チャイナワーカー さん プロフィール

  •  
チャイナワーカーさん: チャイナワーク社長のブログ
ハンドル名チャイナワーカー さん
ブログタイトルチャイナワーク社長のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sakuraba4828/
サイト紹介文チャイナワークの社長が、中国ビジネスのコラムを執筆しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 16日(平均16.2回/週) - 参加 2017/03/09 13:23

チャイナワーカー さんのブログ記事

  • 不動産販売集約化が進む
  • 2016年、不動産開発の投資成長率は引き続き1桁に止まり、産業平均利益率も下落しつつある。この全体不況の中で不動産販売の集約度が高まっていることが注目されている。 全国上位500社の不動産販売面積は5.2億?、前年比31.6%増、売上高は6.3兆元(約104兆円)、前年比40.1%増。全国に占める割合は、それぞれ33.05%と53.35%になり、前年より6.3%と7.5%上昇している。 大手デペロッパーによる企業間のM&Aなども [続きを読む]
  • 自動車販売システムの変革起こすー商務部
  • 今年1〜2月、中国の自動車販売台数は、445.9万台。昨年同期比8.8%増だが、増加スピードは同時期と比べて4.9ポイント下落した。 原因は、昨年軽乗用車購入税優遇策の反動である。 自動車の販売促進策として、商務部は以下4方面から力を入れる。 ①「自動車販売管理弁法」(「弁法」は、中国語の表現、規定という意味)を制定・施行縦ラインの系列販売4S店形式にメスを入れ、ブランド毎の独占状態を打破すること [続きを読む]
  • 葬儀費用 多くは5000元以下−北京市の場合
  • 一時、葬儀費用の高騰は社会問題の一つになっていた。 不動産市場とリンクされているように墓地の相場もうなぎ上り。3万元(約50万円)〜6万元(約100万円)は、最多価格帯。 現在、北京市政府は、この社会問題の解決策として、葬儀の改革、埋葬方法の改革、そして政府補助金などの施策を実行している。 海への散骨や樹木葬といった自然葬の場合、政府補助金があって、市民に対して無料にしたりしている。 今 [続きを読む]
  • 「長腿姑娘」−今年のスーパーモデル選出
  • 年一回の中国服装設計師協会主催の2017年スーパーモデルコンテストが、昨日、北京で幕を下ろした。 選ばれてきた30人のモデルは参加した。 優勝者は9番。 足の長いこと!今頃の「姑娘」(若い女の子)は、栄養のバランスが良いか、わからないが、とにかく街角で「長腿姑娘」(足の長い子)によく出会う。 足の短いチャイぞうは、恥ずかし〜。 ◆記事のご感想を教えてください◆どんなこ [続きを読む]
  • 中国政府、カーシェアリングのシステム作りに着手
  • シェアバイクで喧噪中の中国では、一方、カーシェアリングも 2011年より北京・上海・広州・深セン・佛山、中山といった都市で導入されている。 交通渋滞や環境問題で自家用車への規制が厳しくなる方向に向かっており、特に安い利用料金は魅力的である。 距離と時間制で利用料がとられるが、おおむね主流になっているのは、1元/キロ+0.1元/分間で、割安である。 ただ、問題は法整備がまだ待たれている状態、提供 [続きを読む]
  • 電子商小売政策不変、日中間の越境ECも恩恵
  • 2016年5月に公布した越境ECの小売輸入に関する監督管理要求について、当初は2016年5月11日から1年の過渡期を設けることにしていたが、この過渡期を2017年末まで延長することを明らかにした。過渡期間中は、引き続き個人用商品として試験的モデルで監督管理を行う。実施エリアは杭州、天津、上海、重慶、合肥、鄭州など15都市となっている。 3月17日、商務部のスポークスマンは過渡期後の越境EC小売輸入の特徴について、「貿易 [続きを読む]
  • 毛沢東の神格化という風潮
  • 近年、毛沢東の神格化風潮が、中国民間で広がっている。 政府は基本的にこのような動きを勧めていないが、政権の安定運営に寄与する役割があるため、放任する嫌いがある。 大自然の様々な現象を神格化の素材にしたり、彼の故郷である湖南省の実家まで風水の話で神秘の色付けをしている。 ◆記事のご感想を教えてください◆どんなことでもOKです! 励みになります♪記事の感想    [続きを読む]
  • 中国人の結婚式「開門費」
  • 中国では、結婚当日の午前中に新郎側は花嫁を彼女の自宅(近年、ホテルに変わったケースを含む)までお迎えに行く風習がある。 写真のように花嫁の待機している部屋のドアを開けてもらうために、いわゆる「開門費」とされたまとまったお金を嫁側に渡さなければならない。これは決してその前に男性側の結納金ではなく、あくまで迎えに行く当日の入場料みたいなもの。 このお金は地方により金額が様々だが、中国で縁起の良 [続きを読む]
  • 世界水の日―中国で「河川の長」制度新設
  • 3月22日は、『世界水の日』 中国で河川の水質汚染問題を解決するために、昨年の10月から中国政府は、全国で各レベルの党委員会または地方政府の主要責任者で任命された「河川の長」制度をスタートさせた。 河川環境問題の解決に対してトップ責任制を作り、果たした役割は大きかった。 2017年末まで22の省(区・市)では、全面的に河川の長が任命され、残りの9省(区・市)は、2018年6月末まで完了すると発表され [続きを読む]
  • 東北経済振興の具体的施策―経済発達地域との連携強化
  • 長年の東北経済不振は、中国経済の足を引っ張っている恰好だ。 解決方法としての具体策は、先日、中国国務院は「東北地域と東部地域にある一部の省市との連携に関する方案」を発表。 これは、経済力の強い東部との連携強化を通して、東北経済を救っていくシステムである。 提携関係を樹立したのは、 ◎省レベルでは      遼 寧 省 ⇔ 江蘇省      吉 林 省 ⇔ 浙江省      黒竜江 [続きを読む]
  • 「離婚冷静期通知書」、高まっている離婚率への特効薬?
  • 年々高まっている離婚率は、中国当局を悩ます社会問題の一つ。 北京市    39%上海市    38%深セン市   36.25%広州市    35%アモイ市   34.9% これは、中国離婚率の上位5である。急激な社会の変化、激変した経済事情など、特に22歳〜35歳の人たちは、離婚率が高い。離婚の6大要因として、①不倫や浮気(中国語で「第三者問題」という);②家庭内暴力;③性格の不一致;④姑トラブル;⑤相手の不良 [続きを読む]
  • 「北漂族」の引っ越し戦争
  • 北京市の常住人口は2015年の時点で2170.5万人。中に「北漂族」と呼ばれている全国の各地方から出稼ぎにきた大学生や知識人は、多く占められている。彼らは定住の家がなく奮闘の地―北京で漂流しているため、そのように呼ばれている所以である。2016年のあるアンケート調査では、彼らは11ヵ月毎に一回引っ越しするという。賃貸制度の未完備、社会信用状態の不安定の中、毎回の引っ越しは、辛酸を満ちた体験である。都市と農村の接合 [続きを読む]
  • 4大国有銀行大幅人員削減
  • ネット金融やオンライン決済の発達につれ、従来の銀行窓口業務量は大幅に減少。銀行業平均窓口業務量は、全体の15%しかなく、ネット金融の最も進んだ民生銀行では、2%未満になってしまった。これで、銀行の人員削減は急ピッチで進められ、2016年、中国銀行・農業銀行・工商銀行・建設銀行の4大国有銀行では、それぞれ6881人、4023人、7635人、6721人が削減され、全体の10%強になった。これは今後、ネット金融の発展とともにま [続きを読む]
  • 失業保険料率引き下げ
  • 最近、中国政府財政部は、「失業保険料率の段階的引き下げ関連問題に関する通知」を発表した。2017年1月1日から失業保険料率の1.5%の省(区・市)は、それを1%に引き下げることができるようになった。例えば、1.5%の料率になっているのは、全国で22の省。その内の一つである山東省は、2017年1月1日から1.5%から1%に引き下げると通達を出した。これで、会社の負担は、1%から0.7%、個人負担は0.5%から0.3%に改正した。ただし、これは2 [続きを読む]
  • ニュービジネス 墓参り代行業―WeChatで実況中継
  • 中国人の就職意識の変化や活動半径の拡大により、毎年清明節(今年は4月4日)の墓参りが簡単に出来なくなる人が多い。そしてスマホ関連機能の発達により生まれた新商売は、墓参り代行業である。代行業者のWeCahtにおける公式アカウントを通じて、パスワードを入力したら、代行業者による墓参りの実況が見られる形。代行料は数十元から千元くらいで比較的手ごろである。サービスメニューに献花、果物などの供物、泣きや…、豊富なサー [続きを読む]
  • 中国、古代財宝船を発掘
  • 四川省眉山市の長江流域に明の時代末期に農民蜂起軍と官軍の戦いで沈められた蜂起軍の財宝船は、この頃、正式に発掘された。1646年の戦で長江の底に沈められたのは、農民軍が略奪した金銀財宝の1000隻の船だという伝説。今回の発掘で歴史上の真実が証明され、3月15日まで発掘面積は1万?あまり(5mの深さ)。掘り出した明の時代文物品は1万点以上に上る。出土品は、当時の金銀通貨、女性用アクセサリー、武器に集中しており、農民軍 [続きを読む]
  • 魚放流のヨコにその魚が釣られてしまう?
  • 中国は、こんな矛盾だらけの社会だと感心している。一方、海への感謝で魚を放流する人がいれば、その魚を釣るために集まっているオヤジもいる。これは山東省青島市の海岸で起きた一コマである。放流したさかなクンは1000キロ―を超えているが、また釣られたのはどれくらいだったろうか。 海への感謝、そして資源を大切するために魚を海に放流魚放流のヨコに魚釣りの真剣な眼差し☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆-- [続きを読む]
  • 「人工知能」―中国産業バージョンアップのキーワード
  • 中国人工知能の市場規模:2016年は239億元を実現。2017年は295.9億元、2018年は381億元と予測されている。最近政府の発表した「”インターネット+”3年行動実施方案」は、これらの目標の裏付けになっている。各地方政府の産業政策を見れば、これから5年間は、人工知能産業の発展レベルにおいて、北京・瀋陽・上海は上位を占めていくと考えられる。☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆... 中国ビジネスサポートサイ [続きを読む]
  • 医療・養老の諸社会分野への民間投資大幅緩和
  • 国務院は、先日「より一層社会分野投資活力の刺激に関する意見」(以下、意見という)を発表した。民間投資による市場参入の制限を大幅緩和。中国政府は、医療・養老・スポーツ・教育・文化といった社会分野への投資を奨励する政策を打ち出し、民間投資の活発化を促進している。 審査の簡略化、医師の自由移動などの制限緩和、融資や税制の優遇策など、数多くの刺激策(意見の中に37カ条の優遇策)を提出した。これで不動産開発へ [続きを読む]
  • 蒸饅頭で月売上2万元
  • 中国政府は、就職口を増やすために国民に対して「大衆創業・万衆創新」という双創活動の展開を呼び掛け、推し進めの最中である。写真中の若者は、1987年生まれのいわゆる「80後」世代で、丁海龍という名前。彼自分で作った蒸しパン (饅頭マントウ)の店は、品質の良さで消費者の信頼を得て、商売がトントン拍子で伸ばし、現在、一日8000個の蒸しパンを売りさばいている。月の売り上げは20000元(約36万円)に達し、地元ではちょっぴ [続きを読む]
  • 住宅用地使用権70年間問題 解決できた?
  • 社会主義の中国では、都市部の土地所有権はすべて国有になる。市場で取引されているのはあくまで土地使用権で、住宅用地の使用権期限が70年間と法律で定められている。 この問題は、全国民に係っていることとして関心度が極めて高い。今度の全人代で、李克強総理は、記者会見でこの問題に触れた。つまり、自動更新ができ、申し込み等の手続は不要、そして更新に前置き的条件は設けず、取引にも影響を及ぼさないようにすると明 [続きを読む]
  • 速報! 1都9県の日本食品ネット販売から姿消えた
  • 昨日、世界消費者権利デーにおける中国中央テレビ(CCTV)の消費者保護イベント「3・15晩会」という番組で、不正ルートで輸入・販売された日本1都9県の食品は、大きく取り上げられた。 代表格のカルビーのフルグラに象徴されたような人気の高い日本食品。密輸や産地偽造といった摘発が放送された。こうして、産地の日本1都9県の食品は一夜にしてすべてネットショップから姿が消えてしまった。また、輸入禁止食品の不正販売とさ [続きを読む]
  • 3・15(消費者の日)、通信販売の苦情急増  越境ECにも影響
  • 今日は、中国では「消費者の日」とされたいわゆる「3・15」になる。この日で特に注目されたのは、通信販売における消費者苦情の急増問題である。 中国では、電子ビジネスの浸透・普及により、電子取引を含めた通信販売が大きく成長したと共に、消費者からの苦情も急増している。苦情相談件数は、2014年の20135件から、2016年の29856件に50%と大幅増。欠陥商品・宣伝と実物の違いといった品質問題に関する苦情が集中している。 [続きを読む]
  • 中国国家基準全部無料公開へ
  • 中国政府は、この頃、「国家基準公開促進業務実施方案」を公表。李克強総理の推し進めている「大衆創業・万衆創新」という改革における重要措置の一つになっている。 これによれば、国家基準のGBコードをはじめ、今後各種の地方基準や業界基準そのものや関連情報をすべて無料公開すると定められた。 すべての情報は、オンラインで閲覧できるとしている。 新規国家基準に関する情報公開のタイミングについては、公 [続きを読む]
  • 要注意! 外国人就労ビザ取得規定細分化
  • 昨年9月27日付で公布された「外国人来華就業許可制度試行実施方案」(以下、「151号方案」という)は、これまでの外国人就労ビザの管理制度を大きく改正した。昨年10月から始まった半年の試行措置が終了し、この4月1日より新制度の運営が始まることになる。 ① これまでの大学教師や研究者を対象とした「外国人専家来華勤務許可書」と一般技術者や管理者を対象とした「外国人入国就労許可書」は、「外国人来華勤務許可通知」に [続きを読む]