崎山晋平 さん プロフィール

  •  
崎山晋平さん: 崎山晋平の自転車世界一周
ハンドル名崎山晋平 さん
ブログタイトル崎山晋平の自転車世界一周
ブログURLhttp://sakiyanma.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車で世界一周中です。現在は日本を目指してユーラシア大陸を横断中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 173日(平均7.2回/週) - 参加 2017/03/05 08:48

崎山晋平 さんのブログ記事

  • 道を間違える日
  • 2017年8月17日現在位置は、カザフスタンの旧首都アルマトイ。昨日食べた馬肉ステーキに後ろ髪引かれつつ出発。もう僕は1日でも早く日本に帰りたいんです。出発して早々、道を間違える。頑張って結構上ってきたのに。ショック。なんだか元気が出ない。昨日ホテルでパンツを1枚無くしてしまったのを引きずってるのかな。2枚しか持っていなかったので、あと1枚しかない。どうせ無くすんなら、せめてお尻に穴が開いている方 [続きを読む]
  • アルマトイ滞在
  • 2017年8月16日今日は1日アルマトイに滞在。昨日壊れたペダルを交換するために自転車屋へ。『Elite Sport』(地図)ちなみにすぐ近くにもう一軒、総合スポーツ用品店の中に自転車コーナーがあります。品ぞろえは両方とも大差はなし。『RealSport』(地図)無事ペダルの交換を終える。今、カザフスタンの首都アスタナでエキスポがやってるらしい。ちなみに入場料は4000テンゲ(約1300円)らしい。ちょっと行ってみた [続きを読む]
  • アルマトイ到着
  • 2017年8月15日テントの中から。アルマトイまではあと50km弱。最近朝が少し冷えるようになった。若干北に上がり続けているというのもあると思いますが、もう一番暑い時期は終わったってことなのかな。ちょっと急がないとまずいかもしれない。なぜか今日は昨日とは反対の西からの追い風。うれしいけれど、できれば昨日に吹いてほしかった。今日は午前中に走り終えちゃうし。アルマトイ中心地から20kmくらい。だいぶ交 [続きを読む]
  • 向かい風の荒野を
  • 2017年8月14日ビシュケクから60km地点。ゆうべは一晩中、強風が吹き荒れて風がテントを揺らすバタバタ音であまり寝られなかった。せっかく寝不足解消のために夜8時半に寝たのに。そして朝になっても風は止まず。いつもなら朝は無風で午後から風が強まりだすのに。すごく困る。峠の頂上に風車。ここは強風地帯なのか。明日までに180km先のアルマトイまで行く予定なのに、もし今日も強風の向かい風が続いたらかなり [続きを読む]
  • 次の国へ
  • 2017年8月13日ビシュケクの日本人宿『南旅館』を出発。もうこの先、日本人と出会うことはほとんどない気がする。と言いつつ、南旅館を出発して向かうのは、もう一つの日本人宿『さくらゲストハウス』。海外を走っている日本人サイクリストの間で情報交換を行うメーリングリストがあるんですが、今朝そのメーリングリストに投稿したサイクリストがビシュケクに滞在中だという。たぶんもういっこの日本人宿だろうと思い、少し [続きを読む]
  • 最後に遊ぶ
  • 2017年8月12日キルギスの首都ビシュケクに滞在中。日本人宿の宿泊者たちと一緒に遊びに行く。到着。ゲームセンター兼ボーリング場。中央アジアの国々は中国の影響を強く受けているなと感じる。色んなところで中国語を見かけるし。と思ったら頭文字D。4年ぶりくらいのボーリング。アメリカのシアトルでやったぶり。真剣なまなざしでレーンの向こうのピンを見つめる僕。僕の中でボーリングは運ゲーという位置づけなんですが [続きを読む]
  • アラクル湖へのショートトリップ(4/4)
  • 2017年8月11日3泊4日のショートトリップ最終日。首都ビシュケクまで帰ります。足がめっちゃ筋肉痛。さらに昨日は結構雨が降ったので地面がぬかるんでいる。雨の少ない国の、特に雨の少ないシーズンにも関わらず雨に降られたり、なかなかしんどいトレッキングでした。ただ、それでも来てよかったと思えたことがよかった。こういう素晴らしいトレッキングを経験すると、やはり自転車旅の限界を感じたりします。見える景色が [続きを読む]
  • アラクル湖へのショートトリップ(3/4)
  • 2017年8月10日現在位置はアルティンアラシャン村。今日、最終目的地のアラクル湖までトレッキングで向かう。泊まっている宿にお願いをして、朝6時にご飯を用意してもらう。ご飯を食べて6時45分に宿を出発。アラコル湖までは片道11kmの道のり。高低差は1400mにもなる。その行程を行って帰ってこないといけないので結構ハード。最後の最後には崖のような急斜面も登場するらしい。ただその崖の手前までなら馬に乗 [続きを読む]
  • アラクル湖へのショートトリップ(2/4)
  • 2017年8月9日日本人旅行者と共にアラクル湖トレッキングへお出かけ中。イシククル湖の朝焼け。ユルタ(遊牧民のテント)泊は朝ごはん付きで800ソム(約1260円)でした。やっぱりツーリスト向けなので値段が高い。晩ご飯を付けるとさらに高くなるので、僕たちは事前にスーパーで食料を買ってきていた。ここからカラコルという大きな町に向かうんですが、朝6時にタクシーを呼んでもらって一旦ボコンバエバの町に戻るこ [続きを読む]
  • アラクル湖へのショートトリップ(1/4)
  • 2017年8月8日ビシュケクの日本人宿、南旅館に滞在中。宿泊中の旅行者が、それはそれはきれいなアラクル湖っていう湖にトレッキングに行くと言うので、僕もご一緒させてもらうことにしました。ビシュケクに戻ってくるまでは3泊4日の行程。メンバーはその39歳女性と僕の2人だけ。今日はとりあえずビシュケクからボコンバエバという町にミニバスで向かいます。ボコンバエバは大きなイシククル湖の南側にある。イシククル湖 [続きを読む]
  • 中南米を思い出す
  • 2017年8月6日、7日キルギスの首都ビシュケクに滞在中。泊まっているのは日本人宿の南旅館。1日を振り返ってしたことと言えば、ケーキを買いに行ったことくらい、っていうくらいだらけた生活を久しぶりに送る。中南米の日本人宿に泊まっていた時はいつもこんな感じだったなと思い出す。今思うとなんで中南米の日本人宿では毎度毎度あんなに長居していたんだろうって不思議に思います。南旅館では日本人の管理人さんが毎日美 [続きを読む]
  • 南旅館の再会
  • 2017年8月5日キルギスの首都ビシュケクに滞在中。ビシュケクには3つ日本人宿があり、その中の一つ、南旅館(地図)に泊まっています。ただ南旅館はアパートの一室を宿として利用しているので割と狭い。泊れるのは4人部屋のドミトリー(相部屋)が2部屋だけ。ベランダの自転車を置くスペースが狭く、4階まで持って上るのがめんどくさいので、サイクリストはあまり南旅館には泊まらない。僕は南米で仲良くなったバックパッ [続きを読む]
  • あれよあれよと
  • 2017年8月4日南米で出会ったバックパッカーが現在、首都ビシュケクにある日本人宿に滞在中で、連絡を取ると僕のことを待つために少し滞在を伸ばしてくれていたそうだった。ただ僕は体調を崩してしまっていたので、延長した出発日にすら間に合わなさそう。2泊テントを張らせてもらっていたお宅でパンとチャイの朝ごはんを頂いていく。昨夜の晩御飯も全く同じパンとチャイだけのメニューだった。1日30品目の食品を取ること [続きを読む]
  • 小さな町で延泊
  • 2017年8月3日体調を崩して、何もない小さな町に連泊中。まだなんだか頭痛がする。熱中症なのかな。もう1日休んでいく。もし僕がこうしてブログで日常を発信していなかったら1000000%バスに乗って首都ビシュケクまで行ってるだろうなと思う。毎日ブログで生活を発信していると、ある意味で監視されているようなところがあり、怠けずにちゃんと走らないとという意識が生まれたりするものなのです。これ確かセルビアか [続きを読む]
  • せっかく昨日頑張ったのに
  • 2017年8月2日昨夜はホテルに泊まったんですが、暑さと蚊のせいで全然寝られなかった。午前3時に我慢の限界に達し、ホテルの裏の庭でテントを張って寝ることにした。やっと寝られると思ったら午前4時半に、庭にいた鶏の鳴き声によって起こされる。至近距離で鶏に起こされた経験がある人はあまりいないと思いますが、ほんと八つ裂きにしたくなりますよ。寄りにもよって昨日は年に1度の頑張りで、猛暑の中150kmを走り、 [続きを読む]
  • ここまで来てオシュ回避
  • 2017年7月31日タジキスタンのホログという町からパミールハイウェイを走ってきた。パミールハイウェイのゴール、オシュという町まではあと80kmほど。なんですが、オシュには行かないことにしました。現在位置のグルチャという町から川沿いに下る道があったので、そっちから進みます。オシュはキルギス第2の都市らしいので、交通量が多くなることが考えられる。一方、こっちはグーグルマップには載っていないようなロー [続きを読む]
  • なんとなく その2
  • 2017年7月30日特に理由は無いんですが、もう1泊していくことにしました。絨毯を洗ってる光景をよく見る。キルギス人のおじさんがよく被ってる帽子。そういえば、中央アジアを走り終えた後は中国を通ってモンゴルに行く予定なんですが、そのままモンゴルを横断して中国に再入国し、中国海沿いまで出て、フェリーで日本まで帰ろうかなと思っています。8月中にキルギス、カザフスタンを走って中国に入国。9月にモンゴル横断 [続きを読む]
  • なんとなく
  • 2017年7月29日ヨーロッパ以降、ずっと日本米に近い短粒種の米が売っているので、毎朝ご飯を炊いている。さらにタジキスタンから、蕎麦の実というものも見るようになったので、混ぜて一緒に炊いています。蕎麦の実って健康にいいらしいし。標高4000mオーバーでも炊いたこともあったけど、意外と問題なく美味しく炊けた。昨日から引き続き下り。朝はいつも無風なので、快適に進む。ペダルを漕がなくても時速30kmくら [続きを読む]
  • 許すまじ向かい風
  • 2017年7月28日ここでは1週間ぶりくらいにwifi接続できた。1週間分の欅坂46のメンバーブログ、まとめサイト、動画等をチェックするのに膨大な時間が必要だったので、延泊することも考えたんですが、やっぱり出発。パミールハイウェイのゴール地点、オシュまでは185km。2日の距離だし。調べてびっくりしたんですが、オシュの標高は1000mを切るらしい。そんな低地だったとは。ちなみに現在の標高は3000 [続きを読む]
  • タジキスタン最後の壁
  • 2017年7月27日昨日泊まっていたゲストハウス。ここがなんと1泊10ソモニ(約130円)という値段でした。最初150ソモニ(約1900円)と言われ、いや高いと言うと100ソモニ(約1300円)になり、それでも高かったので別の宿を探すと立ち去ろうとすると、一気に10ソモニになった。商売下手すぎだろう。昨夜は僕以外に宿泊者はおらず、というか人が泊っていた形跡すらあまりなかった。まるでホテルっぽくない [続きを読む]
  • パミールハイウェイ最高地点の峠
  • 2017年7月26日ムルガブから73km地点。標高4400mくらいで迎える朝。思ったよりも全然寒くなくて、5度以上あった気がする。この標高で最低気温が氷点下にならないとは。牛昨日はフレンチオールドカップルと一緒でした。一緒に4655mの峠を目指す。峠まではあと2,3kmなので楽勝。キャンプしていた小屋から道が未舗装になった。しかしタジキスタンにしては比較的きれいな道で、そんなにストレスは無い。人と [続きを読む]
  • 同じ苦労を共にする人だからこそ
  • 2017年7月25日ムルガブを出発。ちょっとだけ風邪の気配を感じるのが気になるところ。パミールハイウェイも後半戦。パミールハイウェイのゴール、キルギスのオシュまでは417km5日か6日で到着予定。標高3500mくらいのムルガブから75km先に4600mの峠がある。距離的にちょうど山頂辺りで終わりそうなのが悩ましい。4600mの地点でキャンプはしたくないので、手前で終わるか、それとも峠を越えてしばら [続きを読む]
  • まるで見どころの無い町ムルガブ
  • 2017年7月24日今日はムルガブで休養。この先は4600mの峠が控えていて、その後も4000m前後の標高が続く。この辺りではムルガブ(標高3500m)が一番標高が低いので、休養を取るならこの町がいい。ムルガブはこの辺りでは大きな規模の町ですが、インフラはまるで整っていない。ガス、水道は通っておらず、電気も電線はあるものの機能していないのか、各家庭で大きなエンジンみたいなのを回して発電して、夜の2 [続きを読む]
  • よくわからない高地での体調
  • 2017年7月23日朝ご飯。朝晩2食付きで1泊50ソモニ(約640円)というお値段でした。この村で多分一番目立つ、「マルコポーロ」みたいな名前のホテル。出発。ここから100kmちょいのところにムルガブという大きな町がある。今日中にはたどり着くのはちょっと難しいかも。Alichurを出ると緩やかな上りが続く。昨日はものすごいしんどかったんですが、体調は回復したっぽい。ただ息が苦しいだけでそのほかは問題なし [続きを読む]