佐々木 さん プロフィール

  •  
佐々木さん: プランターで野菜をつくってみよう!
ハンドル名佐々木 さん
ブログタイトルプランターで野菜をつくってみよう!
ブログURLhttp://xn--m9jp4402bdtwxkd8n0a.com/planter/
サイト紹介文野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。
自由文さっそく野菜を育ててみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 135日(平均2.2回/週) - 参加 2017/03/08 19:21

佐々木 さんのブログ記事

  • プランターでナスを育てよう
  • 焼き物、煮物、田楽、漬け物など、どんな味つけにもなじむナス。 ナスは熱帯原産で高温多湿を好み、日本の夏に適した夏野菜です。 長卵形のナスが主流ですが、プランターでは小ナスが育てやすくておすすめです。 ... Copyright © 2017 プランターで野菜をつくってみよう! All Rights Reserved. [続きを読む]
  • プランター菜園で注意したい病気と害虫
  • プランターで野菜を育てるからには、できるだけ農薬を使わないで育てたいものです。病気や害虫を迅速に防除するためには、あらかじめ、育てる野菜がかかりやすい病気や害虫を知っておくことが大切です。ここでは、プランター菜園でよく発生する代表的な病気や害虫の特徴や被害の症状をご紹介します。注意したい病気の種類と特徴病気を防ぐには、よく日が当たる、風通しのよい場所にプランターを置いて、適期に種をまき、株間を適切 [続きを読む]
  • プランターで葉大根を育てよう
  • 葉大根は、葉はやわらかく、毛じ(産毛)が少ないのが特徴で、葉を利用することを目的とした品種です。大根の葉にはビタミンやミネラル、とくに鉄分が豊富に含まれ、栄養価の高い緑黄色野菜です。食べ方などは菜物野菜と同じで、サラダ、漬物、炒めもの、ふりかけ、汁物など、いろいろな料理に利用できます。短期間で収穫でき、栽培もやさしいため、プランターで育てるのに向いている野菜です。栽培カレンダープランター向き品種の [続きを読む]
  • プランターでインゲンを育てよう
  • インゲンには、つるが長く伸びる「つるあり」と、つるが伸びない「つるなし」があり、プランターで育てるには、背丈が低く、短期間で収穫できる「つるなし」インゲンが向いています。生育適温は15〜25℃で、10℃以下では生育が鈍くなり、25℃以上では実のつきが悪くなります。インゲンはマメ科特有の根粒菌によって空気中から窒素を取り込めますが、プランターで育てると根粒菌がつきにくいため、元肥をしっかり入れ、追肥も行いま [続きを読む]
  • プランターでミニ人参を育てよう
  • 人参にはいろいろな種類がありますが、プランターでは長さ7〜10cmの小型に改良されたミニ人参が育てやすいです。ミニ人参は、ベビーキャロット、ひと口人参とも呼ばれ、肉質がやわらかく、青臭さが少なくて甘いのが特徴です。発芽温度は15〜25℃、生育適温は16〜20℃と冷涼な気候を好み、極早生種で生育が早く、種まきから収穫まで2〜3か月程度で収穫できます。日当たりのよい場所で育て、発芽するまでは毎日水やりを行い、土を乾 [続きを読む]
  • 真夏の厳しい環境から野菜を守る管理テクニック
  • 真夏は日ざしが強く、気温もグングン上がり、野菜は夏バテを起こし、プランター菜園にとって過酷な環境になります。高温、乾燥、強い日ざしなどが原因で生育が悪くなり、病気が発生することもあります。夏野菜は大きく育っているぶん、ゲリラ雷雨や台風の被害を受けやすくなります。プランターの置き場所や水やりのタイミング、強風への備えなど、夏を元気に乗りきるための工夫をしましょう。プランターの置き場所に注意30℃を超す [続きを読む]
  • レタスの仲間を寄せ植えしよう
  • 一般的にレタスと呼ばれているのは結球する玉レタスですが、実はレタスにはいろいろな種類があり、葉っぱの食感や大きさ、見た目もさまざまです。複雑な味を楽しめるベビーリーフ、定番の結球しないリーフレタス、ほかにサンチュやサラダ菜など、レタスにはたくさんの種類があります。とりたてのみずみずしさとシャキシャキ感は、プランター菜園ならではの味わいです。レタスの仲間は病害虫に強く、2〜3週間から収穫でき、手軽に栽 [続きを読む]
  • 実もの野菜にはいろいろな作業が必要です
  • プランター菜園でも人気の大玉トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリなどの実がつく野菜は、成長するにしたがい、「支柱立て」「誘引」などの作業が必要になります。また、大玉トマト、カボチャ、ミニメロン、小玉スイカなどは、確実に実をつけるために、「人工授粉」を行います。健全に株を育てるためには適切な手入れが必要で、収量を増やしたり、実を充実させることができます。支柱立て草丈が伸びる実もの野菜や、つる [続きを読む]
  • プランターでミニチンゲンサイを育てよう
  • ミニチンゲンサイはチンゲンサイをそのまま小さくしたかわいらしい姿で、生育が早くて種まきから約一か月で収穫でき、密植もできるので、プランターで育てるのにぴったりの野菜です。シャキシャキした歯ざわりのほかに甘みのある淡白な味わいと、煮くずれしないのがもち味で、丸のまま調理できる手軽さが受けています。夏の高温期は栽培が難しく、春・秋が栽培適期です。とくに秋まきが作りやすく、春まきはトウ立ちもしやすいので [続きを読む]
  • プランターで小カブを育てよう
  • カブは大きさによって、小カブ、中カブ、大カブに分けられます。プランターで育てるには、栽培期間が1か月半〜2か月程度と短い小カブがおすすめです。直径が5cmほどで収穫する小カブは、春まき、秋まきのどちらも簡単に育てられ、短期間で収穫でき、手軽にだれにでも作ることができ、初心者でも収穫を楽しめる野菜です。ローカル色豊かな野菜で、その地方の気候や風土に合うように変異し、さまざまな品種が生まれ、その数は80種と [続きを読む]
  • 自分で育てた野菜から種をとってみよう(種とり)
  • プランターで野菜を育てるには少量の種があれは足りるので、種をとって保存しておけば、翌年も栽培することができます。自分で育てた野菜から種をとってみるのも、収穫とは違ったプランター菜園ならではの楽しみ方といえます。いろいろな野菜を育てて、種とり(自家採取)にも挑戦してみましょう。種とりの基礎知識在来種、固定種、交配種(F1)にこだわらず、どんな野菜でも種をとって翌年にまけば芽が出ますが、それぞれの特性は [続きを読む]
  • プランターでホウレンソウを育てよう
  • ホウレンソウは、栄養豊富な緑黄色野菜で、よく食べられているおなじみの野菜です。ホウレンソウの生育にいちばん適しているのは15〜20度の涼しい気候で、寒さにとくに強く、0℃以下でも生育を続け、マイナス10℃程度まで耐えられます。品種を選べば、ほぼ一年じゅう育てられますが、夏は育てにくいもので、病害虫の出にくい秋まき冬どりならプランターでも容易に育てることができます。冬に育てて寒さにあたると、葉肉が厚くなり [続きを読む]
  • プランターで小松菜を育てよう
  • 小松菜は冬が旬ですが、暑さ、寒さに強く、ほぼ1年じゅう栽培できます。種まきから収穫まで1か月と栽培期間も短く、追肥もあまり必要なく、栽培の手間もかからないので、プランターで育てるのにおすすめの野菜です。品種が多く、暑さに強いもの、寒さに強いものがあるので、栽培したい時期に合わせて選びましょう。1年じゅう収穫できますが、冷涼な気候を好むので、秋から冬にかけてが育てやすく、質のよいものが採れます。春から [続きを読む]
  • 農薬を使わない病害虫の防除対策
  • プランターで野菜を育てていると、病気になったり、昆虫などが野菜を食べにきます。毎日よく観察して、病気の兆候や害虫の痕跡を発見し、早めに対処することが大切です。プランター菜園は株数が少ないので、農薬を使わなくても、環境づくり、ただしく野菜を育てる、ちょっとした工夫などで、病害虫の被害をおさえることができます。早期発見と早期対処で被害の拡大を防ぎましょう。まき時を守ろう野菜のまき時は重要で、野菜には暑 [続きを読む]
  • 農薬は正しくじょうずに使いましょう
  • プランターで野菜を作るうえで、避けて通れない問題なのが、害虫と病気の発生です。野菜が好む環境をつくれても、長雨や乾燥が続いたりすると、病害虫が発生しやすくなり、病害虫の発生を完全になくすことはできません。こういったとき、日ごろから野菜をよく観察し、病害虫を防除する必要があると思ったら、ただちに薬剤を散布するのも一つの手です。初心者は、薬剤の使用をためらって、被害が進んでどうにもならなくなってしまい [続きを読む]
  • あまった種はじょうずに保存しましょう
  • プランターで野菜を育てるには少量の種があれば足りるので、1袋購入すると使いきれずにあまってしまします。あまった種は、乾燥状態を保てばまた来年もまた使用することができますので、捨てずに保存しましょう。種の寿命種の寿命は、野菜の種類によって異なります。また、寿命の長さは、保存する場所の温度と湿度の影響を受けます。温度と湿度ともに低いほうが寿命は長くなります。[1年]ネギ、タマネギ、人参、落花生など。[2年] [続きを読む]
  • 連作障害を知っていますか?
  • プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。これを連作障害といいます。畑の場合、土を入れ替えられないため、同じ科の野菜を同じ場所でつくり続けないように注意します。プランターで野菜を育てる場合は、新しい培養土に取り替える場合は問題ありません。ただし、土を再利用する場合は注意が必要です。野菜 [続きを読む]
  • プランターでラディッシュを育てよう
  • ラディッシュは二十日大根ともいわれ、成長が早いので、適期に種をまけば1か月足らずで収穫できます。大根の中ではもっとも小型の品種で、色は定番の赤、白、紅白のツートンカラー、形は丸型、楕円形、細長いものなどさまざまあります。いずれも生食がおすすめで、料理の彩もとてもよく、ビタミンCが効率よく摂取できます。ほぼ1年じゅう栽培できますが、作りやすいのは春まきと秋まきです。丈夫で育てやすく、環境を選ばずによ [続きを読む]
  • 使い終わった土は捨てずに再利用しよう
  • はじめて購入した培養土は品質のよいものであっても、同じ土で何度も野菜を育てているうちに質が落ちてきます。 土を使い続けると水はけや通気性は悪くなり、土の中の養分も減り、土は酸性化して野菜の生育が悪くな ... Copyright © 2017 プランターで野菜をつくってみよう! All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 病気・害虫の防除対策
  • プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。野菜を害虫の被害から守るためには、害虫の少ない時期に育てる、害虫が嫌う植物をいっしょに植える、虫が寄りつけないようにネットをかけるなど、総合的に管理して、野菜を健全に育てなくてはなりません。野菜を元気に育てるために、病気や害虫について知 [続きを読む]