はしご湯 さん プロフィール

  •  
はしご湯さん: はしご湯のすすめ
ハンドル名はしご湯 さん
ブログタイトルはしご湯のすすめ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yu2017
サイト紹介文温泉の感想をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 197日(平均6.4回/週) - 参加 2017/03/09 02:05

はしご湯 さんのブログ記事

  • 戸倉上山田温泉 戸倉国民温泉
  • 久しく訪れてみました国民温泉。外観や施設の感じにも特に変わりは無いように思えました。分析書も前回分析から10年が経過したようでキッチリと分析更新されておりました。それと温泉水の持ち帰りが以前は自由でしたが、現在では温泉法改正に伴い制限されている旨の案内がありました。温泉は変わらず素晴らしく湯使いも素晴らしいです。約50L/minも投入されており贅沢すぎます。1時間に20分程度の源泉加温をして浴槽温度を40−42℃ [続きを読む]
  • 谷川温泉 湯テルメ谷川
  • 白毛門山行後に汗流しで立ち寄る。混雑を予想しつつ駐車場を偵察するも、予想外に数台のみの駐車でそのまま入浴受付を済ます。入口玄関を入ると地元産の野菜やくだものなどが販売されていました。先客ははじめ5人ほど、そのうち15人ほどになるが混雑には程遠い状況でした。午前11時前より小一時間ほど湯浴みしてさっぱりとして退館。利用源泉と分析書等には特に変化はなしです。露天風呂は冬期のみしか利用したことがなかったので [続きを読む]
  • 湯野上温泉 蕎宿 湯神(宿泊)
  • 湯野上温泉のお宿に初めて宿泊してみました。部屋数4部屋の小さな民宿「蕎宿・湯神」です。このお宿、なかなかの人気で休前日などの予約はなかなかすんなりいかないようです。今回の宿泊は平日、なので前日の電話でなんなく予約できました。お宿到着は17時、夕食は18時で部屋食なのでそれまでに入浴やいろいろ撮影したり忙しいです。どこでもそうですが宿に宿泊の際は遅くとも16時には着きたいですね。案内いただいたのは「長寿庵 [続きを読む]
  • 玉梨温泉 せせらぎ荘
  • ひと昔前の建物は取り壊され、新しく建てなおされてオープンしたせせらぎ荘。訪れた夜間は施設や駐車場に照明が灯されて以前のような素朴な雰囲気はない。国道から橋を通って川沿いを左折し進むが、照明で周囲が明るいので今までの慣れ親しんだ環境と異なるのに違和感を覚える。混んでいたのと夜では湯の様子がわかりにくいので、日を変えた朝に訪問してみる事にした。受付を済まし館内を見回し感じたことはいたって普通の日帰り温 [続きを読む]
  • 玉梨温泉 せせらぎ荘(旧施設)(建替え)
  • この施設は2016年9月25日に完全建替えオープンしています。この記事は改装前のものです。玉梨温泉の日帰り温泉施設「せせらぎ荘」です。この施設は町が運営している公営施設です。外観は旅館に見えますが宿泊は受付けていなく日帰り入湯、休憩、食事のみとなってます。オープンと同時に入館する。の為か男性浴場だけはまだ湯を張っている最中で3割程度しか溜まっていませんでした。男女別に内湯が一つずつ。湯が溜めている最中なの [続きを読む]
  • 湯倉温泉 共同浴場
  • 近くを通りがかりせっかくなので寄ってみました。外観には特に変わりはありません。浴場入り口を入り、待ち合わせ室と休み処を兼ねた広間の壁には案内やら告知、利用の際の注意書きなどの張り紙がいっそう増えてきたような気がしますが。浴室には「掛け流し禁止」の案内書きも新たに掲示されていました。湯口より源泉を入れ続ける熱くなってしまい次の方が入浴出来なくなるとの事。なので入浴中は掛け流しokですが、上がる時は湯口 [続きを読む]
  • 湯倉温泉 共同浴場(旧施設)(建替え)
  • この施設は2014年12月に新浴舎となりました。この記事は改装前のものです。通りがかりにサッと一風呂感覚で寄ってみる。すると分析書がまたしても新しく掲示されていた。前回はH21のものだったが今回は新たにH24のもの。三年も経過しないうちに再分析とはどういったことか??まあいいや。さて今回も快適な湯浴みのひと時でした。湯温も熱めでしたが、浸かれないほどではありませんでした。新分析更新のみでお湯云々は今回省略。( [続きを読む]
  • 高遠温泉 さくらの湯
  • このエリアに足を踏み入れたのは今回が初めてになる。南アルプスへの山行帰り、汗流しに立ち寄ってみた。施設としては公共日帰り温泉施設でだれでも気軽に大人500円にて利用できる。この辺りは桜の名所らしく、当施設は高台に位置するので春のシーズンには見事な桜が楽しめるのでしょう。浴室はガラス張り、外光が差し込んで明るく清潔感がある。内湯タイル造り浴槽は12−3人サイズ、浴槽の前面部分よりオーバーフローを確認できる [続きを読む]
  • 玉梨温泉 共同浴場
  • 再訪しました。ご近所の「せせらぎ荘」が新装オープンしてからこの周辺の雰囲気が一変したような気がします。週末しか分かりませんが人の往来や車の行き来が増えましたね。また共同浴場に指定管理者が設けられていました。今後の動向が気になり心配な点でもあります。今回訪問してお湯は特に変化はなく安心しました。変わらずに大量投入ですんなり浸かることは出来ないほどの湯温が保たれていました。夏場でしたのでアブも絶好調で [続きを読む]
  • いいでのゆ
  • 飯豊連峰登山帰りに立ち寄ってみました。登山客で賑わっていると想像していましたが、下山ラッシュ前だったのか天候いまいちだったのかで登山客らしき方は見かけませんでした。今回浸かったのは源泉槽のみです。薄く黄緑土微濁り、重曹甘味に塩味、金気臭味が第一印象として記憶に残る湯です。体感で42℃ほどの湯が浴槽を満たし掛け流されていました。飯豊連峰の山形側の飯豊温泉に塩気を増したような感じの湯でもあります。循環ろ [続きを読む]
  • 早戸温泉 つるの湯湯治棟(宿泊)(旧施設)(建て替え中)
  • この施設は2017年春に建替えのため取り壊されました。現在新施設建設中です。日帰り温泉施設「つるの湯」がオープンする前は立寄りでの利用が可能だった「つるの湯・湯治棟」。今回は宿泊してのんびり過ごす事にした。部屋は二階の角部屋、8畳和室で広さは十分なもの。部屋からは川霧が発生していて神秘的な只見川が望める。湯治部といえども部屋には備品が一通り揃っているので、とても使い勝手がよい。宿泊すると湯治部浴室はも [続きを読む]
  • 大塩温泉 共同浴場
  • いつのまにか前回の訪問よりおよそ二年が経っていました。月日が経過するのは早いものですね。土曜日の訪問で番台はお隣にある「民宿たつみ荘」のご主人が担当しておりました。受付すると「今は誰もいないから貸切だよ」との事。浴槽写真が撮れていなかったのでここぞとばかりにデジカメ撮影を敢行する。前回、浴槽サイズを4人とコメントしましたが横並びの5人サイズに訂正いたします。お湯は笹濁りで金気臭を感じます。当日の湯の [続きを読む]
  • 大塩温泉 共同浴場(旧施設)(建替え)
  • この施設は2015年8月に新浴舎となりました。この記事は改装前のものです。数年ぶりに訪問してみると、浴舎までも取り壊しての大々的な改装工事が行われていました。訪問時は特別処置として季節の露天風呂に大塩の湯を引き入れていました。季節の露天風呂は有志のみなさんによって管理清掃されています。必ず「たつみ荘」に許可を取ってから行きましょう。(三昧・2014年6月)ひと月あまり、建物のリニュアルにより休業していた大塩共 [続きを読む]
  • 中川温泉 福祉センターゆうゆう館
  • 通りがかったついでに、どんなだったか確認がてら10年振りに立ち寄った施設。お昼時の訪問で男女ともに先客さまはおらず、終始独占状態にて湯浴みできた。入浴施設としては男女別の内湯がひとつづつあるだけのシンプルな造り。曇ガラス張りで眺望などは一切ない。受付で「お湯が熱いですので水を入れてください」との事。どれどれと手を触れると体感46−47℃はありそうな感じ。早速、ホース加水するも水量が十分でなく浸かることが [続きを読む]
  • 鉄輪温泉 入舟荘
  • 鉄輪にある温泉旅館の一つの「入舟荘」。共同浴場・熱の湯の裏手部分に位置している。なんと自分、入舟荘は初めての訪問となる。今まで数度と立ち寄りを試みるも宿泊客到着したのでとか、湯抜きしてしまった、とやらで浸かれず続きでした。念のため電話連絡してから出かけてみました。電話していたので受付もスムーズ。ちょうどチェックアウト後の時間帯だったので、宿の方々はお掃除タイムに突入しており忙しそう。なんとか受付し [続きを読む]
  • 別府温泉 悠彩の宿望海
  • 久しく再訪しました。受付して初めに7階の露天風呂へ向かう。露天風呂は以前にも浸かったことがある。エレベーターでは6階まで、そこから7階へは階段を利用することとなる。変わらずに解放感のある露天風呂で、好天の今回は別府湾の眺めが素晴らしい。浴槽からはオーバーフローが確認できるようになっていたのと、当日はカルキ臭を感じず。ただ湯口よりの投入量とオーバーフロー量とが合わないので半循環の湯使いか?次に内湯へ移 [続きを読む]
  • 別府温泉 ホテル好楽
  • 高段者無料券を利用させていただき立ち寄りした温泉宿です。連休日だったので事前に電話確認して行ってみました。好楽さんは立ち寄り時の駐車場が無いので、車で来ると近くのコインパーキングを利用するのが便利です。受付の方々は毎度ながら感じのよい接客ですね。今回は特にお湯に変わりはないですが、訪問時の湯温が体感41℃ほどと少し温めでした。浴室に入り左手横には別府の共同浴場によく見られる湯溜め源泉槽というか湯坪が [続きを読む]
  • 高峰温泉
  • 記憶が曖昧でいつか再訪したい宿の一つだった高峰温泉。運よくその機会が巡ってきてようやく訪れることができました。立ち寄りでは内湯のみ利用可能で、露天風呂は宿泊者専用のため利用不可です。早速、浴室へ向かいます。ガラス張り浴室は若干空間が狭く思えてしまいます。浴槽は2つあり、片方は加温でもう片方は非加熱源泉が楽しめます。浴槽広さは小さ目で、出来たら個人的な感想ですがそれぞれ3人・1人で浸かりたいですね。3人 [続きを読む]
  • みづほ温泉 湯楽里館
  • 完全な豪華系日帰り温泉センターといった位置付けの施設でしょう。公社委託の公共施設のようです。登山後に汗を流したく立ち寄る。何度目かの購入となる「物味湯産手形」を受付で購入し、そのまま手形を利用して入浴受付する。男女浴室に内湯大浴場と開放的な露天風呂を各一備えている。タイル張り内湯は20人はいけそうな広さがある。湯は無色透明、カルキ臭が目立っている。強力な吸い込みが作動する循環濾過である。唯一、つるつ [続きを読む]
  • 浜脇温泉 松原温泉
  • 永石通りにある共同浴場「松原温泉」です。管理人さんが常駐されておられる浴場でもあります。正面入り口間にはお薬師様が鎮座されており入浴客を見守っているように見えます。午前中に訪れてみましたが6−7人の先客があり賑わいでした。なので言うまでもないですが浴場内の様子は残念ながら撮影できませんでした。脱衣所と一体型の浴室というより浴槽、それは使い込まれた小判型のタイル造りです。中央部分は仕切りにて湯船を半分 [続きを読む]
  • 谷川温泉 旅館たにがわ
  • 谷川温泉の中では規模の大きめな温泉旅館「たにがわ」に立ち寄りしてみました。土曜日の午後、チェクイン客もそろそろ到着する時間帯でしたが立ち寄りokとの事で訪問する。受付して男女浴場へ向かいます。脱衣所には「カメラ・撮影機能付き電子機器の使用は禁止・・・」の掲示がありました。広めな浴室に入ってすぐ右手に足湯、その向う側にカランシャワー。浴室左側は縦長の10人サイズ浴槽を配置。浴槽フチと浴槽内の腰掛部分には [続きを読む]
  • 別府温泉 大和温泉
  • いつのまにか温泉道対象施設になっていた大和温泉に再訪しました。相変わらず場所がわかりずらくすんなり到達できませんでした。温泉道スタンプはひらがなで「やまと」というのが印象的でした。特に変わりはない共同浴場ですが、当日は水道加水が常時あって、浴槽内で約41.5と温めのコンディション。湯溜めレバーを動かしてしばし源泉を投入し適温で湯浴みさせていただきました浴槽内には茶系の華、砂状の華?もちらほらとあります [続きを読む]
  • 与一の湯 那須パレスホテル(宿泊)
  • 那須塩原市の温泉付きビジホに宿泊しました。立地は国道4号沿いにあり、付近にはコンビニやスーパー、回転寿司チェーンやファミレスがあり、素泊まりビジホですが食事には困りません。4号線沿い、ビジホ敷地内の一角に水道蛇口より温泉を流す演出があり、温泉ファンを挑発しています。到着は食事やらなんやらの寄り道をしての19時半頃。フロントで受付、前払い後に部屋へ向かいます。部屋は3階の角部屋のセミダブル、ユニットバス [続きを読む]
  • さくらんぼ東根温泉 温泉浴場オオタ湯
  • 東根の温泉公衆浴場の一つです。未湯だったので立ち寄る。訪問したのは7時過ぎで、ちょうど朝一番の入浴客ラッシュが落ち着いたらしく浴室は貸切状態でした。冬場で浴室内は湯気が充満気味。浴室中央には湯桶と椅子置き場が、浴室左右両端には洗い場シャワーカランが配置されています。横長の長方形浴槽は7−8人サイズはあります。湯口は竹筒で数L/minほどの源泉を浴槽へ落とし込んでいます。これ以外にも湯船内側面よりの源泉注入 [続きを読む]
  • 別府温泉 別府パストラル
  • 東荘園町にあるシティーホテル?のような「別府パストラル」です。昭和に建てられたと思われ、段々と風格のある外観になってきていると思います。入浴受付は一階で浴場は地階にあります。パストラルさんは有難くも高段者優遇券の協賛施設なのでした。受付後、すぐに浴場へ移動します。男女別の内湯がそれぞれに、また露天風呂も同じくそれぞれにあります。広い脱衣所に広い浴室空間の内湯。向う正面はガラス張り、浴室床と浴槽が同 [続きを読む]