かみかみ さん プロフィール

  •  
かみかみさん: 小学生「スーパー飛び級学習」で、お子さんは優等生へ
ハンドル名かみかみ さん
ブログタイトル小学生「スーパー飛び級学習」で、お子さんは優等生へ
ブログURLhttps://superkids-project.jimdo.com/
サイト紹介文「スーパー飛び級学習」は、あなたのお子さんをガリ勉させることなく優等生から『秀才』へと進化させます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 111日(平均5.3回/週) - 参加 2017/03/05 09:56

かみかみ さんのブログ記事

  • 今日のスーパーでハイパーな塾生
  • こんにちは! 稲毛スポーツセンター工房の岩橋です。 今日のスーパーでハイパーな塾生はこちら! 〈国語〉 説明文/大陸は動く すじみちにそって、内容を正しくとらえる① 説明文/大陸は動く すじみちにとって、内容を正しくとらえる② 漢字/漢字の学習 「師」「貿」「易」「徳」「講」「演」「応」「練」「粉」「答」 言葉/仮名づかいの [続きを読む]
  • 男の子4割に反抗期ナシ「今どき親子」の実態。
  • ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 学力再生工房AQURASは、地元の方でも、全国各地の方でも通塾できます! 〇船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市などの方は【こちら】 〇村上への相談が多い大阪市・横浜市の方や、全国各地からAQURASに通いたい方は【こちら】 ///////////////////////////////////////////////////////////// [続きを読む]
  • 叱れる親。「蘇る昔の教え」
  • 妥協しない夏期講習の概要をH.Pにアップした頃に、今回の中間テストの結果が却ってきて、計画通り取り組んで成果が出た者、甘さが抜けず自堕落な勉強をして結果が思わしくなかった者、悲喜こもごもの状態となりました。 今回取れなかった子に共通しているのが(今回というよりいつもですが)、オレはできる!と過信して計画を大甘につくり、宿題も大甘な採点ばかりし、遂行も「オレはたぶん取れるはずだ」 [続きを読む]
  • 今日のスーパーでハイパーな塾生
  • こんにちは! 稲毛スポーツセンター工房の岩橋です。 今日の「スーパーでハイパーな塾生」を紹介します! 〈国語〉 ・かんじ/えからできたかんじ 「目」「川」「口」「水」 ことば/ただしいかなのつかい方 ひらがなをただしくつかおう かんじ/こんどもえからでてきたかんじだよ 「月」「火」「田」「人」 感想 むずかしかった。 [続きを読む]
  • 「ワル」の在り方の変化〜優等生こそ凶悪なのか?〜
  • 昨日は稲毛スタッフの岩橋とともに、学習塾組合の勉強会に参加していました。 教える側も研鑽を怠らず、きっちり塾生たちに「背中を見せれる」大人でありたいです。 夜はTSUTAYAに行って、DVDをレンタルして、たまには干渉しながらお酒を片手に束の間の休息を。仕事ばかりで余裕がなくなっても困るので、ちゃんと気分転換も。 山下 真司さんが主演された「スクールウォーズ」、なかなか [続きを読む]
  • お子さんを「大人扱い」してあげましょう。(再アップ)
  • (2016年5月9日の投稿です) 「勉強しなさい!」とか「宿題やったの!?」とお子さんにぶっ放すのは論外だということは、ここまで私もブログにて延々と書いてきました。 ここからは、お子さん自身が自分でやらなければならないことは何なのかを考えさせるようにしましょう。お父さんお母さんから指示をもらっているうちは、なかなか自分のこととして受け止められないでしょう。 [続きを読む]
  • 今日のスーパーでハイパーな塾生
  • ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 学力再生工房AQURASは、地元の方でも、全国各地の方でも通塾できます! 〇船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市などの方は【こちら】 〇村上への相談が多い大阪市・横浜市の方や、全国各地からAQURASに通いたい方は【こちら】 ///////////////////////////////////////////////////////////// [続きを読む]
  • どういう母親になりたいか?あまりにまずいケース。
  • 大阪に出張で出向いた際に、新幹線往復5時間を、私にしては珍しく読書に当てました。 とりわけ塾業界や教育業界の関係者は、読んでいる方も多いようですね。 森絵都さんの「みかづき」、千葉の学習塾を舞台に3世代に渡って時代の荒波に晒されながらも、教育に真摯に向かっていくストーリーが展開されていきます。前半戦の主人公となる女性のキャラクターなんて、あまりの強引さに自身の母親を重ね合わせ [続きを読む]
  • 「兵どもが夢のあと」はもう30年後かな。
  • 昨日から出張でナニワにいるんですけど、行くとしたらやっぱり串カツ! と言いたいところですが、きっちり仕事しています。実力派の塾長と今後の運営についての意見交換と情報収集をしていました。 滞在しているホテルはオフィス街が連なる淀屋橋にあって、冬でもないのに街灯のイルミネーションが美しく、多くのサラリーマンがカッコいいスーツでビシッと決めて歩いている中、私だけカジュアルな服装で [続きを読む]
  • 子どもの劣等感をチャンスに変える言葉とは?
  • 子どもというのは、周りの子と比較して、自分が劣っている能力や資質に気づき、落ち込んだり、恥ずかしいと感じたりします。 大人から見るとほんの些細なことであっても、子どもは大きなダメージを抱えてしまうケースもあるんですよね。 劣等感自体は誰しもが持つものであり、決して否定すべきものではありません。 重要なのは、劣等感を自分を成長させるための力に転化させ [続きを読む]
  • 答案用紙を見れば、一発で「性格」も「人格」も分かります。
  • 新規の入塾面談をするときに、中学生に関しては定期テストの答案用紙を持参してもらっています。もちろん、ワケがあります。 問題用紙など見なくても、答案用紙を見れば、その子がどんな回答をする子なのか、どういった性格の子なのかが、ほぼ一瞬で見抜くことができます。そして、改善の余地があるかどうかも瞬時に分かってしまいます。 回答欄の空白提出ひとつ取っても、それだけでは見抜 [続きを読む]