むぎちょこ さん プロフィール

  •  
むぎちょこさん: いつでもドラマな毎日
ハンドル名むぎちょこ さん
ブログタイトルいつでもドラマな毎日
ブログURLhttp://mugichoco2002.blog.fc2.com/
サイト紹介文WOWOWや深夜ドラマ中心に、ネタバレ・キャスト紹介・感想などを楽しくのんびり書いています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 52日(平均8.2回/週) - 参加 2017/03/03 14:58

むぎちょこ さんのブログ記事

  • ドラマ「ツバキ文具店」7つの謎〜店の場所は?春苦みとは?
  • NHKドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」第1話が放送されました。ドラマでは、多部未華子演じる鳩子が、今ではほとんど馴染みのない“代書屋”という仕事を通じて成長する姿を描いています。今回は、ドラマに出てくる7つの“気になるもの”について調べてみました。(1)ツバキ文具店は鎌倉のどこにあるの?原作には、鳩子が歩いて鎌倉宮に参拝する場面が描かれています。ツバキ文具店は、鎌倉宮の近くにあるようです。(2) [続きを読む]
  • NHKドラマ「ツバキ文具店」第1話における原作との違いは?
  • NHKドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」第1話が放送されました。ドラマの雰囲気も素敵ですが、原作の小説もおすすめです。2017年本屋大賞候補にも選ばれた『ツバキ文具店』、気になったら読んでみてください。ドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」第1話の再放送は、4月20日(木)午前0時10分からです。ドラマ「ツバキ文具店」原作についてこのドラマの原作は、小川糸さんの小説『ツバキ文具店』です。2016年4月21日に幻 [続きを読む]
  • NHKドラマ「ツバキ文具店」第1話あらすじと感想&主題歌
  • NHKドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」第1話のあらすじと感想です。温かくて優しい、落ち着いた雰囲気のドラマでした。舞台は鎌倉の文具屋さん。昔ながらの日本家屋、庭先の藪椿、鍵のかかった蔵、文箱、万年筆、便箋などなど……。鎌倉が好きで、古き良きものが好きな人には、たまらなく心地良いドラマだと思います。再放送は、4月20日(木)午前0時10分からです。ドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」第1話あらすじ [続きを読む]
  • ドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第4話ネタバレ&感想〜最終回直前
  • WOWOWドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第4話のネタバレと感想です。宮本信子さんが画面から消えてしまった喪失感と空虚感……。北斗の心と同じように、ぽっかりと穴が空いたような、淋しい感じがしました。お母さんは偉大ですね。ドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第4話あらすじ北斗を初めて抱き締め、無償の愛を注いでくれた里親・綾子の死後、北斗は涙を流すこともなく、ただある目的のためだけに生き永らえていた。「僕が [続きを読む]
  • ドラマ「コードネームミラージュ」第2話感想〜武田真治の美しい顔
  • ドラマ「コードネームミラージュ」第2話感想Episode02「疾ル」は、ほぼカーアクションの回でした。ストーリー的に、新たな展開はなかったですね。鯨岡憐次?役の武田真治さん、ちょっとした映らないのに存在感がありすぎ。真正面からアップで映ったときの、顔立ちの美しいことよ。鯨岡は、その美しい顔でもって何か催眠術みたいなのを操るみたいですね。秘書が「お見事でした」とか言っていたし。鯨岡は完全に黒(悪)のイメージな [続きを読む]
  • ドラマ「100万円の女たち」第1話原作との違い&5人の女の正体
  • ドラマ「100万円の女たち」第1話が放送されました。5人の美女に囲まれて暮らす主人公の道間慎を、映画「君の名は。」の音楽を担当した人気バンドRADWIMPSの野田洋次郎さんが演じることでも注目を集めていたドラマ「100万円の女たち」。ストーリーは、売れない小説家・道間慎が、突然転がり込んできた素性のわからない5人の女たちとひとつ屋根の下で暮らし始めるという密室ミステリードラマ。毎月100万円もの家賃を支払う女たちの正 [続きを読む]
  • WOWOWドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第3話ネタバレと感想
  • WOWOWドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第3話のネタバレと感想です。毎回つらくて悲しいのですが、本当にいいドラマです。北斗の心の揺らぎが、痛いほど伝わってくる第3話でした。ドラマ「北斗─ある殺人者の回心─」第3話あらすじ里親である近藤綾子(宮本信子)の無償の愛情に触れ、生まれ変わったように、生きることの喜びを感じ始めていた北斗(中山優馬)。大学受験にも合格し、順風満帆な生活を送っていた。しかしこの幸せ [続きを読む]