崎山晋平 さん プロフィール

  •  
崎山晋平さん: 崎山晋平の自転車世界一周
ハンドル名崎山晋平 さん
ブログタイトル崎山晋平の自転車世界一周
ブログURLhttp://sakiyanma.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車で世界一周中です。現在は日本を目指してユーラシア大陸を横断中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 54日(平均8.0回/週) - 参加 2017/03/05 08:48

崎山晋平 さんのブログ記事

  • 風で足止め
  • 2017年4月21日『Livron-sur-Drôme(リヴロン=シュル=ドローム)』という町から。出発してすぐに橋を渡って、ローヌ川の対岸(西側)に移る。東側の方が町も多く栄えているっぽいので、西側の方が交通量が少ないかなと思って。やっぱり交通量は少なくなったんですが、ただとても走れないレベルの向かい風(北風)が吹いている。少し走って、開店と同時にマクドナルドに避難。窓の外の木々の揺れ方をチラチラ観察しつつ、 [続きを読む]
  • 怒涛の『フランスの最も美しい村』巡り(後編)
  • 2017年4月22日『フランスの最も美しい村』……質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進するために、1982年にフランスで設立された協会。昨日の夕方に到着したバラジュックという村。もう少しだけ歩いていきます。さすが美しい村。出発。10kmも走らないところに、ほんとは昨日のうちに行こうと思っていた『ヴォギュエ』の村。紛れもない『フランスの最も美しい村』といった外観。自転車を止めて歩きます。 [続きを読む]
  • 怒涛の『フランスの最も美しい村』巡り(前編)
  • 2017年4月21日『フランスの最も美しい村』……質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進するために、1982年にフランスで設立された協会。昨日から続く北風は相変わらず止まず。やる気は出ず。とりあえずマクドナルドへ。昼過ぎまで粘って、お客さんで混んできたのと、あとヒマやなってことで出発する。地図を確認すると、この辺りには『フランスの最も美しい村』がたくさんあって、今日だけで4つくらい回れそ [続きを読む]
  • 引き続き風に苦しむ
  • 2017年4月20日昨夜は風がテントを揺らす音で何度も目が覚めたし、朝になっても風は収まらず。もはや僕の中には、ほんの一かけらのやる気すら残っていない状態ですが、とりあえず数km走ってニームという大きな町まで進む。立派な円形闘技場。マクドナルドで休憩中に、在住の日本人の方に話しかけられる。バッグに日本の国旗を付けているので、ごく稀に話しかけてもらえることがありますが、やっぱり声を掛けてもらえるとう [続きを読む]
  • 風と花粉に苦しむ
  • 2017年4月19日現在、海沿いのモンペリエにいますが、ここからは北上し、リヨンという町を目指します。リヨンまで行ったら、東に進路を変えスイスへ。朝、7時頃には起きていたのに、あまりに風が強くて出発する気が起きず、昼前の出発。10km走ったところでマクドナルドに逃げ込む。今日は内陸からの強風の北風で、特別花粉がすごい。この先、ずっと内陸の自然の深いところに入っていくのに大丈夫なんだろうか。不安にな [続きを読む]
  • 学生の町モンペリエ
  • 2017年4月18日モンペリエの町に繰り出す。ここモンペリエでは、今使っているパソコンを買った思い出がある。5〜6ヶ月前、フランスからフェリーでモロッコに渡る前々日の晩にパソコンを紛失し、前日の晩にモンペリエでパソコンを買って、翌日のフェリーでモロッコに旅立ったっていうドタバタ劇があった。いやーあの時は焦った。(その時の様子)まず向かったのはモンペリエ駅。ここにはピアノが置いてあるのです。ヨーロッ [続きを読む]
  • 思い出の地を懐かしむ
  • 2017年4月17日出発。すぐに海沿いの道に出た。お昼頃に「SETE(セット)」へ、そして「MONTPELLIER(モンペリエ)」が今日の目的地。これらは前回フランスを走った時の思い出の町。前回(昨年の秋ごろ)にヨーロッパを走った時は、北欧から南下してきて、フランスを縦断し、最後にセットからフェリーでモロッコへ渡ったのです。(その時の記事)こうして一度通った同じ町に再び戻ってくることってなかなか無いので、わくわ [続きを読む]
  • フランスの村を巡る
  • 2017年4月16日出発。この辺りはワインの産地らしく、ぶどう畑が続き、ワインセラーの看板も目に付く。しかし限りなくお酒に弱い僕の心には響かず。ミネルヴァという村。ここは2日前にも訪ねた、フランスに150個くらいある『フランスの最も美しい村』のうちの一つ。すごい。スペインで度々見かけた、渓谷に囲まれているパターンの村。この橋とかたまらないですね。古い石造りの建物がとてもいい。フランスの村だなと思う [続きを読む]
  • 城塞都市カルカソンヌを観光
  • 2017年4月15日カルカソンヌは世界遺産にもなっている町。今日はちょっと観光していきます。午前中はマクドナルドでネット作業。向こう1ヶ月分くらいのルートを、ある程度ここで決める。フランスの後、イタリアかスイスかどっちに行くか迷っていたんですが、スイスを目指すことにした。そのあとにイタリア。午後からカルカソンヌ市街に向かう。この辺りは北風か南風かで気温が全然違う。今日は北風で寒い。カルカソンヌは堅 [続きを読む]
  • 2度目のフランス
  • 2017年4月14日昨日、5ヶ月ぶりくらい、2度目のフランス入国を果たしたところ。出発して少し走った小さな町でフリーマーケットみたいなのをやっていた。キウイが8個で2ユーロと、りんご1kg1ユーロが安かったので買って行く。平日なのにやけに賑わっていると思ったら、今はイースターっていうキリスト教の連休だからか。今日は北風で肌寒い。田舎道を走って目指すのは……、カモンという村。この看板は『フランスの最 [続きを読む]
  • 印象的な峠を越えて
  • 2017年4月13日昨日から引き続き、上り坂からのスタート。フランスまでは25km。ずっと上りが続くのでお昼くらいになるかも。現在の標高は1391m。この先20kmを掛けて1017mアップ。アンドラにはアウトドアショップが多いんですが、ほとんどがスキー用品店。アンドラはスキーで有名らしい。スイス的風景。2000mくらいまで上ってきて雪が増えてきた。この標高まで来ても、日差しの強さと、南風と、坂を上 [続きを読む]
  • 税金の無いアンドラで買い物
  • 2017年4月12日アンドラに入国したところ。ピレネー山脈、山中にあるアンドラ公国。広さは468k?(金沢市とほぼ同じ)。人口は約79000人(金沢市の約6分の1)という非常に小さな国。アンドラ最初の町から数km走って、首都「アンドラ・ラ・ベリャ」。険しいピレネー山脈にある人口8万人弱の国という情報から考える、のどかで牧歌的なイメージとはまるでかけ離れた、賑やかな町。この国には税というものがほとん [続きを読む]
  • スペイン出国
  • 2017年4月11日マンレサから40km地点。昨夜は雨が心配で屋根付きのバス停にテントを張ったけれど、雨は降らず。アンゴラまではもう100kmを切っている。アップダウンがあることを考えても、アンゴラまでは行けるかな。少し走ってベルガという大きめの町。もうスペインを出たらこうして生ハムトーストを食べることもなくなるのかな。イタリアも生ハムは有名ですが、スペイン程町にありふれてはいないって話を聞いた。 [続きを読む]
  • 謎の小国を目指す
  • 2017年4月10日バルセロナで3泊お世話になったマットにお礼を言って出発。ウォームシャワーではほんとにいろんな国のサイクリストに助けてもらっている。いつか僕も日本で海外のサイクリストをもてなしてみたいな。さて、もうフランス国境が目と鼻の先というところまで来ているのですが、次の目的地はアンドラという国です。スペイン―フランスの国境、ピレネー山脈の中にアンドラという小国がある。特に深い理由はないので [続きを読む]
  • 写真で振り返るバルセロナ観光2日目
  • 2017年4月9日バルセロナ観光2日目。今日は旧市街地区を回っていく。そんなに広い範囲ではないし、細い路地が多い場所なので、自転車は置いて徒歩で。旧市街は歴史的な建物が残るエリアなので、観光の中心地になる場合が多い。逆に新市街っていうのは近年発達したエリアで、きれいなショッピングモールがあったり主に買い物を楽しむ場所ってイメージ。僕は新市街で買い物を楽しんだことが無いので、半分は想像ですが。こうい [続きを読む]
  • 写真で振り返るバルセロナ観光1日目
  • 2017年4月8日今日、明日と自転車で走るのはお休みにして、バルセロナを観光していきます。バルセロナと言えば、サグラダファミリアをはじめとする、ガウディの建築。場所を調べて自転車で回っていく。『カサ・バトリョ』(地図)人だかりができているので、近くまで来たらすぐにわかった。まあ、確かに曲線とか独特だなとは思った。『カサ・ミラ』(地図)実際に人が住んでいるマンションらしい。ここもすごい人なので、住ん [続きを読む]
  • スペイン第2の都市バルセロナへ
  • 2017年4月7日昨日はスイス人カップルと一緒にキャンプ場に泊まっていた。僕は今日、バルセロナ到着を目指す。彼らは今日バルセロナの手前でストップし、明日一気にバルセロナを抜ける予定らしいので、僕は先に出発。僕がスイスに行こうと思っていると言うと、もし来たら家に泊まって行ったらいいよと、連絡先を交換して別れた。ただ、もし僕の方がスイスに早く着いたら泊まれないんですが。大都市バルセロナが近づいてきて、 [続きを読む]
  • サイクリストに刺激を受けつつ
  • 2017年4月6日ビナロスから15km地点。昨日、海岸沿いまでやってきた。後はバルセロナを目指して海沿いを進むだけ。昨日まで走っていた山地とはまるで違う、現代的な街並み。あと海岸沿いの方が圧倒的に町が多くて都会。交通量も多く、トラックがバンバン走っている。静かだった山が恋しい。さらに風まで強くて、やる気が出ない。スペインで盆栽屋を発見。日本でも盆栽を売ってる店とか見たことないのに。久しぶりに長期旅 [続きを読む]
  • 一路、海を目指す
  • 2017年4月5日Forcallから5km地点。朝起きると、どんより曇り空。今にも雨が降り出しそうな感じだったので、朝ごはんも食べずに、大急ぎで荷物をまとめて出発。数km走ったところにモレーリャという丘の上の町が見えてきた。寝起きの身体に鞭を打って上り切り、門をくぐる。城壁。この隙間から弓とか打っていたんだろうな。町の地図。山の一番高いところにお城が経っていて、山の斜面に城下町が広がる。わかりやすくベタ [続きを読む]
  • ブログを見て同じように旅に出てくれたらうれしいのか2
  • 2017年4月4日昨日は町の中心地にある半屋内の運動スペースみたいなところにテントを張っていた。風が遮られているだけで寒さがだいぶ和らぐ。出発。今日も上りが大変そうな1日。昨日の記事で、僕は自分のブログを見て自転車旅を始める人がいても決してうれしくはないって話をしたんですが、その続き。その理由の2点目は、自転車旅が向き不向きが大きい趣味だから。自転車旅ブログを見て「楽しそう」って思う人は多いと思い [続きを読む]
  • ブログを見て同じように旅に出てくれたらうれしいのか
  • 2017年4月3日昨日の夕方に到着したアルバラシンの町をもうちょっと歩いていく。インフォメーションセンターで町の地図をもらった。この辺りではあるあるの、川の浸食によってできた崖の上に作られた町。地形が複雑なのでいろいろな角度から見るのが面白い。この町、スペインで見た中で一番好きかも。散策の途中でうんこの我慢の限界が来てしまったので、町じゅうを見られたわけじゃないけれど、丸一日くらいかけてゆっくり町 [続きを読む]
  • 再び山岳エリアへ
  • 2017年4月2日標高が高いので最低気温が氷点下になることは珍しくないのだけれど、今日はさらに一段と冷え込む朝。手袋を持っておらず素手なので、もはや指の感覚が無い。今日からまた山岳エリアに突入します。最初の峠は300mアップくらい。昨日1日休んでいるので、それなりに太ももは回復してくれている。この辺りが頂上。標高は1300mちょい。峠から下った先の「ウーニャ」って町。うーにゃ……。名前がかわいい… [続きを読む]
  • クエンカで生ハム
  • 2017年4月1日アルカスの町から少し走ったところにクエンカっていう観光地がある。到着。久々の大きな町。情報収集は現地で。バルで生ハムトーストを食べがてら、ネットでクエンカについて調べる。ここクエンカは昨日通ったアラルコンと同じく、渓谷に囲まれた崖の上にできた町。ただアラルコンよりもはるかに規模が大きくて、この崖の上にある旧市街地区は世界遺産にもなっている。なんかこのベランダが崖からはみ出している [続きを読む]
  • 攻め落とすのが大変そうな町
  • 2017年3月31日ラ・ローダから15km地点。朝。少し走ったカサスって町でコーヒーを飲んでいく。オリーブ大国のスペインでは、オリーブの苗木畑もよく見かける。風車がどっちから風を受けてどっちに回転するのかを覚えておくと、風向きを知るヒントになったりする。アラルコンって町に向かうのに、ショートカットで砂利道を走る。羊飼いのおじさんに「こっちで道合ってますよね?」と尋ねると、「合ってるけど道が悪いし、 [続きを読む]
  • 束の間の平坦ステージ
  • 2017年3月30日アラカラスを少し過ぎたところから昔使われていた線路がサイクリングロードになっている道があって、それを探す。このサイクリングロードに合流するまでがめちゃくちゃ迷った。見つかった。トンネル。入ると感知してライトが付く仕組み。元々線路だったので、アップダウンが限りなく少ないのが嬉しい。途中、トンネルが土砂崩れによってふさがれていた。気が付かずトンネルに突っ込んだんですが、トンネル内に [続きを読む]