チャイナワーカー さん プロフィール

  •  
チャイナワーカーさん: チャイナワーク社長のブログ
ハンドル名チャイナワーカー さん
ブログタイトルチャイナワーク社長のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sakuraba4828/
サイト紹介文チャイナワークの社長が、中国ビジネスのコラムを執筆しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 37日(平均17.2回/週) - 参加 2017/03/09 13:23

チャイナワーカー さんのブログ記事

  • 中国出張、盗撮に気を付けろ
  • 最近、浙江省温州市のビクトリア・グランドというホテルで客室にセットされた盗撮設備が宿泊客に見つかった事件は、発生した。 この宿泊客は、江蘇省のアパレル店経営者の夫婦二人。このホテルの5002号室にチェックイン。3日目にベッドの横にあるコンセントに携帯電話の充電器を差し込んだ際に、盗撮設備を発見したのである。 すでに複数の映像が撮影され、駆けつけてくれた警察に没収された。ホテルの従業員の仕業だと [続きを読む]
  • 上海、史上最も厳しい禁煙令の行方
  • 中国人は、喫煙者に寛容的だと言えたのだが、最近、大気汚染のPM2.5問題に相まって、世間の態度が厳しくなっている。煙の間接被害は、庶民議論の的へ。 上海市政府は今年3月1日より、「上海市公共場所喫煙制限条例」を実施。1ヵ月の経った効果は? 1ヵ月の間、喫煙監視員を2万人動員、公共場所を3万ヵ所巡回。罰金を処したのは、277の管理法人及び115名の喫煙者。罰金額は約61万元(約100万円)に達した。 上海市の屋 [続きを読む]
  • 「粤港澳大湾区」−経済成長の新たな一極
  • 広東省・香港・マカオを連結する「港珠澳大橋」の完成に近づき、「粤港澳大湾区」プランの実現に向けて本格始動し始めた。 このエリアは、香港・マカオをはじめ、広東省の広州・佛山・肇慶・深セン・東莞・恵州・珠海・中山・江門の9市が含まれている。 李克強総理は、2017年3月5日の全人代における政府活動報告の中に正式に「粤港澳大湾区」プランを打ち出した。 2015年現在、この地域の経済規模は、1兆36億米ド [続きを読む]
  • 七つの自由貿易試験区の役割異なる
  • 中国は、2013年7月に上海自由貿易試験区の設立を承認してから、また、遼寧省・浙江省・河南省・湖北省・重慶市・四川省・陝西省の7カ所の自由貿易試験区を追加承認。これで全国の自由貿易試験区は、2015年4月にできた天津市・広東省・福建省を加えて、合計11カ所になった。 新たに認可された七つの自由貿易試験区にそれぞれ違う役割を果たすことになる。1.遼寧自由貿易試験区東北地域の底上げに貢献。ハイテク装備製造業、 [続きを読む]
  • 15年前の失踪者現れる
  • テレビの画面に15年前に行方不明の女の子が突然現れた。しかも、街頭で歌って乞食をしている手足のない姿。 わが子に違いないと山東省東営市のある村にいる両親。15年前は、彼女が16歳、明るい性格の手足健康な女の子、しかし、写真のように今は、手も足もない人間に変貌。 中国では最近、健康の人をわざと身障者のように体に危害を加える犯罪集団があると報道されている。彼らはこれらの人たちを身障者として乞食させ、 [続きを読む]
  • 雄安新区、民間開発に禁止令
  • 雄安新区は、中国深セン特区・上海浦東新区に次いだ第3の経済特区として、発表され、世界に注目される世紀の大プランである。 発表以来、全国から不動産売買に因んだ投機者が殺到し、早速不動産相場が高騰し始めた。これに対して、政府はまず、不動産会社の営業停止、そして新規不動産売買登記の停止という緊急措置を取った。 また、4月13日に雄安新区地域に入る60ヵ所の村に対して、これから次の通達までに、不動産開 [続きを読む]
  • 中国高速鉄道の運賃改定
  • 中国鉄道総公司は、東南沿岸地域を走る高速鉄道D字のついた便(時速200〜250キロの「動車」という)に対しての値上げを発表。 東南地域を走る高速鉄道路線には、上海〜杭州(159キロ)・杭州〜寧波(155キロ)・寧波〜深セン(1309キロ)がある。今回の値上げは、時速300キロ以上の高鉄(G字のついた便)が対象外。 調整の原則は航空便のように利用率の高い時間帯や混雑の度合いに基づいて、元々一律の価格体系を柔軟 [続きを読む]
  • 中国、住宅の「買う」より「借りる」時代到来?
  • 先日、北京市のある賃貸住宅会社の新築物件賃貸事前予約登録に長蛇の列ができた情景は、街角に現れた。購入価格がすぐ平米あたり5、6万元(80万円〜96万円)になる住宅は、庶民にとっては高嶺の花。賃貸住宅は消費者の主要選択肢になりつつある。 政府が規制しても、なかなか止まらない投機資金。高止まりの住宅価格問題は、中国経済の解決しにくい課題。ここで政府に主導され、賃貸住宅の建設が広く展開されている。 [続きを読む]
  • 貧困対策で注目された「精准扶貧」
  • 中国は発展途上国として最大な社会問題が、7億人もの貧困人口を抱えていたことである。 中国政府は長年、貧困問題との闘いを行ってきた。特に習近平政権なってから進められた「精准扶貧」(扶助対象、貧困原因を特定の上、ケースバイケースの扶助具体策を策定・実施)という貧困対策は、大きな成果を収めた。 2015年、全国の貧困人口は、5575万人に減らすことができた。世界的に注目された実績である。 このような [続きを読む]
  • 中国人海外留学生の帰国ブーム
  • 中国人の海外留学生は、これまでどっちかといえば、卒業後海外に止まるケースが多かった。しかし、近年中国経済発展に伴う人材需要度の高まりにつれて、帰国者は急速に増え続けている。 2016年までに留学生の帰国者数は、265.11万人。その内、2016年だけで43.25万人が帰国した。5年前から帰国を選択する留学生の比率は70%だったが、2016年、それは82.23%に上った。今は、史上最大な帰国ブームになっている。 それは中 [続きを読む]
  • 「一老一小」―養老施設の新しい試み
  • 北京市では、2012年からスタートさせた「幼稚園+養老院」、いわゆる「一老一小」形式の「恭和苑」という養老施設は、4年間の運営を通じて、新しい養老施設の試みとして成功を収めつつ、注目されている。 同じ建物の中に設置された養老院と幼稚園は、別々の施設として運営されているが、毎日の活動内容になる老人と子供の交流は、孤独になりがちの老人たちの精神的にすごくプラスになり、一方、子供の敬老精神育成などを促進 [続きを読む]
  • 最大級の有名大学大学生見合いパーティ
  • 先週末(4月8日)、北京にある北京大学・清華大学・人民大学・北京師範大学・中国科学院の10数校有名大学の大学生を対象とした見合いパーティは、北京で開催された。まさに4時間一人最多500回の見合いが実現できた夢みたいなパーティ会場。ホテル1フロアに千人もの現役大学生が詰めかけた。 この最大級の見合いパーティは、あるイベント会社の催したものだが、一つはご法度の大学生恋愛や結婚が緩和され、もう一つは、いわゆ [続きを読む]
  • アジア最大規模の大学受験工場―安徽省毛坦中学校
  • 中国の大学受験シーズンは、毎年の6月初旬。大学受験戦争は、受験生だけではなく、家族全員が巻き込まれるものである。 中国でアジア最大規模の大学受験工場と呼ばれる中学校がある。それは、安徽省六安市毛坦廠鎮にある「毛坦中学校」。地元毛坦廠鎮の住民は、22000人しかいないが、この中学校の在校生の数は、2万人(受験のための塾生を含む)を超えている。その人気ぶりがわかる。毎年90%以上の大学合格率は、周辺の農村 [続きを読む]
  • 年内、北京市「煤改電」20.5万所帯
  • 北京市は、PM2.5の大気汚染問題の解決策の一つとして、全面的に「煤改電」(石炭から電気への切り替え)プロジェクトを推進中。 年内、所属された522ヵ所の村、約20.5万所帯に対して、これまで使用していた石炭燃料を電気に切り替える工事が行われ、2003年からスタートしたこのプロジェクトでは、北京市合計80万所帯の変換工事が完了することになる。 「煤改電」プロジェクトの推進は、政府による電気料金への財政補助 [続きを読む]
  • 5月1日より、全国銀行へ通関電子データを公開
  • 中国外貨管理局は、企業の外貨決済などの便宜化を図るため、「貿易エビデンスの審査・確認関連事項に関する通知」(匯発〔2017〕9号)という通達の中で、5月1日より全国の銀行を対象に通関電子データを開放すると発表。 銀行はその場で取引通関状況を確認でき、外貨決済の迅速化が図られるようになった。もちろん、これでエビデンスの不正使用、偽取引による外貨決済などの不正行為が簡単に見破られ、トラブルが減ることも期 [続きを読む]
  • 第一四半期GDP成長7%?
  • 中国経済は回復の兆しが見えた。3月のPMI(購買担当者指数)は、51.8%、8ヵ月連続50%を超えている。3月として2013年以来同期最高の数値になる。 3月の成約指数は、2月の53%から53.3%へと増えている。生産指数も2月の53.7%から54.2%に上向いており、2014年8月以来の高さである。 生産者物価指数のPPIは、過去12ヵ月間に15ポイントも上昇。発電量や大型掘削機械の販売量など一連の経済データはほとんど上昇傾 [続きを読む]
  • 食品安全問題のかたわら、風評被害も深刻
  • 中国食品の安全問題は、日本においても、毒餃子事件以降、その影響が長い尾を引いたままである。もちろん実際のところ、消費者を心配させられる食品安全問題が多発している。しかし、一方、噂や故意に流した嘘の前に深刻な被害を受けている業界や販売主もある。 今年2月、黒いビニールを使って海苔を生産する映像がネットで流され、大きな話題になった。しかし、これは全くのねつ造である。金銭の目的で海苔加工メーカーを脅 [続きを読む]
  • マークス&スペンサー、上海から全線撤退
  • 4月1日より、上海におけるマークス&スペンサーの10店舗は、すべて閉鎖した。 2008年から中国国内市場に参入した外資系小売業の老舗。やはり中国国内消費者のニーズについていけないことで、敗退した結果になったと言われた。 ユニクロやZARAのような機敏に市場変化に反応するやり方に馴染まず、自分従来のスタイルにこだわりすぎたとも批判されている。現地化に敗れたといえる。 但し、マークス&スペンサーは、 [続きを読む]
  • 北京―ワシントンのような首都機能に特化する町へ?
  • 北京市―2170万の人口で大きなプレッシャーを受けている特大な町。北京に中国の首都が置かれて860年ほどの長い歴史がある。 大きすぎたことでもたらされた大気汚染、インフラ整備、人口増長に歯止めがかからないこと等々、首都機能の移転すら議論の的になっていた。 今回の中国第3の経済特区―雄安新区の新設プランの公表で、北京市を首都機能に特化させる中国トップの意図が読み取れる。 今後、北京一極集中の大型 [続きを読む]
  • 習・特会談のもたらすもの
  • 今日の今頃、習近平とトランプ(中国語:特朗普)の会談が始まった。世界経済の第一位と第二位のトップ会談、しかも新大統領として対中政策の見えない中での会談。世界中、その重大さが感じられるだろう。 ビジネスライフのトランプ大統領に対して中国側は、投資や就職口を増やすなど、たくさんのお土産を用意してあると思われる。 中国は絶対米国との対立を避けたい。「不衝突・不対抗・相互尊重・合作互恵」という対米 [続きを読む]
  • 「名づけ」商売として営む
  • 「名づけ」のこと、中国語では「起名字」という。これは古代から中国では業として成り立っていた。しかし、共産党政権になった以降、迷信行為として批判され、商売としては消えてしまった。 しかし、近年、この商売が回復し、これで稼いでいる人は、結構多いようである。 一人っ子の中国では自分の子供の将来に期待をかけて、縁起の良い名前をつける親は増えている。子供の氏名は、ネーミングよりビジネス上の商標みたい [続きを読む]
  • 北京の地下鉄、ラッシュ時危ない!
  • 北京市の地下鉄は、527キロの総延長距離とおよそ1000万人の平均一日利用客数をもって、世界一になっている。 2016年4月30日一日の利用客数は1269.43万人を記録、その混雑ぶりも世界一だと思う。朝ラッシュ時、身動きが取れない車内より、移動中の混雑は最も怖いと感じる。少しでも変なことがあったら、雑踏が恐怖に変わり大騒乱が今でも起きそうな危険さである。 先日、北京の裁判所で乗車時の衝撃による頚髄の大怪我(4 [続きを読む]
  • 中国の人件費上昇―北京市のケース
  • 北京市の平均賃金は今年上半期、月給6628元(約11万円、税引後)と予想。昨年の上半期より337元(約5600円)上昇すると最新調査で分かった。 人材不足の現状も露呈。特に技術人材の足りないのは、リース・レンタルサービス業・製造業・卸売業と小売業・情報とソフトウェア業・科学研究と技術サービス業・交通輸送倉庫業・郵政業の6分野に集中している。 このような人材不足の事情は、賃金上昇を促す一つの主要な要素で [続きを読む]
  • ロボット産業2020年500億元
  • 中国政府は、昨年4月に「ロボット産業発展計画(2016〜2020年)」を発表して以来、ロボット産業のハイエンド化、そして業界秩序の整理に注力してきた。 2016年ロボットの生産台数は、7.24万台、前年比34.3%増。生産メーカーは800社を超えている。ロボットは、電子・化学工業・軽工業・船舶・鉱山・医療手術・リハビリ・飲食・消防・公共サービスなどに導入され、用途が広がっていた。 計画では、2020年に中国においてロ [続きを読む]
  • 印章彫刻師、後継者に苦悩
  • 広州市に「秋記刻章工芸」というハンコ屋がある。3代目になった項頌秋氏は、71歳になった現在、毎日後継者のいないことに頭が悩まされている。 創始者の項信南氏は清の時代のハンコ彫刻家の著名人、2代目も有名な彫刻者になり、90歳まで彫刻刀を握っていた。57年間、ハンコを彫り続けた3代目の項頌秋は、年のことを考えて近年後継者を募集しているが、応募があっても長く続くことはなかった。 機械彫りが普及してきた背 [続きを読む]