青星 さん プロフィール

  •  
青星さん: さあいこう!
ハンドル名青星 さん
ブログタイトルさあいこう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ya9syonen
サイト紹介文野球素人の父親審判が、どこまでできるか? 軟式野球を中心に、高校野球もやります!(予定)
自由文野球素人の審判奮闘記。

青少年育成、社会貢献?
いやいや、僕が審判やりたいからやっている!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 52日(平均6.3回/週) - 参加 2017/03/08 18:08

青星 さんのブログ記事

  • ありがたい追試!
  • こないだの社会人野球は、本来僕の割り当ては一試合のみ2BUでしたが、一試合目の僕の動きをバックネット裏の本部席から見てくれていたパンチSさんから、「まだまだ動きが甘い。」と試合後に指摘をいただき、次の試合を僕の「追試」として、本当はパンチSさんの割り当てだった2BUをいただき、急きょ3試合目の2BUにも入らせていただくことになりました。僕は日頃、できるなら何試合でも審判をやりたいと言っているのをわかってく [続きを読む]
  • 角度をつけるとは?
  • こないだの日曜日は、社会人野球の大会で2試合を2BUとしてジャッジしました。試合の前に、「シートノックをやりますか?」と、球審のOさんが両チームの監督に尋ねたら、「やらないです!」と両チームとも即答。疲れちゃうからやらないのかなぁと、心の中で苦笑したのは僕。試合は基本的に和気藹々とした二部の試合らしく、キャッチャーがキャッチャーフライをダイビングして捕球を試みたときには、味方のベンチから、「良いねぇ [続きを読む]
  • 丸首のアンダーシャツ
  • こないだの中学審判では、もう一つ指摘されました。それは、ジャッジとは関係ないことですが、アンダーシャツのことです。僕は、丸首のアンダーシャツが好きです。野球素人の僕は、夏でもなんで首があるアンダーシャツを着ている人が多いのだろうと思っていました。(なにか理由があるのでしょうね)でも暑苦しいじゃないですか。そこで夏は、審判ウェアの下のアンダーシャツも、丸首のアンダーシャツを着ていたのですが、M先輩に [続きを読む]
  • 「タァ〜イム!」までは、完璧。
  • 土曜日のN中学校での第二試合は、三人制でやりました。プロ野球が線審も含めて6人制で行われていたころ、線審を廃止し4人制になると聞いたそのころ野球少年でもなく審判でもない一市民の僕は、なんでわざわざ審判員を少なくするのだろう?と漠然と思っていましたが、四人制ではなく三人制がこれからの主流になるとあちこちで言われているのはやはり審判員不足が大きな要員だとは理解しています。その練習を兼ねて二試合目は三塁 [続きを読む]
  • 残心はダメ。
  • こないだの土曜日は、N中学校で、Fさんと一試合ずつ球審が入っておりましたところ、前日にU指導員から電話があり、4審と3審の練習を兼ねてやろうという申し出があり、U指導員とMさんが合流し、塁審も連盟審判でやらせてもらいました。U指導員とMさんは手弁当で、僕の勉強のために入ってくれ、本当に感謝です。一試合目は僕が球審。この中学のグランドは、ホームベース後方の割と近くにバックネットがあり、上にも低い位置でネッ [続きを読む]
  • 名誉の傷
  • ころんですりむき、半べそをかいている幼かった頃の娘に、慰め半分、本音半分で、「かっくいいね」と言ったのは僕。僕が小学生のころ、スポーツマンの友人がけがをして包帯を巻いているのを見て、「僕も包帯を巻きたい。」と母親に言ったのは僕。大人になり審判をやるようになってから、高校野球審判で鎖骨に被弾した先輩のすごいあざを見て、「痛そう…だけどクール!」と思ったのは僕。そんな僕ですが、病院で採血や注射をされる [続きを読む]
  • シルバーマスクで何が見える
  • 3月の審判講習会の時の話です。実技試験で僕は、いつも使っている伊勢審判本舗で購入した軟式マスク(ハイゴールド製・シルバーフレーム)を持参したのですが、グランドに置いている時や僕が手に持っている時でも、講習会の合間に指導員の方に代わる代わる見に来ました。いいねぇと褒めてくれる方もいましたし、裏を見てJSBBのマークを確かめていた人もいました。そんなに高そうに見えるマスクではありませんが、ほとんどの方が一 [続きを読む]
  • 監督からの抗議に対して
  • 試合中に監督から、ジャッジやプレイについての説明などを求められることがあります。こないだの試合では、外野に長打が飛び外野の側溝に入ったためボールデッドでは?と指摘されました。これについては、「ローカルルールで、側溝に入ったボールが取れればインプレイですよ。」と説明し納得してもらいました。またこの日は、二試合目の相手チームの父兄さんが球審をやられた試合では、バントしてファウルになった直後に、「(バッ [続きを読む]
  • それが礼儀
  • 昨日は息子の中学で一試合球審をやりました。父母会からの依頼でしたので、いつもの審判服ではなく、父母会帽子に、長袖のアンダーシャツにインサイドプロテクターを付け、その上に半そでのウエアを合わせ、審判スラックスを穿くという格好でやりました。桜舞い散るぽかぽか陽気でしたので、途中から腕まくりをしたのですが、家に帰ればきれに日焼け跡がつきました。この試合、課題にしたことがあります。いや、課題と言うほどのこ [続きを読む]
  • 二つのブログ紹介
  • 今日は野球日和の一日でしたが、あいにく僕に仕事が入り、審判をすることができませんでした。FBなのでつながりのある、審判仲間の方は、毎週のように審判があり、平日でも試合をジャッジすることもあるようで、その喜びに満ちた顔がアップされるのを見ていると、本当にうらやましく感じますが仕方がありません。家庭の理解、仕事、地域活動などがあっての審判活動だと、自分に言い聞かせています。それでもブログネタに困ります [続きを読む]
  • 答あわせ 3 「打撃妨害時に盗塁の企てがあった場合の処置」
  • 試験問題の答え合わせ3問目です。「二塁走者が三盗をしたとき、打者のバットが捕手のミットに触れ、打つことができなかった。打撃妨害とし、  打者に一塁を与え、三盗した走者を二塁に戻し、再開した。」僕の答えは、○でしたが、回答は×。僕の解釈は、5.05b (3)により、打撃妨害ですから打撃妨害されながらも投球を打つ等しプレーが続いた場合はそのまま流し、ひと段落したところで、ボールデッドをし打撃妨害の処置を取 [続きを読む]
  • 答あわせ 2 「打者か、打者走者か?」
  • 不正解問題の答調べの続きです。・「1アウト走者三塁の時、スクイズプレイが行われた。打球は打者席を出たところのフェア地域で打者走者の足に当たった。    球審はボールデッドとし、三塁から突入してきた走者をアウトにした。」僕は、三塁にランナーがいるときの守備妨害だから、ペナルティとして三塁ランナーがアウトになるだろうなぁという曖昧な理解の上で、○にしましたところ不正解になりました。答えは×です。僕が漠 [続きを読む]
  • 答あわせ 1 「試合の終了を宣告してはダメ」
  • 昨日も雨でしたらか、週末は審判することも試合を観ることもできませんでした。さて、前回書きました審判講習会の試験の答え合わせです。・「最終回の裏、同点で2アウト満塁、打者が四球で一塁を与えられたので、決勝点となる三塁走者は  本塁に触れたが、打者走者は一塁に触れずに手前から引き返して整列した。球審はゲームセットを宣告した。」この問題を僕は、「○」にしましたところ、不正解になりました。○にした理由とし [続きを読む]
  • 84点。
  • また週末は雨模様ですね。今月は、中学1試合と社会人1試合の予定をいただいております。今日は予定がもともとなかったものの、審判活動がないと、一週間の仕事に張り合いがなく、年明けから審判モードになっていた頭が、だんだんノーマルモードに変わっていくのを感じます。これではいかん!と、ブログ記事を書いているわけですが・・・・。さて、審判講習会の筆記試験の解答をこないだの審判会議でもらいました。自己採点では、 [続きを読む]
  • カットボール?
  • 新年度になりました!この支店を任されるようになって4年目を無事に迎えました。少数精鋭の支店ですが、3年やって実感したのは、やはり自分の言葉でしっかりと思いを話し伝える、ということでしょうか。今年度は審判としても、選手に何かを伝えられるように、また先輩審判にも自らのジャッジに対して説明を求められれば、しっかりと話せるようになりたいと思っています。さて、こないだの週末はなにも審判予定等なく、春休みで部 [続きを読む]
  • けじめの審判服
  • 息子の中学に僕が行くときの話です。駐車場に車を停め、審判服の僕が学校に入ると、練習していた生徒がそれに気づき、誰かが、「審判さん見えました!」と声でサインを出し、それを聞いたキャプテンがグランド内のメンバーに対して声をかけ一斉に練習をやめさせ、「気をつけぇ!! 審判さん、よろしくお願いします!!!」と気持ちの良い挨拶をくれます。僕は、へへっと恥ずかしさに小さくなりながらも歩みを止め、挨拶くれた彼ら [続きを読む]
  • 今年も発売、「わかりやすい野球のルール」
  • 今年も買ってしまいました、「わかりやすい野球のルール」。それも発売と同時くらいに(笑)。このブログでもなんどか紹介しましたが、このハンディ版の本、それころ、同じシリーズでサッカー版などもあるような、一見すると入門版の本のように見えますが、内容がとても良い!著者の粟村哲史さんは、独立リーグなどで自ら審判活動をしている方であり、お仕事は教育関係とのことで、審判として一番知りたい「処置」について、わかり [続きを読む]
  • 今年も発売、「わかりやすい野球のルール」
  • 今年も買ってしまいました、「わかりやすい野球のルール」。それも発売と同時くらいに(笑)。このブログでもなんどか紹介しましたが、このハンディ版の本、それころ、同じシリーズでサッカー版などもあるような、一見すると入門版の本のように見えますが、内容がとても良い!著者の粟村哲史さんは、独立リーグなどで自ら審判活動をしている方であり、お仕事は教育関係とのことで、審判として一番知りたい「処置」について、わかり [続きを読む]
  • まもなく一年
  • 連盟審判として活動を始めて間もなく一年を迎えます。いろいろと勉強になる一年でしたが、一年やった率直な感想などを綴りたいと思います。・「ストライクゾーンはぼんやりとしたもの」 僕は今まで、ストライクゾーンというものは、はっきりと、それこそ規則書の挿し絵のようにホームベース上の空間に、まるで線が引いてあるようなきっちりとしたものと思っていました。それをきっちりと判定するもの、そう思っていました。今では [続きを読む]
  • まもなく一年
  • 連盟審判として活動を始めて間もなく一年を迎えます。いろいろと勉強になる一年でしたが、一年やった率直な感想などを綴りたいと思います。・「ストライクゾーンはぼんやりとしたもの」 僕は今まで、ストライクゾーンというものは、はっきりと、それこそ規則書の挿し絵のようにホームベース上の空間に、まるで線が引いてあるようなきっちりとしたものと思っていました。それをきっちりと判定するもの、そう思っていました。今では [続きを読む]
  • 二重のカバー
  • 昨日の選抜、福井と健大高崎の試合、3回裏に外野へへの飛球が飛び、それを取ろうとしたライトが無理な体制で体を痛めボールを処理できず、カバーのセンターがボールを内野に戻したことろで、1BUと2BUがタイムを宣告しボールデッド。しかしプレーが止まらず、打者走者もホームに一度帰ってきましたが、タイム中であるとして審判団協議の結果、三塁ベースどまりと処置する場面がありました。ニュースなどによりますと、ライト [続きを読む]
  • 二重のカバー
  • 昨日の選抜、福井と健大高崎の試合、3回裏に外野へへの飛球が飛び、それを取ろうとしたライトが無理な体制で体を痛めボールを処理できず、カバーのセンターがボールを内野に戻したことろで、1BUと2BUがタイムを宣告しボールデッド。しかしプレーが止まらず、打者走者もホームに一度帰ってきましたが、タイム中であるとして審判団協議の結果、三塁ベースどまりと処置する場面がありました。ニュースなどによりますと、ライト [続きを読む]
  • 矛盾
  • 前回の記事で書きました、「三塁ベース上に二人のランナーがいた時」のジャッジで、厳しく怒られた話の続きです。最初に3ー本間で挟まれた三塁ランナーが三塁に帰塁しようとした時に、野手にタッグされながらも、ぎりぎりセーフであったことから問題が広がりました。このランナーがタッグされアウトになっていれば、3塁に到達していた2塁ランナーに三塁の占有権が生まれセーフになり、その後問題なくプレーが再開できたはずだか [続きを読む]
  • 矛盾
  • 前回の記事で書きました、「三塁ベース上に二人のランナーがいた時」のジャッジで、厳しく怒られた話の続きです。最初に3ー本間で挟まれた三塁ランナーが三塁に帰塁しようとした時に、野手にタッグされながらも、ぎりぎりセーフであったことから問題が広がりました。このランナーがタッグされアウトになっていれば、3塁に到達していた2塁ランナーに三塁の占有権が生まれセーフになり、その後問題なくプレーが再開できたはずだか [続きを読む]
  • 球場レベルの大きなジャッジを。
  • 中学の公式戦です。試合が終わり、球審のSさんが、「ゲーム!」と宣告し、僕は3BUとして礼をしました。その後僕はグランドに一礼をし、観客席を通って本部へ向かおうとしたら、球審のSさんが僕に向かって、「・・おまぇ、なんてことしてくれるんだよぅ!」と小さく、低く言いました。え?Sさんの顔はまじめモードでした。僕は思わず、「・・・・なんのことですか?」と言いました。 すると、この野郎!と言わんばかりますま [続きを読む]