってたくさんあるんですよね。私もたくさんあるんですよね。…でも、なにも変わらないんですよね。 「若い頃に親に応援してもらえればなー」って思ったことはもう二桁じゃないかも?くらいにありました。昨日もなんだかふと色々と思い出して、「なんでうちには思想の自由が無いんだよー!」ってクッション殴ってました(笑)。…毒出しです。 自分が選ぶもの選ぶものを「不正解」ってされ [続きを読む]
  • 花粉症が治る?治ったわけじゃないけど軽くなった体験談と理由
  • 小4で発症して以来、すっごいひどい花粉症でした。…でした。←過去形!!目、鼻、のど…全部。微量の花粉が飛び始めたくらいで敏感に「春の訪れ」を感じていました(「春の訪れ」という優しい響きに似合わない顔面の様子…)。 現在、そんな私は内海氏の新しい本「巨悪の正体 なぜあなたはカスなのか」を絶賛読書中です。なぜ私はカスなのかを知るためですwええ、カスです。カスですとも。今もこれを書きながらチョコレー [続きを読む]
  • クラシック音楽には批判…ジャッジする人の割合が高いと思う
  • YouTubeをみていると思うんですけど、クラシック音楽の動画ってポップスの動画よりも低評価の割合が高いんですよね(日本人のものが特に)。普通に上手いし、映像もキレイ…音質だって悪くない…という動画にも低評価がついている不思議。いや、もちろんどんな動画にも低評価はつくんですけど、なんでこの動画にこの割合で低評価??とか。わざわざ「こんなん全然ダメだ!!」と自分の時間と労力を使って書き込みするのとかも…好 [続きを読む]
  • 自己紹介として経歴や今までの音楽活動をまとめ
  • どんなことをやってきた人なのかがわからないかなと思ったので、自分と音楽との長きに渡るお付き合いについてまとめてみました。とても長いのでおおまかな流れを…。……………………………………………四半世紀以上の長期交際中な私と彼。…最初はわかりあえなかったけれど、失ってその大切さに気づいて、どんどんその魅力に惹かれていって、周囲の反対をもろともせずいつしか激しく求め合い、今もラブラブ(*´ω`*)…な感じのス [続きを読む]
  • どこの馬の骨ともわからん奴(自分)に肉と皮をつける
  • 肩書がものを言うのは、肩書が信頼を得るためのひとつの手段になっているから。肩書がない人間が信頼を得るには、とにかく知ってもらうしかない。とにかく発信するしかない。自分が一人の人間として「まぁ、この人は大丈夫だろう」と思ってもらうしかない。…もちろん、大丈夫だと思ってもらえないこともあるのは大前提なわけだけども…^^ゞそれはしょうがない。 ということで、色々と今までやってきたことなどを整理している [続きを読む]
  • 自己開示が苦手だったのでブログという方法から
  • 自己開示すると嫌われる?とかも言われることなので、正直、こんなに色々と内面のことを書いてあるのに実名にしていいんだろうか?と思ったりもしました。でも、・自分に嘘をついて、嘘をついた状態で保っている人間関係にとどまるのか?・自分に嘘をつくのをやめて、新しい人間関係を築くのか?結局はそこだなぁって思ったので、もう嘘つきは卒業することにしました。あなたはこういう人よね〜って言われる評価と実像にはかなりの [続きを読む]
  • 心も部屋もパソコンも大整理
  • 本当はバイトしたほうがいい(ネット上でマイペースに出来るお仕事をちょこちょこしてます)のですが、なんだか居ても立ってもいられないような違和感がすごくて、ゴタゴタと大量にものを捨てたりしている最近です。不要なものにまみれている… Σ( ̄ロ ̄lll)  …と。きかなくなっていた鼻がきくようになって、違和感に気づき始めた感じでしょうか。→関連記事 …で、昔の演奏会の資料だとか動画だとかもちょっと確認してみ [続きを読む]
  • 匿名卒業…ブログの実名って危険なの?
  • 一時期、実名でやってましたけどね。サジェストに「ブログ 実名 危険」とかって出てきますけど…。特に実名時代も実害なく、そもそもそのような影響力もありませんでしたが(笑)実名が危険っていう人は影響力があるからなんでしょうか…?(めっちゃ稼いでいて狙われちゃうとか?)…でも匿名でも注目されて影響力を持ったらあんまり変わらない気も…? 芸能人って芸名と本名と両方パターンがありますよね。普通過ぎる名前 [続きを読む]
  • 音大は学費が高い…ということで教育学部から登ってきて今
  • 音楽科に行きたいとせがんで、「うちはそういう家じゃないんだ!!」と怒鳴られていたのももう10年以上昔の話になった(笑)なんだかんだでお金持ちイメージのあるクラシック音楽の世界。間違っていないけれど、そうじゃない登り方もあるのだという実体験として、自分のことを書いてみようと思う。 …………… 幼少期の私。4歳からピアノは趣味レベルで習ってはいたけれど、実際「専門コース」にいるわけでもコンクー [続きを読む]
  • ブログをハンドルネーム(匿名)から実名にする準備中
  • …です!「ここまで晒して良いのか?」と思いつつ、昔も晒していたのだし、まぁ、いいんじゃないか?と。 以前は実名で「無名歌うたいの成長記録」というブログを運営していました(知ってる人もいる…かも?)。…1日に教室1クラスくらいの人が見に来るかな〜?といった感じのアクセス数でしたが、声楽のブログというのはそもそもそんなにアクセスが伸びないので、声楽ブログのランキングではだいたい2〜3位くらいにいま [続きを読む]
  • 人生は思ったとおりになるということが突然腑に落ちた
  • ■人生は思ったとおり「引き寄せの法則」を先輩に教えてもらった。「思い通りにならない!」って数年前までもがいていた。「なんで?」って調べていた。実践の仕方が間違えていることは理解しつつも、あまりにもネガティブな…特に自分自身に対するネガティブな思い込みがありすぎることに気づいた。自分の家庭環境がややおかしかったという事実を突きつけられた。親に対するもやもやした気持ちが出てきそうになっては抑圧して、「 [続きを読む]
  • ネガティブな激情を吐露したあとに今度は罪悪感と悲しみ
  • 昨日ブログに「シャドウに光をあてる」として書きなぐったら、なんだかしばらくしてざわざわざわざわ…。なんでしょうねこれ。罪悪感?そこまで言わなくてよくね?っていうような。 親も人間だし。…とか。 親も未熟だし。…とか。 「親が〜」じゃなくて、結局自分が自分と向き合うことなのかな…なんて思いました。自分の感情ときちんと向き合うこと?感じきってあげたら、「親が〜」とか、、なんかもうどうでもい [続きを読む]
  • シャドウに光をあてる〜抑圧しているものを自覚する
  • アダルトチルドレンのまま引き寄せは出来るのか?というのを調べていたら、アダルトチルドレンを癒やせば…というか、癒やしていったらそれと同時に引き寄せは出来るみたいに書いてあった。というか、そう。フィルターかかってるんだよね。苦しい環境で生きていく為に適応してるから、そのまま外の世界も「苦しい環境」になるというか。苦しい環境じゃなくなると不適応をおこすのですよ。わざわざ苦しい環境にしようとしたり。だか [続きを読む]
  • 子育てに正解はなくてもせめて足を引っ張らない親でいよう
  • 子育てに正解は無いっていうじゃないですか。実際、こうしたらこうなるって言い切れるものじゃないと思います。同じような環境でもその結果は子どもの気質によって大きく違うでしょう。…でもひとつ言えるのは、足を引っ張る親ではいたくないなっていうこと。子どもを前にして「子育てに失敗した」と言う親から学んだことです。 ■子どもも一人の人間として尊重することの大切さ我が家はこれが出来ていない親でした。自分の部 [続きを読む]
  • 願い事は完了形で&なりたい自分はなった前提で
  • 「まずはあり方を変える」ということが出来ていなかったのだということを知り、んじゃ自分は一体なんなのよ?って自問自答する最近。いちおう(…とかつけてしまうのがまた問題なんだけどもw)歌手であります。音楽家であります。ちょこちょこ仕事もしたことあります。のに…!!余興で歌った時に「アナタは一体…?」とたずねられて、「あ、一応歌手の端くれです…専門はクラシックですが(^^ゞ汗」とこたえたら、「あ〜なんだ、 [続きを読む]
  • 過度に緊張する自分に気がついてからの人生振り返り
  • ブログを読み漁っていて、出会った言葉。「あなたの人生において一番偉いのはあなたしかいません」に衝撃を受けた。いや、当り前だろ!っていう感覚をお持ちの方は幸せだと思います。…頭では「そうだな」なんですけど、すっかり忘れてたんだということに気がついたんです。 ■価値を他人に決めさせている姿勢を自覚なんか私、「上の人認定」した人に会う時すごい緊張するんですよね。ぐーっと心臓が掴まれるような感覚がある [続きを読む]
  • 過去の記事 …