崎山晋平 さん プロフィール

  •  
崎山晋平さん: 崎山晋平の自転車世界一周
ハンドル名崎山晋平 さん
ブログタイトル崎山晋平の自転車世界一周
ブログURLhttp://sakiyanma.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車で世界一周中です。現在は日本を目指してユーラシア大陸を横断中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 24日(平均9.3回/週) - 参加 2017/03/05 08:48

崎山晋平 さんのブログ記事

  • 人に親切にしてもらう日
  • 2017年3月24日グラナダ郊外から中心地へ。ここグラナダは、イスラム教とキリスト教が混ざった歴史的な街並みが有名な観光地。立派な大聖堂があったけれど、お金が掛かるので中には入らず。教会って救いを求めて行く場所のはずなのに、そこに入るのにお金を取るのはいかがなものか。まあ救いを求めやってくる人が少なくなったからお金を取るようになったのかもしれないけれど。この大聖堂の前でたまたま短期でスペインを回ら [続きを読む]
  • オリーブ畑と坂道と
  • 2017年3月23日昨夜は雨が降ったので、テントを乾かしてから出発。今日の目的地グラナダまでは78km。見渡す限りの山の斜面に、オリーブの木がびっしり。昨日からオリーブ畑地帯が続いている。山を切り開いてオリーブの木を植える。結構な斜面にあったりするので収穫するのが大変そう。長い上り坂を上り切った先の町でお昼休憩。900mくらいまで標高が上がって寒い。雹が降るほど寒い。そして、どこの町にもある、この [続きを読む]
  • 細い道の方が走って楽しい
  • 2017年3月22日コルドバを出発。ここから2日の距離のところにグラナダっていう観光地があるので、そこを目指します。2日間お世話になったロロとレギーネ。大変良くしていただきました。お礼を言って出発。コルドバを去る。 よく信号付きのロータリーを見かけるんですが、どう考えても無駄だと思う。青信号で直進する場合もロータリーを回るのに減速しないといけないわけだし。コルドバを出るとすぐに牧草地帯。じわじわ上 [続きを読む]
  • コルドバ観光と外国人のフレンドリーさ
  • 2017年3月21日今日は休養日にします。コルドバで1日観光。メスキータという大聖堂みたいなところ。コルドバで一番の観光スポット。本来は10ユーロくらい掛かるらしいのですが、朝8時半〜9時半くらい(?)の間は無料で入場できるとのことなので、早起きして来てみた。メスキータは、イスラム教とキリスト教の文化が混ざっているところがすごいらしい。そもそも「メスキータ」っていうのがスペイン語で「モスク(イスラ [続きを読む]
  • シャワー浴びれない問題
  • 2017年3月20日今日の目的地コルドバまでは30kmほど。ゆっくり走って2時間の距離なので、のんびりバルで朝ごはん(2回目)を食べていく。トーストの上に刻んだ生ハム。たっぷりオリーブオイルを掛けて食べる。激ウマ。カフェオレと合わせて2.5ユーロ(約300円)。そういえば、ヨーロッパなど先進国を走る際に陥りがちなのが、『シャワー浴びれない問題』。物価は高いけれど、治安が良くてどこでもキャンプができ [続きを読む]
  • 米に始まり米に終わる
  • 2017年3月19日毎朝ご飯を炊いています。たくさん炊いて、半分はタッパに詰めてお昼ご飯に。ご飯を炊く際は、米を研いだり、しばらく吸水させたり、手間と時間が掛かるんですが、そういうのを夜のうちに済ませておけるので、朝が一番ご飯を炊きやすい。コンスタンティナの町を出ると20数kmほぼ下りっぱなし。遠くに町が見えてきた。下った先の「ロラ・デル・リオ」の町で2回目の朝ごはん。2ユーロ(約240円)小さな [続きを読む]
  • スペインのバル
  • 2017年3月18日ジェレナの町。この町からコルドバまで幹線道路が通っているんですが、小さめの道を通っていくことにします。そっちの方が交通量も少ないだろうし。日本的風景。右側に広がるのが稲だったら完璧だったんですけれど、たぶん牧草だと思う。アンダルシア地方に入る。茄子が有名なんでしょうか。『茄子アンダルシアの夏』の題名から察するに。小さい道なので、もっと山の深いところに入っていくのかと思っていたん [続きを読む]
  • 選択肢の多さに困る
  • 2017年3月17日昨日、スペインに入り、現在は国境から50kmくらいのところ。出発してすぐに町が見えてきた。いきなり休憩。見た目はバーみたいな感じですが、みんなコーヒーとパンで朝ごはんを食べている。おっさんばかりじゃなく、女性の姿も目立つ。これがよく聞く「バル」なのか。というか、「バル」って「バー」のスペイン語読みのことですよね。真面目に治療してもらえるのか不安になる歯医者さん。そういえばアフリ [続きを読む]
  • あっさりとスペイン入国
  • 2017年3月16日モンサラーシュの朝。少し歩く。やっぱりヨーロッパの魅力は村ですね。改めてそう思わせてくれるモンサラーシュの村でした。超オススメ。出発。「ESPANHA」っていうのがスペインってことかな。もうあと小一時間でスペイン入国。国境近くの町。ポルトガルでは、町の中心の丘の上にレトロな感じのお城が建てられているパターンを見かける。これがまた中世ヨーロッパ感があってカッコいい。で、スペイン入 [続きを読む]
  • ポルトガルで最も美しい村に癒される
  • 2017年3月15日エヴォラを出発。今日も東からの向かい風ですが、昨日よりも暖かいので頑張る。砂しかなかった西アフリカから来たこともあって、ヨーロッパのごくごく普通の道を走っているだけで感動。だって走ってたら花の匂いが香ってくるんですよ? 生き物の死骸の臭いとかゴミの臭いとか全くしないんですよ? 感動。飼われている家畜も、西アフリカのようにゴミの中から果物の皮を漁らなくても、ちゃんと牧草を食べられ [続きを読む]
  • 風に心折れる
  • 2017年3月14日強風が木々を揺らす音で目覚める。昨日、一昨日と、ものすごく風が強かったんですが、今日はまた一段と強い。しかも東からの風で、進行方向的には完璧向い風。この時点で80%くらいやる気が失せてます。とりあえずエヴォラの中心地に。もっと広くて観光のしがいのある町だったら、迷わずもう1日滞在していたのに。半日あれば十分観光できるくらいの広さなんですよね。なんとなく教会に足を運ぶ。久しぶりに [続きを読む]
  • 北風と戦いながら
  • 2017年3月13日リスボンから70kmくらいの地点。出発。ポルトガルでは松がよく植えてある。ほとんど木造建築は見かけないんですが、松の木材は何に使われているんでしょう。天気は良いんですけど、昨日から冷たい北風が吹いていて寒い。スープで温まる。ポルトガルでは、よくレストランの店先とかで「SOPAS(スープ)」の看板を見かける。大体1ユーロ代と安い。フィッシュスープを頼んだはずなんですが、魚は見当た [続きを読む]
  • リスボンを出発
  • 2017年3月12日昨日、ロカ岬からリスボンに返ってきたところ。そういえば3月上旬のリスボンの気温ですが、晴れていたら昼間は半そで半ズボンで過ごせる。曇っていたら上に着ないと寒いくらい。あと天気に関して。ポルトガルは冬が雨期で夏が乾期にあたるらしい。今はちょうど間くらい。今のところ雨には降られていないし、予報を見てもしばらく雨の心配はなさそう。リスボンの町は半島の先っちょにあるので、半島を抜けるた [続きを読む]
  • 最後の目的地
  • 2017年3月11日昨日、リスボンからユーラシア大陸最西端のロカ岬までやってきました。ここからユーラシア大陸横断編が始まります。一応、上海辺りまで走って、日本にはフェリーで帰国予定。ロカ岬。もう3年以上になるこの旅の中で、いろんな大陸を走り、その度にいろんな場所を目指してきました。アメリカ大陸では南米最南端ウシュアイアを目指し、東アフリカではケープタウンを目指し、北欧ではノールカップを目指して西ア [続きを読む]
  • スタート地点へ
  • 2017年3月10日朝から自転車のメンテナンスとか部品の交換をして11時ごろの出発。本当はダカール滞在中にやっておかないといけなかったやつ。それにしてもリスボンという町は、走れば走るほど坂しかないなと思います。海沿いの道を西へ。ユーラシア大陸の最西端の岬、ロカ岬を目指します。ロカ岬からユーラシア大陸横断編がスタート。交通量が多いわりに路側帯が無いのがちょっと辛い。リスボンからロカ岬までは40km程 [続きを読む]
  • リスボンで出発準備
  • 2017年3月9日昨日ポルトガルの首都、リスボンに到着したんですが、いろいろ買いそろえないといけないものがあるので、今日はリスボンに滞在。荷物が邪魔になるので今日はキャンプ場に泊まる。「LISBOA(リスボン)」だけにリスのマークってところがハイセンス。ただ思ったよりも高くて、1泊11ユーロもするらしい。11ユーロあれば美味しいものが食べられるなと考えると、キャンプ代に11ユーロは払えない。あとこのキャ [続きを読む]
  • 再びヨーロッパの地に降り立つ
  • 2017年3月8日昨夜11時半にセネガルを出発し、朝9時過ぎ、リスボンに無事到着。夜中にスペインのマドリッドでの乗り換えがあったので、ほとんど寝られなかった。ダカール滞在中も早朝から夜遅くまで、欅坂、乃木坂関連の動画を漁り続けるのに忙しく、寝不足が続いていた。眠すぎる。空港の端っこのスペースを借りて自転車を組み立て。で、これからどうしよう。ダカール(セネガル)で11泊もしていたのに、結局リスボンに [続きを読む]
  • 空港でちゃちゃっと済ます空輸の際の自転車パッキング講座
  • 2017年3月7日今日、いよいよアフリカを去ります。ヨーロッパ再入国のための3か月の時間稼ぎのつもりで来た西アフリカ。少し伸びて4カ月の滞在になりました。2月にヨーロッパに戻っても寒いだろうしちょうどよかったかもしれない。そういえば西アフリカで幸運だったのが、ほとんど向かい風が吹かなかったこと。基本的に北風が吹く西アフリカですが、冬場に限り南からも吹いたりするらしいので。西アフリカと東アフリカを比 [続きを読む]
  • ダカール(セネガル)の日本人宿を比較
  • 2017年2月24日〜3月6日セネガルの首都ダカールには日本人宿が2つある。片方は現在泊まっている『和心』。そしてもう一つは『和心』から1.5kmほどの近いところにある『OMOTENASHI』ってとこ。そっちはどんなところなのか気になったので、来てみました。値段は両方とも同じ、ドミトリー(相部屋)で10000セーファ―(約1900円)。『OMOTENASHI』の方が良いところは、まず洗濯機の使用が [続きを読む]
  • 小学校見学 in Dakar
  • 2017年3月2日セネガルの首都ダカールに滞在中。アフリカを去る前に久々に小学校を訪ねて授業風景を見学させてもらいました。泊まっているホテルのすぐそばにある小学校。英語の喋れる先生を見つけて、見学させてくれとお願いをするとすんなりOKをもらえた。驚異の75人学級。全員の名前を覚えるので1年掛かりそう。すごいなと思ったのは75人もいて、授業中に誰も私語や雑談をしていないこと。これだけ人数がいると後ろ [続きを読む]
  • アフリカ人のフレンドリーさとは (ゴレ島でアサラト 後編)
  • 2017年2月25日〜3月6日アサラト(楽器)をカチカチさせながら町を練り歩く。みんなすぐに島の人とセッションをし始める。アフリカの人々はフレンドリーというイメージを持たれている方が多いと思いますが、フレンドリーというか、裏表がないと言った方が正しい。例えば自転車で砂漠を走行中に何度か民家を訪ねて休憩させてもらったことがあったんですが、普通、得体のしれない外国人がいきなり家を訪ねてきたら絶対に身構 [続きを読む]
  • ゴレ島でアサラト 前編
  • 2017年2月25日〜3月6日滞在中のダカールには大して観光ができるような場所もないんですが、ほぼ唯一の観光スポット、ゴレ島っていうのがある。日本人宿に泊まっている人たちが行くというので、一緒に連れて行ってもらった。皆さん「アサラト」というセネガル発祥の楽器のプレイヤーらしい。しかも日本チャンピオン含むトッププレイヤーの方々。ゴレ島までの道中、僕もアサラトを教えてもらう。フェリーで15分くらい。近 [続きを読む]
  • セネガルの物価
  • 2017年2月25日〜3月6日セネガルの首都ダカールに滞在中。都会での癒し、ショッピングモールに来てみた。ダカールで一番のショッピングモールらしいんですが、思ったより大したことなかった。人が少なく、まるで活気がない。映画館が併設されている。『君の名は』はやっていない。モール内の大きなスーパー。これがまたふざけてんのかってくらい、すべてのものの値段が高い。日本よりも高いくらい。ヨーロッパに行く前にい [続きを読む]
  • ダカールの日本人宿「和心」にて
  • 2017年2月25日〜3月6日現在はダカールの日本人宿に滞在中。物価の高いセネガルなので、ドミトリー(相部屋)で10000セーファ(約1800円)とこれまで行った日本人宿で最高額。オーナーさんは元々、日本食レストランを開こうとセネガルに来られたんですが、役所の手続きにものすごく時間が掛かり、とりあえず「宿でもするか」と始めた宿らしい。ちなみに2年経った今もレストランはオープンしていない。でも近々よ [続きを読む]
  • ゴーール
  • 2017年2月24日ダカールまではあと60kmほど。お昼過ぎには到着できる。昨日は道路から茂みの中に入って線路の近くでテントを張っていた。廃線か現役かわからなかったんですが、まだ現役でした。ただ基本的には荷物の運搬しかしていない気がする。ローカルバスがバンバン走っているので、わざわざ列車で移動する意味もないだろうし。ティエス以降、車の通りが増えた。30km手前くらい。排気ガスと砂埃とゴミの臭いが辛 [続きを読む]