立道智之 さん プロフィール

  •  
立道智之さん: 立道智之の日記
ハンドル名立道智之 さん
ブログタイトル立道智之の日記
ブログURLhttp://tatetomosyo.hatenablog.com/
サイト紹介文趣味で小説を書いております。 小説家になろうにて活動していました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 11日(平均5.7回/週) - 参加 2017/03/07 09:59

立道智之 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 佐野昌綱の野望6 公開しました
  • Amazon Kindle Unlimitedにて佐野昌綱の野望6:本能寺大乱編公開しました。物語の都合上、今までの昌綱の一人称に対して三人称表現なのはご容赦ください。また、今までの本能寺の変の通説と違って作者の考えが入っている点もご容赦願います。(明智光秀説ではないです)突然起こった本能寺の変は昌綱ら関東衆だけでなく、織田政権でも政治勢力の大変動を起こします。関東の昌綱は何が起こったのかは知るすべもないのですが羽柴秀 [続きを読む]
  • 佐野昌綱の野望 登場人物のご紹介 英傑編
  • 上杉輝虎、上杉謙信です。享禄3年(1530年)〜天正6年(1578年)説明不要の有名人です。本作の前半の影の主人公です。本作では有名な女性説を採用です。これは追ってまた説明したく。佐野昌綱の野望ですが実は私の以前の作品、越後の虎のスピンオフ作品ですのでこの人が私の作品の始まりであったりします。本作では少々感情的で暴力的ですがビジネスに長け、旧来の大名の領土を奪うやり方に若年期は抵抗を示す史実に合わせたキャラ [続きを読む]
  • 佐野昌綱の野望 登場人物のご紹介 佐野四天王編
  • 続いては佐野家の家臣団のご紹介です。佐野家には勇猛な家臣団、佐野四天王が居たようです。これは史実です。佐野家、地方大名と思えないです。すごいですね。ただ、実像ははっきりしないのが残念なところ。佐野四天王の名前も資料によって差異がありますので本作では名前はこちらで推測みたいな形になっています。山上道及、生没年不明。複数の名前が伝わっていますが本作では山上氏秀で統一しています。佐野四天王では一番有名で [続きを読む]
  • 佐野昌綱の野望5 公開しました
  • Amazon Kindle Unlimitedにて佐野昌綱の野望5:孤高第六天魔王編公開しました。織田信長ですが天下統一が見えてきます。関東の雄、北条氏の北条氏政は信長に恭順の意を示し、武田家の武田勝頼も信長に恭順の意思を示しますが信長は自分の力を世に知らしめる生贄を欲します。武田家はうってつけでした。信長と上杉謙信との関係この頃には破綻していますが謙信に恩義や現代の頃に思いを寄せていた歴史研究会のヒロインの面影を感じ [続きを読む]
  • 佐野昌綱の野望 登場人物のご紹介 佐野家初期編 
  • 佐野昌綱の野望ですが登場人物をご紹介。まずは佐野家からです。佐野昌綱享禄2年(1529年)〜天正2年(1578年)下野国唐沢山城主(栃木県佐野市)、佐野家15代目当主。佐野泰綱の次男。本作の主人公です。現代の転生者で昌綱の子孫が本来の昌綱に代わり活躍します。史実の昌綱は関東一堅牢な唐沢山城を楯に上杉謙信や北条氏康の攻撃を幾度と防ぎ、佐野家の脈絡を保ちますが惜しい事に若くして亡くなってしまいます。それでも [続きを読む]
  • 佐野昌綱の野望1〜4 公開中です。あらすじをご紹介。
  • 佐野昌綱の野望ですが既に1話から4話までAmazon Kindle Direct Publishiing の読み放題の Kindle Unlimited にて公開中です。あらすじをご紹介します。佐野昌綱の野望1:戦国転生編ひょんな事から戦国時代に転生してしまった現代の大学生、富田昌弘。どうも先祖と思しき戦国大名の佐野昌綱に転生してみたいだけど家臣団は現代の大学サークル仲間そっくりで心持たない。しかも周りは後の上杉謙信や関東の下剋上の雄、北条 [続きを読む]
  • 小説を書き始めたきっかけ
  • 今まで小説なんて書いた事が無かったのですが何を考えたのか「小説家になろう」で私が好きな歴史物を書き始めたらなんかどうも読んで頂いてるみたい……と、気を良くして良い年をして書き始めた次第です。ただ、「小説家になろう」ではやはり異世界転生や主人公最強ハーレムものが非常に強いのでなんか違う世界に足を突っ込んだ次第です。誤字や日本語の不足はこれからまだまだ修行です。「小説家になろう」で割と人気があった「佐 [続きを読む]
  • 過去の記事 …