taigenjukuyamaki さん プロフィール

  •  
taigenjukuyamakiさん: 八巻としひでのWEBカラダ改善塾
ハンドル名taigenjukuyamaki さん
ブログタイトル八巻としひでのWEBカラダ改善塾
ブログURLhttp://www.taigenjuku.com/blog/moguler8_blog/
サイト紹介文スキーをはじめとするスポーツの上達の秘訣や、正しいボディケアの秘訣などをお伝えするブログです。
自由文東京・中野にある姿勢・歩き方改善のジム「体玄塾」トレーナー八巻としひでのブログ。
姿勢・歩き方からボディケア・スポーツ上達の提案指導を行うスポーツトレーナーとして活動中。
自ら行っているスキーでは、雑誌記事の監修経験もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 15日(平均11.2回/週) - 参加 2017/03/09 11:19

taigenjukuyamaki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • "重心"を知れば、オールラウンダーになれる!
  • 究極のオールラウンドスキーヤー こんにちは、八巻です。先日、フリースタイルスキーの世界選手権モーグル・デュアルモーグルで日本の堀島行真選手が男子モーグル初の金メダルを獲得したといううれしいニュースから約1週間。今度はスキー・ハーフパイプの小野塚彩那選手がやはりこの大会日本選手初の金メダルを獲得したとの嬉しいニュースが飛び込んできました。 ソチ五輪で銅メダルを獲得し、昨シーズンはW杯の年間女王 [続きを読む]
  • 一流になるために上方修正すべき「満足のレベル」
  • こんにちは、八巻です。今日は体の話題からちょっと外れますが、物事を成功させるために必要な心構えについてのお話です。 押切もえさんはなぜ嫌われるのか? 先日、ネットでこんなタイトルの記事を読みました。https://citrus-net.jp/article/19918 語られるエピソードやリアクションが?くさく、それがとても鼻につくという事なのでしょうか。 「謙遜」ではなく、「本音」ではないか? 「二科展 [続きを読む]
  • スタンディング・デスクと脚やせ
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 皆さんは、座っている事は楽な事だと思っていますか?また、自分で座っていて楽だという実感はありますか? アメリカのシリコンバレーにある有名企業では、スタンディング・デスクなどを採用している所がふえているようですね。前からかもしれませんが、、、 座り過ぎは、姿勢も崩れ腰も固まり体の健康を損ねる恐れがありますし、もれなく脚が崩れO脚、Ⅹ脚、太い脚になりやす [続きを読む]
  • ランニング・ウォーキングも「足の上に体をのせる」
  • こんにちは、八巻です。 先日、10年近いお付き合いのクライアントさんがハーフマラソンに出場され、自己ベストを5分以上更新したとご報告をいただきました。もう還暦を迎えようかという年齢にもかかわらず自己ベストの更新は本当に素晴らしいと思いました。最初に出会った時は外反母趾痛で走る事すらままならなかったので、本当に頑張ったのだと思います。 というわけで、今回は、何歳からでも健康的により速くランニ [続きを読む]
  • 腰が反るのは腹筋が弱いから?
  • ・なぜ出っ尻、反り腰になってしまうのかバレエやスポーツをやっていて、腰が反りお尻がうしろに出っ張る姿勢(クセ)が改善できずに悩んでいる人がたくさんいます。腰が反る原因として挙げられる要素は、体幹の筋力が弱いからとか体を引き上げられていないからなどが代表的です。ですが、静止状態で腰が反らないようにするための筋力はそんなに必要ありませんので根本的な原因は別だと思います。動作中に腰が反り過ぎてしまうのは、 [続きを読む]
  • スキー・板の上に体をのせるお話
  • こんにちは、体玄塾の八巻です。 前回は「スキーの上達とボディケア両立するのか」という話題で、そのポイントになるのが”体の位置=重心位置”であるというお話をしました。http://www.taigenjuku.com/blog/2017/03/post-307-425133.html スキーで板のコントロール性を上げるためには、しっかりと真上から荷重をかけてあげる必要がある=足(板)の上に体をきちんとのせる必要があるという訳です。 足 [続きを読む]
  • 男子モーグル、初の快挙!
  • こんにちは、八巻です。 昨日の夜にとてもうれしいニュースがありました。WBCではありません。その裏番組でやっていた、「フリースタイルスキー世界選手権」の男子モーグルで、日本の堀島行真選手が初出場で何と金メダルを獲得しました。 女子では上村愛子選手が2009年の猪苗代大会で金メダルを獲得していますが、男子はこれまで附田選手・西選手の銀メダルが最高だったので五輪も併せて史上初の金メダルです。 予 [続きを読む]
  • 腿上げと脚やせ②
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 前回、腿上げはしない方が良いですよーと書きました。 「足を動かす」=「腿上げ」になっている場合、足が太くなりやすいので注意が必要になります 次に、骨盤と太ももの骨の絵を書いて見ましたので見比べてみて下さい。赤い矢印は力の向きです この二つの、動き一見同じに見えますが全く違う動作になります。 体に、負担をかけない脚を太くしないためにもこう [続きを読む]
  • スキーと姿勢 〜スキーの上達とボディケアを両立させるには?〜
  • こんにちは、八巻です。前回、体玄塾のトレーニングはカラダのケアとスキー上達が両立する一石二鳥のトレーニングというお話をしました。体玄塾の姿勢改善をおすすめしたいスキーヤー”女性スキーヤー”(カラダのケアとは、肩こり・外反母趾などの改善やシェイプアップなどを指します) スポーツの上達と、ボディケアは両立するのか?ではなぜ、姿勢改善をするとスポーツの上達と美容健康が両立するのでしょうか? [続きを読む]
  • 腿上げと脚やせ
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 階段を上がる時に、腿上げをしていませんか?また、歩く時も腿上げしていると脚やせはとても大変になってしまいますよ 少し昔話になるのですが、中学生の時は野球部でした。走り込みは沢山行いました。その時は、常に太ももの前側は筋肉痛状態という今考えるととても異常な状態でした 当時の、体の状態では腿上げで走るしかなかったので仕方のないことでしたがそんな状態で練習 [続きを読む]
  • 地面を蹴って歩いてはダメ!
  • これから少しずつ暖かくなってきます。花粉症の人は外に出るのがつらい季節ではありますが、暑すぎず寒すぎずの時期にウォーキングを始めるのもいいのではないでしょうか。ということで、今回はウォーキングの動作について触れたいと思います。 動作にはオープンモーションとクローズドモーションというものがあります。オーピンモーション ⇒ 空中動作、片足立ち動作 etc.片足立ち、空中などで、踏ん張って体幹を固定しない( [続きを読む]
  • 本当に正しい走り方は、「走っても足がむくまない・痛まない」走り
  • こんにちは、体玄塾の八巻です。今日はマラソン・ジョギングの話題です。 先日東京マラソンが行われました。マラソンに今季初挑戦された(る)方、マラソンを観戦して新たに挑戦を始めようと思われた方もおられると思います。私がみているクライアントさんの中にも、フルマラソンやハーフ・10kmなどに新たに挑戦された方が何人もおられます。 姿勢改善のトレーニングをしている体玄塾では、ランニングフォームの指導も [続きを読む]
  • ふくらはぎの太さと脚やせ②
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 少し前の、記事の続きで膝をどこで伸ばすか?について書いていきたいと思います。 膝をどこで伸ばすかの前にまたまた質問です。 膝を伸ばすときにどの方向に力をいれていますか?考えてみて下さい。 膝を動かすときのイメージを絵に書いてみました。実際とは構造が少し違くなっていますが、、 ①を②に移動させる=膝を曲げる②を①に移動させる=膝を伸ばすどちらも [続きを読む]
  • 重心移動がパフォーマンス向上のカギ!
  • 今回は、重心移動についてです。動作分析や姿勢分析で『前重心、後ろ重心』や『重心移動』など、重心についていろいろことが言われています。また、競技の現場では、『重心を低くしろ』とか『重心移動を速くしろ』など、重心の位置や移動についての指導が行われます。重心移動は競技力を向上させるためにはとても重要なのですが、重心を移動すると一言で言っても、実際に重心を最適な方向に移動させて体を動かすというのはかなり難 [続きを読む]
  • 脚やせとゆるキャラ!?
  • こんにちは。トレーナーの南部です。 体玄塾は、少し入りにくいだったり、相談しづらいなー敷居が高そうだなーなんてイメージを持ってる方もいるみたいですね。そんな体玄塾にはなんとゆるキャラが存在します。 それが、いつも入り口で笑顔で出迎えてくれる全身骨のスケルトンマン「体玄くん」です。 南部が、勝手につけたので今後改名するかもしれませんがよろしくお願いします。 今回は、体玄くんを紹介しちゃい [続きを読む]
  • 脚やせの為の考え方
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 今のあなたの身体を作っているものとは何ですか? 考えてみて下さいタンパク質とか脂質とかではありませんよ 日常生活の習慣、体のクセ、食生活、仕事、趣味、考え方、昔していた運動、ケガ 歩き方 etc 挙げていくときりがありませんのでこれくらいにしておきます その中で、自分が意識すればかえれることを少しづつで良いので変えてみて下さい。それが、脚やせに [続きを読む]
  • つらい肩こり・・整体通いがやめられる方法とは?
  • こんにちは、体玄塾の八巻です。 姿勢・歩き方を学ぶ塾・体玄塾には、毎日多くの生徒さんがパーソナルトレーニングを受けにお越しになっています。その目的は大きく分けて二つ。バレエ・ダンス・スポーツ上達のための体の使い方習得が目的の方と、肩こり・腰痛などのコリや痛みに悩んでいるのを何とかしたいという方と。 後者のコリ痛みといった体のトラブルは、スポーツをされていて生じるものと、お仕事や日常生活で起 [続きを読む]
  • 目標を達成させるためには強い意志と行動力が必要!
  • スポーツの世界でトップに登りつめるために必要なことは何でしょうか?もちろん圧倒的な身体能力があればそれに越したことはないのでしょうが、それ以外に大事なのは強い意志、行動力を持っていることだと思います!例えばサッカーの本田圭佑選手はその一人だと思います。本田選手は圧倒的な身体能力、技術があるとは思えませんが(生意気言ってすみませんすいません)意志の強さはピカイチだと思います。彼がアスリートとして今の地 [続きを読む]
  • スキー上達を目指すなら、"腕振り"を身につけよう
  • こんにちは、八巻です。今回は前回の記事でお話した「上半身と下半身をひねる」動作についてです。上半身と下半身が別に動いている感覚が出てきて、コブの中での重心・板の操作性が増したというお話をしました。 みなさん、普段、手と足を別に動かして歩けていますか? 人が歩くとき、腕脚はどう連動して動くでしょうか・・右腕が前に振られた時、左脚が前へ振り出されますよね?こうして常に左半身と右半身は非対称の動 [続きを読む]
  • うまいトレーニングまずいトレーニング
  • こんにちは、トレーナーの南部です。 今回は脚やせではなくトレーニングや体の感覚について書きます。 食べ物を食べておいしいと思う人もいればその食べ物をまずいと思う人も、もちろんいますよね。 これってトレーニングでもいえることです なので一般的に良い(うまい)とされてるトレーニングが人によっては、悪い(まずい)トレーニングになっている場合があります まずいをうまいと感じれるようにす [続きを読む]
  • ナスパのモーグルコースで成長を感じる
  • こんにちは、八巻です。今週も週1のスキーのトレーニングに行ってきました。体玄塾スタッフのメインゲレンデとなっている新潟・湯沢のナスパスキーガーデン。今や貴重となったスキーヤーオンリーのスキー場です。いつも平日に行くとほとんど貸切状態なのですが、ここのコースに行くといつも練習している女の子がいます。今は小学生高学年か中学生位だと思いますが、小さい頃からよく滑っているのを見かけていました。その子が日曜 [続きを読む]
  • 過去の記事 …