1念ホッキガイ さん プロフィール

  •  
1念ホッキガイさん: 社労士受験生のあるある勉強生活
ハンドル名1念ホッキガイ さん
ブログタイトル社労士受験生のあるある勉強生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/ssw-furyoku5/
サイト紹介文社労士試験に挑戦中。8月の本試験に向け、勉強で悩んだり、躓いたりしているその一端を表現したい。
自由文ブログは、全くの初心者。某Y先生のお言葉に応えるべく、見よう見まねで始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 116日(平均1.1回/週) - 参加 2017/03/04 22:16

1念ホッキガイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 目的条文は?
  • 社労士試験の選択科目では、関連する法律の目的条文が穴埋め問題で出題される可能があります。 熟考してでも解ける問題であれば、いざ知らず。 昨年は、全くで結局、勘で埋めるしかなかった次第です。 これを再度繰り返したくない、との思いに駆られ、なんとかしようとあがいている昨今です。 対象となる法律は、限定 約40だから、始終見ていれば、覚えるのでしょうが。 そこはそこ、「他にも、課題が沢山あって……」と、またま [続きを読む]
  • 付箋だらけ
  • 社労士のテキストに付箋を使っている。 間違えやすい「条文」なり「キーワード」のある箇所や、その他覚えておかなければならない表などがあるページなど、とにかく気になる箇所に付けている。 ただし、最近、やたらめったら付箋をつけて、多くなりすぎた感がある。 また付箋の色も最初は2〜3色を、それぞれ意味をつけて使い分けていたのだが、色/数共に多くなりすぎて、ついには収拾がつかない状態に陥った。 「付箋」が10個た [続きを読む]
  • 社労士試験まみむめも
  • 名言・格言・人生訓などをネットで見ると、なんと沢山あること。以下、いくつかを引用させていただくと、 ◎ 人生の「あいうえお」あ:愛い:命う:運え:縁お:恩 ◎ 楽しい人生を送るための「あいうえお」か:かっかしないき:きにしないく:くよくよしないけ:けんかしないこ:こせこせしない ◎ あいづちの「さしすせそ」さ:さすがですねし:知らなかった   [続きを読む]
  • 勉強のコツ
  • 「学問に王道なし」という言葉を、今まで何度も耳にしている。 要は地道に、コツコツということ。 一方、何か少しでも楽に試験に合格したいと思う気持ちも無くなったためしがないし、そういう方法があると信じている。 また、始めたばかりのころは「最善」だと思っていた自分の勉強方法が、時が経つにつれ、あるいはもっとよい方法があると聞いたりするともはや自分のとった方法は、「最善」ではないと確信する。& [続きを読む]
  • こじつけ暗記法
  • 労働一般常識では、統計データに関する問題が良く出題される。 これらの数字に関しては、個々の数字を覚えようとはせずに、「約〇割」、「前年より大きいか小さいか」など、大きな視点で記憶することが重要であると言われる。 どちらにせよ、覚えていなければ、正解するのは難しい。 「語呂」にするにはちょっと無理があったり、そのアイデアが尽きてしまったものは、何とか覚えるしかない。 こじつけでも、 [続きを読む]
  • (社一)介護保険法の事業者の指定についての「しけん」問題
  • (スラスラ覚えられる人には、ご無用)(社一) 介護保険法の各種サービス事業者の指定について「市(町村長)」か「(都道府)県(知事)」の違いを、問われる試験問題あり。 意味・理由・訳も知らずに頭に入れているので、いつも悩んだ末に間違える。この1問が 難問にもなる。いつまでもキメ手がないのは、苦手意識が消えず、ずっと続く悩みの種。そこで自分なりに覚え方を考えた。 でも「なんで、こんな簡単こと覚えらえれ [続きを読む]
  • 過去問を解いた時・・・(その2)?
  • 過去問を解くにあたっては、論点が大事だと言われている。 その「論点」すなわち「問われていること」がきちっと把握でき、かつ「正解に導くための知識が十分にあれば」おのずと、正解が見えてくる。 そんなことあたりまでと言われればそれまでのことであるが。 「過去問」を解いていても実際のところ、「論点」はわかっているつもりだが、記憶があいまいだったり、あやふやだったりで、いつも迷うことが多い。&nb [続きを読む]
  • すきま時間
  • 毎日、机に向かって学習できる時間を十分に確保することは、容易ではない。と、思う。 受験勉強は、本試験まで限られた時間である。誰でも、1日は24時間。「すきま時間」を、十分に活用できれば、合格への道により近くなると信じる。 [続きを読む]
  • 十人十色
  • 十人十色百人百様 いろいろな場面で使われる言葉である。 社労士試験においては、「学習時間」とその「成果」が気になる。 「一筋縄ではいかない」実際のところ、多かれ 少なかれ、山あり 谷あり だろう。 人のことを気にしても 何も 始まらないが [続きを読む]
  • 忘却曲線
  • 一度覚えたことを、忘れなければ、こんなに悩むことはない。といつも思うものの、何ら決定的な解決策を見出すことができてない。 それが、「人間のさが」ではあるとは、知っているつもりだが。 それならば、あきらめて、あらゆる「手法」を駆使して、目的とする試験合格をめざすのみ。 [続きを読む]
  • 樽の底
  • 思い悩んでつけたタイトルで、中身が、まるきし伴わないのは、いつものことです。 何かの教科書で「何とかの樽」のイメージだけを覚えていたが、ネットで調べたら、すぐにヒット。樽そのものが、身近にないしピンとこない人の方が多いと思われるが、敢えて。 [続きを読む]
  • 過去問を解いた時の復習方法
  • 過去問を解いた後、間違ったら、正解に導けるようになるまで繰り返しをしなければ、合格はおぼつかない。もちろん、過去問全部を「ちゃんと理解して正解」に導くことは、時間のかかることであり大変なことだが、少しでも、そこに近づけるよう、繰り返すのみ。本試験であれば、「偶然」であろうが「ちゃんと理解して」正解しようが1点は、1点であるが。 [続きを読む]
  • 回答に迷ったら
  • もし回答に迷わなかったら、おそらく全問正解ということになるかもしれないが、そんなことは夢の話。いつも迷って、迷い続けるのが常。少しでも迷わずに回答出来るように取り組む毎日。 [続きを読む]
  • 皿回し
  • 現在、社会保険科目の厚生年金の講義に入っており、基本講義はまもなく終り。すでに受講した労働関係科目すなわち、労基−安衛−労災−雇用−徴収 等の内容は、はるか過去に聴いたかのようにその「全部または一部」は記憶から消え去りつつ、あるいはすで消え去っている。本試験前までには、全ての科目について、また記憶として押し込まなければならない。もしかして「真っ新」から?? [続きを読む]
  • ひっかけ問題
  • 注意が少し足らずに、あるいは思い込みで間違ってしまうことがよくある。性格なのか、クセなのかよくわからないが、何回もである。作問者のみんながみんな、意図的にひっかけようとはしてはないだろうが。 [続きを読む]
  • 認可?
  • 2017.2.27 作成〇 「許可、認可、承認、認定」は、鬼門の中の最たるものの一つ。いまだその違い、使い分けがよくわからず、大きな悩みの種となっている。 ( この第2作目は、ブログ立上げ前の2017.2.27に社労士試験グループのSNSへ投稿したものの再掲です。 ) [続きを読む]
  • 顔をあげて!
  • 2017.1.16 作成〇 某資格予備校の人気のある先生クラスの通学講義を受けているが、今週は、まだ本調子でなくのどがからんで咳が突発的に出たりするので、マスクをして、後ろの方の席に陣取った。〇 いままで、自分を中心に「顔をあげて」と言われているのかと思ったら、時間帯によっては、見事なくらい、みんな一斉に顔をあげた。( この第1作目は、ブログ立上げ前の2017.1.16に社労士試験グループのSNSへ投稿したものの再掲 [続きを読む]
  • 社労士試験/国民年金-「預託」と「寄託」はどっちがどっち?
  • 初めまして!だいぶ長年になりましたが、社労士試験に挑戦しています受験生です。いままで、独学だったり、通学してり、いろいろしてきましたが、今年は通学コースで頑張っています。 ご指導いただいている某Y先生の「ブログに載せてみたら?」との一言に、つい、気が大きくなり、右も左もわからないままに、見よう見まねで、このブログを始めました。 社労士試験では、ほんとに「しょうもない」ことにつまづいたり、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …