セールスライティングの専門家・加納隆昭 さん プロフィール

  •  
セールスライティングの専門家・加納隆昭さん: 集客を最速成功させるセールスライティング
ハンドル名セールスライティングの専門家・加納隆昭 さん
ブログタイトル集客を最速成功させるセールスライティング
ブログURLhttp://ameblo.jp/t-kano-wakuwaku-55job/
サイト紹介文あなたも売るための言葉、稼ぐための言葉を身につけませんか? セールスライティング情報を配信中
自由文私はセールスライティングの専門家です。

セールスライティングとは
糸井重里さんをはじめとするコピーライターとは違い
売ることに特化した『感情に訴える文章』を書いて
行動を促すための技術です。

集客からクロージングまでを最短最速で実現させる
言葉を教えるのがセールスライターです。

インスタグラムからフォローもお待ちしています。
https://www.instagram.com/sales_writer.kano/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 49日(平均10.3回/週) - 参加 2017/03/05 19:15

セールスライティングの専門家・加納隆昭 さんのブログ記事

  • 広告文章を書くにはヒアリングが欠かせない? 6-7
  • 実際に話を聞かないと真実は見えてこない。 それに喉から手がでるほどの失敗談逸話開発秘話 などは、お客さんは話をしたがらないものです。面白いネタに本人が気付いていない場合が殆どです。 リサーチはヒアリング力何を聞くかで得られる情報は変わってきます。 遠方で面談できなくても今は便利なスカイプやLINEなどで場所を問わずいくらでもオンラインで繋がることができる時代 ネットで調べることは当たり前の情報 人から直接 [続きを読む]
  • 登りやすい言葉の階段をかけること。 6-6
  • たった一度で売ろうとするから売れないんです… だから階段をかけませんか?これはダイレクトレスポンス(DRM)の基本なんです。 高級車、別荘など確かに売りにくいでしょう?でも、「売れる言葉」を駆使すれば販売ステップも楽になります。 以前、営業の効率化とも言いましたが「信念の連鎖」を意識的にやっている営業マンはほとんどいないでしょう。 階段を掛けるとは? 単なる営業の区切りが1ステップではありません。 見込み [続きを読む]
  • タイトルの目的を解っていますか? 6-5
  • 今あなたはブログ記事を書いているとします。 タイトルを考える時に何から考えますか?まさか文章の全体像がわかる簡潔な言葉を考えようとしていませんか? でも、それって作文のタイトルですよね? タイトルを作るコツを知りたいですか? いいですか?タイトルは記事の内容をひと目で伝えるのではありません。もちろんキーワードを入れると効果的な場合もありますが… 実は、本文を読んでもらうために「読みたくなる言葉」を選 [続きを読む]
  • 感動させる言葉がいらないセールスライティング? 6-4
  • この文章、感動した!生きる勇気が湧いてきました…  読み手にそんな感想が欲しいあなたはセールスライターを書くのが難しいかもしれません。  なぜなら、セールスライティングの目的は「行動を促す」だけです。 感動させる必要はありません。  「欲しくなる」「買いたくなる」”感情を動かす”のです。 あなたは相手の悩みに共感する文章を書くのです。  ですので細かい文法もほぼ関係ないのです。そもそも口語調で書く [続きを読む]
  • 始めてたった2ヶ月でブログPV1,000超えを達成した手法とは?
  • みなさん、おはようございます! 私が今、提唱している『瞬感コンセプトマーケティング』  導入してわずか2ヶ月でアメーバブログで1,000PVを達成!!  同じくインスタでも、すでにフォロワーが4,300人を超えています。 これはわかる人にはわかる数 自分でも半信半疑でしたが圧倒的に『問い合わせ』や『案件依頼』の件数が膨れ上がります!  今、食・健康・美容・教育に関わる女性起業家の『戦略的なコンセプト』 [続きを読む]
  • 長い文章は読まれると思いますか? 6-3
  • 長い広告文章なんて読まれないよ! 「もっと短く簡潔にしないと今の若者は読まない!」 普通のひとはそう考えるでしょう。 セールス文章は“紙の上の営業マン”と言われるように短い広告文章とはセールスマンが手短に商品アピールを止めてしまうようなもの それを必要として欲しがっている人はいくらでも説明を聞きたいのです。 この話は何度となくしてきましたが短いか長いかが問題ではなくセールス文章が退屈でつまらなければ [続きを読む]
  • ライティングの『守・破・離』〜だから型が大事! 6-2
  • 守・破・離なんて言ったら空手か何か?という声が聞こえてきますが武闘の世界ではありません。セールスライティングの世界です。 初心者でいきなり自己流に書いてしまい大失敗することがありますがライティングにも型があります。 だから最初は基本形に従ってコツコツと反応を出していく。いきなりオリジナルでいくと何が悪かったのか反省のしようがありません。 何事も初めは「成功者のマネ」から。 文章の基本では「起承転結」っ [続きを読む]
  • セールスライティングって何? 6-1
  • セールス文章(コピー)を書くチカラこそ経営者が欲しがる最強のスキルである。財産も何も無くなって焼け野原に投げ出されてもセールスライティングの技術があればゼロからビジネスを始められる! なぜなら、多くの人はモノを売りたくても魅力的に売る方法を知らないんだから・・ 書けなくてもセールストークにもなるし映像を使ったLPなんかも出始めている時代 価値を高めれば高めるほど上限の無い報酬軽く医者や弁護士の年収は抜 [続きを読む]
  • 「そうそう!そうなの!」読み手の気持ちのわかる優しい文章 5-8
  • セールスライティングをしているとお客さんの立場で考えているつもりがどこか押し付けがましくなったり商品を売りたいという気持ちが無意識に働いてしまうことが良くあります。 その原因は、相手の気持ちを「想像して書いている」こと。 商品のメリットから文章が始まると、より売り込み感が出ます。 本当は「お客さんの悩み」から始めるべき。常に相手の頭の中はどうなっているか?と考えるべし!感情、悩み、不安、葛藤… 私の [続きを読む]
  • あなたの文章、誰に届けたい?〜魚の居ない池で釣ってませんか? 5-7
  • 読まれる広告?読まれない広告? STOP!その前に!届けたい相手を間違っていませんか? 私はいつもクライアントさんに聞きます。「このLPはどんな広告から誘導して 誰に読んでもらいたいのですか? ゴールは何ですか?」と・・ あなたも友人との集いに焼肉店を予約までしていたのに仲間の一人が寿司屋に行きたいと言って連れて行かれたら気分が悪くなりますよね。 人は魚の居ない池で釣りをしていることがある。それに早く気 [続きを読む]
  • 作っただけでは成果の出ないLP 5-6
  • 放置LPは放置HP(ホームページ)と一緒 作っただけで売れると思ったら大間違いということ。。。 コンバージョン(成約)には母数が必要です。場合によっては何十万、何百万の表示をさせて最終の販売ページに数百の誘導をかけるというのがアフィリエイトの世界 間にクッションページが入るだけで確率は下がります。広告運用は数の勝負なのでそれこそターゲットや誘導する客層、切り口を間違えるだけで反応はゼロだから成果を出すの [続きを読む]
  • 書く順番次第で反応率が変わるって本当? 5-5
  • セールスライティングは「何を?」「どの順番で言うか?」今回はその順番についてお話しますね。 前の記事で、いきなり売り込まずにラポール(信頼関係)を築くことが大切と言いましたが 最初のつかみはホントに大切!TOPでくだらない感じだったら即、離脱!“戻る”を されて二度と戻ってきません。 最初の3秒が勝負だとも言います。キャッチコピーと言われる大きな文字で引き込んで下を読ませる。サブキャッチともい [続きを読む]
  • LPの助っ人役CPをご存知ですか? 5-4
  • クッションページ(CP) それは、まだまだ世の中に知られていません。 今までは「記事広告」と言われてきたジャンルですが今、このCPを活用することで販売用のランディングページの反応が信じられないくらいに上がるのです! 広告→LPという今までの流れでは売り込み感が強く、反応率が落ちていたのを広告→CP→LPこのような流れで間にCPを入れることで共感重視の反応を得ることができるのです。 この手法を使えばアフィリエイト [続きを読む]
  • 広告に見せかけない広告? 5-3
  • LP(ランディングページ)って広告からの着地WEBページのことでもLPの目的は販売する以外にも メールアドレスを取得するページがあります。これもオプトインページというLPの一種メルマガ登録画面のことです。 そして本来のLPの目的は『読み手に行動を促す』こと。その際に必要となるのが“ラポール” 営業マンがお客さんとの信頼関係を作ることを“ラポールを築く”といいます。 ラポールとはフランス語で「橋をかける」という意 [続きを読む]
  • ランディングページとダイレクトレスポンスの熱い関係? 5-2
  • それでは復習も兼ねて…参りましょう! あなたのFacebookのタイムラインお友達の記事に混じって広告というものがありませんか? するとどんなページに飛びましたか? 普通のホームページでしたか? もしかすると、ランディングページ(LP)と呼ばれる縦長のセールスページだったかもしれませんね。これもダイレクトメール(DM)と同じくセールスレターです。 LPにはダイレクトレスポンス(DRM)でいう3Mのうちのマーケッ [続きを読む]
  • 意外と知られていないLPの基礎知識 5-1
  • 第5章、ランディングページをビジネスに取り込むと? 【5-1意外と知られていないLPの基礎知識】 LPって何?コピーって何?ライターさん?珍しいわね… いつもそんな感じなので説明には慣れています(笑) LPとはランディングページのことその名の通り、ランディング(着陸)先のWEBページのこと 「ということは何で飛ぶの?」そうなのです。その飛行機に当たるのがWEB広告というもの基本、PPC(ペイパー )方式で広 [続きを読む]
  • ダイレクトレスポンス・ビジネスの具体例 4-9
  • ダイレクトレスポンスのセールスライティングって具体的にどんなものがあるのか? あまりに有名なのが「3」の話でも言いましたが人は3回目でやっと行動する傾向があります。これを店舗タイプのビジネスで活用すると反応率は高くなります。 “3ステップDM”特に休眠顧客の復活に使います。リピートしてくれなくなったお客さんに「その後、いかがですか?」と3回しつこくDMを送るわけです。 もちろんDM内容は3Mがしっかり完成 [続きを読む]
  • セールスプロセスが仕組み化のコツだった?! 4-8
  • あなたの仕事をプロセス化していますか? プロセスとは工程のことようは手順をしっかり決めているか?ということです。 DRMでは最も大事なところまず最初に、どんなお客さんの悩みを解決する商品があってその見込み顧客を何をフックとして、どの媒体で集めるか? 集めたリストに対してどのようなステップで教育して何をバックエンドとして売るのか? DRMでは“フロントエンド商品”と呼ばれる最初のフックは無料のサンプルやレポ [続きを読む]