akasata2159 さん プロフィール

  •  
akasata2159さん: 中小企業の経営塾
ハンドル名akasata2159 さん
ブログタイトル中小企業の経営塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/akasata2159/
サイト紹介文利益は出るがお金がない。誰でも儲かる経営計画書の作り方教えます。
自由文経営計画の作成により、会社が成長した例をご紹介します。
http://www.katotax-maskansa.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 207日(平均12.5回/週) - 参加 2017/03/04 16:55

akasata2159 さんのブログ記事

  • 会計事務所の仕事
  • おはようございます。 田口です。 みなさんは、会計事務所の仕事ってどんな仕事だと思いますか? 決算? 申告? 経営計画? 相続? 税務調査? 節税? どれもこれも重要な仕事です。 ですが、会計事務所に勤めて10年経って気づいたのは、 お客様に気持ちよくしゃべってもらうことの大切さです。 以前、新潟県の十日町市の会計事務所にいたころでした。 ある仏壇店の店主のかたが、よくしゃべる人でした。 そのかたは、実家の仏壇 [続きを読む]
  • ま〜その〜
  • 田口です。 「ま〜その〜」というのは、田中角栄の口癖だったそうです。 私の生まれは新潟県の長岡市です。 母も同じです。 父は十日町市の出身です。 祖父も十日町市の出身で、祖父の本棚には、 田中角栄に関する本がいくつかありました。 田中角栄については、賛否両論あります。 しかし、私にとっては、田中角栄という存在は、自分のルーツをさぐるためにも、 欠かすことのできない存在です。 田中角栄については、今後もブロ [続きを読む]
  • 読書日記「歎異抄」
  • おはようございます。 田口です。 いろんな本を読書日記で紹介しています。 実は、読書日記は、フェイスブックでも投稿しています。 そのため、最近の投稿は、本の紹介だらけになりました。 いろんな本を日々、読むなかで、いい文章だと思うのは、「歎異抄」です。 「歎異抄」は、親鸞の没後、弟子の唯円が、 教えがゆがんでしまうことを嘆き、親鸞の肉声を文章にまとめたものです。 よく知られているのが、悪人正機説です。 「善 [続きを読む]
  • 点と線
  • おはようございます。 田口です。 毎朝、4時に起きて、一人で朝礼をしています。 おはようございます。を3回。 ありがとうございます。を3回。 そのあと、松下幸之助さんの「道をひらく」を2ページ、音読しています。 毎朝、これを繰り返すと、ことあるたびに感謝の言葉が出てきます。 そのためでしょうか、最近知り合った方々には、頼もしいかたでいっぱいです。 毎朝の朝礼を点とすると、 それを繰り返すことで、良好な関係性を [続きを読む]
  • 読書とパン
  • おはようございます。 田口です。 ここのところ、読書日記を書いてます。 正直、たいして役に立たないことばかり書いてます。 「東大生はバカになったか」(立花隆)という本があります。 この本では、役に立つことを学んだ人たちのことが書かれています。 東大は、国家にとって役に立つ人を養成する学校です。 医師、技師、官僚、弁護士、大企業の社長、といった人たちを養成する学校です。 立花さんは、東大法学部に批判的で、 [続きを読む]
  • 清掃と経営計画書
  • おはようございます。 田口です。 3ヶ月に一回、西川口駅前で清掃のボランティアをしています。 写真は、清掃用具です。 何のためにしているかと言えば、仕事のためです。 清掃をすることで心が磨かれます。 心が磨かれれば、お客様から好かれます。 現実には、むずかしいですが、こうしたことにチャレンジしています。 仕事では、税務のほかに経営計画書をあつかっています。 このブログも経営計画書のことを書いて1年になりまし [続きを読む]
  • 読書日記「金閣寺」
  • おはようございます。 田口です。 「金閣寺」は、三島の最高傑作です。 一時期、この作品を半年くらいかけて、全編、音読してた時期がありました。 みなさんも、音読してみてください。 これほど、響きのよい日本語は、古典以外に見当たりません。 江戸時代は、論語や謡曲を子供のころから、音読する習慣があったそうです。 意味はわからなくてもよいとされました。 音読するうちに、文章のリズムを体で覚え、自然と、ボキャブラ [続きを読む]
  • 読書日記「坂の上の雲」
  • 田口です。 司馬さんはもともと新聞記者でした。 そのためか、この作品を通じて、 日露戦争を客観的に描きたいという思いが強かったようです。 日露戦争の後、日本人は自分たちが強いと思っていたようです。 しかし、そのおごりがアメリカに負ける原因となりました。 私の祖父の兄弟も戦争で死にました。 昭和の調子狂いした日本。 それを助長したのが、メディアだったと新聞記者である司馬さんは言いたいのでしょう。 もし、日露 [続きを読む]
  • 実学と理学
  • おはようございます。 田口です。 休日は、読書をしています。 よく読む本は、歴史小説です。 歴史小説が中心になったのは、30歳を過ぎてからです。 学生時代は、哲学書が中心でした。 学生時代、ヘーゲルの「歴史哲学講義」を読んだとき、 観念が歴史を作ってゆくといった壮大なストーリーに衝撃を受けました。 ヘーゲルは、フランス革命を目の当たりにしたため、 自由への想いこそが、本当に世の中を変えると無邪気に信じたよ [続きを読む]
  • 「信じる」経営計画書
  • 田口です。 経営計画書のチェックをしていると、まれにこんなことを言う人もいます。 「経営計画書のおかげで利益が1000万円も出たんだよね。」と。 正直、これは、ちがうんじゃないかと思います。 会計事務所のおかげで、業績が伸ばせたかのように錯覚しているような感じです。 かつて、日本の経営コンサルタントの草分け的な存在である船井幸雄さんは、 その会社の長所を徹底的に磨くことを信条としました。 経営計画書は、会社 [続きを読む]
  • 経営計画書とノミのジャンプ
  • 田口です。 雨なので、なんとなく、横須賀に行くのをやめました。 家計簿をつけて1年になります。 ブログも1年続いています。 日記も1年以上、綴っています。 こうしてふりかえると、何かを記録し続けるのが、性に合っているのかもしれません。 帳簿はまさ会社の取引記録なので、「じぶん、税理士に向いているのかも」とさえ、思います。 それは、さておき、経営計画書も、こうした点は、かなり重要です。 計画を作成したら、毎 [続きを読む]
  • 人材不足時代の経営計画書
  • おはようございます。 田口です。 最近、どの会社に行っても、「人がとれなくて困っている。」という話を聞きます。 「人さえ、とれれば、売上上がるんだよね〜・・・」という話をよく聞きます。 先日もある会社で経営計画書の進捗状況をチェックしてきました。 経営計画とはいうものの、焦点は、人材の確保でした。 ハロワークに求人を出してもなかなか集まらないということだったので、 社労士さんにも同席してもらいました。 [続きを読む]
  • 経営計画書とソクラテス
  • 田口です。 今日は、対話という形式で、ブログを書いてみたいと思います。 田口「こんにちは。今日も経営計画書のチェックに参りました。よろしくお願いします。」 社長「こんにちは。最近、運動不足でさ。太っちゃったよ。運動してる?」 田口「毎朝、歩いてますよ。」 社長「健康的だね。ところでさ。最近、資金繰りが苦しいんだよ。」 田口「その様子は、試算表にあらわれていませんね。今、9月なのに、 試算表は8月までのもの [続きを読む]
  • 経営計画書とPDCAサイクル
  • こんばんわ。 田口です。 好きなお酒は、サントリーのハイボールと白鶴の大吟醸です。 今回のブログタイトルは、「経営計画書とPDCAサイクル」というものです。 Pは、計画。Dは、実行。Cは、チェック。Aは、改善。 このPDCAサイクルが回ると、業績が上がる。 と、信じられています。 今回は、経営計画書の作成のお話というより、作成後のお話ですね。 経営理念 経営方針 数値計画 行動計画 まで盛り込んで、中期経営計画から単年 [続きを読む]
  • 経営計画書と専門用語
  • こんばんわ。 田口です。 経営計画書には、雛形がたくさんあります。 インターネットで、エクセルのテンプレートとかみると、すごいですよ。 たくさん、桝(ます)があります。 難し気な文字が書かれています。 ビジョンだとか、マーケティングだとか、ドメインだとか・・・ 大学時代、古代ギリシア語でアリストテレスの「形而上学」を読んだものですが、 普通の人が経営計画書のテンプレートを見ると、まさに形而上学ですね。 経 [続きを読む]
  • 経営計画書の裏技
  • 田口です。 最近は、ブログのなかにいきなり会話を持ち出したり、哲学のことを書いたりと、 好き勝手なことを書いています。 経営計画書の作成について、教科書的なことを知りたい場合、 このブログは役に立ちません。 そのせいもあってか、Googleでは、あまり上位に表示されません。 経営計画書の作成では、ちゃんとしたHPがたくさんあり、そちらをご参照ください。 そんなわけで、今日は、経営計画書の裏技をご紹介します。 経 [続きを読む]
  • 社員が頑張る経営計画書以前
  • 「フォアゾクラティカー」 田口です。 今日も経営計画書のことをお話しします。 といっても、今回は、経営計画書の中身そのものにはあまりふれません。 哲学の世界にソクラテス以前の思想家という人たちがいます。 ハイデガーによると、核兵器を生み出した西欧の技術文明を克服するカギは、 そうした思想家たちがにぎっているようですが、 経営計画書もある意味こうした点は、共通しています。 経営計画書の作成以前にも、会社の [続きを読む]
  • 経営計画書を誰のために作成しますか?
  • 田口です。 連日、経営計画書の作成について書いています。 経営計画書の作成ですが、経営計画つくるくんというアプリが無料で使えます。 ネットには、いろいろ難しいことが書いてありますが、つくるくんがあれば、 30分で作成できるので、便利です。 つくるくんを卒業したら、自分でエクセルテンプレートで作成してみましょう。 5年後までの損益計算書を作成すれば、経営計画書と言えます。 数字の決め方は、5年後の経常利益から [続きを読む]
  • 経営計画書による資金繰り改善
  • 「どこへ相談にいけばよいか」 田口です。 今日も経営計画書の作成のお話しをします。 と、その前に、そもそも、どこに経営の相談をしたらいいのかわからない人もいます。 どうにかして資金繰りを改善したい。 けど、どこへ相談にいけばよいかわからない。 そんな人もいます。 会計事務所に相談すれば、経営計画書の作成で、資金繰りが改善できるとしましょう。、 しかし、会計事務所で経営計画書を作成していることがあまり知ら [続きを読む]
  • 経営計画書の管理で前向きな気分に
  • 田口です。 経営計画書を作成したあとは、チェックが重要だとよく言われます。 エクセルテンプレートで一生懸命作成した経営計画書です。 数値計画や行動計画、経営方針などを盛り込んだことでしょう。 そうして作成した経営計画書もチェックしないと意味がないんですね。 チェックをすることで、次にやることがはっきりします。 その結果、社長が前向きな気分になるのです。 毎月、経営計画書の予算と実績のチェックを行っていま [続きを読む]
  • 「経営計画書を作成すると何をすべきか明確になります。」
  • 「税理士事務所の開業は必ずしも計画的とは言えない」 田口です。11月の開業を目指してます。 今日も経営計画書の作成のことを書きます。 みなさんは、税理士は開業する際、経営計画書を作成していると思いますか? 私の知る限り、必ずしもそうとは言えないようです。 税理士事務所の開業というと、計画的な開業は少ないようです。 資格があるんだから、開業すればなんとかなるだろう。 そう思って開業してしまう人も多いです。 [続きを読む]
  • 「現場から変わる経営計画書」
  • 「経営計画書を作成して、一体何になるのか?」 田口です。 経営計画書を作成しても、メリットがわからないという声をよく聞きます。 そもそも計画の作成のしかたがわからない。 計画を作成しても、チェックしなくなる。 社員が誰も計画に理解を示さない。 計画を作成しても、その通りにいかない。 そんな声をよく聞きます。 要するにめんどうくさいということかもしれません。 「経営計画書は台風の目」 しかし、本当にめんどう [続きを読む]
  • 「営業ができないと経営計画書は意味がない?」
  • 「素朴な疑問」 田口です。 経営計画書のことですが、素朴な疑問があります。 営業が出来ない中小企業なんて作れるの? という疑問です。 社員10名規模の下請けの会社を想像してください。 先々の仕事の受注が見通せるのはせいぜい数か月先です。 仕事は、親会社の景気しだい。 交際費といっても、親会社との飲み食いだけ。 そうした会社にとって、経営計画書は必要でしょうか? 「手帳はすばらしい。」 経営計画書の最高品質とし [続きを読む]
  • 経営計画書作成ソフト一覧
  • 田口です。 いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。 経営計画書というと、作るのが面倒くさい。 というイメージがあります。 面倒くさい理由は、ほとんどの会社がエクセルテンプレートを 使うからです。 それでも、エクセルのテンプレートが使われるのは、 自分で作ればお金もかからないし、 サンプルは、ネットにたくさんあるからだと思います。 エクセルテンプレートのサンプル 自分でエクセルテンプレー [続きを読む]