taigenjukuyamaki さん プロフィール

  •  
taigenjukuyamakiさん: 八巻としひでのWEBカラダ改善塾
ハンドル名taigenjukuyamaki さん
ブログタイトル八巻としひでのWEBカラダ改善塾
ブログURLhttp://www.taigenjuku.com/blog/moguler8_blog/
サイト紹介文スキーをはじめとするスポーツの上達の秘訣や、正しいボディケアの秘訣などをお伝えするブログです。
自由文東京・中野にある姿勢・歩き方改善のジム「体玄塾」トレーナー八巻としひでのブログ。
姿勢・歩き方からボディケア・スポーツ上達の提案指導を行うスポーツトレーナーとして活動中。
自ら行っているスキーでは、雑誌記事の監修経験もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 112日(平均4.8回/週) - 参加 2017/03/09 11:19

taigenjukuyamaki さんのブログ記事

  • スキーと膝痛② 後編
  • スキーで膝痛が起こる原因、膝から体をひねるから膝が痛くなるの後編です。 みなさんスキーの時のみならず、歩く時走る時にも体が全部一緒に回っていますよ、すると着地時に膝がねじれて衝撃がかかるのですよとお話しました。体は上半身からひねり、腕を動かすのが正解という、前回のお話をさらに解説していきます。 歩く時も、スキーのターンの時も、体はねじれるが正解 左:歩行時 右:スキー時それぞれの左側は体が一体になっ [続きを読む]
  • スキーと膝痛②
  • スキーで膝痛になる原因 その2膝からひねるから、膝を痛める スキーと膝痛のお話の2回目です。スキーでターンをする時、体をひねります。実は歩く時も同様にひねっているのですが、膝痛をかかえている人の多くは、体を膝からひねってしまっています。だから膝が傷むのです。 こちらのスキーヤーのターン、ターンの頂点で既に体と板が同じ方向を向いていました。これって、歩きなら同じ側の手と足が同時に前へ出るのと同じ状態な [続きを読む]
  • 考えて運動する
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 今回は、運動やトレーニング、体について書きます。 テレビや雑誌、インターネットの情報によって体を変えるのがとても簡単だというイメージが浸透してしまっていますが果たしてそんなに簡単なことなのでしょうか? 知識は、必要ですが無駄なものならない方がましです 体のことでは、わかってないことが沢山あります。例をあげると「高血圧」これも原因がほとんどわかっていないと言われてい [続きを読む]
  • 「肩甲骨を寄せる」は実は体に良くない!?②
  • いい姿勢をとるとき、肩甲骨を寄せろと言ったり、背すじをピシッとしたりという意識をお持ちの方は多いと思います。しかし、正しい姿勢をとった時は実は背中は思うよりピシッとはならず楽な感覚だというお話をいたしました。では、肩甲骨を寄せるなどして背中を緊張させて走ると、ランニングパフォーマンスにおいてどんな問題が起こるのでしょうか?今回はその2です。肩甲骨を寄せるは実は体に良くない?!① 走る上でのデメリッ [続きを読む]
  • 「肩甲骨を寄せる」は体に実は良くない?!①
  • こんにちは、八巻です。スキーの記事ばかり書いていて、ランニングに関するこちらの記事のhttp://www.taigenjuku.com/blog/2017/04/post-329-447196.html続きを書くのをすっかり忘れていました、スミマセン。という訳で、今回はよくランニング法などで言われる「肩甲骨を寄せる」動作についてのお話をしたいと思います。 いい姿勢をとるとき、肩甲骨を寄せろと言ったり、背すじをピシッとしたりという意識をお持ちの方は多いと思い [続きを読む]
  • 特定の身体パーツに意識がいくとパフォーマンスが悪くなる!
  • スポーツ選手が動きを改善しようとするとき、その運動動作で直接(主として)使われる身体パーツの動きを改善しようとしてしまいます。例えば、陸上の短距離では『地面をしっかり蹴る』、『股関節の動きを意識して走る』etc.と脚の動きを改善しようとします。野球のピッチャーではボールを投げる方の腕の動きを時系列順に分けて、問題の部分の動作を改善しようとします。自転車競技では弧を描くようにペダルを回せるように脚の動きを [続きを読む]
  • 姿勢をシャキッとさせる!!
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 脚やせ、O脚改善などをする場合には姿勢をおこしておくことが大切になります。 整体院などで矯正をしたとしても、崩してるのは自分自身のクセや日常生活の習慣だったりしますのでその辺りを変えなければいけません。 疲れたからといって姿勢を崩すのではなくむしろ簡単な運動や体操などをして体をシャキッとさせておくことが大切なのです私は、疲れている時などは特に体を動かします。体がシャ [続きを読む]
  • スキーと膝痛①
  • スキーのための姿勢トレーニングスキーのオフトレーニング・膝痛改善は東京・中野の体玄塾で。カウンセリング受付中!レベル問いません! こんにちは、八巻です。 私も40代半ばに差し掛かろうかという年齢になりました。モーグル・スキーの練習をするにも体力との戦いになる年齢です。若者のようにとにかく数を滑ってという訳にもいきませんので、効率の良い練習・トレーニング法を考慮しないといけません。ケガをしたら、仕事にも [続きを読む]
  • チョレイに一言
  • こんにちは、八巻です。 最近、中高生のスポーツ界での活躍が目立ちます。東京五輪に向け、活躍が期待される世代が結果を残しているのはいい事だと思います。 先日も卓球の世界選手権が行われ、平野美宇選手らすでに世界のトップクラスで活躍している選手が期待通りの活躍を見せてくれました。さらに、中学生の張本智和選手がベスト8に入る活躍を見せました。その張本選手、試合中に「チョレイ!」という大きな雄たけびをあげる事 [続きを読む]
  • スキーで脚を細くすることは可能?
  • スキーがオフの間に上達する、スキーのための姿勢トレーニングスキーのオフトレーニングは東京・中野の体玄塾で。カウンセリング受付中!レベル問いません!スノーボーダーもOKです! こんにちは、八巻です。 私はモーグルをやっているというのはこちらで何度も話題に出ています。モーグルというのは、凸凹のところを滑りますので、結構脚の曲げ伸ばしを大きく行います。滑っている間、何十回もスクワットをしているようなものです [続きを読む]
  • 脚やせには、、、
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 脚やせする為にも、姿勢や歩き方なども見直していくべきです。 姿勢が、崩れていると大なり小なり脚の崩れもセットでおきてきてしまいます。O脚、X脚なども脚にばかりとらわれずに全体を見るべきです 脚が太くなる、脚の形が崩れてしまう これらの問題は、なぜそうなったかを考えると良い方向に進んでいきます 物事を単純に考える事は大切ですが、体の事については単純に考えすぎている事が問 [続きを読む]
  • コブを滑るために、必要なトレーニング
  • こんにちは、八巻です。 スキーは好きだけど、コブが苦手という方も多いと思います。私も13年前からコブを滑り始めましたが、なかなか上手くならない日々が続きました。本当にあーでもないこーでもないといろんな事を試して、最近やっとこれだなというものをつかみつつあり、それが滑りにも反映されてきました。私のコブ滑走ビフォー&アフター 最初にモーグルスクールに入り、そこでテクニックを教わる事で全く滑れないという状 [続きを読む]
  • 筋肉は柔らかいほど上質!
  • こんにちは、八巻です。 今日はちょっと美容に関するお話です。私は体玄塾以外のトレーニング施設でも働いているのですが、そこで勤務スタッフのパーソナルトレーニングをしていた時のこと。 背中や肩がバッキバキに硬いので、揉んでいきますと、いろんなところを押すたびに「イテテ・・」と悲鳴を上げおそらくここもと思って膝裏やふくらはぎを押すとまたイテェ〜(笑) 八巻「ふくらはぎ硬いよー」前の時間にトレーニングを受け [続きを読む]
  • 間違った体の意識
  • 今回はだいぶ前に予告して書いていなかった、「体幹を固めてはいけない理由」について説明します。これまでに体幹トレーニングについて疑問を呈してきましたが、スポーツやダンスで体幹が大事だということについて異論があるわけではありません。 ボクが問題視しているのは、体幹の筋肉を鍛えてさらしを巻いたように腹部をがっちり固めてしまいがちなことです。 運動をする際には脊柱(背骨)の状態が重要で、生理的弯曲がきちんと [続きを読む]
  • トレーニング
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 たまには、トレーニングの事について書いてみたいと思います。 トレーニングは、フォームが大事だと思っています。フォームが良くないとケガにも繋がりますし、つけたくない部分に余分なお肉をつけるもとになります。元々気になっている部分にさらに上乗せさせる結果になりますのでトレーニングをやる意味がわからなくなってしまいます。 ですが、フォームを良くすること自体がとても難しく容 [続きを読む]
  • 姿勢とO脚
  • こんにちは、トレーナーの南部です。  体玄塾では、運動を通して姿勢やO脚などの改善を行っています。 どちらも、ネットや本などで気軽に改善できるとありますが、なかなか難しいですよ 体を変えていくために、必要だと思う事が二点あります。1、根気強く行うこと2、ちゃんとしたことを行うこと この二点はとても大事です。 根気強く運動していかないと体はなかなか変わってくれません。当たり前ですが、 [続きを読む]