ノリスケおじさん さん プロフィール

  •  
ノリスケおじさんさん: 火とともに生きる / Vivere con Fuoco
ハンドル名ノリスケおじさん さん
ブログタイトル火とともに生きる / Vivere con Fuoco
ブログURLhttp://sheetmusiq.blog.fc2.com/
サイト紹介文最近、ピザ窯自作にはまっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 113日(平均1.1回/週) - 参加 2017/03/03 22:30

ノリスケおじさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ピザ窯アーチ改造(3)
  • 先日知り合いと話していた時の事、前回のグラインダー修正のことを自慢げに話してたら、「フツー、左官作業でグラインダーなんて使わんのじゃねぇ?」。。。痛いところを突きますねぇ。そうです、おいらがヘタクソなだけです!で、閑話休題、気を取り直して、アーチへ組み込み、GO!中央4個をつなげたおかげで、アーチ組作業もかなり楽になりました。でもやはり、固めていないところはアーチとしての強度が弱そうなので、注意は必要 [続きを読む]
  • ピザ窯アーチ改造(2)
  • さて、窯口アーチの崩落対策として、いくつかのセクションに分けてセメントで固めています。一日たってチェックしてみると、案の定というか、うまく埋まっていない場所がありました。 なんだかカスタードサンドビスケットみたい。(*´ω`*)見るからに接合弱そうだけど、予想外に硬く固着していてちょっと引っ張ったぐらいじゃ取れません。では、まずはここを補修しましょう。と、その前に。アサヒキャスターを練る前にやっておく [続きを読む]
  • ピザ窯アーチ改造(1)
  • さて、窯口アーチの崩落事故から1か月、ようやく改造作業再始動。まず、崩落により割れてしまった大判レンガ、一枚再調達しました。割れたレンガはどうしよう。。。 こんな重いもの、普通の不燃物じゃ引き取ってもらえないだろうなぁ。。。と、考えた挙句、、、よしっ、下にひいちゃえ! 粉々になることなく、バックリ割れたことが幸いしてか、つないだら元通り。荷重かけなければ大丈夫!そして新入り一枚。 一枚6100円なり〜。  [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(11)アーチ崩落、その時は突然に
  • タイトルにもありますが、ちょっとショッキングな事故が起きてしまいました。だいたい予定していた拡張工事が終わって、ちょっと油断していたのでしょう。窯口アーチの部分に乗せた煙突のすわりが悪かったので、何気にゴリゴリって感じで回しながら押し付けていたところ、窯口のアーチが崩落してしまいました!窯口のアーチはアールが弱いのを完全に忘れてました。 写真は崩落したレンガを取り去った後で、再度くみ上げようと左右3 [続きを読む]
  • クラーク教則本
  • 今回はかなり久しぶりに(数年ぶり)に楽譜ネタ。ラッパ界では有名なクラーク教則本。楽譜 クラーク/技巧練習曲(テクニカル・スタディーズ)(O2280/トランペット教本/輸入楽譜(T))去年(2016年)末に師匠に入門(といってもS村楽器のレッスン教室だけど)、まず勧められたのがこれ。それ以来、ドはまりました。これを始めてからというもの、曲などそっちのけで、長いときは3時間ぐらいぶっ通しでやり続けたり、自分でも変態 [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(10)最終章、そして新たな課題
  • 4月いっぱいは珍しく(?)仕事が忙しく更新が滞ってしまいました。タイトルにも書いた通り、ほぼやりたいことはやり尽くしたので拡張作業もひと段落。同時にいくつか課題も見えてきたので、そのあたりを書きつつこのシリーズは終了です。まず、最後の拡張として、下層から上層への通路幅を広げてみました。 前回、テキトーに40?だったのを、今回120?まで広げてます。これには別の理由からくるもので、次の写真を見てもらえれば [続きを読む]
  • 春になってました
  • ここ一か月ほど仕事が立て込んでブログ放置状態でした。幸い連休前には何とかひと段落ついたので、久々にゆっくり庭いじりにはまりました。この時期の一か月は早いもので、拙宅の庭は花ざかり。いつのまにか春になっていたんだなぁ、と。 色とりどりの花もいいですが、やはり春は鮮やかな新緑がお気に入り。なかでも正面のケヤキのたくましいこと。そういえば、ここに越してきて10年以上鎮座しているはなみずき、なかなか花が咲か [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(9)二層式への拡張ーその弐
  • さて前回撤去まで行ったので、これから組み立てです。まず燃焼室の床。相変わらず図面レスの思いつき作業。とりあえず調理室の大判レンガに合わせて並べてみた。中に一枚だけある大きなレンガは、オリジナルのミニキットの天井用の「平四丁」レンガ。余らせるのももったいないので床面に組み込み。ちょうど並型レンガを横に4枚並べた形状なのでピッタリ(ちょっとだけずれるけど)はまりました。お次は二段目、焼き床を支えるレン [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(8)二層式への拡張ーその壱
  • さていよいよ、二層式本格ピザ窯への拡張作業に取り掛かるとします。これまでは、燃焼室と調理室が共存した一体型のピザ窯で、調理をするときは火をちょっと横にどかして、という作業が入って、どうしても火の勢いが落ちてしまいます。業務用の大型の窯であれば、火をたくスペースと調理するスペースを両方確保できるのでしょうが、所詮お遊びの小型窯、なかなかそういうわけにもいきません。ピザを1〜2枚焼くぐらいであればいい [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(7)煙突組み込み
  • さて、ようやく煙突の加工も終わったのでさっそく組み込み。 組み込み、とはいったものの、ただ上に乗せただけ。でも、アサヒキャスターの安定感、ちょっとぐらい風が吹いても倒れません。煙突は全長2mぐらいあります。(が残念なことに、全景取り忘れたので今度撮りなおしますね。)実際に火を入れたときの炉内の様子。炎がちろっと煙突開口に吸い込まれているのが分かりますか? こうなるともはや、煙突は手では触れな [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(6)煙突加工
  • 前回レンガ加工して排気口を設けるところまで行きましたが、肝心の煙突が軽すぎるので強風の際に倒壊するということが判明しました。ま、そうでなくとも、煙突を固定する冶具は必要なのでなんとかしなくてはなりません。とはいえ、四角いレンガで丸い煙突を固定するのは無理なので、ようやくセメントの出番です。この日のために購入しておいたアサヒキャスター出動!今後耐火煉瓦を固める練習と思って、とりあえずあまり寸法も考え [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(5)排煙口の加工(はじめてのグラインダー)
  • ピザ窯遊びを始めてからずっと目を背けてきたことがあります。いつかは正面から向き合わなくてはいけない。でも、ちょっと怖い。だけど、やはり避けては通れない。……。何かって?そうです、レンガの加工なんです。これまで庭のウッドデッキとかの木工作業は、電気丸ノコとかでさんざん切り刻んできた経験はあるのですが、石(レンガ)切りは未経験。手を出していいものかどうか。前回までで、窯口のアーチ構成はだいたい固まって [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(4)窯口
  • さて前回まででメインの焼き床のアーチ形状が決まったので、次は窯口の形状です。 だいたいどの文献にも、窯口は高さを抑えて熱が逃げないようにするべきである、とあるので、カタログスペックで間口が100?小さいアーチセット400にします。 耐火レンガ半円アーチセット400(Y2×6+Y3×9)価格:6998円(税込、送料別) (2017/2/26時点)前回同様、Y3型を端に寄せるような配列で組んでみると。。。 おや?ち [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(3)煙突
  • 今日の拡張工事はあまり大掛かりではありません。が、重要な要素を付け足しました。煙突です。 いくつかの文献を見るに、必ずしも煙突は必要ではない、とあります。が、拙宅のピザ窯には必須アイテムだと思っています。というのも、場所が住宅街なので煙の拡散が気になります。自分ではいい臭い(におい)でも、他人からすると臭い(くさい)になります。万一近隣に迷惑をかけてピザ窯計画が頓挫してしまうと元も子もありませ [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画(2)
  • さていよいよ、ピザ窯の本格的な拡張に入っていきます。前回は内寸500mmのアーチセットを配列の組み換えで間口を小さくしてベースキットに組み込むところまで行きました。では、小さくできるなら逆の方向性で組み替えれば大きく出来るんじゃ?と思った方、正解です。大きくなります。次の写真がそれです。 今度はY3レンガを端っこに寄せています。このY3レンガでアーチ曲線は早めに曲がるので、横長シェイプを描きます。メジ [続きを読む]
  • ピザ窯拡張計画 ― 試作アーチ
  • 最終的にはアーチ状のピザ窯に仕上げたいので、まずは手始めに市販のアーチキットを購入して組み合わせてみます。購入したのは薪クラブの「半円アーチセット500」です。耐火レンガ半円アーチセット500(Y2×11+Y3×6)価格:7931円(税込、送料別) (2017/2/22時点)型番の「500」とは、アーチの底面の開口(内寸)なので、両脇の「Y2」レンガの幅114mm×2を足すと、外形寸法は724mmとなる計算です。これをベースキットに組み [続きを読む]
  • ピザ窯はじめました。
  • かなり久々の更新です。最近火遊びを覚えました。。。。というのも、ピザ窯です。写真は市販のキットを組んだもの。たまたま庭の片隅に、レンガ敷のスペースが空いていて、そこにぴったりのサイズだったので試しに置いてみたのですが、ピザもいい具合に焼けて大成功でした。これからこれをベースに、アーチ型のピザ窯に改造していく予定です。まず購入したのは、薪クラブが取り扱っているこのキットです。耐火レンガ製家庭用 [続きを読む]
  • 過去の記事 …