コンプライアンスハーツ共同事務所 さん プロフィール

  •  
コンプライアンスハーツ共同事務所さん: 実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ハンドル名コンプライアンスハーツ共同事務所 さん
ブログタイトル実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ブログURLhttps://ameblo.jp/shikijin/
サイト紹介文個人情報保護を中心とした企業のコンプライアンス体制構築を綴っています。
自由文「使える規程、機能する組織、そして企業を守る対策(契約・研修・調査)をモットーに仕事をしている行政書士コンプライアンスハーツ共同事務所です。とくに、個人情報保護についてのご相談はぜひ⇒https://c-hearts.biz/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 173日(平均5.2回/週) - 参加 2017/03/04 11:36

コンプライアンスハーツ共同事務所 さんのブログ記事

  • 実は頻繁に漏洩は起きてます
  •  昨日は、HISの個人情報流出のニュースが流れました。1万2千人分と漏洩した数が多かったので大きく報道されたものと思います。https://japan.cnet.com/article/35106124/  私は個人情報保護を主力業務の一つにしていますので情報収集に力を入れていますが、新聞・ニュースで大きく報道されない限り多くの方は漏洩情報に接することがないと思います。実は、個人情報の漏洩は頻繁に起きています。http://www.security-next.com/cat [続きを読む]
  • 裏を取る
  •  餃子で有名な中華料理チェーン店で餃子を注文すると、1人前なら「コーデル・イーガ」、2人前なら「コーデル・リャンガ」というコールが厨房に流れます。麻雀で1・2・3・4〜が「イー/リャン・サン・スー〜」と把握していたので、「コーデル」はてっきり「餃子」のことだと思っていたのが30年前くらいのことでした。 たまたま訪れた博多で、「鉄鍋餃子」というお店に入り、「コーデル」が「鉄鍋」または鉄鍋に貼り付いた「鉄 [続きを読む]
  • 行政書士業務につながる変わった顧問先
  •  思いのほか行政書士業務につながるのが、地方議員・小さな自治体の首長の顧問です。もちろん、不正・癒着・献金・選挙応援という違法行為や面倒なこととは無縁で。  地方議員さんの場合は都道府県会議員であっても、選挙区の関係で主たる活動は地域密着です。首長さんの場合は当然当該自治体が主たる活動地域で、都心部の場合はその面積は広くはありません。 業務につながるのであれば、地域的なメリットはあります。  まず、 [続きを読む]
  • クビ・肩の凝りがちょっとマシになる体操の映像
  •  他の同業者(行政書士)の皆さんと比べると、私は圧倒的に出かけることが少なく、ほとんどがPCの前に座っています。加えて、貧乏暇なしでPCの前に座って仕事をしている時間が長いです。 業種にかかわらず、事務系のお仕事をされる職種の方はPCの前に座って、ややうつむき加減の同じ姿勢の時間が長いため、首や肩が凝り固まる人も多いのではないでしょうか。  この凝りを、短時間で、さしたる努力もなく、そこそこほぐしてくれ [続きを読む]
  • 世間は狭いことを実感した日、いえ送り火の日
  •  昨日、下手な字で悩んでいた書類を提出して、とある委員の就任手続をしてきました。そこで、委員の名簿を頂戴したところ、世間は狭いことを実感しました。 学識経験者として委員を務められている大学教授が知り合いでした。この教授は、15年ほど前、弁理士さんと行政書士さんとで主宰されていた知的資産経営の勉強会でご一緒した女性でした。当時、勉強会の後の宴席で、女性の研究者が教授になることがいかに難しいかという話を [続きを読む]
  • 知識・誠意では補えない欠点
  •  字がかなり下手なんです。「かなり」です。 印刷した年賀状に手書きで一言でも添えたほうがいいとはわかっていますが、どう見ても添えないほうがいいレベル。お礼状も手書きのほうがいいとはわかっていますが、手書きにすると感謝の気持ちが伝わらないレベル。  ということで、毎年、年頭に当たってペン習字の通信講座に申し込もうかと思います。通信講座の申し込みは1月が最も多い月だそうですので、誓いを立てる人が多いの [続きを読む]
  • 登録までの空家賃が辛い件と決断の時
  •  18年前の1999年7月に行政書士登録されました。恐怖の大王が降臨(ノストラダムスの大予言)しないことを確認して、8月下旬になってから事務所開設披露パーティーをしたので、自分の中では今月が開業月です。もちろん、恐怖の大王は冗談で、登録されたことを確認してからということで8月になりました。 風営許可は内装からすべて終えて営業できるようになってから申請しますから、許可が下りるまでの間、オーナーさんは空家賃を [続きを読む]
  • 行政書士試験には役に立たない時効制度の話
  •  飲み屋のツケの時効は1年。巷でもよく語られることなので、ご存知の方も多いと思います(改正で5年に変わりますが)。 これは酒場などで語られるだけのことではなく、「例えば、飲み屋のツケは、おかみさんが請求しない限り1年間で消滅することになります。」と、参議院法制局のコラムにも記載されています。  この例にもあるように、時効というと権利が消えてしまう消滅時効は広く知られています。昔、法学を学び始めた頃、 [続きを読む]
  • めでたく1名行政書士廃業します
  •  ウチは行政書士3名の共同事務所。今月末で1名がめでたく廃業します。仲はいいですよ。だから、廃業がめでたいというのは嫌味でもけんか腰でもありません。本当にめでたい。 彼女(廃業する人)の当初の夢は、「いつか実家の農業を継いで、そこで行政書士事務所を開く。」でした。それが、「婚約者とともに実家の農業を継いで、新規事業(飲食店経営)をする。」に変わりました。 今年の4月に立ち上げた新規事業が思いのほか [続きを読む]
  • 社内規程(就業規則を除く)整備の勧め
  •  社内規程の整備などのコンプライアンスは、直接には利益を生まないので後回しになりがちです。 しかし、放置しているうちにリスクは高まっていきます。 また、市販の規程集は参考にはなりますが、その内容が自分の会社の社風や経営方針に合うとは限りません。押しつけの規程は、結局誰も守らなくなり、組織が機能しなくなります。過去に作ったまま見直しをしていない規程も、法改正に対応していないなどの問題が起こりえます。 [続きを読む]
  • 行政書士の認知度と風が吹けば桶屋が儲かる
  •  弁護士さんのお仕事を知っていますか?という質問をすると、多くの人は「はい、知っています。裁判する人ですよね。」と答えるでしょう。弁護士さんの中にも、渉外業務や企業法務が専門で全く裁判所へ行かない人が結構いらっしゃいますが、多くの人は正確ではないにしろ弁護士さんという職業を認知していると思います。 これが司法書士さんのお仕事を知っていますか? という質問に変えると、弁護士さんよりもちょっとだけ数は [続きを読む]
  • 知らないよりは知っておきたい由緒・来歴・作法
  •  私には幸か不幸か信仰する宗教がありません。しかし、歴史的建造物や名所としての神社仏閣に訪れることは年に数回あり、訪れた時はそれなりに畏敬の念を抱きます。 葬儀であれば、その主催者が執り行う儀式に沿ったやりかたで哀悼の意を表すように、神社仏閣に参拝するのであれば、できるだけ注意書きを読んで、その場所に合う方式で参拝するように心がけます。おそらく多くの方が私と同じようにされていると思います。 しかし [続きを読む]
  • 休業のお知らせを見ているのは…
  •  先月くらいから、事務所の夏季休暇のお知らせを掲載したHPやブログが増えています。他人様のやることに口を出すつもりは全くないのですが、「お休みたくさんとれていいなぁ」という羨望とは別に、毎年思い出すことがあります。  数年前、他士業の知人がお盆の1週間後に夏季休暇をとりました。帰省にしろ、バカンスにしろ、お盆よりは空いていることが理由でした。 お盆期間中は一所懸命働いて(役所は開所していて空いているの [続きを読む]
  • 「嫁入り前か」「嫁入り後か」
  •  私の同級生が、二十歳を過ぎた自分の娘さんに説教している場面に出くわしてしまった。原因は、昨夜23時の門限に遅れたらしい。 他人の家庭の問題だし、毎晩午前様だった私には父親である同級生の味方に付く気はさらさらない。 ただ、同級生が「嫁入り前の娘が夜遅くまで出歩くな」と言った時に、思わず、「嫁に行ってから夜遅くまで出歩くほうが問題だよな」と口を挟んでしまった。 娘、吹き出す。父、黙る。 だって、そこの [続きを読む]
  • スマホとPCの併用ではなくスマホでしかネットを見ない
  •  スマホでしかネットを見ない人が50代でさえ、33%もいるようだ。http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2017/07/25/26428  道理で私(50代)が管理人をしている同窓会のMLに情報をアップしても返信率が悪いわけだ。もちろん、MLにはスマホのアドレスでも登録できるが、案内文や写真を添付することと、10年前にMLを立ち上げたことから、PC用のアドレスの登録に限っている。使い慣れている人はPCアドレスからスマホに転送する設 [続きを読む]
  • たった10日で〇〇できる カモリスト
  •  「過ぎたるは猶及ばざるが如し」が一般的ですが、徳川家康は「及ばざるは過ぎたるよりまされり」という遺訓を残したそうです。http://www.edu-konan.jp/ishibe-jh/ikiruhint/tokugawa.html 家康が好きというわけではないですが、私は↑こっち派です。  話は変わりますが、私は同業である行政書士の皆さんのブログをはじめ、他士業の皆さん、全く関係のない職業の皆さんのブログをかなりの数、読みます。共感するか反感を抱くか [続きを読む]
  • 案外気を遣う押印作業
  •  事業協同組合・社会福祉法人・NPO…etc 事業報告書的な書類の提出を求められる法人では、添付書類の一つに議事録が含まれていることが多い。 この議事録の押印の仕方が所轄庁によってルールが異なる。  議事録署名人に法人の代表者が含まれている場合、 代表者は法人代表印を押印するケース 代表者も他の署名人同様、認印を押印するケース  捨印 捨印が必要なケース 捨印をしてはいけないケース(訂正がない場合)  契 [続きを読む]
  • 食文化も違えば、言葉の持つ意味合いも違う
  •  土用の丑の鰻の陰で、祇園祭・天神祭りと続く京・大阪では鱧の人気も高いですね。鱧の顔はちょっと怖いけど。お店では、さばいて骨切りされて提供されるので、姿を見たことのない方はこちらをどうぞ。http://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%8F%E3%83%A2 脂がのって丸々と肥えた9月くらいのほうが、私は好きです。  食べ物は地方によっていろいろな点で違いがあるので、楽しい時もあれば、驚くときもあります。 鰻は関東では背 [続きを読む]
  • 花火大会と所得格差(淀川花火 裏ガイド)
  •  昨年まで事務所を置いていた町では、関西でも屈指の花火大会が毎年開催されていました。特等席と言われているのが、打ち上げ地点に一番近い場所に船を係留し、そこから花火を見物する席です。  一番近い、ということは会場の外部からそこに行くには一番遠いことになります。打ち上げ時刻が近づくにつれ会場は大混雑になりますので、ちょっと早めに見物席にたどり着く必要があります。 早目に着いても、飲食物は用意されていま [続きを読む]
  • ソーシャルリアルとしての御用聞き
  •  昔は、酒屋さんが御用聞きに回っていたが、今ではサザエさんに登場する三河屋のサブちゃん(三郎さん)を例に出さないとわからないくらいに御用聞きの人は来ない。 しかし、業種によっては顧客のもとへ、用事がなくても営業マンが顔を出している。「ソーシャルリアル」・「実際に会うことの重要性」・「関係性はコミュニケーションの量ではなく、質によって左右される」などと、あちこちで語られ、研究結果なども公表されている [続きを読む]
  • 百害あっても一利くらいあると思っていたら
  •  医学的エビデンスといえるほどの正確な実験結果ではないようだが、「適度な飲酒は健康によいはウソだった」ようだ。元記事https://www.boost-web.com/hobby/17918.html 中程度の飲酒とは、1週間にワイングラス5杯、またはビール4パイント(1パイントは約568ml)ほどで、この中程度の飲酒者でさえ記憶や学習能力に関わる海馬の萎縮が見られるそうだ。この記事を読んで大ショックだわ。  ビールだとロング缶(500ml)4本とレギュ [続きを読む]
  • ライバルは同業者でもなく他士業者でもなく
  •  梅雨が明ける前から鳴いていたが、梅雨明けと聞くと一層セミの鳴き声がうるさいように感じる。「夏本番」と感じずに「うるさい」と感じるあたりが、私の情緒の無さだろうか。  毎年、セミの鳴き声を聞くと、井上真央さん主演の「八日目の蝉」という映画を思い出す。感動したからではない。このタイトルは、蝉の寿命が7日という誤解を踏まえなければ成り立たないと思ったが、当時、私の周りの多数の知人が蝉の寿命は7日と信じて [続きを読む]
  • レシピを自己流アレンジされると不安になる
  •  ある仲良し夫婦のブログで、普段、料理をしない夫が珍しく料理をすると言い出した時に、妻が有難いと思いながら不安に思うことが綴られていた。その中で、妻にとって一番不安に感じる夫の一言は、「レシピをちょっとアレンジしてみた」だそうだ。 料理に長けた夫ではなく、たまに料理をする夫のこのセリフは、たしかに不安になるだろう。そして、毎回、不安は現実化する(美味しくない料理ができてしまう)そうだ。何でも、最初 [続きを読む]
  • ジレ
  •  私は決してオシャレなタイプではないですが、何事においても形から入ってしまうタイプなので、「ピシッと決まるクールビズ」というキャッチコピーにつられて珍しくファッションの広告を見てしまいました。それによると、この夏は「ジレ」だそうで、写真が掲載されていました。 その時点では、「ジレ」が何かわかっていなかったので、「この写真の何がジレ? スリーピースのチョッキだけ着た人やん」ということで、事務所のパー [続きを読む]
  • 相手の知識不足につけこむのはやめよう(銀行の窓口にて)
  •  母親が入院する際に、どうしても定期預金を解約して現金をもって入院すると言う。病院に多額の現金を持っていく必要もないし、紛失の危険もあるので、止めるように諭したが、何か不安なのであろう、全く聞き入れてもらえない。  そこで、ひとまず銀行に行くことにしたが、定期預金の証書が見当たらない。母親はパニックになったが、ないならないで再発行なりなんなりの手続をすればよいことなので、心配しなくていいよというこ [続きを読む]