不作為 さん プロフィール

  •  
不作為さん: 行政書士試験 合格への軌跡
ハンドル名不作為 さん
ブログタイトル行政書士試験 合格への軌跡
ブログURLhttp://gyoushoshi.seesaa.net/
サイト紹介文2017年の行政書士試験に合格するために、その一
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 82日(平均1.7回/週) - 参加 2017/03/06 00:19

不作為 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 行政事件訴訟法 51 52 53
  • 19日目、P474 「51」〜。行政書士試験の勉強を始めて3週間目ですがここで、テキストのまとめ的なことを書いても、身にならないのでは?とふと思いました。学校の授業でいうなら、板書を写しているようなもので。書いただけで覚えられたら天才ですからね(^_^;)あと、単にテキストの内容を書くだけでは時間のムダにもなるような気がしまして。だから、今日からは、テキストの内容というより学んだ感想や勉強して分かったことなど [続きを読む]
  • 取消訴訟の審理手続 執行停止 判決
  • 18日目、P466〜。【取消訴訟の審理手続】・取消事由の制限   ①自己の法律上の利益に関係しない違法事由 ⇒ 請求棄却   ②処分の取消しと裁決の取消しの訴えが可能な場合、     裁決取消の訴えでは「処分」の取消しを求めることはできない(原処分主義10条2項)・職権証拠調べ    職権証拠調べは、ともに認められるが、    職権探知主義は、 行政事件訴訟⇒× 不服申立て⇒○・取消訴訟との併合    原 [続きを読む]
  • 原告適格の有無についての判例 その他の訴訟要件
  • 17日目、P462〜。【原告適格に関する判例】・原告適格肯定例   競願者への放送免許につき拒否処分を受けた者   空港周辺住民   都市計画事業地の周辺住民  などなど。・原告適格否定例   質屋営業法に基づく営業許可処分  既存業者   景表法に基づくジュースの表示に関する規約の認定  一般消費者   埋立免許処分及び竣工認可処分  周辺水面に漁業権を有する者   など。【その他の訴訟要件】 ・狭義 [続きを読む]
  • 原告適格
  • 16日目、P460〜。【原告適格】 取消訴訟は、当該処分または裁決の取消しを求めるにつき「法律上の利益」を有する者のみが原告適格を有し取消訴訟を提起できます(9条1項)。受益的処分がなされ、その「処分の相手方以外の第三者」が何らかの不利益を被る場合に原告適格の範囲を拡大している形となっている。9条2項は、取消訴訟における第三者の原告適格を判断するうえで、まず「当該処分または裁決の根拠となる法令の規定の文言の [続きを読む]
  • 処分性(取消訴訟の対象)
  • 15日目、P458〜。【処分性(取消訴訟の対象)】取消訴訟の対象となる処分について判例は、公権力の主体たる国または公共団体が行う行為のうちで、その行為により直接国民の権利義務を形成しまたはその範囲を確定することが法律上認められているもの、としている。処分性なしと判断された例  ・墓地・埋葬に関する通達(最判昭43.12.24)  ・上級庁による認可(最判昭53.12.8)  ・簡易水道事業条例制定行為(最判平18.7.14) [続きを読む]
  • 行政事件訴訟法総説
  • 14日目、いよいよ訴訟法に入ります(・∀・)【行政事件訴訟法総説】・主観訴訟   抗告訴訟 取消訴訟  裁決の取消しの訴え・処分の取消しの訴え        無効等確認の訴え        不作為の違法確認の訴え        義務付けの訴え        差止めの訴え        無名抗告訴訟(法定外抗告訴訟)   当事者訴訟 形式的・実質的・客観訴訟   民衆訴訟   機関訴訟抗告訴訟(3条) [続きを読む]
  • 審査請求に係る執行停止 裁決 教示
  • 13日目、P448〜。【執行停止制度】執行停止の方法 ①処分の効力の停止②処分の執行の停止③手続の続行の全部または一部の停止④その他の措置・裁量的執行停止 審査庁が処分庁の上級行政庁または処分庁⇒審査請求人の申立てまたは職権で・義務的執行停止 申立てがあったら、重大な損害を避けるため緊急の必要があると認めるとき⇒執行停止【裁決】 処分についての審査請求が「理由がある」場合には、審査庁は、裁決で、当該処分 [続きを読む]
  • 不服申立ての要件、審理手続
  • 12日目です(・_・;)P440〜【不服申立ての要件】不服申立て①資格:外国人を排除する趣旨ではない      ②適格:処分について不服申立てをする「法律上の利益」を有する者、         不作為にかかる処分を「申請をした者」     ③期間:主観的(処分があったことを知った日の翌日から起算して3カ月以内)         客観的(処分があった日の翌日から期間して1年以内)           ・不作為状 [続きを読む]
  • 行政不服審査法総説 行政不服申立て
  • 11日目、P434〜【行政不服審査法の意義、目的、対象】・意義:行政庁の処分または不作為に関する私人の不服の申立てに対し、行政庁が審査し解決する制度・目的:簡易迅速かつ公正な手続により国民の権利利益の救済を図る、行政の適正な運営を確保する・対象:行政庁の処分や不作為違法・適法の判断のみならず、当・不当の判断も対象とする。   cf.行政事件訴訟:違法・適法の法律判断のみ書面審理主義   cf.行政事件訴訟:口 [続きを読む]
  • 行政指導・届出 命令等を定める手続
  • 11日目です(・。・)本日は、P428〜【行政指導手続】行政指導とは、行政機関がその任務または所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為または不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって、処分に該当しないものをいう(2条6号)非権力的な事実行為のひとつ。・行政指導の方式  行政指導の趣旨・内容・責任者を明確に示さなければならない(明確化の原則)  口頭でなされた場合は、相 [続きを読む]
  • 聴聞手続 弁明の機会の付与手続
  • 10日目(・。・) P422〜【(不利益処分における)聴聞手続】意見陳述のための手続 ①聴聞:口頭審理 ②弁明の機会の付与:原則 書面審理 行政庁が認めた場合に限り口頭意見陳述権あり聴聞手続の流れ、構成する者、審理の方式、非公開性、聴聞調書、報告書、参酌義務聴聞に基づく処分・不作為については、審査請求できない(27条)【弁明の機会の付与】行政庁が口頭ですることを認めたときを除き、弁明書を提出して行う(29条1項 [続きを読む]
  • 申請後の手続 不利益処分
  • 9日目です(・。・)P416〜【申請後の手続①】第7条 申請に対する審査、応答【申請後の手続②】第8条 理由の提示第9条 情報の提供第10条 公聴会の開催(努力義務)第11条 複数の行政庁が関与する処分【不利益処分】不利益処分とは、行政庁が法令に基づき、特定の者を名あて人として直接に、これに義務を課し、またはその権利を制限する処分をいいます(2条4号)。・処分基準は努力義務だが、定める場合はできる限り具体的 [続きを読む]
  • 行政手続法総説〜
  • 8日目です!ようやく行政手続法に入ります。【行政手続法総説】行政手続きとは、国民に対して一定の行政活動をする場合の事前手続き。個別法に特別の定めがある場合は、個別法が優先する(1条2項)目的:公正の確保と透明性の向上、国民の権利利益の保護適用対象:処分・行政指導・届出に関する手続、命令等を定める手続【行政手続法の適用除外】地方公共団体の機関については、基本的に適用されないが法律に基づく処分・届出に [続きを読む]
  • 行政上の強制手段 行政調査
  • 7日目、P404〜。【行政上の強制手段】①行政強制・行政上の強制執行・即時強制②行政罰・行政刑罰・秩序罰行政上の強制執行には、代執行・執行罰・直接強制・行政上の強制徴収、がある。【行政調査】①強制調査 ②間接強制を伴う調査 ③任意調査①②には法律の根拠必要。行政調査の名のもとに、犯罪捜査を行うことは許されない。(判例)川崎民商事件(最判昭47.11.22)一斉検問に関する判例(最決昭55.9.22)警職法上の所持品 [続きを読む]
  • 行政行為の附款 行政契約 行政指導 行政計画
  • 本日は6日目、P398〜。【行政行為の附款】条件、期限、負担、撤回権の留保、法律効果の一部除外・負担の不履行が、行政行為の撤回や、行政上の強制執行や行政罰の対象になることはある。・撤回権の留保は、無制限には行使できず、合理的な理由が必要。【行政契約】・指名競争入札参加拒否の違法性(最判平18.10.26)・違法な随意契約の私法上の効果(最判昭62.5.19)【行政指導】・特定の者への指導・勧告・助言であり、処分に該 [続きを読む]
  • 行政裁量
  • 5日目です。本日は【行政裁量】から。【行政裁量】判例 要件裁量:マクリーン事件 効果裁量:神戸税関事件裁量権の逸脱・乱用に関して 実体的審査:法律の目的違反、不正な動機 (最判昭53.5.26) 判断過程審査:考慮要素 公立学校施設の目的外使用 (最判平18.2.7)【行政行為の瑕疵】瑕疵ある行政行為 ・取り消すことができる行政行為 ・無効な行政行為 当然無効は、処分に重大かつ明白な瑕疵がある場合手続の瑕疵  [続きを読む]
  • 行政立法 行政行為の効力
  • 昨晩は急にネットに繋がらなくなったため記事を更新することができませんでした(^_^;)だから、これは昨日のものです。4日目 行政立法、行政行為総説、行政行為の効力【行政立法】・法規命令 委任命令 個別具体的な委任が必要 判例      執行命令 手続・形式を定めるもの・行政規則 国民・裁判所が法的に拘束されない【行政行為総説】・法律行為的行政行為   命令的行為 下命(禁止)         免除    [続きを読む]
  • 行政組織
  • 本日は3日目、P380〜383まで。【行政組織】・行政主体 国・地方公共団体・特殊法人・独立行政法人・国立大学法人・行政機関・国の行政組織 内閣・省・委員会・庁行政機関は①行政庁   大臣・地方公共団体の長・警察署長・税務署長(独任制)/内閣・公正取引委員会(合議体)②諮問機関  意見・答申は、行政庁を拘束しない③参与機関  議決は、行政庁を拘束する④監査機関  会計監査院⑤執行機関  「実力行使」警察官 [続きを読む]
  • 行政法の適用範囲
  • 本日は2日目です(^o^)行政法総論総説〜公物まで。(P.374〜P.379)・行政法の一般原則 ①適正手続 ②信義誠実(民法1条2項) ③権限乱用の禁止 ④比例 ⑤平等(憲法14条)④の比例原則だけ、ちょっとわかりにくいですね。☆行政法の適用範囲(行政上の法律関係)判例 ・国の普通財産の売り払い=私法関係 代金債権⇒私法上の債権   会計法30条(5年の短期消滅時効)は適用されない ・安全配慮義務違反に基づく損害賠償請 [続きを読む]
  • 勉強開始しました
  • 本日、2017年2月18日行政書士試験に向けて勉強を開始しました。日々、やったことや気づきなどを記していけたらと思います。どうぞよろしくお願いします(^_^)テキストに選んだのはLECさんの「出る順 行政書士 合格基本書」(2017年版)。この本を選んだのは、売れ筋だったから(^_^;)という単純な理由と、書店で立ち読みした際、あまり違和感がなかったからです。9ヵ月ほどしかありませんがこのテキストを繰り返しやっていこうと思 [続きを読む]
  • 過去の記事 …