カミユ さん プロフィール

  •  
カミユさん: 創ってあそぼ
ハンドル名カミユ さん
ブログタイトル創ってあそぼ
ブログURLhttp://ameblo.jp/and-dance-waltz/
サイト紹介文イラストや小説の書き方、一歩先行く小ワザなどを分かりやすく!オリジナル小説も公開してます。
自由文最終的には、絵を描いたことがない、小説を書いたことがない。というまったくゼロからの初心者さんでも、何かを創り出せるようになることを目的としています。

・イラストや小説、漫画について勉強したことのまとめ
・イラストや小説の制作過程のログ
・知っていると役立つ小ワザやよもやま話

このあたりをメインに書き散らかしていこうかと思います。
作品公開もしてます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 51日(平均4.1回/週) - 参加 2017/03/09 16:45

カミユ さんのブログ記事

  • 人体を描いてみよう(その1 とにかく大事なのはバランス)
  • 人間を。描いてみよう。 顔の描き方についてはキャラクターをつくろうカテゴリでやってきました。 ついに。ついに次は身体です。難しいポーズや構図の話は今はどうでもいいです。とりあえず全身を描いてみよう。 まずはそこからスタートなんです。 と、言われても。突然全身を描いても、こんなんなっちゃうんじゃないでしょうか。 何かが……何かがアカンねんけど何をどうしたらいいのか分からない [続きを読む]
  • 物語をつくろう(実践 その3)
  • (第一回はこちら) 前回の続きです。 前回までのあらすじ 「自分がニンジャだということを一般の村人に知られてしまい、迫害され村外れにひとりで生きている」ニンジャが主人公の、「ちくわをテーマとした洋風ファンタジーの冒険もの」という物語をつくることになりました。何を言っているかわからない人は第一回から読んでみてね。 さて、この物語は冒険ものです。もう一度冒険をおさらいします。&nbs [続きを読む]
  • そろそろ人体を描いてみたい
  • キャラクターをつくろう、にて、あれこれと人間の顔や髪型について考えたり実践したりしてきました。 次はそろそろ身体を描いてみたいと思いますね。 最初に、顔を描いてみたい、となったときに、人体のデッサン技法 という本を勧めたわけですが、これ、顔についてはめちゃくちゃわかりやすくてとっつきやすく書かれているけど、人体になってくるとまだ少々難しい。 もうちょっと簡単な本が欲しい。 そこで「 [続きを読む]
  • 物語をつくろう(実践 その2)
  • (第一回はこちら) 前回の続きです。 前回は、「ちくわをテーマとした洋風ファンタジーの冒険もの」というなんやらカオスなものができてました。 では、ジャンルも決まったことなので、もう少しこの物語について掘り下げてみたいと思います。 冒険ものに必要な要素とは何か? というか、そもそも冒険とは何か? 僕は冒険ものの作品をつくったことが無いので、そこからはじめなくてはなりません。と [続きを読む]
  • 線で質感を表現する
  • 前回の進捗報告で少し触れた、僕が下書きを丁寧に描く理由。 それは、「線画で質感を表現するため」です。 着色で素材感を出す(布や金属を塗り分ける)というのは、着色段階まですすむことが有る人は意識していることだと思います。ではでは、線画の段階でもそれを意識していますか?線画を綺麗に見せるための小ワザをひとつ紹介します。 まずはこれをご覧ください。今描いている途中の絵の線画の一部です。 [続きを読む]
  • 進捗
  • 今日は役に立つ内容じゃないよう(だじゃれ このブログをつくって初日?だったか翌日?だったかにアップしたこの記事 待てど暮らせど続報が無かったでしょう。 それもそのはず、進んでなかったんです。前回こういう↓イメージラフができたよ〜ってところまで貼ったと思うのですが。 このあと下書きに入り、一ヶ月。約一ヶ月もの間、ずっと、同じところをいじくりまわし続けてました。 [続きを読む]
  • 髪の描き方を考える
  • キャラクターをつくろうカテゴリでは初心者さん向けに人間の顔の描き方を一緒に勉強しました。 そこから派生して、今回は「髪の描き方」をやろうと思います。ここまでくるともう「キャラクターをつくろう」ではなく「描き方」みたいなことになってくるので、新しくカテゴリ分けました。 前回「つむじと生え際を考えよう」という話をしました。それをふまえつつ、今回は自然な髪の描き方を考えます。 まず忘れてはい [続きを読む]
  • 物語をつくろう(実践 その1)
  • 前回「複雑に絡み合う三つの要素」の話をしました。 端的に言うと、「世界観」「シナリオ」「キャラクター」の三つは切っても切れないつながりがあって、どれか一つをつくれば自ずと残りの二要素もつくれる。みたいなことでした。 それぞれのおおまかな構築の仕方は、前回の記事本文や、「初心者向け!創作世界観・シナリオ作成ガイド」なんかを参考にしていただくとして。 今回は、もう少し詳しく解説しながら実践 [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その11(髪型を決める前に)
  • 第一回はこちら キャラクターの顔について考えてきたこのシリーズも基本的なことはほとんど終わってしまいました。もうみなさん自分の思い通りに顔の描き分けができるようになったと思うのですが、いかんせん、まだみんな丸坊主ですよね笑 というわけで、今日は髪型の話をしようと思います。 髪はそのキャラクターのシルエットを決めるなかで重要な役割を担います。 シルエットで見分けることができるキャラク [続きを読む]
  • 複雑に絡み合う三つの要素
  • 以前、「小説を書いてみよう」なんて言って、基本的な文章作法についての記事を書いたのですが、もっと前にやるべきことがあるだろうって、今、己の未熟さを恥じています。 小説や漫画を書くには、お話を考える必要があります。お話を考えるには、「どこでそのお話がおこっているのか」や、「どんなキャラクターがそのお話に関わるのか」を考える必要があります。 というわけで、今回は、複雑に絡み合う三つの要素につい [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その9(記号が与える印象)
  • 第一回はこちら 前回はパーツの配置について述べ、ついに初心者さんにも「人間の顔を描く」という目標を達成してもらいました。 ここでやっと第二回の内容に帰ってきます。 みなさん、「燃太郎」「夢子」「シュナウザー」の三人のことを覚えておいででしょうか。忘れちゃった方は、上のリンクからもう一度第二回をサラッと見てきちゃってください。 ではでは、「どうして彼らがああいう性格に見えるのか」。&n [続きを読む]
  • イラスト完成
  • 昨日進捗上げてたやつできたので、載せときます。今日もお役立ち情報無しです^^;すみません。 小説家になろうでお世話になっている方、石川翠先生の龍の望み、翡翠の夢という作品から、セイさんです。ファンアートとして捧げました。 普段らくがきばっかりだから、久しぶりにちゃんと描いて、今後の課題がめちゃくちゃたくさん見えてしまってへこみました(´?`」 ∠)がんばるぞー……! 次は自分の小説の [続きを読む]
  • イラスト進捗
  • 今日はお役立ち情報無いです^^; 僕の作業の進捗ログです。ある意味ではメイキングかもしれないので何かの参考になれば;; 小説家になろうの方で親しくしていただいている方へのファンアートを描いてます。 いつもは構図を決めるためにイメージラフを一番最初に描くのですが、今回はキャラクターのイメージから、先にポーズが浮かんだので、まずアタリを取って、(アタリを取ったレイヤーを消してしまいました( [続きを読む]
  • 描写:月光について
  • 小説でもイラストでも活用できそうな雑学シリーズ。 月の光は何色か みなさん、考えたことはありますか? 僕は、つい最近まで、「月の光は黄色」だと思っていました。だって月が黄色いんだから光も黄色でしょ、という単純な思考です。他の色であるという先入観がないから余計にそう見えていたんです。 しかし、絵画の世界などでは、青色に描かれることが多いようで、僕の知っている人に「月の光って何色だと思 [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その8(パーツの配置)
  • 第一回はこちら 前回までで、描き分けに必要な各パーツについてはほとんど説明が終わりました。では、今回はその総括とも言えそうな、「パーツの配置」についての話をしようと思います。 人間の顔には、平均的な配置があります。 詳しいことは、こちらの記事で紹介した人体のデッサン技法という本がほんとにオススメなのでぜひ手にとってみてほしいのですが。(すごい分かりやすい本です。開いて1ページ目に人間の [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その7(骨格、肉付き)
  • 第一回はこちら 前回、あと2つ、描き分けで必要なことがあると述べました。 そのうちの1つ。 ズバリ、骨格と肉付き。「輪郭」を形成する部分であり、「目や鼻、口などのパーツにも影響する」部分。 いやぁ、「輪郭と髪型消してください」なんて、第一回で言っちゃいましたが、実は輪郭、めちゃくちゃ大事なんですよ笑男女の描き分けなんかも、輪郭だけでできちゃうくらいなんですよね。えへへ。第一回はちょ [続きを読む]
  • 小説を書いてみよう「基本的な文章作法」
  • えー、イラストや小説の書き方からキャクターや世界観の創り方、創作に役立つ小ネタなどを書き散らかすブログ。と称しているので、今日は小説の話をしようと思います。 (余談:実は数日前から、「キャラクターデザインをしよう」のカテゴリを「キャラクターをつくろう」に変更して、小説にも応用がきくように過去記事をサイレント修正していました笑) これまたイラストと同様、「まったくのゼロから」の方にも分かりや [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その6(口、耳、眉)
  • 第一回はこちら 前回は鼻、おでこ、あごと横顔についてやりました。では残った顔のパーツ、口と耳、そして眉についてやってしまいましょう。 賢いみなさまならもうお分かりかと思います。まずはそれぞれのバリエーションについて考えます。 身近な人や、好きなアニメや漫画のキャラクターの口を思い出してください。 重要なのは唇のあつさ、口の大きさ、それと、意外と意識されてないのですが、「歯並び」。あ [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その5(鼻、おでこ、アゴ)
  • 第一回はこちら 前回に引き続き、鼻です。そしてついでにおでことアゴにも触れます。 ※今回は絵を描いたことがないという初心者さん置いてけぼりですが、「ゼロからでもとりあえず人間の顔が描けるようになる」講座を後々つくるので、ちょっとまっててください?? 鼻を描き分けるときに、ちょっとだけ意識すると、なんとなく差異が出せるようなポイントがあるとお話しました。 それはどこか。パッと結論から [続きを読む]
  • キャラクターをつくろう その4(鼻について考えよう)
  • 第一回はこちら 前回は目の描き分けについていろいろと考えました。 今回は鼻について考えたいと思います。考え方としては目のときと一緒。どんな鼻が世の中にはあるだろう? 「上向き」「下向き」「まるっこい」「鷲鼻」……鼻の穴がひとつしかない……なんてキャラクターも居ますね。すごいですよね。それだけでどのキャラクターを指しているのか分かるなんて……。個性の塊。(若い方はもしかしたら分からないか [続きを読む]
  • 描写:瞳孔について
  • 今日はちょっと講座をお休みして、小説でもイラストでも活用できそうな雑学。 生き物の瞳って、眩しいと瞳孔が小さくなる。 ということは、普段から瞳孔が小さい設定のキャラは、他の人より、世界を「眩しい」と感じているのかな? と、ふと……。 色素が薄くて明るいところが苦手とか、生活が夜型で暗い所に慣れているとか、っていうキャラクターについて描写するときに、瞳孔について触れてみたらどうだろう?&n [続きを読む]
  • 過去に作成したイラスト関連講座
  • 昨日の続きが来ると思った?残念! ちょっと焦らしますw 今日は、過去に別場所で公開した講座へのリンクをいくつか貼っつけておきます。 ・キャラクターの顔を安定させるコツこれはコツ、というよりは、「裏技」なのかもしれません。自分の絵柄を安定させる練習にもなるうえに、二次創作で「絵似せ」するときにも役立ちます。覚えておいて、いつでも脳内でできるようになっておいて損はしないと思います。 [続きを読む]