蜜柑 さん プロフィール

  •  
蜜柑さん: くだらないの中に
ハンドル名蜜柑 さん
ブログタイトルくだらないの中に
ブログURLhttp://cornet0826.blog.fc2.com/
サイト紹介文結婚6年目、今年30歳。PCOSあり、タイミング法〜子宮外妊娠を経て体外受精にチャレンジ中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 16日(平均3.9回/週) - 参加 2017/03/07 14:02

蜜柑 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • BT20 5w2d 胎嚢確認と夫からの言葉
  • 胎嚢確認までの一週間、何かにつけては不安になる日々を過ごしていました。というのも、BT18の朝、排便後(汚い話でごめんなさい)ティッシュで拭くと生理一日目のような茶色い出血。これまでより色も濃く、ベタっとした状態。さーっと血の気が引いていく。といっても、3連休ど真ん中。忙しい休日に休むなどできないためそのまま仕事へ。仕事中、夫からメールが着ていたのだけど「妊娠4週目以降は出血することが結構あるみたい。重 [続きを読む]
  • BT16 判定結果と体調
  • 判定日から早5日。まさかの陽性判定をいただいてます。採血の時、看護師さんから「茶オリ出たんだって?よしよし。陽性の人は出る人が多いからね」と言われ、本当かよ〜・・・とびくびくしていました。子宮内膜が6mmでの移植だったけれど、しがみついてくれたたまご。すごく強くて、忍耐力のある子だなあと感動してます。BT11に判定日(仕事のため一日遅れ)だったのですが、hcg値は600台。とりあえず、安心できる数値なのかな、し [続きを読む]
  • BT11 今日は判定日です
  • 本日BT11。午後から判定日です。もう、お腹の中で答えは出ているのだけど、緊張して何も手につかない。体調はというと、昨日まで頭痛や腹痛などの症状があったものの今日はすごくすっきりしています。妊娠初期の症状って、生理前の症状と本当に似ているので、何にもあてにならないな・・・としみじみ。健忘録として、今日までの体調を残しておきます。〈移植後の体調おぼえがき〉BT5早朝、足がつる。これで移植後2度目。調べてみる [続きを読む]
  • BT4 症状なし。仕事のミスと、家族のやさしさ
  • 拡張胚盤胞を移植してから、あっという間に5日目。胚盤胞移植は、BTと数えるのですね。またひとつ勉強になりました。移植してから、基礎体温は計っていません。病院で、ホルモン補充周期は基礎体温は関係ないから!と強く言われたのもあるのだけど前回の判定日までの間、体温で一喜一憂してしまい、とても辛かったので。フライングもせず、判定日を迎えたいなと思っています。しかし、今日まで驚くほど症状がない。(´ω`)うふふ [続きを読む]
  • Expanded Blastocyst=拡張胚盤胞とは
  • 移植後、クリニックからいただくIVF記録という紙があるのだけど、そこに見慣れない単語が。"Expanded Blastocyst"調べてみると「拡張胚盤胞」という意味らしい。 1.初期胚盤胞(Early blastocyst) 2.胚盤胞(Blastocyst) 3.完全胚盤胞(Full blastocyst) 4.拡張胚盤胞(Expanded blastocyst) 5.孵化中胚盤胞(Hatching blastocyst) 6.孵化後胚盤胞(Hatched blastocyst)よくAHA(アシストハッチング)という言葉を聞くけれど、孵化 [続きを読む]
  • D12 明日は診察日です
  • 明日はいよいよ診察日。結果次第で、今周期の移植にのぞめるかどうかが決まります。今年に入ってからウォーキングを始めたり、ルイボスティーや葉酸サプリを飲み始めました。もともと、甘いものも大好きな私ですが、白砂糖や小麦粉などは血流を妨げる要因と聞きここ何か月かは、意識して控えるようにしています。自分の生活を見直す良いきっかけになりました。でも、無理しすぎるのも体に毒なので、カリカリしない程度にね。早寝、 [続きを読む]
  • D11 お休み期間を経て、ホルモン補充周期に入りました。
  • またもやお久しぶりの更新となってしまいました。初めての体外受精で撃沈してから、あっという間に3か月が経ちます。その間、昨年の12月に2度目の採卵を行い、移植はせず次周期も治療はお休みしていました。というのも、仕事が怒涛のセール期間に入ったから・・・走り回り、叫びまわり、目が回るほどの忙しさでした。。頑張ったぞ、わたし。2度目の採卵で取れた卵は4つ。前回の倍です。うれしいなあ。よくネットで、30個取れたとい [続きを読む]
  • 体外受精と、それまでの経過③
  • 一周期目。結論から言うと、陰性でした。着床にかすりもしておらず、何の反応も無かったとのこと。体外受精の治療は、お腹の中から卵を取り出す「採卵」その後、卵子と精子を外で出会わせ、受精が確認できたらお腹に戻す「移植」ざっくり分けるとこの2つの段階があります。私の病院ではできるだけ身体に負担をかけない治療法を取るようで、一度に取れる卵は少ないそう。初めての採卵で、取れた卵は2つだけ。無事にふたつとも受精 [続きを読む]
  • 過去の記事 …