崎山晋平 さん プロフィール

  •  
崎山晋平さん: 崎山晋平の自転車世界一周
ハンドル名崎山晋平 さん
ブログタイトル崎山晋平の自転車世界一周
ブログURLhttp://sakiyanma.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車で世界一周中です。現在は日本を目指してユーラシア大陸を横断中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 115日(平均7.5回/週) - 参加 2017/03/05 08:48

崎山晋平 さんのブログ記事

  • ヨーロッパから中東へ
  • 2017年6月22日もうトルコとの国境まで50kmとかそのくらい。昨日は廃墟みたいなところでキャンプしていた。近くに人の気配はあったものの、たぶん大丈夫だろうと判断して廃墟にテントを張りましたが、ちょっとドキドキでした。こういう時の僕の危険に対する感覚はどのくらい正しいんだろうと思います。ブルガリア最後の大きな町。スーパーでブルガリアのお金を使い切る。国境で毎度見かけるトラックの大渋滞。まだ国境ま [続きを読む]
  • 同じ景色が続く
  • 2017年6月21日昨日到着したプロブディフという町。ブルガリア第2の都市だったらしい。町の中心地まで行くことなく出発。お昼に着いた小さな町でちょっと小奇麗なレストランに入ってみた。これは豚肉にマッシュルームのソースが掛かったもの。12.5レフ(約800円)景色は相変わらず畑が続くだけ。トルコ国境が近づくにつれ、少しづつアップダウンが出てきた。目的の町。その町。買い物、晩御飯を済まして、もう7時半 [続きを読む]
  • 自転車旅は季節との闘い
  • 2017年6月20日Ihtimanを出たとこ。あと数日で中東トルコに入国予定。果物を買って行く。ユーラシア大陸横断編では最初のヨーロッパで、滞在期限の3か月間、目一杯まで長居していたわけですが、ちょっとだけ後悔しています。自転車旅で海外を回るときに大切なのは季節選び。基本的に寒い地域は夏に、暑い地域は冬に走りたい。そういう点で、サイクリストの定番ルート、北米〜南米縦断は走りやすかった。ここがちょうど1年 [続きを読む]
  • 今後のルートを考える
  • 2017年6月19日首都ソフィアを出発。明け方まで降っていた雨も出発するタイミングで止んでくれた。昨日振るはずだった雨が今日にずれ込んできているのかな。次のチェックポイントはトルコのイスタンブール。ここからだと5,6日で到着予定。小雨に降られ、ハンバーガー休憩。この先の予定を考えているんですが、思い切ってイスタンブールから飛行機で中東を飛ばそうかなとも思っています。今考えているのはイスタンブールか [続きを読む]
  • 雨は降らず
  • 2017年6月18日今日出発するつもりだったんですが、昼からずっと雨らしい。もう1日ソフィアに滞在することにする。ただもう学校の宿泊学習みたいな18人部屋ではもう寝たくないので、ホテルを移動。ここも日本人旅行者の間で有名らしい『10コインズホステル』(地図)ただここにも日本人はおらず。『ホテルモステル』と比較すると、『10コインズホステル』は朝晩の2食が付かなくて、あと中心地から数kmから離れてい [続きを読む]
  • ソフィアに滞在
  • 2017年6月17日今日は1日ソフィアに滞在。泊まっているホテルモステルの朝食。これまでのホテルの朝食の中でもトップレベルの豪華さ。パンとジャムしかないような朝食もあったりするので。基準として、果物が出る朝食は有能と言える。ソフィアの町を歩く。よくわからない歴史的な建造物もたくさんあって、観光のしがいのある街だと思います。物価はセルビアと同等か、ちょっと高いくらい。ブルガリアではレフという通貨が使 [続きを読む]
  • 久々のホテル泊
  • 2017年6月16日今日はブルガリアの首都ソフィアまで。セルビア以降、町に野良犬が増えた。野良犬のわりに毛並みがきれい。シャッター音に反応して耳がぴょこんってなってかわいい。出発。顔を出し、首都ソフィアまでの距離を確認して、再び眠りに付くピーター。ソフィアには昼前には着けるはず。道は緩やかなアップダウンがありつつ若干下る感じ。で、到着。先にお昼ごはん。セルビア、ブルガリアでは店先で肉を焼いている店 [続きを読む]
  • ヨーロッパ最後の国
  • 2017年6月15日ブルガリア国境までは100kmを切るくらい。今日中に入国できる。景色の割にアップダウンは無い。ブルガリアの首都ソフィアまでは150kmくらいなので、明日の昼前くらいには到着すると思う。頑張ったらポジェガから3日で、今日中に到着できるかとも思ったけれど無理でした。追い風のわりに距離が伸びなかったな。そういえばブルガリアって東欧の端っこにあるんですね。ブルガリアといえばヨーグルトが [続きを読む]
  • 足湯はいずこ
  • 2017年6月14日Trstenikから5km地点。朝8時で27度。30km、40kmくらいの間隔でまともな町があるので、休憩場所には困らない。僕よりちょっとだけ遅いスピードで走っているトラック。道幅が狭く対向車も来るのでなかなか抜かせない。ささやかな峠を上る。夕方、100km走ったところのニシュという大きな町。セルビア南部では最大の都市。大きな窓が開け放たれた解放感溢れるおしゃれなカフェで、ちょっとニシ [続きを読む]
  • ブルガリアに向けて
  • 2017年6月13日アメリカを一緒に走ったセルビア人サイクリスト、ボヤーナのいとこの家に滞在中。ご家族の皆さんに見送られ出発。ほんとにみんな優しくて、とても良い休暇を過ごすことができました。右から2番目のおばあちゃんとか英語は一切話せないんですが、すごく親切にしてくれて、出発する僕に持たすために、昨日延々とパンケーキを焼き続けてくれていて、1kg近くあったんじゃないかって量のパンケーキをいただきま [続きを読む]
  • セルビアの小学校を見学
  • 2017年6月12日アメリカを一緒に走ったセルビア人サイクリスト、ボヤーナのいとこの家に滞在中。ボヤーナのいとこが小学校の先生をしているということで、今回その小学校をすこし見学させてもらいます。実は、今回の小学校見学はボヤーナがいとこにお願いしてくれて実現したもの。ボヤーナとは3年以上も前に少しの間一緒に走っただけなのに、僕がたまに各地の小学校を見学させてもらっているのを覚えてくれていて、いとこに [続きを読む]
  • 田舎の村を訪ねる
  • 2017年6月11日アメリカを一緒に走ったセルビア人サイクリスト、ボヤーナのいとこの家に滞在中。町を案内してもらいながら、セルビアの国のことも教えてもらう。何度も書いてますが、こういう時、ほんとに英語を勉強しておけばよかったと思います。その国を走ると、いろんな気になることが出てくるし、その国の歴史も気になる。せっかく現地の人に教えてもらえるチャンスなのに、すごくもったいないと思う。その後、ボヤーナ [続きを読む]
  • 節目の日に
  • 2017年6月10日ベオグラードから70km地点。景色の開けたグラウンドにテントを張っていたので、朝5時過ぎに上ってきたに朝日に起こされた。朝7時ごろ出発。少し走って、バリエボという大きめの町に到着。ちょっと休憩。出発。黒い実と赤い実が同じ木に生っていた。不思議。食べられるらしい。となりにはまだ青いチェリーの木。セルビア南部に来て徐々にアップダウンが出てきた。結構勾配にムラがある。通りかかったレス [続きを読む]
  • 景色は畑
  • 2017年6月9日ウォームシャワーを利用し、サイクリストの家に滞在中。朝ごはんをいただく。中にチーズが入っている。生地にもふんだんにバターが使われているっぽく、かなり高脂質のパン。トルコを中心に、この辺りでよく朝ごはんに食べられているものらしい。なぜ朝に食べるのかというと、夜だともたれるからだそう。朝だったらいいのか。ベルグラードからはしばらく南下。次の国はブルガリアです。Уб(Ub) もう夕方。 [続きを読む]
  • ベオグラードでコンサート
  • 2017年6月8日泊めてもらっている町が首都近郊の少し離れたところにあるので、ベオグラードの町なかまではバスで来た。少し人に聞きながらバスに乗ったんですが、みんなとても親切。セルビアに限った話ではないですが、外国人にいきなり英語で話しかけられても、全く躊躇や戸惑いが無く、知り合いに接するかの如く、自然な態度で親切に教えてくれる。ホスピタリティ溢れる国だなと思います。この内装で中華料理店。奥の壁に掛 [続きを読む]
  • 首都ベルグラードまで
  • 2017年6月7日昨日は工事現場のコンテナの中でテントを張らせてもらっていた。夜に雨が降っていたみたいなので、ちょうど雨を凌げてラッキー。今日はセルビアの首都ベルグラードまで。50km程度なので、お昼ごろには到着できそう。追い風に乗ってあっさり到着。『PLANET BIKE』(地図)郊外の自転車屋に立ち寄る。こんなにシマノのパーツが充実している自転車屋、もうこの先ない気がする。消耗品をちょろっと買い足し。ブ [続きを読む]
  • セルビアの通貨
  • 2017年6月6日6月初めの朝7時過ぎの時点ですでに暑い。この先やっていける自信が無い。今日はセルビア第2の都市ノービサードを通過する。国境を超えるたびに徐々に先進国レベルが下がっていくのが、なかなか寂しい気持ちになる。スロベニア以降、旧ユーゴスラビアのエリアに入ってから道路に歩道スペースがなくなった。お昼頃にノービサードに到着。ここでようやくセルビアのお金をおろす。なぜかセルビアではATM少なく [続きを読む]
  • セルビアへ
  • 2017年6月5日昨日は、町で出会ったマッデンのアパートに一人で泊めてもらっていました。朝、彼のオフィスに鍵を返しに行く。彼は英語が得意ではなく、あまり理解できていなかったんですが、彼は120年続く建設会社の社長さんだったらしい。昨日の陽気に酔っぱらっている姿からは想像できなかったけれど。今日の朝一に大きな仕事が決まるかもしれないというところだったらしく、少しピリピリした雰囲気。すごいギャップ。さ [続きを読む]
  • 結局好意に甘える
  • 2017年6月4日お世話になったご夫婦のおうちを出発。全く英語が通じないので、会話は基本的にお互い母国語で話していた。お昼ごはん用にご飯を炊きたいからキッチンを使わせてほしい時も、「これ、タッパに詰めて、あとで、食べたいから……いや今食べるんじゃなくて、ランチ! フォーランチ!」みたいな感じ。頑張ってジェスチャーを交えて意思の疎通を図っていた。ただこういう不自由も全然苦痛ではなく、逆に僕も英語が話 [続きを読む]
  • 今後のルートを考えながら
  • 2017年6月3日クロアチアの首都ザグレブを出発。この先は東に進み、セルビアを目指します。セルビアとか、ボスニア・ヘルツェゴビナとか徐々にヤバそうな雰囲気の国が登場してきますが、一応まだしばらくは大丈夫っぽい。東欧を抜けて、中東のトルコくらいまではたぶん大丈夫で、それ以降辺りからちょっと怪しくなってくる。クロアチアではアドリア海沿いを南下するのがサイクリストの定番コースで、『紅の豚』とか『魔女の宅 [続きを読む]
  • クロアチアの首都ザグレブを観光
  • 2017年6月2日出発するか迷ったんですが、せっかくの首都なので、今日1日はザグレブを観光していきます。いかにも「ヨーロッパの旧市街」って感じの街並み。隣のスロベニアの首都とはまた違った雰囲気。この辺りは旧ユーゴスラビアと呼ばれる地域。元々あったユーゴスラビアが解体されて独立した国々なので、言語に関してはかなり近いらしい。ヨーロッパとかって近隣の国同士で似通った言語があるから羨ましい。日本語ってど [続きを読む]
  • 意外と手こずったシェンゲン圏からの出国
  • 2017年6月1日日本的な田舎の風景の中を走る。クロアチア国境まではあと30km程。ヨーロッパには「シェンゲン協定」っていう、国間の移動でいちいちパスポートの確認をするのを辞めようっていう決まりがある。これまではずっとシェンゲン圏を走っていたため、国を移ってもパスポートのチェックはなかった。次のクロアチアからは、シェンゲン圏外になるので、出入国の際にパスポートチェックが入る。午前中の内に、クロアチ [続きを読む]
  • シェンゲン圏脱出に向けて
  • 2017年5月31日書くのも読むのもややこしい、スロベニアの首都リュブリャナを出発。なかなか覚えられなくて、「リュブリャナ」って打つたびに地図を見て名前を確認していた。ついでに「スロベニア」の国も「スロバキア」とごっちゃになりやすい。首都の中心地から1時間も走らずこんな田舎の景色が広がるところが素晴らしい。交通量の多い大きい道はできるだけ走りたくない。ポルトガルから始まったヨーロッパのシェンゲン圏 [続きを読む]
  • スロベニアの首都リュブリャナを観光
  • 2017年5月30日今日はスロベニアの首都リュブリャナで1日観光。人口は28万人くらい。徒歩でも周れるくらい小さな首都。町の中心地。分かりにくいんですけど、橋が3本並んでいる。この橋が、この町一番の見どころらしい。確かに珍しいし、面白いなと思った。建設の際には絶対、「いや3本も掛ける意味ないやん」っていう反対意見が出たと思うんですけど、一見無駄なことでも、意外と無駄じゃなかったりすることもあるんだ [続きを読む]
  • ブレッド湖からのリュブリャナ
  • 2017年5月29日スロベニアに入ってちょっと進んだとこ。出発。今日は首都までですが、途中、ブレッド湖という観光地に寄る。毎日いい天気でうれしい。ブレッド湖が見えてきた。とてもレトロな雰囲気の駅。ノスタルジーで辛くなってくる。泳いでる人がいる。まだ泳ぐにはちょっと寒そうですけど。このブレッド湖の一番の見どころは、分かりにくいんですが、湖の中の小島に教会が建っているところなのです。船でしか行けない教 [続きを読む]