怪談ちゃんねる さん プロフィール

  •  
怪談ちゃんねるさん: 怪談ちゃんねる
ハンドル名怪談ちゃんねる さん
ブログタイトル怪談ちゃんねる
ブログURLhttp://kaidan-channel.2chblog.jp/
サイト紹介文怪談をまとめています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 114日(平均2.1回/週) - 参加 2017/03/04 21:36

怪談ちゃんねる さんのブログ記事

  • 山で叫ぶ女
  • 文章あまりうまくないが・・・・2年前、二十歳のときの話大学の先輩に誘われて岩手旅行に行った参加メンバーは、先輩のMさん、Iさん、Uさん、Sさん、同期のNと俺東京から車で何度かパーキングエリアに泊まりながら岩手のホテルに泊まった先輩のMさんは基地外な人で、... [続きを読む]
  • 首吊り女
  • 三年前、大学の夏休みを使って友達と男二人で広島旅行に行ったんです。特に目的も期間も決めないでダラダラ過ごそう、っていう旅行でした。何で広島にしたかっていうのも特に理由はありませんでした。でも、行ってはみたものの1日で飽きちゃって、その日泊まっ... [続きを読む]
  • 赤い服を着た女
  • 三年近く前、泉の広場のところで、ヘンな女がうろついていた。通勤の帰りによく見かけた。三十前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。目立つ服の色となんか独特の雰囲... [続きを読む]
  • ニートの友人
  • 中学の頃文通していた同い年のA。Aが中卒後進学せずニートになってから手紙の内容が『暇』『友達が欲しい』のループでつらくなり、私が大学進学を機に文通を止めたいと打ち明けた。Aはファビョるわけでも押しかけるわけでもなく、『Aは一人で文通くらいしかやることがな... [続きを読む]
  • 霊が集まる部屋
  • それは3年くらい前に、友人2人と「たまには温泉でのんびりしたいよね」 の一言からはじまりました。「どうせなら、観光地よりもひなびた感じの落ち着いたところのほうが いいな。」「ガイドブックにのってるとこはどうもね、人も多いし。」皆それぞれ好きなことを言い... [続きを読む]
  • 友人は既に・・・
  • もう10年くらい前になるのだけれど、当時免許とりたてで浮かれてたんだな高校からの友達が頻繁にドライブに誘ってく時期があった。んで季節も夏のある日、真夜中に「きよちゃん(俺)肝試し行こうよ」なんて友人宅で酒飲んでたら急に言い出しやがって「飲酒じゃねえかやめ... [続きを読む]
  • 謎の客
  • ファミレスでバイトしてた時の話。24Hの店で、私は当時22:00〜5:00のシフトで入ってたんだけど、まぁ結構田舎に立ってたから平日とかはそんなに混まないわけよ。休日はともかくね。で、その平日での話なんだけど、私、ちょっと用事があったから昼のうちにマネージャーに頼ん... [続きを読む]
  • 生贄
  • 閉鎖的な村のじめっとした因習とか、そんな俺の親父の実家がある村の話。父親の実家は、周囲を山にぐるっと囲まれた漁村なんだ。(今は合併されて村ではないけど)元の起源は落ち延びた平家の人間たちが隠れ住んだ場所で、それがだんだん村になっていった感じ。まぁそんなこ... [続きを読む]
  • 封じ[長編]
  • アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30を数える。今回少し間が空いたので心配したが元気そうだ。宛名の文字に力がある。部屋に入り封を切る。封筒の文字とは裏... [続きを読む]
  • 理不尽
  • 特番で後味悪すぎて現在進行形のやつ。新聞配達の少年がたまたま通りかかったDQNのガキ集団にリンチされて昏睡。DQN放置。4時間後に心配して探していた母親が発見。命を取り留めるも知的障害、記憶障害、顔面麻痺、指先の機能障害が残ってしまい、... [続きを読む]
  • 車がおかしい
  • 俺が高校生の時の話。俺はその日、母と二人で父の実家へと向かうために高速道路を走っていた。途中俺はトイレに行きたくなり、一番近かったサービスエリアに停めてもらった。停まってもらってから俺は用を足すためにトイレへ。母は運転席で伸びをしていた。用を足... [続きを読む]
  • 殺された猫の恨み
  • すべて実話です。私の同級生の父親の話です。実話だから私まで聞かされました。怖いから聞いてって言われて…。同級生の父親は警察官なんですけど、警察とゆう仕事柄、様々な事件を取り調べますよね。事件と言っても家族にはほとんど仕事については話した事なかった... [続きを読む]
  • 開けるな
  • 関西の大学を出て東京に10年以上住み、その間に二回引っ越しました。同じ学校から東京に来た面々も、久しぶりに会って話すとたいてい一度は引っ越しをしていて、物件選びの話になりました。話が盛り上がると、誰が始めたのか事故物件の話になりました。私も東京へ... [続きを読む]
  • 俺の生霊
  • 復讐と言うか・・・本人に対して直接、行動した訳じゃないが結果的に復讐になった?話。かなりオカルト成分強めで、俺も言われた事を100%信じてる訳じゃないけど、オカルト板だって事で許してくれ。中途採用された会社に、Aと言う年下の先輩が居る。いわゆる「典... [続きを読む]
  • 道路沿いのおばさん
  • 学生時代、一人暮らししてた時の話。具体的な場所は伏せるけど、その頃住んでた家は、都内の某大道路沿いから少し奥に入った所にあって、そのせいか家賃が比較的安いのが魅力だった。学校に行く時は、その道路沿いの道を歩いて駅まで行くんだけど、住み始めてすぐ、... [続きを読む]
  • 樹海でキャンプ
  • みなさん、オフ会は充分お気をつけて行って下さい。そして、楽しい一時を味わって下さい。私はある事情で行けませんが、以前に行った時の不思議な体験話をさせて頂こうと思います。平成12年9月5日のことです。登山仲間4名で、青木ケ原樹海へキャンプに出かける... [続きを読む]
  • 人肉館
  • 「なぁ、人肉館に行かないか?」夏休み。私は休みを利用して久しぶりに実家のある長野県へと帰ってきた。普段は東京で働いているのだが、実家は山あいの町。気温は高いが湿度は低く蒸し暑くない。左右にはアルプスが走り、絶景を作り出している。都会に比べとても快適な気候... [続きを読む]
  • 事故物件
  • 私の実家(といっても借家)は、2階までがテナントで上が住居型のビルです。私の親が雇われ管理人をしています。私が小学生ぐらいのころにこのビルで、奥さんに失踪された男性が子供を残して自殺してしまった事がありました。朝方、お子さん達が「お父さんが自殺をしま... [続きを読む]
  • バチが当たるぞ
  • この話はあまりに不謹慎な事も有り今迄殆ど人に話しした事が無い話です私が中学の時の事、放課後友人4人で地元のアーケードを歩いていました駅前で結構人通りが多いところですだらだらと気だるそうに歩いていたんですが、身体障害者と思われる私達と同年代位の子が... [続きを読む]
  • おもんさま
  • 71 :本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 19:57:11.72 ID:zGsU/8Pk0母方のおばあちゃんが去年亡くなった。97歳の大往生だった。事情があって、私は中学を卒業するまでおばあちゃんに育てられたから、おばあちゃんとはたくさんの思い出がある。中でも印象深いのは... [続きを読む]
  • 神の嫁
  • 小学校5年生の時の話父の実家は地方の山の中の集落にあったあまり親とうまくいってなかった父は大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだけれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活したといっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い小... [続きを読む]
  • 盛岡での後悔
  • これは僕が体験した事です。数年前の夏の夜に僕は友達3人と岩手で飛行機が墜落した場所に肝試しに行く事になりました。やはり若いという事もあり、ふざけ半分でしたね。いざその場所に向かってると、だんだん明かりもなくなって、森になり雰囲気も迫力満点になってきました... [続きを読む]
  • 流れてきたワラ人形
  • 今は昔。頃は春。甲山へピクニックに行った時の事。西宮に甲山という、ファミリーハイクにはもってこいの小さなかわいい山がある。付近には六甲山系を水源とする川と、飯盒炊爨の出来る河原があった。俺が青色(小坊)1年、弟が幼稚園へ上がる前の事だ。俺たち兄弟は母親... [続きを読む]
  • ブッ殺すぞ!
  • 26年生きていて1番恐かった体験を書きます。僕は4年前に入社して以来、2年間社員寮で暮らしていました。そこは社員寮とは言っても、70年代風の普通の一軒家で、同僚のYが一緒に住んでいる以外は寮長もいない住まいでした。仕事は24時間、3交代ですが、新人の半年間は夜勤をや... [続きを読む]
  • 最悪の事故物件
  • 20歳の時、私は夜の仕事をしていて同じ店の一つ年上の女の子と一緒に、あるアパートの一室を借りて一緒に暮らすことになりました。そこは繁華街からも近くて家賃も月5万とお手ごろ価格。鉄筋3階建ての二階の部屋で間取りは洋室6畳と和室6畳で、間に4.5畳のキッチンとユニット... [続きを読む]