はしご湯 さん プロフィール

  •  
はしご湯さん: はしご湯のすすめ
ハンドル名はしご湯 さん
ブログタイトルはしご湯のすすめ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yu2017
サイト紹介文温泉の感想をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 45日(平均11.2回/週) - 参加 2017/03/09 02:05

はしご湯 さんのブログ記事

  • 下諏訪温泉 菅野温泉
  • 下諏訪の公衆浴場に再訪した。変わらない路地裏を進んでいくと菅野温泉の入り口があります。今回訪問は19時頃で、日々の入浴に来る地元民や観光客でにぎわっていました。時間帯もあったあったのか入浴客の年代層の幅広く若い世代のほうが多いです。洗い場には簡易式シャワーもあり、安く入浴できてお湯も満足できて満足できるでしょう。今回、訪れてみると最近増加傾向にある写真撮影禁止になっていました。下諏訪に来たら再訪した [続きを読む]
  • 上牧温泉 風和の湯
  • 前回の訪問から10年ほど経っていたので、どんなんだったか記憶を確認したく立ち寄る。上牧温泉の日帰り温泉施設「風和の湯」です。駐車場一角には温泉スタンドも設置されています。受付後、畳敷きの休憩所を横目にして廊下を進んだ先にある浴室へ。ガラス張りの明るい浴室空間で清潔さを感じます。内湯浴槽は御影石の縁に石板張りの底で個人的には好みの造り。やや長方形で7-8人サイズがあります。石造り湯口からはおおよそで20L/m [続きを読む]
  • 横瀬温泉
  • ▼横瀬の田の神様横瀬地区にある共同浴場です。案内看板など一切無いので少しわかりずらいが、旧道の余地にレンタカーを駐車して周囲を見回せばマニアなあなたなら見つけられるでしょう。地域住民だけでなく通りすがりの温泉マニアでも料金を支払いし利用することができます。木造平屋建ての外観で男女別の内湯を備えています。脱衣所からしてきちんと管理されている印象を受けます。浴室内に仕切り一つで区切られた浴槽が二つ横並 [続きを読む]
  • 福寿温泉
  • 高台にある地域の共同浴場といった感じの福寿温泉です。すぐ隣には別建物の有料休憩所もあります。入浴のみ100円に対して休憩料は400円という料金設定となっています。休憩所におばちゃんがいたので、そこで入浴受付して浴舎へ。浴室一角にある浴槽は、新しく造り直したと思われる比較的キレイ目な木造りのものです。浴室自体がコンクリやモルタルを用いた造りなので、見た目にも暖かみある木造浴槽は好印象です。4人サイズの広さ [続きを読む]
  • 富士見温泉 ゆ〜とろん水神の湯
  • 富士見パノラマスキー場近くにある日帰り温泉施設といった印象の水神の湯。今回の訪問はグリーンシーズンでしたが、スキーシーズンにはスキー帰りの客で賑わいそうな感じがする。食堂や無料休憩所もあったので一休みするにはそこそこ使えそうだ。浴室は趣の異なる二つがあり、男女浴室は日帰り交替ということだ。当日の男湯は内湯が檜風呂の方だった。浴室は蒸しっとした感じが心地よくない。施設規模にしては洗い場が不足気味では [続きを読む]
  • 八ヶ岳温泉 もみの湯
  • 八ヶ岳連峰西麓の裾野に佇む日帰り温泉施設です。八ヶ岳登山の帰りに立ち寄りしました。午前10時のオープンと同時に入館、券売機でチケット購入して受付するシステムです。入浴だけではなく大広間休憩と軽食程度の食事もできます。内湯浴室に入ると縦に長いタイル浴槽が目に入ります。広さは15-20人ほどでしょうか。お湯が浴槽縁の切り込みから溢れ出しています。その通り道周辺は赤黒や褐色、クリーム色をした析出物がたっぷりと [続きを読む]
  • 浅間温泉 飯田屋別館
  • 古めかしい古風な三階建ての外観が気に入り一度は通り過ぎたがどうも気になって玄関に入る。呼べど呼べど何の反応もなく、帰ろうかと思いきや女将さんが厨房から出てきて応対していただいた。受付すると「男湯を貸切でどうぞ」との事。浴室全体がタイル張り、浴槽も同じ造り。ゆったり2人、詰めて3人サイズの広さほどか。石湯口より約10L/minの源泉が浴槽へ静かに落とし込まれている。成分の白い析出物が湯口周辺にびっちりと堆積 [続きを読む]
  • 桂の関温泉 ゆ〜む
  • 道の駅・関川に併設の日帰り温泉施設です。これまでに何度も前の国道は通過はしていましたが、温泉施設ゆ〜むへの立ち寄りは今回が初となりました。玄関を入って靴を下駄箱へ入れて券売機にて入浴券を購入する流れ。その後は受付で入浴券を提出するいつもの流れ。各種メンバーズカードの提示により割引適用もあるので、該当の方は大まかな住所と氏名を記入すると100円の返金があります。男女それぞれに内湯と露天風呂を備え、ジャ [続きを読む]
  • 浅間温泉 香蘭荘
  • 立ち寄り可能時間帯だったが定かではないが声をかけてみる。泊り客の浴室利用を確認されたのだろう、空いていたらしく「どうぞ」と女将さん。香蘭荘は昭和感の残るアットホームな小さな温泉宿の印象を受けた。ペットを連れた宿泊客がいたので後で知ったが、どうやらペットと泊まれる宿でもあるらしい。玄関を入りすぐ左手に浴室がある。男女別内湯が一つずつある造りの浴室。浴室扉を開け浴槽からお湯が惜しげもなく溢れ出している [続きを読む]
  • 湯沢温泉 荒川いこいの家
  • 関川村にあって村上市の福祉施設「荒川いこいの家」です。新しく建て替えているのでまだキレイな施設です。利用するには名前と住所の記入を求められます。畳敷きの広い休憩室ではお年寄りの方々がゴロゴロと昼寝などで寛いでいる。受付の管理人のお二人もうたた寝中、ほのぼのとした雰囲気です。浴室は少しムシっとした状況、カランシャワーは5台あり十分な数でしょう。ゆったりと7−8人で浸かるのに丁度良い広さの各タイル張りの [続きを読む]
  • 林温泉 かたくりの湯
  • 以前の味わいある浴場は解体されてしまって新たにキレイな共同浴場に生まれ変わった「かたくりの湯」。昨今では温泉マニアの間では広く知れ渡っている施設でもある。新築後は駐車スペースも設置されているので堂々と車付け可能。新施設も一般外来可能なので料金を支払えば外来利用時間に入浴できるのは有難い。浴室に入ると空間に漂う石油臭が鼻を突く。浴槽は御影石造り、5−6人サイズの立派なものだ。ガラス窓からの採光がいい、 [続きを読む]
  • あつみ温泉 東屋旅館(宿泊)
  • 川沿いに建つ温泉旅館・東屋に宿泊してみた。看板が無いと民家のようにも思える外観、客室7部屋という小さめな宿でもある。館内の床をはじめ階段や手摺りなどの木の部分はピカピカに光るほどに磨かれている。宿泊したのは二階にある部屋、8帖間に広縁もある。宿の隣には足湯カフェがあり人気があるのか若者客でとても賑わっていた。その賑わいもお店の閉店と共に無くなり、いつの間にか静かな温泉街となる。食事については一般的な [続きを読む]
  • 池の平温泉 ホテルアルペンブリック
  • 池の平スキー場の目の前にある温泉ホテル。今回はグリーンシーズンだったが、スキーシーズンではさぞかし賑わう事だろう。フロントにて入浴受付をする。フロントは二階、内湯大浴場は一階にあり三階には露天風呂がある。内湯と露天間の行き来には、一度着替えをする必要がある。最初は露天風呂がある三階へ。渡り廊下を奥へ奥へ進んでいくのは、おそらく露天風呂浴舎が後付けされたものだからでしょう。露天風呂は屋根掛けされた岩 [続きを読む]
  • 湯田川温泉 甚内旅館(宿泊)
  • 湯田川温泉近くのとても広い田んぼ地帯には、既にオオハクチョウ達が飛来している。少しばかり撮影後に宿に向かう。すると予約が入っていないトラブルがあったが、お宿の若夫婦が機転を利かせていただき難なくチェックイン。急な飛び込み客のような感じだったがなんとか宿泊大丈夫との事。すぐに三階の客室まで案内いただく。8帖間+広縁の部屋は2人で十分すぎる広さがあった。女将さんに夕食は18時半、朝は7時半にお願いする。夕食 [続きを読む]
  • あつみ温泉 正面湯
  • あつみ温泉の旅館に宿泊した際、宿での夕食とお風呂を満喫。その後、寝る前にせっかくなのでふらっと近くの共同湯に行ってみた。ここも久しぶりだなぁーと思いながら扉を開けて中へ入った。利用者が誰も居なかったので今のうちにもろもろ撮影終了。以前との変化は無いように思えましたが、どうかな。見るからに浴槽前面部分よりオーバーフローがあり溢れ出しが確認できました。御影石造りの立派な湯口周辺での湯の香が特徴的でした [続きを読む]
  • 赤倉温泉 ホテル金甚
  • 登山後の汗流しに立ち寄る。少し昭和の雰囲気を想わせる館内の印象。パンフの浴槽写真を見た際、花のような形の浴槽を気に入りお宿へ向かう。休前日の泊り客がお着きになる前だったようで、「今ならどうぞ」とご主人?浴室は二階へ階段で移動、男女別の内湯がそれぞれに一つずつあります。男湯は二方向が曇りガラス、梅の花のような石造り浴槽は4−5人サイズの広さがあります。浴室に入った途端にタマゴ噴気臭?が鼻をつきます。浴 [続きを読む]
  • 由良温泉 温泉民宿ほり旅館
  • 地魚料理自慢・源泉かけ流しと謳う由良温泉にある旅館です。立ち寄りも可能らしく玄関をくぐりました。訪問時はシーズンオフらしく今日は女湯のみの湯張りだという。よかったら貸切でいい、との事で廊下を奥へ奥へと進んで浴室へgo。ちょっと湯気っている小さ目空間は家庭的な浴室でいい感じ。タイル貼り浴槽は2−3人サイズの小さめ湯船です。岩湯口より塩ビ管が突き出ておりそこから湯が湯船に約9L/minほど落とされています。湯口 [続きを読む]
  • いこいの村庄内(閉館)
  • この施設は2016年10月31日をもって閉館しましたアップを後回しにしていたら、その間に閉館してしまいました(x_x;)公共の温泉宿泊施設です。通り沿いに「日帰り入浴できます」的な看板があったのでどれどれと言いつつ立ち寄る。入浴受付は券売機にてチケットを購入する仕組みでシステム化されています。広々とした浴室空間、浴室壁と床と浴槽縁がすべて白と言うかクリーム色に統一されていて妙な感じ。浴槽は左右両端に二つ配置。 [続きを読む]
  • さくらんぼ東根温泉 旅館さくら湯
  • 「今回もダメかなぁ」と思いつつダメ元で玄関をくぐる。今まで2連続で立ち寄りできずにいたが、なんと三度目の正直で立ち寄りできた次第だ。数年越しでの入浴ok、ゆっくりじっくりと湯を楽しむ事にした。浴室に入ると鼻腔を突かれるようなツンとするモール臭が空間を漂う。カランシャワーは3台で旅館規模からして適正な数だろう。浴室床に埋め込まれている石板絵の桜がいい。浴槽は大人が横並びで5−6人サイズの広さ。浴槽内は丸タ [続きを読む]
  • 由良温泉センター お釈迦様の湯(休業)
  • この施設は2015年10月1日より休業中です。再開は未定とのこと。(現地確認済)目の前が海岸という好立地にある温泉センターです。温泉センターというと聞こえがいいですが、一軒長屋がそのまま温泉施設になったというような印象。ピンク色の建物壁が目に付き、外観や館内はB級ムードが漂います。簡素な机に椅子を利用した番台、オジサンが座って受付中。8畳間の畳敷きの部屋が休憩所として利用されているようです。長方形に近いタイ [続きを読む]
  • 馬羅尾天狗岩温泉 天然ラドンすずむし荘
  • 公共の温泉宿泊施設であるが日帰りにもどんどん力を入れている感じを受ける。また、最近リニュアルしたのか施設自体が新しくてキレイである。当日は近隣の方々が家族で入浴しにやってくる姿が目立っていた。浴室のガラス窓に沿って浴槽を配置、15人サイズの広い湯船である。お湯はクセの無い無色透明、浴槽内にて循環。注目すべきはこの浴槽の仕切り一つ横にある源泉槽だ。ぬるい源泉そのままを蛇口より常時投入している。体感で約 [続きを読む]
  • 北八ヶ岳松原湖温泉 星空の湯りえっくす
  • 小海リエックスリゾート内にある温泉施設「星空の湯・りえっくす」です。リゾート内の各施設利用者は当然ですが、単なる一般外来入浴客でも早朝から受け付けていただけます。今回は物味湯産手形を利用して無料体験入浴をお世話になりました。朝の6時から営業しており、ホテル・リエックスの宿泊者が朝風呂を楽しもうと専用通路経由でポツポツとやってきます。設備備品の揃った脱衣所で不自由はなし。浴室入り口扉横には注意書きの [続きを読む]
  • 萌芽の湯(休業中)
  • この施設は休業中です05年10月オープンしたという温泉施設に立寄る。まだまだ宣伝不足なのか施設はガラガラ状態。温泉施設のほかにもキャンプ場もあるようだ。夏場は順調に行けばキャンプ客で賑わう施設になるかもしれない。湯浴み後に利用できるちょっとした休憩室も備えている。内湯&露天風呂を備えている施設。内湯は石造り三角湯船の浴槽は4-5人が入れるもの。訪問時はどういうわけかお湯が投入されていなくて鮮度不足に陥っ [続きを読む]
  • 湯村温泉 ホテル吉野
  • 湯村温泉にあり、3階建ての家族経営と思われる小規模お宿の印象。事前に電話連絡して万全を期してから立ち寄る。脱衣所に金魚が飼育されている。浴室空間は少し蒸しっとしている。7−8人サイズの青角タイル造りの湯船が一つある。岩石湯口より突き出た塩ビ管より実測40.7℃の源泉約30L/minほどを浴槽投入している。お湯は無色透明、薄塩味、薄らと薬味、薄苦味を感じるものだ。湯に浸かっていると身体への細かな気泡の付着がまずま [続きを読む]
  • 北八ヶ岳松原湖温泉 八峰の湯
  • 松原湖畔リゾートエリアにある日帰り温泉施設の「八峰(ヤッホー)の湯」。営業開始時間と同時に訪問しました。センター系施設に定番の食堂やら大広間もありますがお目当ての温泉浴室へ直行する。趣の異なる2種類の浴室があり、それを定期的に男女入れ替えにて交互利用しているだそうだ。当日男湯は白駒の湯だった。広く採られたガラス窓からは施設ネーミングに影響が大きい八ヶ岳連峰の堂々たる姿がそびえているのが望める。訪問 [続きを読む]