bemoved さん プロフィール

  •  
bemovedさん: 自分を磨いて出版を目指すブログ
ハンドル名bemoved さん
ブログタイトル自分を磨いて出版を目指すブログ
ブログURLhttp://be-moved.biz/2017/
サイト紹介文自分を磨いて出版したい、という方を対象に、企画書の書き方やメディア戦略で支援する方法をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 157日(平均2.4回/週) - 参加 2017/03/07 14:58

bemoved さんのブログ記事

  • 本を出版するには、どうしたらいいか
  • そもそも、本を出版するにはどうしたらいいかをお伝えします。最初の一歩が踏み出せない方が案外多いようです。そんな人が「初めの一歩を踏み出す」ための参考にしていただければと思います。一般的には、「出版企画書」を書く本を出版したいと思うのであれば、まずは、当たり前に「出版企画書」を書きましょう。よく、すでに本を出したことがあるのに、「自分は、企画書を書いたことがない」「先方からオファーが来たから」という [続きを読む]
  • 本を出版するには、編集者に恋しよう
  • ■編集者に出会いにいこう私たちの会社や、Jディスカヴァーでは、定期的に、出版にまつわるセミナーを行っています。セミナーの参加者の方のなかには、「編集者という人に会いにきた」とか「編集者はどういうことを考えているか知りたい」などと、編集者に希少動物的な価値を感じてくださっている方がいらっしゃいます。日本には、現在、3000社強の出版社があり、なので、少なくとも3000人、一人出版社が多いとはいえ、多くて1万人 [続きを読む]
  • 本を書く人になるたったひとつの秘訣
  • 本を出している人は「やっぱりすごいなぁ、、、自分はまだまだだな」と思いますか?それとも「自分にもできる!」と思いますか?本を書く人は、圧倒的に後者のマインドを持つ人です。本を読んでいて、「あぁ!この内容、日頃自分もお客さんに伝えていることだな」「この内容、他の本でも同じようなことを言っていたのを読んだな」「自分も無意識的にこれまでやっていたことだな」と感じたことありませんか?そう感じたとしたら、こ [続きを読む]
  • ブログに大切な意外な要素とは?
  • ブログは記事の内容はもちろん重要ですが、それと同じくらい重要な要素がもうひとつあります。それはなんだと思いますか?意外かも知れませんが、アイキャッチ画像と言われるブログ記事のトップに表示される画像です。なぜアイキャッチ画像がそれほどまでに重要なのか?今回はブログに大切なアイキャッチ画像の役割とその重要性をお伝えしたいと思います。役割1.記事のイメージを伝えるアイキャッチ画像というのは、通常記事タイト [続きを読む]
  • 成功する著者、失敗する著者
  • 著者にも、成功と失敗がある?もしかしたら、この記事をお読みの方は「著者になったら成功じゃないの?」「出版にも成功と失敗があるの?」と思っておられるかもしれません。実際、確かに初めての本を目指している方からすると「自分の本がある」というのは、「すごい!」ってことで、「失敗ってなんだろう」ってことかもしれませんが。確かに、本を出している方は傍から見ると華やかだし、成功しているようにしか見えません。しか [続きを読む]
  • 自分の才能を世界一簡単に見つけて発揮する方法
  • iMac,iphone,ipad…。次々と世の中を驚かせ求められる製品・サービスを発表し、熱狂するファンを生み出していく。この世を去った後も未だにスティーブ・ジョブズの影響は至るところでみられる。世界的ブランドである「パナソニック」をつくりあげ、晩年も「松下政経塾」を立ち上げ、政治家・起業家の育成に情熱を注いだ松下幸之助。「経営の神様」として亡くなった後も彼の経営思想に多くの経営者、起業家が共感し、学んでいる。日 [続きを読む]
  • 加速する未来で勝ち残るための秘訣は、著者になること。
  • 昔の感覚が、10年から5年に以前は、十年一昔と言っていましたが、今は、五年一昔の時代になっていると実感しています。私も「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」などの企画をご一緒させていただいている、売れっ子著者の田口智隆さんの場合。リニューアルされた最初の本が、「10年後、金持ちになる人、貧乏になる人」、リニューアル復刻した本が、「5年後、金持ちになる人、貧乏になる人」。というように、10年が [続きを読む]
  • 加速する未来で勝ち残るための秘訣は、著者になること。
  • 昔の感覚が、10年から5年に以前は、十年一昔と言っていましたが、今は、五年一昔の時代になっていると実感しています。私も「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」などの企画をご一緒させていただいている、売れっ子著者の田口智隆さんの場合。リニューアルされた最初の本が、「10年後、金持ちになる人、貧乏になる人」、リニューアル復刻した本が、「5年後、金持ちになる人、貧乏になる人」。というように、10年が [続きを読む]
  • なぜ、9割の人は自分の強みに気づけないのか?
  • 自分の強みを活かしながら、生きていく。誰もがそう願いながらも、なかなか自分の強みに気づけていない人が多いのではないでしょうか。これまで、個別でのかかわりから、600人以上の経営者・個人起業家・リーダーの方々の強みの明確化をしてきた経験から、今回は「なぜ、多くの人が自分の強みに気づけないのか」という理由を理解をした上で、「どうやったら強みに気づくことができるのか」をお伝えてしていきます。ぜひ、ご自身の [続きを読む]
  • 才能は誰でも持っているギフト
  • 多くの人が「才能」という言葉を聞くと、「自分には関係ない、一部の人だけが持ってる能力でしょう」と言われます。それは「才能」に対しての誤解があるのでそう思ってるだけなんです。実は、「才能」は誰にでもあるのです。自分ならではの才能に気づけたらどうでしょうか?とても自分の可能性が広がると思いませんか。「才能」に対しての誤解と定義をお伝えしていきながら、僕が実際にクライアントさんに対して才能発掘を行ってい [続きを読む]
  • ブログと広告収入の関係
  • ビームーブ株式会社では、出版に伴うサイト運営やサイト制作以外にアクセスアップの相談もお受けしています。その中で、ブログの広告収入をあげて事業の柱にしたい、という方も多くいます。個人、法人に限らずブログを書いて広告収入を稼ぎ、生計を立てたりビジネスの基盤にしたりするのはすでに一般的になっていますが、まだまだ目的と手段について勘違いしている方がいます。そこで、今回はブログの広告収入について私の考えをお [続きを読む]
  • 著者が本を売るということ
  • そもそも著者が本を売るってどういうこと?本を出したら、本は出版社が売ってくれる。そんなイメージを持っている人も少なくないかもしれません。「本は出版社が売ってくれる」と思っている人は、比較的、著者の勉強初心者。「本は自分が積極的に売っていかなきゃ」と思っている人は、出版のことをよく勉強されている方。そんな印象があります。それはなぜでしょうか。出版業界で、本が売れるということは編集者は「3割バッター [続きを読む]
  • 本でファンを増やすとは?
  • 書店配本の魅力テレビに出るタレントや著名人のTwitterのフォロワー数は、何十万、何百万の単位。やはり、全国ネットは強いですね。本の世界でいうと、書店流通。本の力が弱まってきているとはいえ、書店に配本され、多くの本が読まれるとおのずとファンは、増えますし、本がきっかけで、雑誌やテレビに取材されることも。本を出して、出版社の力で、ファンを増やせたらいいですよね。出版社に力を入れてもらうためにも自分のファ [続きを読む]
  • ファンを育て、情報を得て、よりよい出版を
  • 著者がファンを育てることで、どういういいことがあるかを、「ファンとつながりを持つ著者になる」と題してお伝えしていますが、本日は「ファンからは情報をもらえる」というテーマで書いていこうと思います。ファンがいるってどういうこと?ファンとは、「自分に期待をしてくれている人、応援してくれている人」だと思います。お客さんでも、もしかしたら「ファン」とまではいかない人もいるでしょうし、スタッフや、外注さん、 [続きを読む]
  • 新しいビジネスのアイデアをどんどん出すための方法
  • 1943年に エドウィン・ハーバード・ランドは、3歳の愛娘の写真を撮りました。するとその娘は、撮った写真を「すぐに見ることができないの?」と尋ねたのです。彼は娘のアイデアを現実にする方法について考え、4年後にポラロイドカメラの第一号を発表したのです。もし、彼の娘が写真がすぐに出来上がらないことを知っていたら、あるいは彼は娘のアイデアを無視していたら、ポラロイドカメラが登場することはなかったでしょう。また [続きを読む]
  • ファンと繋がりを持つ著者になる ファンは本を売ってくれる
  • 本を出すのにファンがいるのは、いいことなのですが、もう少し、ファンがいることと本の出版の関係を考えていきましょう。有名人の企画が通るのは、部数が見えるから人気俳優、人気スポーツ選手など、本業は作家ではなくても本が出ます。木下優樹菜は、料理研究家ではなくても「ユキナ飯」という本を出しました。子どもを産む、お料理をする、という彼女の一連の活動自体が、それぞれのステージで本になっています。「ユキナ婚」 [続きを読む]
  • 【ブログ構築入門】vol.3 サーバーにWordPressをインストールしよう!
  • いよいよ、今回の記事では契約したサーバーにWordPressをインストールする方法をお伝えします。WordPressは、コンテンツマネージメントシステムと言って、CMSと言われています。一昔前は、ホームページを作る際はHTMLというマークアップ言語で呪文のようなタグを記述する必要がありました。しかし、CMSというものを使えば、HTMLの知識がなくても簡単にホームページやブログを開設することが出来るため、またたく間に利用者が増えて [続きを読む]
  • ファンと繋がりを持つ著者になる 〜本を出し続ける人にはファンがいる〜
  • これまで本を継続して出す著者になるための方法をお伝えしていますが今回は、「ファンと繋がりを持つ著者になる」ことが本を出し続けられる秘訣である、ということをお伝えいたします。本を出し続けられるということは端的にいうと、本を買ってくれる人がいるということです。そりゃそうでしょと思うかもしれませんがどうしたら、買ってもらえる人を作ることができるか知っていますか?それには、あなたのファンを作ることです。フ [続きを読む]
  • 【ブログ構築入門】vol.2 ドメインを取得しよう!
  • 前回はレンタルサーバーの契約の仕方について説明しました。 ビームーブ株式会社 2 shares【ブログ構築入門】vol.1 レンタルサーバーを借りよう!http://be-moved.biz/media/rental-server/著者を目指すには、日頃からあなたが何者かを発信しておく必要がありますが、そのために、無料ブログではない、あなただけのオリジナルブログはとても有効な手段だということをお...レンタルサーバーが契約出来たら、次はあなただけのドメイ [続きを読む]
  • 自分の強みを診断する!50万人の実績ある診断ツールとは?
  • こんにちは!著者のためのビジネスプロデューサー 足立裕亮です。ビジネスでも、出版でも、次のステージへ向かうために知っておくべきことの1つに「自分の強み」があります。でも、自分の強みとは何か?と考えてみても、なかなかわからない人も多いです。そこで今回は「自分の強み」がわかり、「強みの活かし方」までわかる「ストレングス・ファインダー」という診断ツールのご紹介をしていきたいと思います。自分の強みを診断す [続きを読む]
  • 本を出し続ける人の特徴〜差別化ができている〜
  • こんにちは城村典子です。本を出すことが夢だった!まだ、本を出したことのない人は、初めての本にワクワク!一方本を1冊出した著者が必ず、全員2冊目以降の本を出せるとも限りません。色々な理由で、1冊で終わってしまうことが実は多い。では、本を出し続けられる著者とそうでない著者の違いは何か今まで1、軸がぶれてない2、スパイラルアップしている3、ミッションが明確という話をしてきましたが本日は【 差別化ができて [続きを読む]
  • 本を出し続ける人の特徴〜差別化ができている〜
  • こんにちは城村典子です。本を出すことが夢だった!まだ、本を出したことのない人は、初めての本にワクワク!一方本を1冊出した著者が必ず、全員2冊目以降の本を出せるとも限りません。色々な理由で、1冊で終わってしまうことが実は多い。では、本を出し続けられる著者とそうでない著者の違いは何か今まで1、軸がぶれてない2、スパイラルアップしている3、ミッションが明確という話をしてきましたが本日は【 差別化ができて [続きを読む]
  • 本を出し続ける人の特徴〜スパイラルアップしている〜
  • 私は、多くの著者と関わってきました。出版社で編集担当して、あるいは、上司として部下が担当した本。また、企画会議にあげようと観察している方や今、企画書をアドバイスして関わっている方など数だけでは、5千人以上になるかと思います。先日、学研とのコラボで開催した田口智隆さん(私は、「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか」などを担当)の講演セミナーでお話されていたことも普段私がお伝えしていることと、多く通 [続きを読む]