mio さん プロフィール

  •  
mioさん: 渋谷に住む女子みおの元気が出るポジティブブログ
ハンドル名mio さん
ブログタイトル渋谷に住む女子みおの元気が出るポジティブブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/a8me4b1a/
サイト紹介文福祉施設で働く20代の女子力イッパイのみおが綴るポジティブブログ
自由文福祉施設で働く20代の女子力イッパイのみおが綴るポジティブブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 57日(平均4.8回/週) - 参加 2017/03/03 20:48

mio さんのブログ記事

  • ポカポカ陽気
  • 4月もあと3日。もうすぐ暖かい日がやってきて、さらに暑い夏がやってきますね。 暖かくなると、いつもより元気が出たりしませんか?私はそんな気持ちがします。 陽気の変動で体調を崩しやすいかもしれませんが、そんな時はポカポカ陽気の天気の良い日に散歩をしてみるのもいいかもしれません。 そうすると、体内にお日様のエネルギーが入って、元気になっていくとわたしは思います。 体内に元気なエネルギーが [続きを読む]
  • 元気になる魔法の言葉
  • みなさん、体の調子が悪かったりする時何となく心ももやもやしたりむしゃくしゃしたりすることはありませんか? そんな時に元気になれる言葉があるので紹介したいと思います。 それは「大丈夫」です。 何かの悩みや体調が悪かったりすると、気分が沈みがちになりますがそんな時に「大丈夫」というだけで何だか力が湧いて聞います。 私の体操の先生が「自分が体調が悪いと思うと悪くなるし、大丈夫と思うと大丈 [続きを読む]
  • 勇気づけられる
  • 自分が病気になったり、どこか悪くなったり家族が病気や骨折で入院した時。 周りの人のサポートやかけてくれる言葉や声援の声。いつも何気なく聞いていても本当に感謝している。 「大丈夫?」「無理しないでね」「何かあったらいつでもいってね」などの声掛けでどれほど元気づけられたり・勇気づけられるだろう。 実は1週間前に母が骨折・おとといには手術と心配で眠れない日もあった。 私自身も、胸の調子が [続きを読む]
  • 人を楽しませる
  • 家庭でも仕事でもプライベートでも、必ず人と接することがあります。 人と接するときに、表情や気持ちが暗いとなんだか相手の表情や気持ちも暗くさせてしまいます。 なので、人と接するときに私は「相手を楽しませる。」ことをポイントとしています。自分だけが楽しいと思うのではなく、一緒にいる人も楽しませることで相手との距離も縮まり、一緒にいて楽しいなと思わせることがポイントです。 そうすることで、互 [続きを読む]
  • めんどくさいことは率先して行う。
  • 仕事でも家庭でも学校でも誰もがめんどくさいと感じたりすることはあります。いずれ誰かがやるだろうと見て見ぬふりをしてしまうこともしばしば。 けれど、めんどくさいからこそ行なってみる!気持ちを切り替えてやってみよう!と思うと以外とめんどくさくなかったりすることもあります。 いいや。誰かがやってくれるだろう。と思って知らぬふりをして、本当に誰かがやっていたら何も思わないけど、いつまで経って [続きを読む]
  • 手当
  • 皆さん、体に不調が出たとき横になったり・薬を飲んだりしていませんか?薬を飲む前にその患部に手を当ててみてください。手を当てて自分の氣を送り込んでください。そうすると患部が温かくなってくるはずです。その温かさが「氣」です。 昔は薬などがなかったので皆、手を当てて治していたそうです。氣を送り込むときに「治る。」「大丈夫。」などのプラスの言葉をかけるとより効果的です。温かくなってくると自然に痛みも取 [続きを読む]
  • リセット
  • いつも私は新年や誕生日に目標を掲げます。けれど、1年間過ごしていると目標に添えない日も出てくるはずです。 最初は目標に向かって気持ちを新たに前を向いていても、少し目標に沿えなかった日が あると「もういいや。ちょっと目標を変えてみよう。」とか思うときがあるんです。 でもせっかく掲げた目標をすぐ変えてしまうのは優柔不断ではないか?芯が通っていないんじゃないか?と私はいつもおもってしまうのです。  [続きを読む]
  • 言葉の重さ
  • 私たちが普段何気なく使っている「言葉」には重さがある。でもその「重さ」についてあまり深く考えずに発していることが多いと思う。 高校の時、現代文の授業で小説を読んでいると「好き」「愛してる」というような言葉が書かれてあった。その時先生は「誰かに思いを伝えるときに、I love you だったら率直に伝えることはできるけれど、好き・愛してるとは言えないな。恥かしい。」と仰っていた。 その時わたしは、なぜ [続きを読む]
  • 栄養を取る
  • 皆さんはいつも、どんなお料理を食べていますか? きっと、美味しいものを楽しく食べているとおもいます。 料理を楽しく食べているときちんと栄養をとることに繋がると思いました。 それはなぜか、つまらない日やむかむかしている日にどんなに美味しいものを食べても美味しいと感じられないことは無いですか? いつも母が、言っている言葉で「美味しいものを美味しく食べるからそれが栄養になるんだよ。なんと [続きを読む]
  • 5分前行動
  • 高校に入ったとき、担任の先生が話してくれたことを今でも実行しています。 それは「5分前行動」です。 先生は楽しくでも大切なことを語ってくれました。 「8:00とかいて、なんて読む?」 と聞かれた時、頭の中はハテナでいっぱいでした。 先生は答えを出しました。 「8:00とかいて、7:55と読むんだ!」 「5分前行動をすること。時間に余裕を持ち行動をすると、焦ることも遅刻することも無くな [続きを読む]
  • 寿命とは
  • 私が小学校6年生の時に、聖路加国際病院の日野原重明さんのお話を聞く機会がありました。 日野原先生は「寿命」についてお話をしてくださいました。 「寿命とは、その人が生まれて死ぬまで使える時間のことを言うんだよ。」と話をしてくださいました。 そして、「だから、大切に使うことが大事!一分一秒足りとも無駄にできない。してはいけない。」ことも伝えてくださいました。 その時間をどんなふうに使う [続きを読む]
  • One for all All for one
  • 私は中学最後の運動会の標語が今も心に残っています。それは「One for all All for One」です。どんな意味か?「一人はみんなのためにみんなは一人のために」という意味でした。それを聞いた私はいい言葉だと思いました。この言葉はいつの時代も大切にしていけると今でも感じています。 私が高校二年生になる2011年の三月、東日本大震災でたくさんの方・日本中が悲しみに包まれました。それと同時にひとりひとり立ち上がり助 [続きを読む]
  • 自分のことを自分で伝える
  • 自分のことを自分で伝える。案外簡単そうで難しいものです。今自分が置かれてる立場や環境・伝える相手によって話し方が変わっていくと思います。 それでは自分の思いがちゃんと伝わるか分からない。など思うと思いますが、それでも構わないと私は考えます。 なぜなら、自分が伝える相手によって話し方を変えていくのは大切なことだからです。 自分が思うことを相手に説明する。そして、理解をしてもらう。 理 [続きを読む]
  • 毎日が新しい
  • 毎日、朝起きてまず何を考えますか? 今日の仕事のこと、学校のこと、様々なことを考えるのではないでしょうか? 毎日毎日、朝起きて、朝食を食べて、出かける。仕事場や学校に行き、仕事をしたり勉強をする。 時間が来ると終わり、帰宅してまた明日の準備。なんて一日がすぐ終わってしまいますよね。 毎日毎日同じことの繰り返し。。って私は思っていました。 でも、それを考えていたらつまらなくなって [続きを読む]
  • 「ON・OFF」
  • 機械などを動かす時・止めるとき。この「ON/OFF」は欠かせません。人間は機械じゃないので、機械のようにONは動く・OFFは止まる。という風なことはできません。なので私たちは動いたり休んだりを自分のペースで行っています。 OFF=休日という概念はありますが、OFFだからと言って全く動かない人はいないでしょう。むしろ、動いている人のほうが多いと思います。じゃあ、人間はずっとONじゃないいか。とわたしは思 [続きを読む]
  • 気分爽快
  • 心配事や悩み事がなくなったり、解決したりすると気分がすっきりとしてさわやかになることはありませんか?? 私は悩んでいたことが解決したりすると気分が晴れ、清々しい気分になります。 悩み事や心配事は生きている間、まとわりついてくるものですが一つ一つ解決するごとに私は「すっきりした〜!」という気分や気持ちを大切にしています。 「気分爽快」になると心が晴れ、開放感で満たされます。気持ちにも整理 [続きを読む]
  • 「気分が乗らない日」
  • 朝起きて、何となく身体がだるい日や調子が乗らない日ってありませんか? そんな時、周りの人たちがたのしそうにみえたり、自分だけなんか取り残されたと思うときもありますよね。 そこからどんどん気持ちが落ち込んだり・辛くなったりすることも多々あると思います。でも、そこでその波にのまれない様にするために私がやっている方法を書きます。 ①少しずつ気分が上がるように「プラスの言葉」を発する。「大丈夫 [続きを読む]
  • 泣いたら立つ
  • 私は、いつもいつも泣き虫でした。幼少のころはいつも泣いていました。泣いていたら、誰が助けてくれる、話を聞いてくれる。などと甘く考えていました。でも、泣き虫を克服したく、いつもいろんなことを相談に乗っていただいてる先生に話をしてみました。 すると先生は答えてくれました。「泣くっていう字は、さんずいに立つって書くよね。泣くことは悪いことではないけど、泣いた後にどう行動するかが大切なんだよ。泣 [続きを読む]
  • 仲間
  • 学校・お稽古・仕事・サークル。いろんな分野に飛び込むと必ず「なかま」ができる。 学校=「クラスの仲間」お稽古=「同じ事を習う仲間」仕事=「一緒に協力し合う仲間」サークル=「同じ事を取り組む仲間」。 私たちは、さまざまの「仲間」と出会ってその中で生活を送っている。 「仲間」の中でも仲良しな人だってそうでない人だっている。けれど、何かの縁で同じことを目指していたり・共有の場にいるのだから、 [続きを読む]
  • 韓国からの留学生
  • 私が小学校6年生の時、学校の提携校であった韓国の小学生の子達が来ることになり、担任の先生が「誰か、ホームステイを受け入れてほしい」と言っていたので即、手を挙げて女の子2人を受け入れることにました。受け入れの日になり、その子たちと学校から家へ帰り、はじめはお互いに言葉も通じないので緊張をしていたのですが、徐々にカタコトでも話せるようになりました。家での夕食は母に、ハンバーグを作ってもらい、ハンバーグの [続きを読む]
  • 登りきった!!!
  • 去年の11月20日日曜日に母の仕事関係の方の娘さん(中学2年生)と2人きりで高尾山に行きました。高尾山まで電車を乗り継いで、高尾まで到着。そこからさあ、登ろう!と登りました。登山客はたくさんいました。子ずれの家族・学生・シニアの方などが一生懸命頂上を目指して登ってるのです。 登山の道は細く、舗装されていないので、結構崖っぷちを歩きます。 恐る恐る歩いたり、ゆるやかな道があったり、広い道があったり [続きを読む]
  • 「可能性を信じる」
  • 新しいことを始めるとき、誰かに勧められて何かにTryするときなど始める前にいったん考えることが多い。 だけど、考えているよりも新しいことを始めることで「どんな可能性があるのか?」「これをやることで自分がプラスになれる!」ということがあるのか?をまず私は見極める。 そこから、自分の中の無限にある可能制を信じ新しいことに興味がもてたら始めるし、興味が持てない場合は断る。 でも、極力TRYしよ [続きを読む]
  • 「あきらめない」
  • 何度も何度も挑戦して、失敗すると誰だってそのことに嫌気がさしてきます。そして挑戦することをあきらめてしまうケースが多いのです。 あと少し!というところで辞めちゃうとき、もう望みはないというところで辞めちゃうときなど様々ですが重要なのはそこで辞めずに、少しでも望みがあることを信じて挑戦することを続けることが大切です。 私は中学3年生の時、運動会で全クラス対抗の大縄跳びがありました。でも、上手 [続きを読む]
  • 「スッテプを踏む」
  • テストでいい点を取りたいとき、会社のプレゼンで採用してほしいと思った時。どうすればいいのか。よく考えてしまいます。 結論は勉強すればいい・採用されるような案を作ればいいと答えは出ていますがなかなか前へ進めないとき。。 どうすればいいのか?考えてみました。 そしたら、段階を踏むことで実行できるのではないかという考えに結びついたのです。「段階=ステップ」 勉強編・分からない点を探す ・ [続きを読む]
  • 「礎」私がこの漢字を知ったのは、6年生でした。6年生の時の、学級通信のタイトルが「礎」というタイトルでした。先生が、新学期に初回の学級通信を配った際に意味を教えてくれました。 「礎」はものごとの基礎となるたいせつなもの。この6年間で学んだことすべてをこれからの人生に役立てて、大人になっても忘れずに自分らしく進んで欲しいという先生の願いが込められたタイトルでした。 何事も土台がしっかりしていれ [続きを読む]