セールスライティングの専門家・加納隆昭 さん プロフィール

  •  
セールスライティングの専門家・加納隆昭さん: 集客を最速成功させるセールスライティング
ハンドル名セールスライティングの専門家・加納隆昭 さん
ブログタイトル集客を最速成功させるセールスライティング
ブログURLhttp://ameblo.jp/t-kano-wakuwaku-55job/
サイト紹介文あなたも売るための言葉、稼ぐための言葉を身につけませんか? セールスライティング情報を配信中
自由文私はセールスライティングの専門家です。

セールスライティングとは
糸井重里さんをはじめとするコピーライターとは違い
売ることに特化した『感情に訴える文章』を書いて
行動を促すための技術です。

集客からクロージングまでを最短最速で実現させる
言葉を教えるのがセールスライターです。

インスタグラムからフォローもお待ちしています。
https://www.instagram.com/sales_writer.kano/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 22日(平均12.7回/週) - 参加 2017/03/05 19:15

セールスライティングの専門家・加納隆昭 さんのブログ記事

  • DRMを取り入れると激変するビジネス?! 4-4
  • セールスレターは紙の上の営業マンそう言われるように  我々の書くランディングページ(LP)などのセールスレターは 世間一般の営業スタイルを簡単にシンプルに低予算で効率的にすることができます。 私も少しリアル営業の経験があるので飛び込み訪問などはもう二度としたくないんですよぉ〜。 いわゆる「お願い営業」でしたから… 買ってくれるかどうかわからないから効率が悪いし、労力ばっかり必要になる。 「気力」やら [続きを読む]
  • DRMは基本の柱となる3Mをおさえること! 4-3
  • マーケティングはアメリカが先進国って知っていましたか?日本の10年先をいってると言われます。そのアメリカにいるマーケティングの権威「億万長者メーカー」と呼ばれる、ダン・ケネディが唱えているのが”マーケティングの3M”という考え方 これたくさんのサイトで説明されていますが私は誰よりもわかりやすくシンプルにお伝えしますね。 3つのMとは?・マーケット・メディア・メッセージです。 どれも欠けてはいけません。1 [続きを読む]
  • はじめてだけど、はじめてじゃないDRMの話 4-2
  • DRMとは“ダイレクト・レスポンス・マーケティング”のこと 直訳すると、「直接反応型マーケティング」これはイメージコピーのように会社のイメージを良く見せるようなものではなく、直接、相手にメッセージを伝えて感情に訴えかけて行動に促すものです。 わかりやすいのが、ジャ◯ネットの通販番組「今すぐお電話してください!」と呼びかけていますよね? あとは、健康サプリのダイレクトメール(DM)「今すぐ、ご記入して返信 [続きを読む]
  • そもそもマーケティングって? 4-1
  • 第4章、ダイレクトレスポンスマーケティング!4-1そもそもマーケティングって?かのマネジメントの父ピーター・ドラッカーが「マーケティングとはセールスを不要にすること」と言っているように お客さんの「欲しい」という感情をわし摑みにして売り込まれなくても、自ら「買う」行動を起こしてしまうような状態に持っていくこと。 私はこの世界に入る前のサラリーマン時代、「マーケティング? 市場調査とかするアレ?」くらい [続きを読む]
  • “3”の心理パターンを活用する 3-6
  • 前回、3つの心理トリガーについて話をしましたが今回はその続きです。 3という数字 人は3つのことが受け入れやすく理解しやすいと言われます。 あなたもこんな経験ありませんか? セミナーで講師が「今日の要点は3つあります」と言って注意を引いた記憶 このように物事は3回繰り返すとインパクトが大きくなるのです。人間の脳は3つをパターン化しやすいとも言います。 数字の3には調和を意味する数字といわれあなたもよく [続きを読む]
  • 感情を動かす3つの心理トリガーとは? 3-5
  • トリガーとは引き金のことフックとも言います。 脳科学にも関わる高度な内容ですがこれを意図的に使うことで自由自在に言葉を紡ぐことができます。 感情を動かす3つの心理トリガーとは1.共感2.再定義3.抵抗を指します。 1の共感は信頼にもつながって自分をよくわかっている人と受け入れられます。 お客さんは自分が探し求めていたものを見つけた喜びでいっぱいになり、あなたのファンになるでしょう。 深い痛みを分かっ [続きを読む]
  • 書き手の気持ちが文章に現れる 3-4
  • コトバは言霊文章には無意識に「気持ち」が入り込むんです。 あなたがもし・・セールスライティングをしている商品を本気で良いと感じていなかったりそもそも自分が欲しいと思わない・・ そんな気持ちでライティングしていれば感情が込められていない文章になります。 そして本心で相手のために書いていない文章に読み手は気付き、違和感を覚えます。 結果として伝えたいことは伝わりません。 なぜなら人は不自然な作られた文章か [続きを読む]
  • 相手の頭の中に入る方法 3-3
  • 相手の身になって考える 小さい頃から先生にも言われてきた言葉ですがセールスライティングの世界では徹底的に相手自身になりきります。あるライターは女性向けの広告文章(コピー)を書くために女装をした。という話もあるくらいですから(笑) ターゲットのお客さん(商品・サービスの購入者)がどんな生活をしているのか? 年齢、家族構成、仕事、趣味生活スタイル、考え方、悩みなど これをペルソナといって特定の1人に当て [続きを読む]
  • 広告が嫌われる理由とは? 3-2
  • セールスライターにとって怖いのは・・読み手が何も行動しないこと。 2章で「営業マンが嫌われる理由」という話をしましたが、 人は「売り込まれるのは嫌い」でも、「買い物するのは大好き」 そして、自分にとって得する情報も大好き! なのでダイレクトメール(DM)のようにあからさまに「これ良いですよ!」「お買い得ですよ!」なんて郵便物が届いたら、見もせずにゴミ箱行きです。 『面白い情報』や『興味関心を惹くもの』を [続きを読む]
  • 感情を知る〜「買いたい」と「やめとこう」の決断 3-1
  • いよいよ第3章、『相手の頭に映像を流す秘訣〜感情ライティング』です。 あなたはこんな経験ありませんか? 通販サイトで「これ欲しい」、「買いたい」そう思ってカートにまで入れたけどやっぱりやめた。。。 例えば…ノートパソコン 何か気になって説明を見直していく他社の製品とも、もう一回比べる。何か一歩踏み出せなくなってくる。 「やっぱりやめとこう」 私は何度もあります。  この心理大事です。 あと一歩で購 [続きを読む]
  • 脳と購買心理の関係〜3つの脳とは? 2-7
  • 損したくな〜い!恥をかきたくな〜い! このような人間の欲求に訴えかけるものが一番行動に結びつきやすいと言われています。 マズローの5大欲求って聞いたことありますか? 5自己実現欲求:自己の持つ可能性を追求し、理想状態を目指す欲求 ↓4尊厳欲求:他人から承認されたい欲求 ↓3社会的欲求:集団に所属して良好な人間関係を得ようとする欲求 ↓2安全欲求:危険から身を守り安全を得ようとする欲求 ↓1生理的欲求: [続きを読む]
  • なぜ?なぜ?なぜ?から生まれるセールスライティング 2-5
  • このなぜ?なぜ?なぜ?は“なぜなぜ分析”とも言われるくらい有名な問題分析法の一つです。 セールスライティングでは お客さんからの“なぜ?”に答えていなければいけません。 Why you? なぜあなたから?Why me? なぜ私が?Why now? なぜ今? ↑これ完全に書くべきことですよね。 言い換えると商品サービスのメリット:差別化が必要あなたのため:絞り込みが必要今、申し込んでください:緊急性が必要なのです。 “約束 [続きを読む]
  • 営業マンが嫌われる理由とは? 2-4
  • ピンポ〜ン!「奥さん、掃除機どんなの使ってます?」 出た!押し売りだ! 嫌ですね…。 「大切なお知らせを伝えに来ましたが、 少しお時間をいただけますか?」 これも嫌ですよね…胡散臭い雰囲気がなんとも言えないです。 訪問販売、押し売り=悪徳商法よって、「家に来る知らない人は、悪い人」のような感覚は誰しも幼い時からありませんか? 営業マンって嫌われるんです。 だから、飛び込み営業って嫌がられるんです。やられ [続きを読む]
  • 必要性よりも「欲しい」と思わせることが肝心 2-3
  • 必要なものと欲しいもの 売れるのはどっち? もちろん、答えは「欲しいもの」です。 あなたは文章の力で商品・サービスを売りたいはずです。最終的に相手に「欲しい」と思わせるために書くんですよね? 一般的に必要最低限、必要な日用品や生きていくのに不可欠な電気、ガス、水道などは私たちの生活に既に満たされているじゃないですか? 「欲しい」という感情になりにくいものは購買欲求を満たしにくいので「売りにくい」と言え [続きを読む]
  • 人が物を買うときは理屈より感情が先? 2-2
  • 物を買う時に真っ先に思い浮かんだ素直な理由を思い出してください。 少し高級なものを買った時のこと… わかりやすいのは高級車「モテるから」「自慢できるから」「稼いでるんだねって声かけられたい」「見栄を張りたい」 これは人の本音と言われる部分で最初に思いつきますよね?この本音とはうらはらに例えば、奥さんへの言い訳として何と言うでしょう? 「この機能が良いから欲しかったんだよ」「運転しやすいから」「こう見え [続きを読む]
  • 相手の気持ちが知りたいなら先に自分を知る? 2-1
  • いよいよ第2章です!「人の購買心理を知ることで先手を打つ」 ちょっと、あなた!今、ページの「戻る」を した理由って考えたことありますか? 人って… 何を考えてるの? 何に感情を動かされるの? どういう時にモノを買うの? これらの行動心理そのまま「自分だったら…」と言い換えてみませんか? 自分のことが分からないのに相手がわかるのか? そこですよ、そこ。 コンサルするにも儲からない、切羽詰まった [続きを読む]