サンドル さん プロフィール

  •  
サンドルさん: 殿さま日和
ハンドル名サンドル さん
ブログタイトル殿さま日和
ブログURLhttp://ameblo.jp/3dolphin/
サイト紹介文伊達政宗公生誕450周年!を期に、お膝元仙台から伊達の殿様の徒然をゆるく発信していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 56日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/05 09:06

サンドル さんのブログ記事

  • 政宗公と叱られゆるきゃら
  • ゴールデンウィーク突入!おはようございます。サンドルです。 昨日は宮城のイベントで出会える、政宗公モデルのゆるきゃらを紹介しました。本日は、その続きで叱られそうな政宗公関連キャラを紹介します。( ̄▽ ̄) え?興味無い?いやいや、突然ゆるきゃらなんか目の前にいてもせいぜいが「なんだ?」か「かう・わう・ういい・いい〜」がせいぜいでしょうが、知っていてイベントで見つけると 「あ、あいつ!」と、 [続きを読む]
  • 政宗公とゆるきゃら
  • ゴールデンウィーク目前!皆様お出かけのための体調管理は万全ですか?おはようござます。サンドルです。 さて、今回は前回記事での予告どおり政宗公関連の「ゆるきゃら」について。宮城は伊達政宗公のお膝元。あのトレードマークの三日月のおどしと眼帯があいまって、とにかく政宗公を模したキャラクターが多いのです。 ゴールデンウィーク中の各イベントで出会う機会も多いかと思いますので、主なところを紹介してみま [続きを読む]
  • イタチマサムネじゃ、ないやい
  • 今日は温かくなりそう。そろそろ衣替えの準備かな。おはようございます。サンドルです。 さて・・・本日は、このブログを始める理由になったできごとのひとつをツラツラと話してみます。え?いい?まあまあ聞いて。( ̄▽ ̄) 今年が伊達政宗公生誕450年だから!というのが「えいや!」な開始理由ではあるのですが、実はもうひとつきっかけがありまして。宮城では、とりわけ仙台では政宗公があふれかえっているので、ど [続きを読む]
  • 伊達な文化:松川だるま
  • 晴れましたね土曜日。お出かけ前のウキウキ更新。おはようございます。サンドルです。 さて本日は伊達な文化の一環として『松川ダルマ』を紹介させていただきます。今年に入って聞いた高1娘の衝撃の言葉。 『お母さん知ってる?赤い達磨も売ってるんだよ。あとね、片方目が白いんだって。なんでだろう、可哀そうにね。』 はああああああ!?Σ(゚д゚;) そっちがスタンダードでしょうが! ってなたのが発 [続きを読む]
  • 支倉常長の名前ったらさ
  • やっとやっとの金曜日。明日は晴れるかしら?おはようございます。サンドルです。 さて 前回、サンファンバウティスタミュージアムでのイベントを紹介したせいもあって、今、頭の中が支倉常長さんでいっぱい。( ̄▽ ̄) 慶長遣欧使節団の責任者を仰せつかった支倉常長(はせくらつねなが)さんは、そらもう優秀な人なんだ。 山口さんちの次男坊に生まれながら、叔父様にあたる支倉本家に跡取りがなくって [続きを読む]
  • 独眼竜と独眼竜
  • 4月半ばながら本日も夏日になりそうですね。その割には暑くないような・・・おはようございます。サンドルです。 政宗公の『独眼竜』にかけましての「三つの龍の話」は今回が最後です。シリーズの記事を書き始めると、とたんに別な記事が書きたくなるのは性分ですかね?( ̄▽ ̄) さて最後のお話は『独眼竜』について。このフレーズというか片目の龍なんて渾名はどっから来たの?ってことです。戦国時代に糸井重里でもお [続きを読む]
  • 独眼竜と地の龍、水の龍2/2
  • 春の嵐、雨の朝ですね。おはようございます。 さて、二つめの龍の話の後半『水の龍』政宗公の治水のお話です。今朝は雨。このお話をするのには、おあつらえ向きです。 宮城は米どころとして水田農業が盛んですが、政宗公が仙台城を築いていた当時の仙台平野北部は、北上川・江合川・迫川が大雨のたびに氾濫して、とても米作りには適さない土地でした。安定した水田農業・開墾率UPのために、治水工事は重要な課題。 [続きを読む]
  • 独眼竜と地の龍、水の龍1/2
  • 寒暖の差に、肌もガタガタ足腰がたがた。おはようございますサンドルです! さて、前回の「独眼竜」にひっかけての龍のお話。本日は「地の龍」「水の龍」ファンタジーではないのです( ̄▽ ̄) 龍脈といえば、風水では言わずもがなのパワースポットだったりしますが、その正体といえば本当に端的に言うならば地脈・水脈。 あ、ピンときました?政宗公と「地の龍」=「都市計画」、「水の龍」=「治水」のお話を取り上 [続きを読む]
  • 独眼竜と臥龍梅
  • 花冷えなんて言葉がありますがまっこと寒いですね。おはようございます、サンドルです。 さて、本日は「独眼竜」と呼ばれた政宗公と「竜」にひっかけたお話しを三つしてみたいと思います。 ひとつ『臥龍梅』 東北ではその気候から、梅・桃・桜が一度に見られたりするんですよ。まさに、目で見るこの世の春。艶やかなものです。花見と言えば今は桜ですが、古くは梅。 秀吉公の吉野の花見は有名で、これは桜です [続きを読む]
  • ラブレターfrom政宗
  • この週末、桜が見ごろのようです。どうか雨が散らしませんように。おはようございます。サンドルです。 さて本日は政宗公と「手紙」について取り上げます。 大名様ともなりゃあ、字の奇麗な部下に代筆させるのが常ってもんですが、伊達政宗公は本当に筆まめだった方で、直筆の手紙が多く残っています。残した手紙は3000通以上も。 本当に伊達の殿様は、現代におわしたらめっちゃSNSを使っていたんじゃないかな [続きを読む]
  • 伊達小次郎:悲劇の弟。か?
  • 鶯が鳴く練習を始めました。まだ、けちょけちょと鳴く声が可愛い。春の朝ですね。おはようございます。サンドルです。 さて本日は、政宗公の弟君について 『伊達小次郎正道(だてこじろうまさみち)』仮名:小次郎幼名:竺丸(じくまる) 享年13歳と、若くして亡くなっている悲劇の子として知られています。何せ、兄上である政宗公から切り殺されていますので。 秀吉公の招集による政宗公の小田原参陣の際、 [続きを読む]
  • 政宗公の鎧兜:三日月の秘密
  • おはようございます。サンドルです(^∇^)来月は端午の節句がありますね。そろそろ鯉幟もそうですが、皐月人形や鎧兜を飾る家庭も多いのじゃないかしら。 そんなわけで本日は、政宗公の鎧兜について取り上げてみます(^∇^) 有名なのが、こちら『黒漆5枚胴具足』 (くろうるし5まいどうぐそく)仙台市博物館所蔵で、常に展示されています。(劣化を防ぐため、レプリカと交互に展示されているみたい。)&nbs [続きを読む]
  • 続!伊達の紋
  • 春眠暁を覚えようが覚えまいが起きる。それが主婦。おはようございます!サンドルです。 さて、今回は昨日の続き 『伊達の家紋』についてです。『竹に雀』があんまりに有名すぎて他の紋を知らない方も多いようだと知り、じゃあ、じゃあと取り上げてみまっす。だって、可愛い紋ばっかなんだもの。(^∇^) まずは 【政宗公より以前からの紋】 『三引両紋(みつひきりょうもん)』初代の朝宗(ともむね) [続きを読む]
  • 伊達家の家紋:竹に雀紋
  • おはようございます!サンドルです。 本日は、伊達家の家紋のひとつ「竹に雀」について 「仙台笹」とも呼ばれるこの紋向かい合った雀を竹笹でぐるりと囲んでいて可愛いですよね。 伊達家にとっては古い紋のひとつで上杉家に養子を出す際に、婿養子への引き出物として送られたお祝いの紋なのだ。(養子の話は立ち消えたそうですが) しかし ヨーロッパ諸国の紋や旗を見てみるとライオンが横向いてギ [続きを読む]
  • 美男の災難。片倉代々記
  • 熱も下がって元気いっぱい。おはようございますサンドルです。(≧∇≦) さて今日はまた「片倉小十郎」について本日の小十郎は、小十郎ジュニアの重長の方です。 白石城主にして、呼び名は『鬼小十郎』伊達の双璧、伊達の先陣、呼び名だけでもアレコレと。 真田幸村が娘、戦国一の美少女と名高い『阿梅姫』を後妻に迎えていますがなんと、御本人も音に聞こえし美男子だったのだ。 そのあまりの美男子ぶりから [続きを読む]
  • 政宗公の神アプリ?
  • おはようございます。昨日は職場の引っ越しという体を酷使しての筋肉痛の朝。サンドルです。 最近楽しんでいる伊達政宗公のあれこれ。 気をつけてみるとあっちにも、こっちにも政宗公関連情報があふれていたます。さすがはお膝元、仙台! そんでもって 何気なくもらったパンフレットにものすごい劇物が入っていたので御紹介します( ̄ー ̄; これを切って、顔にあてがえと?( ̄▽ ̄) 小学生用 [続きを読む]
  • 梵天丸・弁丸・幼名まるまる
  • 握力が低下中。みっしり書類が詰まった箱をついに足に落としました。 おはようございます。サンドルです。( ̄ー ̄;地味に足痛い。 さてさて、またまた「幼名」について え?またかと思われそうですが。私、戦国武将の名前が変わるって出世魚形式が大好きでして。 またまた、『幼名』のかわゆさが大好き!!でして。ついつい話題にしたくなっちゃう。 いやあ、日常で戦国武将の「幼名」を話題にするって [続きを読む]
  • 喜多:伊達のキャリアウーマン
  • おはようございます。サンドルです。職場の引っ越し作業でひいひい言っております。 仕事部屋がまるごと引っ越すことになり荷造り作業やら何やらで蒙昧しているわけですが たかだか部屋ひとつでこの騒ぎ。戦国時代の『国替え』『城替え』なんかでは ご家中も当然ながら、町人蔵屋敷すべて移動したりするわけですからそらもう比べ物にならん引っ越しだったろうなとゾッとします。( ̄ー ̄; さて ブルゾン [続きを読む]
  • 日本遺産と伊達な文化
  • ぼちぼちの更新おはようございますサンドルです。 さてさて平成28年3月20日に開催されました『政宗が育んだ”伊達”な文化』日本遺産認定記念シンポジウム 数日にわたって味わいつくしておりますが 今回ついにの本編報告です。 プログラムの内容1 「構成文化遺産の上演・紹介」2 「トークショー」3 「パネルディスカッション」 1「構成文化遺産」の中では田踊りの実演もありました。私、田踊り [続きを読む]
  • 鳳凰の緞帳(どんちょう)
  • やっとやっとな更新おはようございますサンドルです( ̄▽ ̄) さてさて平成28年3月20日に開催されました『政宗が育んだ”伊達”な文化』日本遺産認定記念シンポジウム やっとやっとで本編報告です。 プログラムの内容は1 「構成文化遺産の上演・紹介」2 「トークショー」3 「パネルディスカッション」 の、3部構成でした。 まず触れたいのが会場だった仙台国際センター「大ホール」の「緞帳」 [続きを読む]
  • さんさしぐれ:伊達武将隊演武
  • 娘の高校進学でバタバタしています。こんばんは。更新が滞りがちなサンドルです。( ̄▽ ̄) 書きたいことが溢れているのに書けない苦しみ・・・やっと、やっとの更新でございます。 さて、3月20日の「政宗が生んだ伊達な文化日本遺産認定シンポジウム」の開催に際し 【伊達政宗公生誕450年記念プロモーション キックオフセレモニー】が先にあったわけですが ※今年は政宗公関連のイベントがいっぱいありますよ [続きを読む]
  • 伊達武将隊
  • 【伊達政宗公生誕450年記念プロモーション キックオフセレモニー】3月20日(月)祝 12:30〜 に、娘と無事行ってまいりました!おはようございますサンドルです(≧∇≦)  ※このシンポジウムの前座としてあったイベントです。 なぜ「無事に」かというと前日お熱で体調不良だったから(; ̄ェ ̄) 「這ってでも行く!」と心に決めていましたが日頃の行いがいいせいか、当日は熱もなく参加。 [続きを読む]
  • 戦国武将とミドルネーム
  • おはようございます!サンドルです! 本日は、戦国武将のミドルネームを少し(^∇^) 伝わりやすいかな?と、ミドルネームと言っておりますが本来は「仮名(けみょう)」とか「字(あざな)」とかいうものです。 歴史に詳しい方は今更でしょうが私みたいのは「ミドルネーム」のが伝わりやすいです。( ̄▽ ̄) 政宗公の名前は正しくは「伊達藤次郎正宗」この「藤次郎」部分が仮名です。本名の方を「諱(いみな [続きを読む]