はしご湯 さん プロフィール

  •  
はしご湯さん: はしご湯のすすめ
ハンドル名はしご湯 さん
ブログタイトルはしご湯のすすめ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yu2017
サイト紹介文温泉の感想をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 19日(平均14.0回/週) - 参加 2017/03/09 02:05

はしご湯 さんのブログ記事

  • 三川温泉 湯元館
  • 約10年ぶりの再訪となりました。どんな感じのところだったか記憶がとびかけていたので、飯豊の帰りに磐越道・三川I.C.に乗る前に立ち寄る。料金は一人500円也。お願いすると「今は男湯を貸切で良ければどうぞ」と女将さん、女湯は湯抜き清掃中だったのかも知れない。それではと早速男湯へ向かう。浴室を開けると、「そうそう、これこれこんな感じだった、鯉の湯口もそのままだ」。シャワーにて身体を流すとボイラー運転の石油燃焼 [続きを読む]
  • 大町温泉 黒部観光ホテル
  • 大町温泉に建つ大型の温泉観光ホテル。5時という早朝より立ち寄り営業しているのは我が家には有難い方針だ。玄関周りには北アルプスの伏流水が自由に飲める蛇口もある。フロントで立ち寄り受付して浴室へ、同時に浴衣姿の人もチラホラと。どうやら泊り客も朝は5時からの浴室利用になるらしい。脱衣所洗面コーナーには充実した各種アメニティが揃っていて自由に使える。内湯浴室は大人数に対応できる造りである。浴槽は多くの温泉施 [続きを読む]
  • 関温泉 登美屋旅館
  • 立ち寄り可否の事前問い合わせしたら「どうぞどうぞ」との事。訪問したのは夕方6時頃、宿泊客の食事タイムで浴室は空いていた。脱衣所と浴室内、どちらも通気がよく快適である。二面ガラス張りの浴室、そこに6−7人サイズの石造り浴槽が一つ。シャワーは6台あり十分な感じ。まず見た目にも印象づいたのが、浴槽前面方向よりオーバーフローした湯の赤茶色の析出物だ。湯口からは約22−23L/minほどの源泉を浴槽投入。浴槽では微濁、 [続きを読む]
  • 蓼科温泉 共同浴場
  • リゾートホテルや別荘などが数多くある蓼科ですが、庶民的な温泉公衆浴場もあります。カーナビ案内で向かおうとするも異なる場所に連れていかれ迷子状態に、コンビニ店員さんに道案内をいただいてようやく到着。「蓼科温泉」と入った暖簾に「温泉浴場」の案内看板があり、いたって一般的な公衆浴場の外観造りです。館内は管理人さんが常駐していて、入浴利用者は券売機で入浴券を購入する仕組みとなっています。浴室に入り右手に洗 [続きを読む]
  • 老神温泉 湯元 楽善荘
  • 楽善荘の訪問は4年前の登山帰りに一度きりだ。今回も同様に登山の帰りに立ち寄りました。駐車場に到着、「時間的に立ち寄りできるかなぁ」でしたが無事に立ち寄りok。ただし「ポンプの清掃後なのでお湯が湯華で汚れたように見えるけど。。。」とご主人。外観や雰囲気は目立って変化はなく、対応してくださったご主人と女将さんもとても感じがよく印象が良いのもおんなじです。タイミングが良かったのか、「今日は男湯を貸切でどう [続きを読む]
  • 燕温泉 ホテル岩戸屋
  • 燕温泉にある露天風呂「黄金の湯」に入った後に、宿風呂はどんなんか気になり立ち寄りしてみた。電話確認すると立ち寄りokと女将さん。更に「今日は雨降りだから温泉街入口駐車場ではビショ濡れだから、宿の前にある燕温泉宿泊者用駐車場を使って」と嬉しい歓迎。受付をして浴室へgo。浴室は少し照明が暗め、天気の悪い日に訪問したので外光が射し込まずそう感じたのかも。内湯は浴槽内スペースの約半分が浅目で腰湯ゾーンのような [続きを読む]
  • 葛温泉 仙人閣
  • 日本秘湯を守る会の会員宿でもある仙人閣。北アルプスの登山玄関口でもあるので客層は登山客が多いのかも知れない。土曜午後2時過ぎの訪問だったが、立ち寄り先客はおらずで、入浴して退館まで独り貸切状態での湯浴みとなった。内湯浴室はガラス張り、明るくて雰囲気はよい。浴槽は5人サイズの水色タイル造り。視線をひきつけるのは湯口の文福茶釜で、これは面白い。茶釜の先から湯船へ向かって透明な湯を注いでいる。浴槽内に吐き [続きを読む]
  • 葛温泉 温宿かじか
  • 葛温泉にある日帰りもできる温泉旅館の一つ。帳場にて入浴受付、そこから右手に階段を進み左方向に浴室がある。浴室に入るとまずは掛け湯槽がある。右手には洗い場と仕切り一つ挟んで内湯浴槽がある。薄っすらと暗めな浴室に、木造の湯船が中央に配置される。7‐8人は浸かることができそうな広さ。お湯は無色透明、小さい木くずの様な湯華が湯中を舞う。掲示のよると内湯は循環らしいが、当日の作動は未確認。オーバーフローもあり [続きを読む]
  • 大町市コミュニティセンター 上原の湯
  • 大町市コミュニティセンター「上原の湯」は公共公衆浴場です。利用料金は地域最安値と謳っていました。早速、浴室へGoします。男女それぞれに内湯一つがあるシンプルな設計です。明るく清潔感のある浴室で好感が持てて公共施設としていい感じです。浴槽は五角形タイル風呂で浅めゾーンと全身浴ゾーン併せて10人サイズでしょうか。訪問時は土曜夕方に差し掛かる時分、お湯が見ために白濁りしかかっていました。スベスベとした浴感、 [続きを読む]
  • 田沢温泉 有乳湯
  • 朝風呂に浸かりたくうろついていた際、駐車場が空いていたので再訪してみました。数度目でしたが今回も変わらずに満足できる湯浴みでした。分析書もH27/10付けで更新もされています。静かに湯に浸かっていると身体に細かな気泡の付着があり、それを拭うとスベスベとした感覚が楽しめます。体感で40℃ちょいの湯温は健康に良い温度帯でじっくり浸かることができます。お湯は変わらずのタマゴ湯といった感じそのもの。これは飽きるこ [続きを読む]
  • 上諏訪温泉 ホテル鷺乃湯
  • 客室55室、収容255名の立派な豪華系の大型温泉ホテルです。霧ヶ峰を歩いた後の日曜日の午後に立ち寄ってみました。フロントでは丁寧な応対できっちりしています。広い館内なので浴室までは小規模旅館の感覚に慣れた自分としては少し距離のある印象です。脱衣所は設備備品が充実、洗面台もアメニティーが揃っていました。ガラスドア向こうには内湯浴室、横に長い石造りで15人はゆったり浸かれそうな広い浴槽です。湯船を満たす湯は [続きを読む]
  • 春日温泉 ゆざわ荘
  • 春日温泉に軒を並べるお宿の中では初の訪問となる「ゆざわ荘」。蓼科山登山の後に汗流しを兼ねて寄ってみました。「物味湯産」手形の協賛施設なので入浴料金が一割引きで利用できました。ちょうど紅葉の時期にあたり正面玄関周りには赤や黄色の木々で楽しむことができました。浴室へ向かう通路脇の部屋では地元敬老会の宴がかなり盛り上がっていて、昼食のおいしそうな料理の匂いが館内を漂っています。宴会中だったせいか浴室は終 [続きを読む]
  • 鉄輪温泉 ホテル日生や
  • 鉄輪には何度も訪れているので今回宿泊のお宿「日生や」の存在は知ってはいました。鉄輪界隈をうろつく際には何度も建物の前を行き来していましたが印象としては建物廻りが薄暗くどうにも宿泊しようという気にはなれなかったような。ですが、ここ近年でリニュアルされていつのまにか玄関周りも明るい感じになり、自分としても気になっていたお宿です。宿の看板がなければワンルームマンションのような佇まいですが、もしかしたら以 [続きを読む]
  • 新甲子温泉 はなのや
  • 新甲子温泉の食堂兼ペンション?といった位置付けの温泉施設。15時すぎにふらっと立ち寄る。入浴料を支払い、食堂の奥の廊下を進んでいった場所に男女別内湯がそれぞれにある。脱衣所入り口の暖簾はカビが発生していて一般人にはどうかなぁ?玄人向けか?浴室は正面方向ガラス張り、訪問時には裏庭の緑が眺められた。浴槽は石造り2−3人サイズだが出来たら2人までで浸かりたい広さだ。湯は無色透明、スベきし感、とても肌に馴染む [続きを読む]
  • ふれあいランド高郷
  • 振興公社管理の公共日帰り温泉施設です。お風呂をはじめ休憩所・食堂・手打ちそばコーナー・売店・温泉スタンドなど一日過ごすのに不自由はありません。料金を支払い受付後に脱衣所へ移動します。まずは内湯に浸かります。少しばかりムシっと感じる浴室内、入って目の前にジャグジー槽、その向う側の窓沿いにメイン浴槽、薬草風呂とサウナ用の水風呂が横並びしています。内湯メイン浴槽は10人サイズのタイル造りでジェットバス数本 [続きを読む]
  • 別府温泉 別府ホテル清風(閉館)
  • この施設は2016年8月16日をもって閉館しました。2017年夏より大江戸温泉物語としてリニュアルオープン予定。天気のいい午後、別府湾を一望できる露天風呂に浸かりたく立ち寄る。再訪でしたが、前回浸かれなかった内湯岩風呂も今回は利用できました。露天風呂からは青空の中、海を眺めながらの湯浴みを楽しめて満足度の高い立ち寄りでした。浴槽や湯使い(前回の感想参照)は変わらず、42℃ほどの適温、つるつる感ある温泉臭のする湯 [続きを読む]
  • 赤倉温泉 いづみ荘
  • 赤倉に宿泊するのは今回が初めてとなる。お宿は「いづみ荘」で評判が良さそうだったので公式ホームページにて予約する。地上二階、地下一階の造りで玄関は一階にある。家族経営の宿で女将さんと息子さんがメインで切り盛りしている。案内されたのは二階の「梅の間」、8帖和室で備品も揃っていて特に不自由は感じない。浴室は地階にあり男女別に別れた内湯がそれぞれに一つある。通気良い室内、ゆったり浸かって3人サイズのタイル張 [続きを読む]
  • 肘折温泉 若松屋村井六助
  • 以前に立ち寄りした際にお宿の印象がよく、さらに貸し切り風呂「幸の湯」が良かったので宿泊して満喫することにした。前の立ち寄りで応対してくれたのは大旦那?今回は若旦那夫婦?世代交代したのかも知れません。案内されたのは3階にある8帖部屋の二間続きの広い部屋です。備品設備も不自由はなし。トイレは部屋付きではないので、廊下通路を挟んで向かいにある共同トイレを使用することになります。部屋の出入り口ドア向こうには [続きを読む]
  • 肘折温泉 大穀屋旅館
  • 立ち寄りにて再訪しました。前回訪問のあとにお宿をリニュアルしたようで以前と比べて宿の雰囲気が異なっていました。今回案内された浴室は2階にある男女別浴室です。大人4人横並びが適当なサイズの石造り湯船がひとつある造り。浴槽端の一部分よりオーバーフローさせる仕組みです。お湯は黄土色の薄く濁り気味、組合管理の混合泉が掛け流し。(三昧・2017年1月)温泉街に建つお宿の「大穀屋」です。コンクリ3階建ての大きな建物です [続きを読む]
  • 伊東温泉 源氏湯
  • 伊東にある共同浴場の一つ。住宅街にひっそりとあってジモかと思いきやそうでも無い。看板もなく入口には「男」「女」の文字が扉に表示してあるだけ。また、営業時間がおよそ18時20分頃から19時頃でとても短い。というのは番台のおじさん曰く、利用者は毎日くるのは4人でたまに5人来るとの事。その方々が入浴を終えれば営業終了となるそうだ。今回、伊東での宿泊先が源氏湯から徒歩3分ほどの距離でもあり18時30頃にドンピシャで到 [続きを読む]
  • 谷津温泉 共同浴場
  • 川沿いに佇む共同浴場です。二階には足湯があり、一階が共同浴場となっていました。ここの共同浴場は普段は一般外来入浴は不可なのですが、河津さくら祭り開催期間中の10時より15時まで一般開放されるというのです。「湯桶の無い者の入浴は禁止」という決まり事?があるようで、一般外来入浴者のために「貸し湯桶」までも用意されている親切さです。その湯桶をお借りして入場します。脱衣所にいた近所の方にご挨拶、服を脱ぎ浴室へ [続きを読む]
  • 浜脇温泉 住吉温泉(閉館)
  • この施設は2016年11月15日をもって閉館しました公民館併設の典型的な共同浴場の一つである「住吉温泉」。朝見川のすぐ脇にあり、別府湾まで300mほどの立地にあります。海に近いことから温泉道のスタンプマークが船なのかも知れません。訪問時、番台のおばちゃんが受付。浴室は若干ムシムシします。浴室中央の二つに仕切られた横長タイル浴槽、今回訪問時は「激熱」と「熱め」。湯は見ためは僅かに緑がかっても見える透明湯、すべす [続きを読む]
  • 伊東温泉 松原大黒天神の湯
  • 宿泊先での夕食後、歩いてふらっと宿から比較的至近な公衆浴場へ行ってみました。土曜夜間の訪問でお客さんは地元客が殆どです。券売機で利用券を購入して番台へ。脱衣所壁には残念ながら「浴室・脱衣所にての撮影禁止」的な掲示がありました。浴室にはざっと6−7人ほどのお客さんの数です。浴室中央にタイル造りの長方形10人ちょいサイズの浴槽があります。浴槽内底部より源泉と思われる湯を湯船内に吐きだしています。常時湯船よ [続きを読む]
  • 別府温泉 梅園温泉(閉館)
  • 梅園温泉は2016年の地震により建物に被害が出たため解体されましたが、現在、再建計画が上がっているようです。別府の共同浴場の中でも代表的な存在の梅園温泉。今回は夏場の昼間に訪問、因みに前回はまだ寒い春でした。変わらずに使い込まれた古めかしいタイル湯船。浴室内は蒸れていて空間内の不快指数が高そうな状況でした。浴槽湯温は44-45℃はあり、すんなり浸かることがキツイです。充分に掛け湯などで身体を慣らしてから湯 [続きを読む]
  • 下諏訪温泉 高木温泉(閉館)
  • この施設は2017年1月4日をもって閉館となりました。今年限りで残念にも営業終了との事で、雰囲気と湯使いが好みだったので再訪してみたかった次第。脱衣所の料金箱に入浴料を支払うシステムに変更はなかった。浴室に入り感じたのは、浴槽からのオーバーフロー湯の通り道に付着した赤茶色が濃くなっている事。今回は早朝の訪問だったので、オープン前の清掃に塩素系薬剤を使用したのか浴室空間にカルキ臭が漂っていました。お湯から [続きを読む]