ともりん さん プロフィール

  •  
ともりんさん: ニカさし妄想小説 〜毎日ニカさし〜
ハンドル名ともりん さん
ブログタイトルニカさし妄想小説 〜毎日ニカさし〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/tomorin234/
サイト紹介文大好きなニカさしを勝手な妄想で小説にしちゃってます。 妄想やニカさしが嫌いな方は見ないでください。
自由文元々は、指原莉乃ちゃんのファンでUTAGEを観ていましたが、キスマイの二階堂くんが気になり始め、、、莉乃ちゃんとコンビ?になってからは、二階堂くんが好きになり、今では2人を応援しています。
毎日、2人の事を考えています??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 85日(平均13.6回/週) - 参加 2017/03/05 21:09

ともりん さんのブログ記事

  • お泊まりデート part2 29
  • 指「え? 私のファンの子なの?」二階堂さんの従姉妹の子が、私のファン?めちゃくちゃ嬉しいんですけど、、、!二「実はそうなんだ! だから、俺が莉乃と共演したら、すぐに電話かかってきて、、、莉乃ちゃん、可愛かったでしょ〜とか、何か話した?とか、うるさくて!笑」そういいながら、二階堂さん嬉しそうな表情を浮かべてる??指「えー、嬉しい?? 握手会来たことあるのかな?」二「何回か行ったらしいよ。詳しく [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 28
  • 二階堂さんの唇は、柔らかく優しかった??こう言う時のキスは、いつもに増して優しいのだ!!二「安心して! 莉乃を悲しませたりしないって約束したでしょ!」指「そうだね/// 安心したら、お腹すいて来た 笑」二階堂さんがお泊まり来るので、一応朝食らしきもの?は用意している。二「今朝は、朝食作ってくれるの?」指「たいしたものは出来ないけど、、、」二「やった! 俺も朝はあんまり食べれないから 笑 コーヒ [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 27
  • 二「莉乃、心配しちゃった?」二階堂さん、さっきまで笑っていたのに、、、泣いちゃったから心配そうな顔で覗き込んでる!指「だって、女の子の名前だから、、、信じてるけど、どこかで自信がなくて、、、」昔から、どうしても信じれない気持ちが勝ってしまう!二「はい、まいからのLINE」そう言って、内容を見せてくれた。指「え?いいの?」携帯を渡されて、見てみると、、、ま「たか兄、この前教えて貰ったご飯屋さんお友達と [続きを読む]
  • お泊まりデート part 2 26
  • ベッドの中に入っても、ずっとその事が頭から離れなかった。二「莉乃、お腹痛いの? 急に元気ないけど、、、」二階堂さん、何故そんなに呑気なの?指「痛くないよ」ヤバイ! つい態度に出てしまう。二「元気ないんじゃなくて、、、何か怒ってない?」指「、、、、」二階堂さん、すぐに気がついちゃった!!二「え? もしかして、、、携帯見ちゃった?」指「携帯チェックとかは、してない! ただ、、、ちらっと見えちゃった、、、 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 25
  • 二「はぁ〜、スッキリした!」二階堂さんがトイレから戻って来た。さすがに、携帯をチラ見したとか言えず、、、モヤモヤ感が半端ない!指「私もトイレに行って来るね」二階堂さんの前で動揺している姿を見せたくなかった。二「おう!」入れ替わりで、トイレに向かった。まい、、、女性の名前だよね。今まで聞いた事ない名前だ!!どうしょう。 聞くべきか? でも、携帯見たの知られたくないし、、、二階堂さんが、浮気してるはず [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 24
  • 二「まだ起きなくて大丈夫?今日は、家を何時に出るの?」二階堂さんは、ごろうちゃんを撫でながらそう言った。指「今日は、午後からだからまだゆっくり出来るよ!」あー、お休みならずっと一緒に入れるのに、、、二「やった!! じゃ、もう少しまったりしてようね! 俺、今日休みなんだけど、、、どうしょうかな?」指「予定はないの?」なければ、うちにいて2人と遊んでくれてもいいんだけど、、、さすがに、それは退屈 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 23
  • もふもふしたり感触で目が覚めたら、ごろうさんがベッドに来ていた。時間を見ると、まだ5時半!!隣で寝ている二階堂さんは、まだ夢の中にいるようだ! 指「ごろうちゃん、まだ早いから後でね!」二階堂さんを起こさないように、小声でごろうちゃんに話し掛けた。ごろうちゃんは、わかってくれたのか、、、リビングへと戻って行った。隣に寝ている二階堂さんの寝顔を見ていると、口元を緩ませ笑っているかのような表情だ! [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 22
  • はぁ、、はぁ、、はぁ、、2人の息遣いだけが、響いていた!2回目も終わり、、、二「さすがに、短時間すぎたわ 笑 笑」指「コンサート終わった時くらいの感じ!」もうこのまま寝てしまいたいくらいの体力消耗してしまった!二「わかる! はぁ〜〜??????」でも、体力消耗したけど、、、2人の愛はどんどん深まっていっている///指「ねぇ、また、、たかしのお家に行ってもいい? 」二「え? 鍵持ってるでしょ! いつでも来てい [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 21
  • 二「だからかー!! それにしても、この感じ可愛すぎるね??」二階堂さん、ごろうちゃんにどう見てもメロメロだ!!指「かんちゃんも、慣れちゃうとメッチャ可愛いんだから、、、朝、起こしに来てくれるんだよ! ね〜〜かんちゃん??」かんちゃんは、相変わらず足元にいる。二「明日の朝、起こしに来てくれるかな?」二階堂さん、足元にいるかんちゃんを優しく見つめてる。指「うん、来ると思うよ! ね〜〜、ね〜〜???? &nb [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 20
  • かんちゃんはと言うと、足元でずっとこっちを観察中!二「莉乃、いつもこんな感じで寝るの?」二階堂さん、ごろうちゃんの撫でて撫でて攻撃にあっている 笑指「今日のごろうちゃんは特別甘えてる 笑」二「可愛い?? モフモフしてるね!」指「ねー、たかし!そろそろ私に構ってよ///」二階堂さん、ずっとごろうちゃんとイチャイチャしてて、、、拗ねちゃうぞ!笑二「何? 莉乃また、かまってちゃんになっちゃった?笑」指「 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 19
  • 二「お、ごろうちゃんじゃない、、、中に入るの?」ごろうちゃんは、二階堂さんを無視してベッドに上がってきた。指「ごめんねー。来たかったんだよね!」二「ちょっ、ごろうちゃん、、、仲良しになったのに、無視しなくてよくない?笑」二階堂さん、ちょっと拗ねてるようだ! 笑指「猫ちゃんは、そういう生き物だからね 笑」ニャー??また、ドアのところで声がした。二「あ、かんちゃんかな?」そう言うと、ベッドに戻って来た。 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 18
  • 二「はぁ??莉乃とするたび違う魅力があるし、可愛いし、、、」二階堂さんは、そう言うと優しく抱きしめてくれた。二階堂さんに胸の中に顔を埋めていると、なんだか幸せな気持ちになる。今は、ちょっと汗かいちゃってるけど、、、それさえも愛おしい??指「幸せ??」二「そう言えば、、、最近実家に帰った時に姉ちゃんから言われたんだ! 彼女出来たでしょ〜って!」指「お姉さん、なんでわかったの? 今までも言われた事あった [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 17
  • 二「莉乃、、、??」二階堂さん、いつもそう!! この展開になったら、すぐにセクシーな表情になるんだよね!そんな顔されたら、、???大好きだから、その顔だけで感じて///しまう??指「あー??」回数を重ねる度に、分かってるのもあるし、、、攻めてくる二階堂さん????二「いつでも、今が一番綺麗だよ!」二階堂さんからの言葉で、美に燃えて、、、見てくれてると思った時から、俄然頑張った!!指「うん??」 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 16
  • 指「あ! 歯磨きしてない。 しなきゃ、、、」二「後でいいじゃん!」指「だって、そのまま寝ちゃったらいけないし、、、絶対に歯磨きはしなきゃだし!」二「わかったよ。じゃ、一緒にしよ!」二階堂さん、その気だったのに申し訳なかったんだけど、、、2人で洗面所で歯を磨いた!指「これで、バッチリ! 」二「絶対にそのまま寝ちゃうつもりだね 笑」指「だって、、、最近そのまま寝ちゃうから 笑 たかしが、、、///」そう言いかけ [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 15
  • 二「ってか、莉乃泣き虫だね。ま、昔から泣き虫だったみたいだけど 笑」二階堂さんの前で泣いたのって、バトタイムの時くらいじゃなかったっけ?指「ヤバイ! 2人の前で泣いたら心配しちゃう!」二「そうだよ。 莉乃は笑顔が1番可愛いからね??」指「うん、、??」そう言いながら、二階堂さんの肩にもたれかかった。二階堂さんは、優しく肩を抱いてくれ、、、二「もうカラオケはいいね!」そう言って、肩にあった手を頭に持って [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 14
  • 指「ありがとう??」二「俺にリクエストない?」二階堂さんにリクエスト? うーん!!指「あ!いつかUTAGE!で初めて1人で歌った曲がいい?? キセキ!!」二「あー、まさに莉乃への気持ちを代弁してるかのような歌詞だもんね 笑」指「歌って欲しい??」二階堂さんのキセキを聞いたのは、ずっと前で、、、その時は、二階堂さんの事を意識していなかったから!!私だけに歌って欲しい、、??二「いいよ!莉乃に向けて歌うか [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 13
  • 指「はい、入れたよ。世界中の誰よりきっと」イントロが流れると、自然と2人とも立ち上がった!二「ハモリ出来るかな? 笑」指「出来る出来る 笑」二 指「世界中の誰よりきっと、、、、」二階堂さん、今日はハモリ調子いいじゃん!向き合って、頭ポンポンされたり、、、頬を撫でられたり、、、いくらお付き合いしてるからって、恥ずかしくなるわ??腰に手を回して来たけど、あの時と違うのは、、、 ぐっと引き寄せてくれて [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 12
  • 指「そうだ!うちにカラオケあるけど、歌う? 何でもあるよ!」いつも、showroomで歌っているカラオケ??二「マジで? カラオケあるんだ 笑」指「うん、ストレス発散で歌ってる 笑」二「じゃあ、2人でデュエットしたあの曲歌う? 」UTAGEやMommで歌ったあの曲の事だと、すぐにわかった。指「あれ歌うの? 渋谷で5時は、悔しい記憶しかないんだよね!」二「だから、歌うの。 今日で、違う記憶にしよ!」二階堂さん、あの時すごく男 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 11
  • 二「今日は、メッチャ視線をかんじるんですけど、、、笑 マジか! そんな純粋な目で見られたら、、、何も出来ないでしょ 笑」二階堂さんは、かんごろうに向かって言った 笑きっと、2人はこれから始まる未知の世界に興味深々なんだろうけど、、、指「なに?悪い事してるって感じなの?」二「それはない!マジで!莉乃に悪い事はしてないけど、、、笑」指「じゃ、いいんじゃないのかな笑」二「そうなんだけど、、、笑」 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 10
  • 指「いつも携帯を触ってると、足元で構ってちゃんになるの 笑」二「じゃ、ごろうちゃんは莉乃に似てるんだね 笑」二階堂さん、ニヤニヤしながらこっちを見てる 笑私って、構ってちゃんなの?指「どう言う事?」二「そう言うこと! 莉乃はごろうちゃんに嫉妬するほど、かまってちゃんでしょ 笑」指「そっか! 笑」確かに! ついさっき、ごろうちゃんに二階堂さん取られてて、、、嫉妬しちゃったわ??二「ほら! 笑 ま、そん [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 9
  • 指「ワインとシャンパンどっちがいい?」二「シャンパンにしようかな? おつまみどんなのか楽しみだな??」二階堂さんは、まだごろうちゃんと遊んでいた。指「もー、ごろうちゃん、、、いい加減、たかしを返してちょうだい! ごろうちゃんに嫉妬しちゃうよ///」こっちの話より、ごろうちゃんと遊ぶ方が楽しそうだったので、ついそう言ってしまった ??二「莉乃、ごろうちゃんに嫉妬はダメだよ! だって、この子男の子だよ 笑」 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 8
  • お風呂から出ると、、、ちょうど二階堂さんと抱っこされたごろうちゃんがやって来た。指「キャ! びっくりした 笑」足音もなくやって来たから、びっくりした。二「もうさぁ!ごろうちゃんとはお友達だよ?ね??」ごろうちゃんは、二階堂さんの腕の中で喉をゴロゴロ鳴らしながら、喉元を撫でられていた。指「まったく! ごろうちゃんは、、、笑」二「まだ、かんちゃんは近くに来てくれないんだ! 時間をかければ大丈夫だよね?? [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 7
  • 指「たかし、、、おつまみ作ったよ!」そう言って、お風呂を開けた。二階堂さんは、待ちくたびれたのか?お疲れなのか?湯船に浸かってウトウトしていた!指「ねぇ、たかし! 寝てるじゃん。大丈夫?危ないよ!」湯船で寝るとか、溺れちゃうよ!!二「あ! 待ってたら、ウトウトしちゃった 笑莉乃、今から入る?」指「うん、だけど、、、たかしはもう上がった方がいいんじゃないのかな? 湯あたりしちゃうよ!」二「確かに! ちょ [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 6
  • 二階堂さんがお風呂に入っている間に、シャンパンやワインに合うおつまみを用意しなきゃ!もものモッツァレラチーズとバケットのピザ風この2品を作る事にした。両方とも、あまり手間が要らない料理なので実はすぐに出来上がるのだ!手早くおつまみを作っていたら、、、二「莉乃、シャンプーどれ?」二階堂さんがお風呂からマイクで聞いてきた。指「え? 青の容器のやつ、、わかるかな?」二「え?ちょっと来てー! どれ?」二階堂 [続きを読む]
  • お泊まりデート part2 5
  • 指「リビングは、こっちだよ! なんか恥ずかしい///」二階堂さんのお家には、もう何回も行ってるけど、、、逆に迎える立場になると、緊張するなぁ〜??二「おじゃましま〜す! 広! メッチャ広いね」二階堂さんは、リビングの広さに驚いていた。指「うん、ここはリビングの広さで決めたから、、、」二「あ! これって総選挙のトロフィーだよね。凄いね!1位のトロフィーが3つあるね!いつだっけ? ダウンタウンさんの番組 [続きを読む]