だい さん プロフィール

  •  
だいさん: 1型糖尿病親父の単身赴任雑記
ハンドル名だい さん
ブログタイトル1型糖尿病親父の単身赴任雑記
ブログURLhttp://ameblo.jp/m7hg2014/
サイト紹介文2013年7月、1型糖尿病発症。単身赴任中の親父です。たわいもない事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 21日(平均6.7回/週) - 参加 2017/03/05 17:54

だい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おすすめの本
  • 本はよく読みます。単身生活するまでは通勤時に読んでいましたけど、単身生活では車通勤なので読むわけにはいかないです。で、最近は読むペースがめっきり減りましたが、趣味の1つです。ということで、今日はおすすめの本を1冊。誰に?かは置いといて。 結構前の話ですが、地下鉄で通勤中のことです。前に立っていた女の子が本を読んでいました。のぞき見るつもりはなかったですが、"マレーシア"の文字が目に飛び込んできま [続きを読む]
  • 禁煙
  • 禁煙して2年以上になりました。大学の頃からずっと20年以上吸っていたタバコ(厳密に言うと、前回書いたサルコイドーシスの検査の後、半年くらい怖くて吸えなくなりました)をよくやめられたと我ながら思います。そうは言っても実際は禁煙と決めてから半年くらいダラダラと吸っていましたが。。 絶対やめないつもりでした。家族に禁煙をお願いされても『禁煙する方がストレス!』なんていう親父定番の常套句で、聞く耳持たず、 [続きを読む]
  • サルコイドーシス2
  • サルコイドーシスを確定するために1泊2日の検査入院をしました。肺の中に管を通して、組織の一部を取ってきます。 食事の時、たまに気管に食べ物が入ると、かなり咳込みます。管を通すなんて、我慢できるのか不安でしたが、口の中に麻酔薬を入れて喉に麻酔をかけて管を通しました。麻酔のおかげでけっこう余裕じゃん。と思ったのは最初だけ。喉は敏感で麻酔からの回復が早いのか、もともと効きめが短いのか分かりませんが、 [続きを読む]
  • サルコイドーシス1
  • 赴任先に戻ってきて、また寂しい単身生活再開。 昔患った難病の話です。1型糖尿病も難病に指定してほしいです。。。まだ会社に入って2年目の頃ですが、サルコイドーシスという病気にかかりました。ここまでのブログを見ると、病気のオンパレードのようですが、この特殊な病気のことも残しておきたいので。。。 会社の健康診断で引っかかりました。診断を受けた次の日に医務室から呼ばれ、真っ白に映った肺のレントゲン [続きを読む]
  • 赴任先へ戻る
  • 3連休も終わり、赴任先に戻って来ました。帰って来た。とは、なんとなく言いたくないんですよね、いつも。あくまで帰るのは、家族がいる福岡の自宅の方だという、どうでもいいこだわりがあります。 私の場合、ある会社の別の地域に赴任したわけではなく、転職して家族と離れることにしたため、今の会社と自宅のある福岡とは全く関係ありません。したがって、将来帰るとかの可能性はなく、この会社でいる限りはずっと家族と離 [続きを読む]
  • 我が家での血糖値
  • 我が家に戻って、もう3日過ぎました。ほんと早いです。 1日の感覚は、1/年齢で感じる。とどこかで聞きました。要は分母が年齢なので、1日の感覚は、10歳の時は1/10で感じるのが、40歳だと1/40で感じる。最近特にこの感覚を実感します。若い頃の1日と今の1日が同じ時間とは思えないです。ということを言っている間に、明日にはもう赴任先に戻らないといけません。。。?? 我が家にいる間は、やっぱり食べ過ぎもあ [続きを読む]
  • すごい御朱印
  • 御朱印ブームのようですね。まあ一部の人の間で盛り上がっているという感じでしょうか。私の場合、数年前に母から教わりました。両親は定年後、あちこち旅していますが、神社、仏閣に行った際、この御朱印をもらうと旅の思い出にもなるし、それぞれ個性があるので、なかなか楽しいと。 そこで私も神社、仏閣を訪れた際には、御朱印をもらうことにしました。積極的に御朱印集めをしているわけではないので、まだ多くな [続きを読む]
  • 帰宅&定期検診3月
  • 今日は会社をさぼって自宅に帰ってきました。1ヶ月ちょっとぶりの我が家です。 やっぱり、落ち着くというか、ここが自分の居場所だなぁと思います。 家族一同は、そっけないですが。 夕方、病院に行きました。この病院の気に入っていることの1つが、未だに予約制度ではないところ。自分の都合のいい日時に行けます。そのぶん混んでいる時はものすごいことになりますが。毎月いろんな時間に行った結果、夕方が空いてい [続きを読む]
  • 低血糖の症状2
  • 今までに低血糖でこれは本当にやばいかもと命の心配をしたことが一度だけあります。 一時期、散歩、ジョギングがマイブームだった事がありまして、その時も散歩に行きました。途中で足の感覚がなんとなくおかしいと思ったんですが、さして気にすることもなく、散歩続行。途中段々意識がもうろうとしてくる中、自分のアパートから3Kmほど歩いたところで、初めて低血糖だと思いました。何か補給しないとと思いつつ、田舎の何もない [続きを読む]
  • 低血糖の症状1
  • 1型糖尿病の人にとって低血糖って、まず避けて通れないですよね。低血糖の症状って、発症の初期から時間が経つにつれて変化してませんか。みんなどうなんでしょうか?私の場合、最初の頃は、低血糖になると汗が吹き出し、ものすごい空腹感を感じ、意識はしっかりしてるんだけど、すごい興奮状態というか、全力疾走直後みたいな感じでした。しかし、いつの頃からか変化し、今は低血糖になると、まず足全体の感覚がおかしくなり、な [続きを読む]
  • きぼうを見よう!
  • ちょっと調子にのって病気のことを毎日書いてきたのですが、そろそろ息切れ。。。まあのんびりと。今日は趣を変えて。 単身赴任生活って基本的に暇です。いや、なんだかんだ言って、色々やることはあるんですけど、まあ暇です。どっちやねん‼?って感じですが、そんな私の暇つぶしの1つが星??を見ることです。で、人工衛星が見えることを知っていますか?誰に聞いているのかよく分かりませんが。。。空を眺めていると、 [続きを読む]
  • 顔面神経麻痺 2
  • 顔面の左側はほとんど動かなくなりました。ほんとにきっちり左側だけ動かない、力が入らないんです。きちんと口を閉めることができないのでうがいの時、口から水があふれます。ほっぺたをぷ〜っと膨らませることもできません。子供にぷん!ぷん!と怒ったふりができないんです。眠る時、眼もきちんと閉じることができないので眼帯をしました。 ステロイド剤服用により血糖値はしっかり上昇しました。1型糖尿病の主治医はこの [続きを読む]
  • 顔面神経麻痺 1
  • 3年半ほど前の話しをもう少しだけ書かせてください。1型糖尿病を発症して2ヶ月ほど経った頃、顔の左半分が全く動かなくなりました。注射も慣れてきて、平凡な日常に戻った気がしてきた頃の異変にものすごい不安とやるせない気持ちになったのを覚えています。顔が動かなくなる数日前、まず舌の感覚がおかしくなりました。食事の味がないというか、冷たく感じるような。。そして、ある朝いつも通り歯磨きをしてうがいの時でした。ビ [続きを読む]
  • 6年前の3.11
  • 6年前は自宅のある九州の福岡にいました。九州も揺れたんです。まだ1型糖尿病も発症してなかったし単身赴任でもなかったし、なんとなく、当時は仕事も家族との生活も永遠に続くような気で、過ごしていました。 6年前、最初は目まいかと思いました。疲れがたまってるなぁと思いながら目を閉じました。しかしおさまらず、これは目まいじゃないぞ。と思っっていると、周りの同僚達の何人かが『揺れてない?』と。震源が東北と分 [続きを読む]
  • 単身赴任生活
  • 単身赴任生活を初めて3年くらいになります。1型なので食事は基本何でもOKだと思いますが、外食だと糖質測るのも面倒だし、節約も考えて毎日自炊しています。毎朝自分で弁当も作って会社に持っていきます。毎日同じメニューですが、我ながらよくやってるよ。俺すげえ!!と言い聞かせています。でも、かみさんは毎日毎日いろんなメニューを家族分料理してるんだから、すげえな。と、離れて初めて思いました。言ったことはありませ [続きを読む]
  • 発症時 4
  • HbA1cは14.1でした。尿検査等あらゆる検査で異常が検出されていました。『とりあえず入院した方がいいでしょう』の医者の言葉を『会社休めません。無理です!』と拒否。(まだ病気の深刻さを理解してなかったようです)『じゃあ、とりあえず自分で注射しますか?』『はっ、はいっ。。。??』 頭の中で映像が2つ浮かんできました。1つは、アメリカドラマ"24"シーズン3のジャックバウアーが、自分の二の腕をゴムバンドでし [続きを読む]
  • 発症時 3
  • 糖尿病と認識してから1ヶ月、かみさんと一緒に改善に取り組みました。しかし、日に日に減っていく体重は止まらず、頻尿、異常な喉の渇き、足の痺れ、立ちくらみといった症状は、むしろ酷くなっていたように感じます。当時、通勤時に地下鉄を降りて、地上までの階段で、何度か立ち止まって休憩しないと歩けないような状態でした。まあ、ほんとよく毎日会社に行っていたなあと思います。 そして、2013年7月20日、このブログ1回 [続きを読む]
  • 発症時 2
  • 体重の減少に気づいたものの特に気にすることもなく、数日過ごしたある日、ネットで調べものをしていた私はふと体重の減少を思い出し、"病気 体重の減少"とかそんな感じで検索してみました。すると出てきた"糖尿病"、正直自分とは無縁の病気だと勝手に思ってました。元々やせている方だし、食事もちょっと野菜は少ないかもしれないが酷い食生活でもないし…。しかし、症状を見ると、当事自分の体に起きていた異変にことごとくあて [続きを読む]
  • 発症時 1
  • 病気に気づいたきっかけは、家族と行ったスーパー銭湯??で、何気なくのった体重計でした。もともと、やせ型で特にダイエット等していなかった私は、普段より3、4Kg減っている体重計の表示に首をかしげ、田舎の銭湯だし、きっと体重計が不調だな。と、結論づけて帰宅しました。が、自宅で再度体重計にのってみると銭湯と同じ表示。この時、初めて何かの病気?と疑いました。でも全然真剣に考えていませんでした。。。実際は、こ [続きを読む]
  • 発症時 0
  • 『1型糖尿病ですね』 3年半程前の2013年7月20日、医者から告げられた最初の言葉です。 1型??? 一瞬思考が停止してしまいました。 この2、3ヶ月程前から自分の体に現れていた症状、異常な喉の渇き 睡眠時2,3時間毎に目が覚める頻尿、急激な体重の減少、足の痺れ、 立ちくらみ等から、どうやら糖尿病であることは分かっていました。 っが、、1型って? まあ、この日から毎日のインスリン注射??生活が [続きを読む]
  • 過去の記事 …