✳girasol✳ さん プロフィール

  •  
✳girasol✳さん: ✳可愛い子には旅をさせよ✳
ハンドル名✳girasol✳ さん
ブログタイトル✳可愛い子には旅をさせよ✳
ブログURLhttp://ameblo.jp/minominolove0622/
サイト紹介文一歳から六年間モンテッソーリ教育を受けた娘は、公立小一年生です。
自由文マリア・モンテッソーリ女史とアルフレッド・アドラー氏を手本とし子育て中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 23日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/03 22:03

✳girasol✳ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 金ビーズ(小1)
  • 学校の宿題がない春休みは、モンテッソーリのお仕事三昧(o^^o)金ビーズを使って数のお仕事をしました。 まずは、両替あそび。私が客役、娘が銀行役になり、客が持っていた金ビーズを両替して数を数える。1のビーズ10個=10のビーズ1個10のビーズ10個=100のビーズ1個100のビーズ10個=1000のビーズ1個 両替の回数が多ければ多いほど燃える娘。まだまだ具体物を数えるの事を面倒だと感じていない様です。 本来は、 [続きを読む]
  • 生物と無生物(小1)
  • 「生物(動物・植物)」と「無生物」のお仕事 我が家には動物がいないのでフィギュアで代用。植物は、夫と娘が買ってきてくれた切り花、冷蔵庫の野菜、庭に植えたチューリップの写真。理想は、全て本物が良いですよね。もう少し年齢が低ければ、「フィギュアも無生物じゃん!」ってなりますよね。娘は、年齢的に「代用」の意味がわかるので良しとしました。最後に、「あなたは、無生物?生物?」「命があって、死んじゃ [続きを読む]
  • 「ねばならない」から「したい」へ
  • 私が通う英会話教室の先生のお別れ会がありました。泣きながらも何とか英語でお礼の気持ちを伝えることができ、娘からの手作りカードもとても喜んでいただけました。 初めて見学に行った時、みなさんが話している半分も理解できなかった私に、「大丈夫!」と笑顔で迎えてくてた先生と仲間。娘が誕生してから家族以外の大人と話す機会が殆どなかったので、週一2時間のレッスンは私のリフレッシュの場でもありまし [続きを読む]
  • 影絵(小1)
  • 家族で影絵遊び。台詞を順番に言って即興劇。 手を使ってカニ、キツネ、鳥を作ってみたり、 アルファベットを作ったりしました。知らないうちにアルファベットを覚えていました。あー娘の頭の中と交換したい。いつも断られますけど(笑) 懐中電灯に近づいたり離れたり、二箇所から明かりを当てたら影はどうなるか?なんて事を体験しました。 工作したり実験するのが大好きな娘は、没頭するので時間が [続きを読む]
  • 国立科学博物館「大英自然史博物館展」
  • 国立科学博物館で開催中の「大英自然史博物館展」に行ってきました。 数週間前、娘は読売KODOMO新聞で特別展開催を知り、テーマパークでも行くかのように楽しみにしていました。 初日から三日間限定プレゼントのピンバッチ(2日目はドードー)もゲットできました。この為に激混みの週末に行きました。疲れた…娘が「レストランに並ぶ時間が勿体無い。」と言うのでコンビニおにぎりを持参しましたが大正解でした。 [続きを読む]
  • 異文化を教えてくれた先生へ(小1)
  • 3年前から私が受講している英会話教室の先生が、アメリカへ帰国されることになりました。 キリスト教布教のために来日されて35年以上。「なぜ、日本を選ばれたのですか?」の問いに「神様からのお言葉です。」と教えてくださいました。 日本語が全く理解できない状態でご長男がお腹の中にいた時に来日されたと聞いた時、強い思いとご家族との絆があったからこそ今日まで過ごすことができたのだろうと思いました。 [続きを読む]
  • 失敗力(小1)
  • す最近読んでいる本。 Z会の親向けサポートサイトで著者のコラムを拝読し、「中学受験」より「失敗力」という言葉に惹かれました。 現在、娘は地元の中学校に行きたいと言っています。時々、お友達とそのような話をするようです。学校での人間関係が良好なのだろうと嬉しく思います。時折、 我が家はこの先の進路について娘と話しています。私達夫婦は、彼女が選ぶ道を応援していきます。 私自身、浪人、休 [続きを読む]
  • まずは、自分を大切に。
  • 40歳を越えると、気合いや勢いだけでは乗り切れないことがたくさん出てくる。ついつい後回しにしがちな自分メンテナンス。夫にお願いして、ちょっと遠い病院まで行ってきた。「今まで大変でしたね。協力させてください。」「西洋医学の域を越えていると思います。東洋医学も併用していきましょう。」医師からこのような言葉を聞いたのは初めてだ。心からの敬意を込めて「先生」と言える方だった。長年、我慢してきた痛み。定 [続きを読む]
  • 書く(小1)
  • Z会の国語。自分の経験やそれに対する気持ちなどを文章にする課題が増えてきたが、サポートの仕方が難しい。下手に口を出すと娘らしさを消してしまいそうで怖い。何について書くのか。それにまつわる自身の体験は何か。その時、どんな気持ちだったか。娘と会話しながら書きたい事を整理し文章にする。書き終わったら音読して見直し、私が丸付けをする。基本的に、明らかな間違い以外は直さない…直せない(^^;促音、漢字、句 [続きを読む]
  • 100玉そろばんで割り算(小1)
  • 娘は、定規を使う中で1センチの半分が0.5センチである事を知りました。 先日、娘がお風呂の中で1÷2=0.5から「÷2」の計算を始めました。暗算で20÷2までやり、100玉そろばんを使ったらもっとできそうだとお風呂の後に取り組み始めました。どの様に計算するのかを見ていたら…52個のそろばん玉を2つに分けて、「52÷2=26」53÷2は、余り1を真ん中に置いて0.5ずつ分けて「53÷2=26.5」何がすごいって、1から100までやり [続きを読む]
  • 縄文時代のリカちゃん(小1)
  • 土曜の朝、習い事へ行く前に何やら作り始めた娘。 歴史漫画を見ながら、縄文時代の衣服を作りました。ウエストの紐は、毛糸二本を綯って作ったそうです。きっちり綯っていて、ほどけませんでした。昨年の縄ない経験では1人でできませんでしたが、先日遊びに来たばぁばに教えてもらって布で繰り返し練習をしていました。その経験を自ら活かしたことにビックリ。 時代ごとの衣服を作るのも楽しいかも(*^_^*)にほんブログ [続きを読む]
  • 登下校あれこれ(小1)
  • 娘が小学校に入学後、登下校に関しては色々ありました。①誰かと行く?1人で行く? 我が子が、生まれて初めて1人で外の世界を歩く。それも、重たい荷物を持って。毎朝、後ろ姿を見ただけで自然と涙が出てきて、心の中で「大丈夫、大丈夫」と言っていました。 朝は、たくさんの児童がいるので不安はありませんでしたが、同じクラスの男の子が近所のお姉ちゃん達に連れてもらうのに便乗させてもらいました。 [続きを読む]
  • 【お知らせ】勇気づけの親子教育専門家 原田綾子さんの講演会
  • 勇気づけの親子教育専門家 原田綾子さんの講演会のお知らせです。申し込みは四月を予定しておりますので、詳細が決まりましたら再度ご案内させて頂きます。ご興味がある方は、ぜひご参加ください。お待ちしております(*^_^*)東京の西多摩の地に 原田綾子さんをお呼びし、勇気づけの子育て講演会を開催します。(原田綾子さんプロフィール: コチラ )子育てで一番大切なこと。それは、子どもが『自分には能力がある』と思 [続きを読む]
  • 入学後にやって良かったこと(小1)
  • 今回は、入学後にやって良かった事をアップします。この記事が誰かの役に立つのかもわからないし、前blogにも書いた気がしますが… 私達夫婦が、最も娘に学校で学んで欲しいこと。それは、「コミュニケーション」です。もちろん、勉強も大切ですが、勉強は必要最低限の学習範囲とやり方を学んできてもらえば、あとは自宅でなんとかなる…裏を返せば、勉強も学校だけでは不十分という事ですが。 我が子は独りっ子で、同じ [続きを読む]
  • 入学前にやっておいて良かったこと。(小1)
  • 前記事に引き続き、小学校入学前にやっておいて良かったなと思う事をリストアップ環境整備自宅ではリビング学習するので、学用品を置く場所と玄関に娘専用の荷物置き場をあらかじめ確保。 入学後、すぐに新生活をスタートできた。生活リズム①朝、目覚まし時計で自力で起きる。説明会後から開始。初日は、目覚まし時計が30分鳴り続けた後やっと起きたが、次の日からはできた。②朝学習の習慣をつける。 宿題は帰宅 [続きを読む]
  • 小学校用品 買って良かったもの(小1)
  • 早いもので、小1生活も残りわずか。一年間使ってみて「良かった!」というものをまとめてピックアップ。 但し、入学後に先生に確認して許容範囲のものを購入しています。学校からは、バレーシューズ型が指定。スーパーで購入した上履きは、靴底が薄くて硬く痛いらしい。こちらは、疲れず、つま先に余裕があって動かせて、体育の時も良いとのこと。但し、ゆったりめなので中敷で調整しています。本当は、マジックテープでホー [続きを読む]
  • いちご狩り(小1)
  • 週末、私の従兄弟ファミリーと一緒にいちご狩りに行きました。 1歳〜小3までの子供6人。「ミニ保育園だ!」と娘は大張り切り。 小学生組は、何個食べたら元が取れるか計算をし、入れ物の中のヘタを数え、「私は何個食べた。誰より何個多い。」と数を楽しむ。 品種、大きさ、色づきによっての味の違いを研究もしていました。それを見ていた1歳児。みんなが見逃す低い位置に実る真っ赤なイチゴをもぎ取り、お [続きを読む]
  • カッターナイフ(小1)
  • 絵画教室でカッターナイフの使い方を学んだ娘。今まではダンボールをザクザクと切ることしかやったことがなかった。今回は、木の枝を削って、先に色塗り、色鉛筆を作った。木の種類、乾燥具合、方向によって削り具合が異なることを発見。先生とはモンテッソーリ園からのお付き合い。子供の「ひとりでやってみたい!」という気持ちに寄り添ってサポートしてくださることに感謝。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 習熟度別宿題(小1)
  • 最近、宿題が習熟度別になっていてみんな一緒ではないことを娘との会話で知った。一年生3学期の教科書では、時計の読み方は1分刻み。しかし、子供の習熟度によって宿題プリントの難易度が異なるらしい。幸い、娘は1分刻みの数字が書かれていなくても読めるので問題はない。学校からは宿題が習熟度別になっていることを知らされていないので、親が教科書の内容を把握していないと、100点で返却されたプリントを見て知らずに安 [続きを読む]
  • ラテンの世界(小1)
  • 赤ちゃんから楽しめるラテンミュージックコンサートに行ってきました。 プロのミュージシャンによる王道のナンバーの他に、 アニメソングやディズニーまで。いつも聴いている曲がもっと楽しく感じる。初めて聴いたリズムでも、ダンサーと一緒におしりフリフリ、ステップ踏む子供達。スペイン語で「Hola!(こんにちは)」と「uno,dos,tres!(1,2,3)」を教えてもらって、「ゲームのUNOだ!」と発見。 「なんで南 [続きを読む]
  • 炭を熾す(小1)
  • 炭熾し体験に行ってきました。七輪の中に小枝と地元産の炭を組み、乾燥した杉の葉にマッチを使って火をつけました。最初は火がつくと怖くてすぐ手からマッチを離していた娘。「ボッ!と一瞬火が大きくなっても慌てないで、火を育ててから手を離してごらん。」と教えて頂き、見事成功。お湯を沸かし、白玉粉を練ってお団子を作り、更にお湯をグラグラと沸騰させてお団子を茹でた後、網の上で焼きながらお醤油をたらしたら、芳ばしい [続きを読む]
  • ちいさな恋のはじまり?(小1)
  • 最近、帰宅した娘に学校での様子を尋ねると、話の大半は「◯◯ちゃんは、△△君のことが好きなんだって。」という話し。小1でも、肉食女子と草食男子らしい(笑)休み時間になると好きな男の子の席に座ったり、1日に何通もお手紙を書いたり…クラス1の人気者男子は、勉強もスポーツもできるイケメンくん。でも、とてもシャイなので、グイグイと好き好きアピールをしてくる女の子達に引き気味。そんな人気者と席が隣になった [続きを読む]
  • 過去の記事 …