工事部マネージャー さん プロフィール

  •  
工事部マネージャーさん: CHTリフォーム担当が書く能書きブログ
ハンドル名工事部マネージャー さん
ブログタイトルCHTリフォーム担当が書く能書きブログ
ブログURLhttp://coophaujinngutoukai.blogspot.jp/
サイト紹介文あいち、ぎふ、みえが行動範囲 リフォーム工事について、つらつらと書くブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 57日(平均7.4回/週) - 参加 2017/03/03 14:18

工事部マネージャー さんのブログ記事

  • 講師紹介のスライドショー動画を作ってみました
  • リフォームや新築のセミナーで講師を担当する方々の紹介動画を作ってみました。あいちエリアのセミナー講師の一部の方の紹介です。是非、セミナーに参加して下さい。営業目的のセミナーではありません。見積を取る前の勉強です。ブログランキングに参加しております。以下のバナーをポチっとして頂けると励みになります。よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 建設業の許可業者に依頼するのが大前提
  • リフォームのセミナー講師をやらせて頂くときは、建設業の許可業者に依頼する事を力説させて頂いてます。500万円未満の工事は、法的に何の許可も資格も要りません。誰でも開業できます。 だから営業だけして工事は丸投げなんて業者が現れるのです。許可業者は、建築士などの有資格者が在籍が条件、5年に1度、許可更新などがあり建設業法違反などあれば、行政処分もあります。業者の身元もわかり、安心の目安となります。業者選 [続きを読む]
  • 出来れば5年以上のリフォーム工事の経験のある業者がいいです
  • リフォーム工事の経験年数は、仕事の出来栄えに大きく左右すると思います。最低でも2年以上、できれば5年以上の経験年数がある業者がベストです。この経験年数と言うのは、リフォームに関してのことで、新築しか経験が無い業者が建築経験と言われても、ちょっと経験値が違います。住みながらのリフォームは、経験が物を言います。付け加えれば、業者を斡旋するとか紹介すると言うのは、経験のある業者に当たればOKですが、そう [続きを読む]
  • 業者は、1時間以内に来られる距離の所がいい
  • 依頼しようとする業者の事務所が、リフォームしようとする現場から遠いと移動に時間と費用がかかります。 現場調査、見積、打合せ、そして実際の工事。 工事完了後のアフターメンテナンスなどを考えると、車移動で1時間圏内にある業者が目安ですね。ただ、実際に工事に従事する職人さんは、遠くから来てる事が、往々にしてあります。まずは、リフォーム業者の担当者が、会社から素早く来てもらえる所がいいですね。遠方から何度 [続きを読む]
  • 森に住むマルシェに伺って来ました
  • 4/22 岐阜の提携工事店、加藤住建産業さんが主催する『第2回 森に住むマルシェ』に伺って来ました。前回は、雨模様でしたが、今回は好天に恵まれ、大勢の方が来場されてました。会場の様子は、こちらから     (スライドショー動画)ブログランキングに参加しております。以下のバナーをポチっとして頂けると励みになります。よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 業者選びのコツ:現場管理が出来る社員がいるかがポイント
  • リフォーム業者の中には、建築の経験がなくて、営業だけのリフォーム会社もあります。紹介とか斡旋とか、営業で仕事を取ってきて、業者に振る。また、反対に歴史や技術はあっても営業に弱いという業者もあります。双方がマッチすれば申し分ないですが、やはり業者は、中身を充分に吟味する必要があります。今までの施工事例を教えてもらい、現場をきちんと管理できる有資格者がいるかどうかが見極めのポイントでしょうね。現場は、 [続きを読む]
  • 訪問業者は、取合わない
  • 国民生活センターに寄せられたリフォームの苦情は、相談の約4分の3を占めるのが訪問販売に関する事だそうです。要注意資料をネットから引用させて頂きました訪問販売は、取合わない、玄関ドアを開けないが原則でしょうね。中途半端に話しを聞くと、相手は話術のプロ。 引き込まれてしまいます。『必要ありません』『いりません』とインターホン越に断わり、理由も言う必要ないと思います。こちらから依頼した業者さんで無い限り、 [続きを読む]
  • チラシ、DMなどの価格は、目安とお考えください。
  • 何年か前から、リフォームのチラシで、スーパーのチラシのように価格がぎっしりと書かれたものをよく見ますね。定額パックのリフォームは、お得に思えますが、実際にその通りに行くとは限りません。リフォームセミナーで講師をやらせて頂くときは、標準の設備や部材、工事の方法があらかじめ決められていて、その通りリフォームするのであればパック料金通りで出来るでしょう。 でもリフォームは現場ごとに条件が違ってます。現場 [続きを読む]
  • 耐震改修工事
  • たいていの自治体は、耐震診断や補強に補助をしてくれます。(お住まいの地域の役所に問い合わせてみて下さい。)4月は、予算が決定する時期です。補助と言っても、その予算が決まり、予算を使い切ると今年度は補助を終了となります。なので、今、耐震リフォームは、計画を進めるのが一番です。対象は、昭和56年5月以前に建てられた木造住宅などを対象に、耐震診断から補助を行い、建築士である診断士を派遣し、倒壊の恐れがあ [続きを読む]
  • ♪工事完了時の竣工検査は、必ず実施してもらい、ご自身で検査
  • 工事完了時に、リフォーム会社の担当者と一緒に工事個所の検査をします。建築士が入った工事であれば、建築士も施主さんの立場にたって一緒に検査します。竣工検査です。引渡し前に、不具合を指摘しておかないと、無償で直して貰えない場合があります。工事中についた傷なのか、しっかり確認しておかないといけません。チェックポイント内装工事 クロスのうき、めくれ、凸(トツ)、ジョイント、キズ、汚れ床     きしみ、傾 [続きを読む]
  • ♪リフォーム工事中の電気・水道代は施主さん負担
  • 大抵の場合、リフォーム見積書を見て頂くと、工事中の水道・電気は、ご提供下さいとあります。工事中は、施主さんに負担して頂く事になります。 お宅の電気や水道を使わせて頂くのは、一般的な事で、工事費の一部とお考えください。現場へは、工事用の車両が出入りします。 材料を持ってきて降ろしたら直ぐ帰ると言う場合を除き工事用車両をとめる為の駐車場が必要なってきます。現場内にとめるスペースが無い場合、駐車場を借り [続きを読む]
  • ♪リフォーム工事中の仮住まい
  • リフォーム工事をしながら住めるかどうか、それは工事内容によります。キッチンだけ、お風呂だけ、トイレだけとかLDKのリフォームなどの部分リフォームの場合は、住みながらでもできます。 ただ、日常生活と違うところは、工事の為、いろんな職人さんが出入りする事になります。 大工さんであったり、設備屋さんであったり、ペンキ屋さんであったり知らない人が、入れ替わり立ち替わり出入りします。 最初は、そう言う事に驚 [続きを読む]
  • ♪追加変更を依頼するタイミング
  • リフォーム工事が進んできてからの材料変更や設計変更する場合は、慎重に行って頂きたいです。  発注してからの変更は、かなり難しいものです。よく現場に入ってないから、いいのではないですかと言われる方がみえますが、発注すると言う事は、その部材は、もう動いているわけですから、費用が発生してます。工程表を見たり、担当者に聞いてみたりして、材料の変更が可能かどうか聞いてみてから変更は、行って下さい。プランが確 [続きを読む]
  • ♪工事中は、現場をよく見に行きましょう。
  • 工事がきちんとなされているか、施主さんが現場を熱心に見ていられれば、いい加減な仕事は出来ません。仕上げ材を貼ってしまうと解らなくなる部分、柱とか筋かい、下地材、補強金物などを見ておく現場管理者がきちんとやってるかどうか、施主さんが見に来られることで緊張感は違います。任せっきりにせず、よく見ておくといいです。 見に行くことで無言のプレッシャーになります。現場に入るには、安全の為、ヘルメット着用は義務 [続きを読む]
  • ♪リフォーム工事開始前のご近所挨拶まわり
  • 工事が始まると、何かとご近所に迷惑がかかる事になります。街中で一番ご指摘があるのが路上駐車そして、騒音、ホコリ、ニオイクレームを頂く前にご近所への挨拶回りは大事です。工事開始1週間前までには、すまされた方がいいです。工事業者を伴って、工期や工事内容をお知らせして、ご協力をお願いしましょう。範囲は、向こう3軒両隣と後ろ3軒 あわせて8軒と言うところでしょうか。マンションの場合は、管理組合にも挨拶が必 [続きを読む]
  • ♪リフォーム時のカギの管理
  • リフォーム工事中に、お出掛けになられて、作業終了時、ご不在だと職人さんたちが戸締りして帰る事ができません。 そいうった場合、鍵をお預かりする事になるのですが鍵は必ず工事契約したリフォーム会社の責任者に預けて下さい。リフォームになれた業者であれば、現場にキーボックスを設置して、その中に鍵を入れておいて工事関係者と施主さんと、キーボックスの番号を共有して、鍵の管理をします。作業終了後、戸締りをして鍵を [続きを読む]
  • 4/12 リフォームポイント講座開催
  • 4月12日(水)リフォームポイント講座を開催致します。参加費は無料ですが、お席と資料の関係で要予約です。場所:コープハウジング東海 住まいの情報展示場 打合せ室   長久手市塚田1314 (藤ヶ丘から名鉄バス2駅 駐車場有)             (地下鉄藤が丘駅から徒歩15分)10:10〜10:45 リフォームするならあかりも一緒に        電気代もおトクに!       リフォームするなら照明器具も [続きを読む]
  • ♪リフォーム時のキッチンやお風呂の使用について
  • 工事内容にもよるので、目安ですが、キッチンの使えない期間は3〜5日間ぐらいです。キッチンの床、壁、天井まで新しくするようでしたら、使えない期間は、もっと長くなります。お風呂にあっても、使えない期間は、1週間から10日間くらいです。今は、ほとんどがユニットバスへの交換です。 ユニットバスを組み立てられる状態まで工事をする期間が比較的かかります。 既設解体前                解体後土間 [続きを読む]
  • ♪リフォーム工事中のトイレ使用
  • 住みながらリフォーム工事をする場合、トイレ工事中は、使用できません。でもほとんどの場合、工事業者は1日で終わるように工事をしてくれます。工事が何日もに及び、使用できない期間が長い時は、以下の写真の様な仮設トイレを用意してもらいましょう。リフォーム工事の内容が、いろいろある場合、工事の工程表をもらい、その工程表の中にトイレの使用できない期間が明記してある工程表なら、施主さんの事をよく考えている業者だ [続きを読む]
  • 提携工事店:加藤住建産業さんのマルシェ
  • 2017:3:26岐阜の提携工事店、加藤住建産業さんが開催の『森に住むマルシェ』に伺って来ました。生憎の雨でしたが、テントを設営し、中で行われたワークショップは、大盛況でした。 今回は、第1回目。 続けて開催されるそうです。加藤住建さんマルシェ関連記事加藤住建さんホームページブログランキングに参加しております。以下のバナーをポチっとして頂けると励みになります。よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ♪リフォーム工事前の準備
  • 設備機器、建材などは、工事契約が終わるとほとんどの場合、発注をかけてしまいます。工事開始に合わせて、業者の担当者ときちんと選び終えて下さい。工事個所の片付も大事です。工事開始当日、片づけてないため職人さんが仕事が出来ないとなると、また工事経費が掛かってしまいます。自分で片付けられない場合は、業者に前もって伝えて、手伝って貰いましょう。最近、よく話題に上がる片付の達人、ライフオーガナイザーの方に相談 [続きを読む]
  • ♪契約は、必ず書面を交わして下さい。
  • 口約束でも契約は有効ですが、契約内容の証拠として残りません。言った、言わないの争いになった時、困った事になります。工事契約は、商品を買って代金を支払うものではなく、これから工事して作られるものに対しての対価を支払う約束事です。契約の時の書類が大事で、その書類通りに完成された事に対する報酬を支払うことになります。契約書には、契約に際しての添付書類は何か、明記してある事を確認下さい。見積書、プラン図、 [続きを読む]
  • リフォーム前のインスペクション
  • インスペクションとは。ネットで調べますと、以下の様な解説がされてます。インスペクションとは、調査、検査、視察、査察などを意味を持つ英単語。 住宅業界では住宅の設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断する「ホームインスペクション(住宅診断)」の重要性が指摘されています。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ご依頼があって、リフォーム前 [続きを読む]
  • ♪契約前に確認しておくこと
  • どんな小さな少額工事でも、工事請負契約はしましょう。どんな工事をいくらでいつまでにやるか取り決めるものです。見積内容で契約するのですから、見積をチェックするのは必須事項です。事前にちゃんとやっておけば、追加変更工事はほとんどないでしょう。とりあえず契約して後で修正なんて事は、問題発生の原因。見積書をよく確かめて契約しないと絶対にダメです。追加や変更を極力減らすのが予算内に収めるコツで、リフォームプ [続きを読む]