妊活ママ さん プロフィール

  •  
妊活ママさん: 高齢出産のルール
ハンドル名妊活ママ さん
ブログタイトル高齢出産のルール
ブログURLhttp://xn--u9j3na1e985ubd6btf1cvuh.com/
サイト紹介文元気な赤ちゃんが欲しい38歳です。妊活をはじめて色んなブログを読んでいて、自分でも書いてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 110日(平均2.9回/週) - 参加 2017/03/06 14:10

妊活ママ さんのブログ記事

  • ショック!臨月になると妊娠線が増える!?今からできる予防法
  • 9か月まで順調にキレイなお腹を保っていたのに、「臨月に入り鏡を見たら、妊娠線が出来ていた!」「予定日の一週間前に妊娠線ができてしまった!」いうことは珍しくありません。臨月に妊娠線ができてしまうのは、赤ちゃんが最後のひと月で、もう一回り大きく成長するからです。赤ちゃんの成長はとても喜ばしいことなのですが、もう少しで妊婦生活も終わりと思っていた時に、妊娠線を発見するとやはりガッカリしますよね。そして、 [続きを読む]
  • 妊娠線はレーザー治療で完全に消すことは出来るの?
  • 妊娠線は母親となった証などと言われますが、それでも妊娠線ができてしまった本人は、あまり歓迎できるものではないですよね。妊娠線が気にならない位に薄くするのに効果が高い、レーザー治療というのがあります。レーザー治療には種類がいくつかあります。フラクセルレーザーこれは表皮の再生をはかるレーザー治療なので、妊娠線の原因である真皮の断裂を治す治療ではありません。レーザーを照射し、肌のコラーゲンを活性化させて [続きを読む]
  • AFCマタニティクリームの口コミと特徴
  • 良い口コミ ・ベタつかずに伸びが良く、香りも良い・リーピーターが多い・妊娠線ができなかった・価格がお手頃でコスパが良い・敏感肌に使用してもトラブルがなかった悪い口コミ ・保湿力をあまり感じない・できてしまった妊娠線にはあまり効果を感じない・さっぱりしすぎて、すぐに乾燥する気がする・妊娠線ができてしまったまとめ 使用感はサラッとしていて、第二子を妊娠した時も使う方がいるほどリピート率の高い妊娠線予防ク [続きを読む]
  • 一石二鳥!!妊娠線クリームは妊娠性痒疹対策にも効果的!
  • 妊娠線も痒みを感じることがありますが、赤いポツポツとした発疹が出ていたら、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)の可能性があります。妊娠性痒疹は蕁麻疹や湿疹とも似ているのですが、痒みが強く手足からお腹や背中など体のいたる所に湿疹や水ぶくれが出来る皮膚疾患です。妊娠性痒疹になると、痒くて眠れずに不眠になってしまったり、寝ている間に血が出るまで掻いてしまうほどの、強い痒みに襲われます。妊娠線の痒みは、痒く [続きを読む]
  • 妊娠線のピリピリした痛みは何!?いつまで続くの?
  • 妊娠線とは、肉割れとも呼ばれ、皮膚の下の真皮が断裂してしまった傷痕を言います。お腹の赤ちゃんの急成長に皮の伸びが間に合わず、真皮が切れてしまうことが主な原因です。もともと痩せ型の妊婦さんや、双子ちゃんを妊娠中の方などは妊娠線ができることが多いので、特に気をつけてくださいね。大きくなったお腹の下のあたりだとママからは見えない為、産後に妊娠線の数に驚くこともあるんですよ。妊娠後期から臨月にかけて、赤ち [続きを読む]
  • 基礎体温は脇の下か口どっちがいい?間違った測り方していませんか?
  • 体温を測るといえば、脇の下ですよね。では、基礎体温を測るのはどこか知っていますか?実は、基礎体温は口で、正確には舌の下で測定します。しかも、コツが必要なのです。間違った方法では正しい結果が得られず、妊活に活用できなくなってしまいます。ここでは、基礎体温の正しい測り方をご紹介します。なぜ基礎体温の測定は口が良いの?脇の下は汗腺が多くて汗をかいたり、体毛があって体温計の温度測定部分が体にしっかりフィッ [続きを読む]
  • 気温によって基礎体温は変わるの?夏と冬など外気による変化
  • 真夏になればダラダラ汗をかくほど暑くなりますし、真冬になれば手先や足先が凍えるくらい寒く感じることもあります。「外気温が基礎体温を変化させてしまうのでは?!」そんな不安を抱く人もいますね。ここでは、夏や冬といった外気温の変化は、基礎体温に影響するのかをまとめました。基礎体温は外気温に影響を受けるのか?人は恒温動物といって、体温を一定に保つ能力を持つ動物です。外気温の変化に影響されにくい体になってい [続きを読む]
  • 妊娠線が痒いのは何故?痒みを抑える方法は?
  • ただでさえ嫌な妊娠線。そこに痒みまで襲ってきたら、本当に気が滅入りますよね。一度掻き始めると止まらない、あの痒み。以下の事が原因になるのです。・妊娠によるホルモンバランスの乱れによって、皮膚が敏感になり乾燥しやすい・お腹が大きくなり皮膚が引っ張られるため、皮膚が薄くなり刺激に敏感になる・妊娠線は傷と同じため、かさぶたが出来て痒くなる掻き過ぎは、肌トラブルを招いたり傷跡を残してしまう危険性があります [続きを読む]
  • ノコア妊娠線クリームの口コミと特徴
  • 良い口コミ ・産後の妊娠線のケアに効果を感じる・のびが良く、しっとり感のあるクリーム・妊娠線が薄くなってきた・肌にハリが出て、肌のコンディションが良くなった・ベタつきも香りも気にならない・お腹のボコボコ(セルライト)が目立たなくなった悪い口コミ ・あまり効果を感じない・値段が高めなので、継続するのが難しい・マッサージをすると白いカスのようなものが出るまとめ ノコア妊娠線クリームは10年以上前から販売さ [続きを読む]
  • おりものと排卵日の関係。色や量、ニオイで生理周期がわかる
  • おりものの状態で排卵日が分かるのをご存知でしょうか?生理の時以外に分泌されるおりものは、生理周期によって色や量、ニオイが変化します。そんなおりものと排卵日の関係をご紹介します。生理周期<時期別>おりものの状態女性の生理周期は月経期・卵胞期・排卵期・黄体期に分けられます。それぞれの時期で女性ホルモンの量やバランスが違っていて、卵巣や子宮の状態が異なり、おりものの量や色も変化しています。月経期生理の期 [続きを読む]
  • 基礎体温を測る前に動いてしまったら?トイレや二度寝は大丈夫?
  • 基礎体温は体を動かす前に測定します。ですが、トイレに行ったり、二度寝したり、寝返りや伸びなど、体を動かしてしまうことはよくあります。どの程度なら動いても良いのか疑問ですよね。そんな、「これって良いの?」と思う基礎体温の測り方についてお話します。トイレに行くと基礎体温は下がる?朝、目が覚めてトイレに行きたくて堪らない時もありますし、寝ぼけていて基礎体温を測る前にトイレにいってしまった、ということもあ [続きを読む]
  • お酒を飲むと基礎体温は上がる?二日酔いだと正確な体温は測れない理由
  • 妊活中でも仕事や友人との付き合いは断れませんよね。ついつい楽しく飲んでしまったり、やりきれなくてヤケ酒を飲むこともあるでしょう。でも、その翌日は基礎体温がびっくりすることに!お酒を飲んだ翌日は基礎体温が上がることも多く、そもそも二日酔いでは基礎地温が正確に測れないのです。ここでは、お酒と基礎体温の関係についてお話します。飲酒した次の日は基礎体温が上がるのはなぜ? お酒を飲む時、大体なにかおつまみを [続きを読む]
  • ルイボスティーが卵子の若返りに良いって本当!?
  • ルイボスとは南アフリカ原産のマメ科の植物です。このルイボスから抽出したお茶が「ルイボスティー」。ノンカフェインで、ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパー・オキシド・ジスムターゼ)」や「ケルセチン」という成分が、非常に強い抗酸化作用を持っています。この抗酸化作用=「活性酸素を除去するという働き」が、妊活には非常に有効です。なぜなら、活性酸素は卵子の老化に影響するからです。これが妊活にルイボスティー [続きを読む]
  • 妊活にはビタミンE!アーモンドやひまわりの種がおすすめ
  • 「妊娠ビタミン」と呼ばれるビタミンEは、トコフェロール(Tocopherols)という別名を持ち、ギリシャ語で「tokos」は誕生・出生、「pherein」は産む・授かる・もたらすという意味を持ちます。ビタミンEは強い抗酸化作用があるため、体の活性酸素を除去し、健康で若い細胞のサビない体作りに最適です。それは、卵子の老化予防にも効果的なのです。他にも、ビタミンEが妊活に良いとされる理由は、「ビタミンEには黄体ホルモン(プロ [続きを読む]
  • 高齢妊活にはえごま油!オメガ3脂肪酸で卵子の老化を防止!
  • 高齢出産とは、初産で35歳以上の方や経産婦で40歳以上の方のこと言います。誰しも年齢を重ねるとで、妊娠しにくくなります。妊活をすると決めたら、妊娠しやす身体を作るために 食習慣について考える必要があります。理想の食習慣と今の食習慣との間に差があるのであれば、積極的に改善していきましょう。ここでは、えごま油に多く含まれるオメガ3脂肪酸のパワーについてみていきましょう。オメガ3脂肪酸とはオメガ3脂肪酸は、 [続きを読む]
  • ベルタマザークリームの口コミと特徴
  • 良い口コミ ・のびがよく、使いやすい・美容成分が入っているので、肌がキレイになった・出来てしまった妊娠線に塗っていたら、ほとんど分からないほど薄くなった・つわりの時期に使っても、香りが気にならなかった・塗った箇所の痒みが治まった悪い口コミ ・使った後しばらくベタベタするので、すぐに洋服が着られない・肌荒れや蕁麻疹が出ることがある・朝と夜2回使うと、1本で1ヶ月保たない・保湿力が弱いと感じる・値段が高め [続きを読む]
  • 妊活の敵である冷え性にはキムチが効果的!?でも辛い物って食べて良いの?
  • 妊活中の低体温は大敵です。体温が上がることは体内が温まるということなので、内臓の動きが活発になります。内臓の動きが良くなると卵巣や子宮も元気になり、排卵や生理の周期も安定し元気な卵子が作られます。子宮が健康だと子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすくなります。良いこと尽くめですね!体を温める食べ物は、根菜、色の濃い野菜など沢山ありますが、ピリッと辛いものを食べていて体が熱くなり、汗をかいた経験はあ [続きを読む]
  • 妊活の相談は婦人科?それとも産婦人科?
  • 「産科」「婦人科」「産婦人科」それぞれがどんな科なのかご存知ですか?そして、妊活の相談先はどこがベストか分かりますか?分かっていそうで意外に知らない妊活の相談先や、相談に行くタイミングなどについてお話します。妊活相談は産婦人科で良いの?病院の選び方女性の性に関する医療機関といえば「産科」「婦人科」「産婦人科」があります。それぞれの特徴をみてみましょう。産科妊娠検査や妊婦健診、妊婦の病気、出産など、 [続きを読む]
  • 妊活が理由の休職って可能?上手く仕事と両立できる方法はある?
  • 「妊活のために毎週1〜2日休みます」こんなことを上司に言えますか?絶対ムリ!でも早く赤ちゃんが欲しい!でも、仕事も続けたい。妊活と仕事の狭間で悶々とする人も少なくないでしょう。妊活と仕事の両立、休職や退職について考えてみました。妊活で休職はあり?会社は許してくれるのか?「妊活のために休職します。」こう上司に言える人は、恵まれた職場に居ると思います。女性の社会進出が進んだと言っても、「妊活・妊娠・出産 [続きを読む]
  • 早生まれは保活に不利!?今や出産時期を計算する時代
  • 「保活は妊娠前からスタート」「早生まれだと保活負け組」そんな風に言われるのをご存知ですか?また「早生まれを避けて妊娠しよう!」と妊活する人もいます。そんな早生まれと保活の関係や、保活の進め方などについてまとめました。保活とは?まず、保活というのは「保育園に子供を預けるために準備すること」です。情報収集したり、保育園を見学したり、自治体の窓口に顔を出して担当者と話をするなど、保育園入園のための活動を [続きを読む]