コンプライアンスハーツ共同事務所 さん プロフィール

  •  
コンプライアンスハーツ共同事務所さん: 実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ハンドル名コンプライアンスハーツ共同事務所 さん
ブログタイトル実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ブログURLhttp://ameblo.jp/shikijin/
サイト紹介文個人情報保護と介護・障害福祉サービスにおけるコンプライアンス体制構築を綴っています。
自由文「使える規程、機能する組織、そして企業を守る対策(契約・研修・調査)をモットーに仕事をしている行政書士コンプライアンスハーツ共同事務所です。とくに、個人情報保護についてのご相談はぜひ⇒http://c-hearts.biz/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 114日(平均5.6回/週) - 参加 2017/03/04 11:36

コンプライアンスハーツ共同事務所 さんのブログ記事

  • 事業報告書にまつわる不思議
  •  事業年度終了後3か月以内に、所轄庁に事業報告書を提出しなければならない法人というものが何種類かある。3月決算と決められている法人もあるが、そうでなくても3月決算が多いため、今月末が提出期限の法人が多い。  前年まで事業報告書を作成していた担当者がお辞めになるなどの事情で今年の事業報告書の作成に困り、急遽、私に問い合わせが来ることが毎年1件くらいある。 このようなケースでは、いろいろと聞き取りをす [続きを読む]
  • その実印の押印は必要ですか
  •  昨日のブログで、法人印の認印(ゴム印)に触れましたが、何でそんなものを作るのか不思議ですよね。  請求書や領収証に法人の実印の押印を求められることがあるんですよ。請求書や領収証であれば、多くの法人が角印を押印すると思いますし、実印でなくても領収証の効力に変わりがあるわけでもなし。 しかし、取引先に実印を要求されると押さざるを得ない。かといって、請求書・領収証レベルで代表者にいちいち実印を押印させ [続きを読む]
  • 初恋と最後の恋の違い でも、最後は行政書士業務の話
  •  トーベヤンソン著、ユッカ・パルッキネン編「ムーミンの名言集」の中に、初恋と最後の恋の違いが語られている。  ムーミン(というアニメ)には子供らしくないキャラクターやストーリーが多いなぁと昔から思っていたが、20年ほど前、作者のトーベヤンソンの人生を知ると、その理由が朧気乍ら理解できた。トーベヤンソンについてはこちら  まぁ、一番驚いたのは作者の人生の背景よりも、ムーミンがカバではなかったことですが。 [続きを読む]
  • 役に立ったGoogleの無料サービス達
  •  昔、有料の地図出力サービスや地図情報提供サービスを利用していたことを思えば、Google mapが無料なだけでも有難いのに、よくもまぁ、これだけ無料サービスがあるものだと感心しているGoogleですが、儲かってるんでしょうね。 昨年末、事務所を移転したのが、今年の2月には元の場所に事務所がないことをGoogleに把握されていて驚きました。mapの精度は高いようです。  そのGoogleの無料サービスのうち、結構役に立っているも [続きを読む]
  • 古すぎて笑ってしまう詐欺の手口
  •  営業マンと思しき男性が私に寄って来て、「発注ミスで商品が余っちゃって困ってるんですよ。このままじゃ、私が自腹を切らなきゃいけないので、半額にしますから買ってくれませんか。ブランド品なんですよ。」  まだ、こんな古典的な手口が生き残っていたのかと呆れながらも、面倒なので追い払った。 そういえば、35年前、同じ手口の輩がいたよなぁ。思い出した。 それはいかにも真面目そうな男女ペアで、同じように発注ミス [続きを読む]
  • 呆れた質問と怪しげな(ほぼ違法)ビジネス
  •  ホームページに問い合わせフォームを設けていると、稀にお答えできない質問がやって来る。 「私は○○自動車の販売店に勤めているのですが、△△(他社)の車に乗っているので自動車通勤を認めてもらえません。おかしくないですか?」  私としては、全くおかしくないよ。自社の車を買えとは言わないが、社員の通勤用の車を販売店の駐車場に停めるのはやめてください。と言いたいが、もはや価値観が違い過ぎるので回答しない。 [続きを読む]
  • 努力はしたくない、楽をしたい。
  •  「たった2週間で〇〇できます」っていう広告多くないですか。 〇〇が、「痩せる」とか「HPのアクセス10倍増」とかならまだいいけど、「病気が治る」になると、薬事法云々の前にひどいなぁと思う。  「ロト必勝法」のレベルになると、信じるほうが悪いかなぁ。あり得ないけど、もし、本当に当たりがわかるとしたら、自分だけ買って人には教えないわ。当選金額が下がるからね。  でも、効果があるんでしょうね。これだけ多いと [続きを読む]
  • 適正な報酬額(いわゆる相場)がわからない
  •  明らかに同業者と思われる人がそれを明かさずに、報酬額の探りを入れてくるという話は比較的よく聞く。その対応方法は人それぞれだろうが、正直に同業者であることを明かして、「やったことがない業務なんで適正な報酬額がわからないんです」と言ってくれたら、私なら「だいたいこんなもんじゃない」とは言う。私に限らず、教えてくれる人はたくさんいらっしゃると思う。 というより、やったことのない業務では報酬額よりも教え [続きを読む]
  • 理念を守って… 金はなくても心穏やか
  •  行政書士に限らず、自営業者は自分の商売の理念があると思う。たくさん稼ぐということが理念であっても構わないと思うが、稼ぎ方にはその人なりの信念があろう。この理念なり信念なりが無かったのか、あるいは途中で見失ったのか、悪事に手を染めて逮捕されてしまう人もいるのは残念だ。  私は自分の納得できる仕事だけをしようという、至って高尚さのないシンプルな、理念と言うには恥ずかしいようなものであるが、まぁ、これ [続きを読む]
  • Word PressのHP こうしていればよかったメモ
  •  Jimdoで暫定HPを制作してから約3か月。やっとWord PressのHPに移行できる。htmlも英語もわからないなりに独力でできたが、あぁ、こうしておけばもっと楽だったと思うことがいくつかある。そこで、誰か一人でも参考になればいいかと、綴ってみる。 1.Word Pressの導入 独自ドメインを取ってレンタルサーバと契約する必要があるが、月に1,000円程度のレンタルサーバはいくつもあるから困らないと思う。Word Pressと独自ドメイン [続きを読む]
  • 同じ300万円の見積額なら、そりゃそうだろう
  •  とある一般社団法人の公益法人化のコンサル業務の見積をした。1人ではできないので、協力してもらえる人と打ち合わせをして、その報酬を調整する。協力者の強みを生かした提案書を作成し、見積金額を決める。  コンサル業務の場合、具体的に何をするかが重要視され、金額だけでは決まらないが、相見積もりを出す相手との競争もある。自分だけで完結する業務であれば、個々の業務を積み上げて算出した金額を競争に勝つためにザク [続きを読む]
  • 無愛想を逆手に取る
  •  社会福祉法人・NPO法人・事業協同組合などは、5月・6月に総会・理事会・評議員会が集中し、事業報告書の提出も必要となるので、私は今が年間で一番忙しい。といっても、たいしたことはないけど。  総会・理事会・評議員会などは関係ないんじゃない? それがオブザーバーとして出席しなければならないから、仕事のうちなんです。  オブザーバーって、何するの? 主たる役目は一つ。会長とか理事長とかをはじめとする執行部 [続きを読む]
  • メラビアンの法則(いわゆる見た目が…)とスーツ
  •  私はもともと外出が少ないという珍しい行政書士だが、ここ数日は社員研修のテキストを作成しているので、PCの前に座ったきりで一段と外出しない。PCの前にいるので、メールが来ると直ぐにわかるが、あまりに返信が早いと、「此奴、よっぽど暇なのか」と思われるのが嫌で、ちょっと間を空けてから返信するという妙な見栄を張っている。  なぜ、社員研修のテキストを作成することになったか。最初は、クライアントが社員研修専門 [続きを読む]
  • 個人で行う無料相談の改善
  •  高級ブランド店には縁がない私であるが、年に一度だけBVLGARIに行く。私でも買えるチョコレートを買いに。デパートでも買えるのだが、高級ブランド店に入ってみたいというミーハーな気持から。 別にチョコ好きではないのだが、クライアントの担当者が男性の場合、バレンタインデーのチョコレートを贈るためなので年に一度。たいした金額ではないが、チョコレートとしては高価だし、記憶には残るだろうと思って(会社で自慢する [続きを読む]
  • 「飯が食える」と「勉強する」を考えてみる
  •  「飯が食える」かどうかという話が行政書士にはついて回ることが多いが、「飯が食える」と思う金額は人によりけりだろう。 因みに、昨年9月に発表された国税庁のデータでは、1年間の給与所得者の1人当たりの平均給与は420万円。 まぁ、20代前半で開業する行政書士は少ないだろうし、せっかく給与所得者ではなく自営業を選択するのだから、平均給与の420万円は超えたいところだ。  さて、18年も行政書士を続けていると、その [続きを読む]
  • 甘い見通しが狂ったので過去を振り返って、条文の覚え方
  •  新聞の一面に「改正個人情報保護法が本日から施行」と出て、当事務所に問い合わせがガンガン来るという甘い見通しが、新聞に出るという点からすっかり外れてしまった。まぁ、甘い見通しは、いつものことなので、次の手を考えるさ。  で、書棚を整理していると、昔、勤めていた専門学校の卒業記念アルバムが出てきて、しばし、感傷に浸る。そうそう、大学受験予備校の後、専門学校に勤めていたよな。そういえば、宅建と行政 [続きを読む]
  • 専門分野を持つ・専門分野以外を知る
  • 例えば、会社の設立にあたって、司法書士さんに相談したとする。許認可を必要とする事業の中には、定款に記載する文言が決まっているものがある。その司法書士さんがそれを知らずに定款を作成し登記をしてしまうと、会社はできるが、許認可にあたって目的変更等の手続が必要となる。 会社設立にあたって、税理士さんに相談したとする。許認可を必要とする事業の中には、資産要件で一定金額以上を必要とするものがある。その [続きを読む]
  • 勝手に日本を背負って、捜査対象になった
  •  知り合いのキャバ嬢から相談を受けた。同僚のフィリピン人のキャバ嬢の妹が結婚ビザを取りたいから弁護士を探しているそうだ。 一般の方には解説がいるが、「結婚ビザ」は日配(日本人の配偶者等の在留資格)で、ビザに関しては、取扱量の多さから、彼女たちにとっては弁護士と行政書士の区別がなされていない。私は開業当初、「日配」と聞いて、牛乳かと思っていた。  私はビザの仕事はしていないが、全然見込みのない場 [続きを読む]
  • インセンティブを先に要求する人の特徴
  •  飲食店でも、いわゆる飲み屋さんで、一見なのに値引きを要求する客がいる。 「大勢だから、ちょっと安くして」。これはわかる。業態にもよりけりだが、店側としてもメリットがある。 図々しいのが、「これからしょっちゅう来るから、今日は安くして」。こんな客がしょっちゅう来るはずがないのは、店側もよくわかっている。しかし、暇な日なら「本当に来てくださいよ」と、愛想笑いを浮かべながら騙されてくれるだろう。 [続きを読む]
  • 30万円×10か月 行政書士を続けたいという想い
  •  30万円×10か月。全社的に個人情報保護体制を確立したいということで受託した仕事の報酬。プロジェクト方式で受託したほうがいいので、毎月の支払いという契約にした。(プロジェクト方式に興味のある方はこちらへ) この業務にかかりきりになるわけではなく他の仕事もできるので、そう安い金額ではないが、分量的に一人では無理。そこで、助っ人を2人探した。当時は行政書士2人の共同事務所だったが、パートナーは風営許可がメ [続きを読む]
  • 差し上げます。改正個人情報保護法対応チェックシート
  •  今日の分別ゴミの収集はペットボトルです。もう少ししたら収集場所へ持っていくのですが、市で配布している分別ゴミの収集カレンダーには、略して「ペット」と記載されています。プラスチックを「プラ」と略すのはいいとして、「ペット」という略し方では、ペットを飼っている方は気を悪くするのではないかと思うのですが、他の自治体ではどうなっているのでしょうか。  顧問先用に配布した表題の件、欲しい方がいらっしゃいま [続きを読む]
  • 行政書士もOJTが重要… というよりOJTは楽しい
  •  飲食店だと開店準備期間に店員さんにオペレーションしてもらいますし、電鉄だと東大出ても改札業務はするしと、期間の長短はあっても現場は経験させます。もちろん、事前にマニュアル読んでから。 行政書士も業務用の本を読むのは当たり前として、できればOJTで現場に同行させてもらうのが役に立ちます。  会議や研修の内容によっては同行を許してもらえる場合がありますので、その時は会議や研修に一緒に行きます。会社 [続きを読む]
  • 深酒の依頼
  •  同業者の後輩からメールが来た。後輩「深酒の依頼がありそうなんですが、やったことありますか?」私「しょっちゅうだけど」後輩「ちょっと教えてもらったいいですか?」私「??? 教える?」  話が噛み合わない。そう、後輩は深夜酒類提供飲食店営業開始届を略して「深酒」。 私はてっきり、付き合いのある顧客からの「深酒(ふかざけ)のお誘い」と思っていた。  今は一滴も呑まないが、かつては酒豪でならした [続きを読む]