青星 さん プロフィール

  •  
青星さん: さあいこう!
ハンドル名青星 さん
ブログタイトルさあいこう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ya9syonen
サイト紹介文野球素人の父親審判が、どこまでできるか? 軟式野球を中心に、高校野球もやります!(予定)
自由文野球素人の審判奮闘記。

青少年育成、社会貢献?
いやいや、僕が審判やりたいからやっている!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 162日(平均3.9回/週) - 参加 2017/03/08 18:08

青星 さんのブログ記事

  • ノーゲーム。
  • 招待試合の2日目。この日は第3試合に球審の割り当てがありました。3試合目ですからお昼少し前に行けばよかったのですが、朝から今日も気合が入りまくりなので朝から会場入り。とはいえ、昨日1試合でへろへろだったので、会場入りをする前に、奮発してエナジードリンクを買ってグビグビと飲みました。僕が住む町は、「お達者度」が高い町と言われているようです。僕の出番までの2試合を、Y先輩がやられます。僕が昨日たかだか [続きを読む]
  • この時期にしては、
  • 招待試合で、球審を一試合行った後、SW先輩が二試合球審をやると言われたので、そのまま二試合とも塁審に入らせていただこうなどと朝は思っていたのですが、ヘロヘロのまま球審を行った後だったので、直後の試合は見学させていただき、その次の試合で2BUに入らせていただきました。さて見学している時のことです。会場責任者の先生と、片方のチームの先生が知り合いだったようで、試合前から談笑をされていて、それはそれでなんの [続きを読む]
  • おねえっぽい。
  • 先日の土曜日は、中学招待試合の球審1試合をやりました。先日の高校の審判講習会を受けて、大きなジャッジ、ナイスプレイに対してはそれを賞賛するかのようなジャッジを心掛け、試合に臨みましたが、仕事の疲れからか、この暑さからなのか僕自身ばて気味で、一塁へ駆け上がってホームに戻ってくるときもやや息が切れましたし、ストライクコールをいつもように誰よりもでかい声で出しても、その声だしで数秒呼吸が途切れるだけでも [続きを読む]
  • お話にならない。
  • またまた審判講習会ネタです。講習生と交互に3BUに入りました。ノッカーの高校の監督はうまい具合に三塁線への鋭い打球を打ってくれます。その三塁線への打球は内野にだったり外野にだったり。僕の番の時には、外野への飛球ではなく、内野の三塁ベースをかすめんばかりに打ちました。まっすぐ僕に向かってきた打球に対して、なんとか避けました。しかし、避けること(打球に当たらないこと)が精いっぱいで、打球がベースをかすめ [続きを読む]
  • 審判の枠内で最大限に応える!
  • またまた審判講習会ネタてす。高校野球では、良いプレイに対して、審判が大きくジャッジをすることでそれに応えようとする考えがあるようです。もちろん審判ですから、ファインプレイに対して、「ナイスプレイ!」とは口を出して言わないまでも、例えばダイビングキャッチで見事に打球を捕球した時などには、大きく何度も、「キャッチ!キャッチ!キャッチ!!」。右腕を何度も大きく叩きつけて、そのファインプレイに対して、審判 [続きを読む]
  • スワイプ
  • この研修で、初めて聞いた言葉がありました。それは、「スワイプ」と言う言葉です。1BUのケースで内野ゴロ。研修生が内野内で角度をつけて一塁に体を向けボールと打者走者を待ち構えます。すると送球がホーム側にそれました。一塁手はタッグに行きます。そこで、ぐいっとタッグが見える位置(ファウルライン側)に踏み出し見に行きます。「OK!!! いいよ!」と指導官から声がかかります。この場面の説明で指導官が、「今のスワイ [続きを読む]
  • 檄が飛ぶ。
  • この研修が終わってまず思ったのは、普段の中学のオープンゲームなどでも、いつも以上に、大きな声、わかりやすいジェスチャーをしていこうということでした。指導員の方が、多くの受講生に口酸っぱく言っていました。「おい!そのジャッジで球場全体の人を納得させられるのかい?!」と。ごにょごにょとしたジャッジではグランドレベルでわかっても、観ている観客がわからない。だから大きく、はっきりと、きびきびとジャッジをす [続きを読む]
  • レポートたくさん書けそう
  • しばらくぶりです。ブログを書かない間、社会人野球4試合の塁審をやりましたが、ラインアウトのジャッジができなかったり、(すぐに口から出てこない)1Buの時、ベースをかすめんばかりの鋭い打球に対し、ベースが通り過ぎてすぐに判定を出来なかったりと、まだまだとだめだなぁと感じていました。その中で、昨日は高校野球の審判講習会に参加させていただきました!いやぁレベルが高い! それでも、夢への第一歩を踏み出した充 [続きを読む]
  • へんてこ親子。
  • この週末、社会人野球審判があったのですが棄権が重なり、結局試合が無くなってしまったため、高校野球観戦となりました。僕の師匠であるパンチさんに、次の予定をLINEで聞いたら、明日のA球場第一試合のPUとのことでしたので、それでは観に行きます!と答えたら、渡したいものがあるから取りに来るようにと言われ、仕事帰りにご自宅にお邪魔したところ、パンチさんから大会パンフレットなどをいただきました。パンフレットには大 [続きを読む]
  • 師匠の活躍を観に行く
  • 実は、先週僕の会社のプレゼン全国大会があり、横浜の、それこそ生涯二度と泊まれないであろう高層ホテルに泊まる機会がありました。少し離れたところに横浜スタジアム。夜、親睦会が終わって部屋に戻ると、ちょうどプロ野球の試合の終盤だったようです。スタンドには大勢の観客が見え、こっちにいきたかったなぁ、と。次の日は、高校野球神奈川大会の開会式だったそうで、ブログネタに見に行こうかなぁなどと思いましたが・・・。 [続きを読む]
  • 逃げそびれた父兄審判さん
  • 中体連を一試合やった後、学童の公式戦のグランドへ向かいました。一日に、会場を変更してさらに審判ができるなんて!暑いけど何試合もできそうな気がしていました。会場に着くと、良く知る父兄さんから、今日青さん球審やるの?と聞かれましたが、これから配置が決まるんですよ、と答えました。もちろん球審は喜んでやる僕ですが、最近は塁審が(も)面白いので、どっちでも良いと思っていました。先ほど中体連を一緒にやった2B [続きを読む]
  • SBO がない。
  • この週末はある意味野球三昧。土曜日は中体連一試合と、学童公式戦支部予選を一試合、そして、日曜日は高校野球二試合観戦と、屋内にいるより野外にいる時間が多く、すでにしている日焼けの上塗りのような日焼けをしました。さて、土曜日は中体連の二回戦の一試合を3BUとして担当しました。だいぶ早く会場入りしましたら、片方のチームの監督さんが僕のところにやってきて、「○○中学の○○です。本日はよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 嫉妬。
  • またまたリトルシニア観戦ネタです。この日は審判の動きを勉強するために、一日この球場にいても良いと思っていました。三試合目は若い方が球審。1BUと2BUは、それまでの試合と同様父親審判のような方でした。身のこなしが軽そうな球審の方でしたので、こんどは球審の動きを勉強させてもらおうと思いました。1回の表、ランナーなしで打球がレフトに飛びました。長打コース。球審は・・・、球審は一塁へ向かいそのまま?一塁 [続きを読む]
  • 球場が凍りつく
  • こないだのリトルシニアの試合では、会場に着いた時は、第一試合目の7回の表の攻撃中でした。すぐにスリーアウトになり、攻守交代になった際のことです。マウンド後方に来てプレートを掃いた2BUが、三塁側のベンチに向かって叫びました。「おい!さっきベンチ前でキャッチボールをしていたのは誰だ?!」と。すごい剣幕です。そんなに多くはない球場の観客がその言葉を聞いて、凍りついたのがわかりました。おい誰だ?と何度も [続きを読む]
  • 指揮者な2BU 。
  • こないだの日曜日は、近くの球場へ、他の支部の中体連を見に行きました。球場ですから、いろんな団体が使用するし、またふらっと行っても試合がないこともあるでしょう。実際、いままで僕がオフの日にぶらっと見に行っても、なにもやっていなかったということがありました。しかし、その日にどんな試合があるのかないのかを、ネットで球場予定を見ることで調べられることに気づき、この日は他の支部の中体連があることを知ったので [続きを読む]
  • 首を振る。
  • この一週間、仕事にやられ、かなりヘロヘロ・・・。金曜日の時点で疲れがひどく、土曜は一日寝てオフにしようと思っていたのですが、この疲れは寝ただけでは治らない、やはり審判をやって治すのだと気合を入れて土曜日のジャッジに臨みました。やはり一週間の疲れは審判で解消できました!その土曜日は中体連の予備選二試合をやりました。高い場所にあるこのグランドは午前中、霧がすごくて、トスの時に、球審のU先輩は、「試合中 [続きを読む]
  • バッターラップ。
  • この週末も、学童公式戦が予定されていましたが雨で流れてしまい、ネタがありません。そこで、ちばあきお氏著 キャプテン13巻に見る、審判今昔を・・・。だからなんなの?と思っていただければ・・・。 まず、試合開始前の整列の場面、球審が左から二人目の位置に立ち、現在と違います。現在のソフトボールの審判の立ち位置かな?「バッターラップ」球審が、はやくバッターボックスに入るように促している場面です。バッターラ [続きを読む]
  • 追い出しの意味。
  • やはり強い学童チームというのは選手に元気があって、ベンチでも声も出ており、イニングの合間に追い出しにベンチ前に行っても、すぐさまパーッとグランドに散らばっていってくれます。我が支部に所属する学童のチームは、それぞれに指導方法などに違いがあり、共に良いチームだと思いますが、やはり覇気のあるチームと、そうでないチームの違いははっきりしています。チームの規模も様々。団員数60人に迫る大所帯のチームもある [続きを読む]
  • 反省いろいろ
  • 学童三試合。朝肌寒いほどのグランドですから、球審2試合の合間の試合を、2BUとして出ましょうということで、N 先輩と話がまとまり、審判部長にやらせてくださいと申し出たところやらせてもらえことになりました。1BUと3BUは各チームの父兄さんです。以前、PON様がブログに書かれていましたが、一日数試合やりますと、内容がごっちゃになりますね。この日も朝から早めに会場入りをしたのですが、なんと駐車場に着いて [続きを読む]
  • プラスチックのボールとバット。
  • 先週は出張やらで仕事が忙しかったのですが、週末の中学2試合、学童公式戦2試合の審判を楽しみに仕事をやっつけ、さぁ審判だと思っていたところ、急きょ土曜日も仕事が・・・。やらせてくださいと、審判予定を入れていただいている立場なのに、こちら都合の審判ドタキャンは支部内での信用を無くします。審判部長に何とか他の方を入れてもらいましたが。我が会社は、最近このように週末の仕事予定をその週の週中に入れてくるのが [続きを読む]
  • 一生試合に出れないゾ(苦笑)。
  • こないだの日曜日も、二日連続で遠征の配車当番でした。5ナンバーの我が車には、息子と三年生一人、そして一年生1人の計三人が乗車。一年生は、息子と同じ学童チームだったS君。「部活慣れた?」と聞くと、「はい。」との返事。以前から大柄だった彼ですが、ややしまった体つきで声変わりもしはじめています。連盟で審判をするということは、学童野球で知り合った子供たちとこれからも、中学、そしてもしかすると高校でも同じグ [続きを読む]
  • 省エネ?
  • この週末は、息子の中学の野球遠征の配車当番でしたので、審判予定はありませんでした。土曜日は高速を使っての遠征。車の中では子供たちが朝から爆睡(笑)。時間帯と場所が前後しますが、高速で乗用車がバスに乗り上げるという大きな事故があったようで、家に帰ってからニュースを聞いてぞっとしました。さて遠征でしたが、父親塁審として出る機会があるかもと思い、インジケーター持参でしたが、塁審は生徒が出てましたので、ま [続きを読む]
  • サインの二度見のシーンをみて思う。
  • 「サインの二度見のボーク」が、さよならボークとなったとの記事をFBで見ました。九州産業大学と四国学院大学との試合で、1−1の9回裏、ランナー三塁に置いて、投手がサインの二度見をしたことでボーク宣告され、九州産業大学のサヨナラゲーム勝ちになったとのこと。この動画もFBで見ました。明らかなサインの二度見。そしてボーク宣告の後の球審の処置は完璧。タイムをかけて、三塁走者にホームインを促す動作が非常に大きく、 [続きを読む]
  • 早く投げたい投手と、待たせる打者。
  • こないだの土曜日は、仕事のソフトボール大会。審判ばかりやっていて、ろくに練習に参加していない僕は当然スタメンから外れ、試合に出られませんでしたので、それならば!と、ボール・バットボーイに徹し、誰にもそこまで頼まれていないのに、まるで学童のボールボーイが、ダッシュでバックネットにファウルボールを拾いに行くかのような動きを一人やり遂げ、(ようは、ひとりきびきび動いていた)一人で満足していました・・・。 [続きを読む]
  • 父兄から拍手。
  • こないだの日曜は、学童公式戦第一試合球審をやったあと、反省会もそこそこに車を走らせ、仕事場近くのお祭りに参加、その後すぐにトンボ返りをし、こんどは息子の中学へ向かいました。僕が学校に着くと、F先輩が4試合目をやっていました。僕の割り当ては5試合目。中体連直前と言うこともあり、一日5試合も組んでおり、その5試合目の球審です。Fさんは二連ちゃんの二試合目で、暑さに顔を赤らめて球審をやっており、イニング [続きを読む]