つきゆり さん プロフィール

  •  
つきゆりさん: つきゆり磁器絵付け日誌
ハンドル名つきゆり さん
ブログタイトルつきゆり磁器絵付け日誌
ブログURLhttp://moonlily.tsukinouenoyuri.raindrop.jp/
サイト紹介文日本海を臨む新潟市で磁器絵付け制作に取り組んでいます。絵付けにかかわる暮らしを綴っているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 136日(平均6.8回/週) - 参加 2017/03/09 20:54

つきゆり さんのブログ記事

  • 生徒さん作品 車のある風景
  • 生徒さん「手持ちのマグカップに風景と希望の車を描きたい」とのことで制作、完成。2種類の車が描き込めるように下絵デザインは私が考えてみました。 赤い車は、マツダのアテンザ私は車に詳しくないけど、広島に本社のあるマツダは「美しいカープ赤」にこだわりがあるとか。焼成しても、赤が奇麗にでてホッとしました。 海の見えるマグカップ正面の風景から、ぐるっと道がつながり教会のある村へむかっています。 絵本のようなマ [続きを読む]
  • ギボウシの花
  • 友人に頂いて、鉢植えにしていたギボウシのお花が咲き出しました。やわらかい紫庭に地植えしているギボウシの花が「白」なので世の中のギボウシは全て白だとなんだか勘違いしていました。 背景の葉は、お正月前に買った葉牡丹がひたすら成長したもの。 [続きを読む]
  • ギボウシの花
  • 友人に頂いて、鉢植えにしていたギボウシのお花が咲き出しました。やわらかい紫庭に地植えしているギボウシの花が「白」なので世の中のギボウシは全て白だとなんだか勘違いしていました。 背景の葉は、お正月前に買った葉牡丹がひたすら成長したもの。 [続きを読む]
  • グリーンのブーケプレートを頂く
  • バレエ教室でご一緒のマダムから、素敵な英国のプレートを5枚頂きました。深い緑色と花々が美しいデザイン マダム曰く「このプレートをみるとあなたを思い出すの」とのこと未使用なので貰って下さらないかと、わざわざお見本に一度スポーツクラブで見せてくださったのでした。私のツボ、大好きなデザイン。ありがとうございます!! [続きを読む]
  • 紫陽花など
  • ここ数日、多忙でまったく絵付けができていません。気がつけば、ほったらかしになっていた庭でも季節の花が咲き始めていました。 紫陽花、昨年極小に剪定したけれどまた沢山咲いていました。 アナベルも次々と咲き、まるで「わたあめ」みたいな大きさです。 ラベンダーもたくさん咲きだしました、ミツバチくんも大勢来ています。少し切って家の中に。独特の良い香り。 早朝のほんの少しの時間でも、植物に触れると癒されます。 [続きを読む]
  • 奥胎内にいく
  • 大雨に負けず、友人と山奥にランチを食べに行きました。胎内パークホテルから、さらにカーブ満載の山道をバスで30分登ります。ここは、今日山開きになったルート 大きなダムをいくつか超えたさらに山奥にいきます。道のとなりは谷底で、対向車が来るとすれ違い出来ないような道バスの運転手さんはすごい技術でした。 たどりついたところは、美しいブナの森と源流幸運にも雨がやみました。しっとりした緑の美しい事といったら! 散 [続きを読む]
  • スミレのお嫁入り
  • オーダー頂いてから、かなりお時間を頂いてしまったスミレのプレートようやく納品 昨年の個展では、同柄でリムにしっかり金彩の装飾がはいったタイプは完売でした。シンプルな物を、ということでスミレのみのケーキプレートです。スミレ好きのオーダー主さまから喜んで頂いたメールが届き、それはとても嬉しい瞬間です。 今週は雑務の追われて絵付けがほとんどできていません。今年も半年終わってしまった・・はやいのう〜〜 [続きを読む]
  • 私の先生 マイセン1
  • 絵付けスランプにつき、引き続き模写の学習今回はマイセンプレートにトレペをはり、形を写す。 天才でないから形は正確に写しておかないと模写は描けない マイセンであればどれもいいわけでなく、上手下手はやはりある。自分で「上手い描き手だ」と感心して選んだアンティークだけあって観察すればするほど、ハードルの高さに挫けそう どんな筆を使えばこんな線がかけるんだろうか?と筆入れをみてまず思案 [続きを読む]
  • アナベル色のパール
  • 庭のアナベルが咲き始めました。梅雨の時期に咲くアジサイは神様からの贈り物くらい、この季節を素敵なものに変えてくれます。 昨晩は午前様で、書類作り頑張った!で、今日は午前中に用事を山盛り済ませてお楽しみのS.H.S鳥屋野店へ今日から3日間アンティークとアクセサリーのフェアが開かれているからです。 淡水パールを使ったネックレスのワークショップを体験してきました。ホワイト、オレンジ、ピンク、グリーンとほのかな [続きを読む]
  • 二宮家の薔薇をみにいく
  • 新潟県の聖籠町にある豪邸二宮家、個人の邸宅ですが薔薇のお庭が素晴らしいのです。この時期一般公開されていて、最終日の昨日になんとか訪れる事が出来ました。 さすがに薔薇はちょっと終わり加減、でも素敵 このお庭の素晴らしい所は、薔薇だけでなくその下草なども美しいのです。これは薔薇の木の足元に咲き乱れてるお花たち 薔薇とともに、クレマチスも種類がいっぱいでした〜 そしてちょっとした日陰には、まるで輝くシルく [続きを読む]
  • 私の先生 KPM-3
  • 昨年末の個展が終わってから、そろそろ本格的に制作しようと思いつつ方向性が定まらずになんだかぼんやり。制作に行き詰まったときは、模写をすることが多いです。で、最近KPMのプレートをじっくり眺めつつ模写して学習 焼き上がった習作 一度めの焼成で今回は、カーネーションの赤のラインを先に描いてみた。 二度目の焼成でも赤は奇麗なままだった。 出来上がって、本物と比べるとまだまだまだ・・・自分の線は、なんて太くてが [続きを読む]
  • グリーンの入った薔薇
  • 大好きなのに、今年は花付きが今ひとつの薔薇たち残念だ。来年はもっと工夫して手間をかけよう。 ミミエデンアンティークの布で作ったコサージュのような柔らかな色合い グリーンアイスミニ薔薇だけど、淡いピンク〜純白〜薄いグリーンへと色が変わり、花期も長いです [続きを読む]
  • 小鳥のお皿をつい・・
  • 小鳥のお皿をネットで見かけて、なんだか忘れられず、つい買う。衝動買い、ともいう。 届いてみたら、思っていたよりずっと色がシックで美しかった。ロイヤルアルバートのボーンチャイナ なんだか、私の所にわざわざ飛んで来てくれた感じ、というくらい鳥が可愛い空がいい。しばらく我家の玄関でさえずるプレート。 [続きを読む]
  • 初心にかえって、薔薇を描く
  • 急なご依頼があって、薔薇のケーキプレート2枚を描く。これは1回焼成で完成させるミニ薔薇の描き方、絵付けを始めた頃は何百個も描いて練習した。 自分で食器に絵付けが出来て、日常で使えるものがつくれる、と知った時はワクワクした。最近は何回も焼成を重ねる凝った作品をつくったりもするけど、お皿に薔薇が一個入っただけで素敵に見える嬉しさは、今も忘れられないし変わらない。 [続きを読む]
  • 野バラ
  • 名前もわからない野バラを数年前に挿し芽で育てたもの、場所があっていたのか、我家のフェンス沿いにこれでもかと鈴なり、色が華やかほったらかしでも育つ物は育ち、手をけけても殆ど咲かない薔薇もあり・・植物は謎深し。 植物に詳しいマダムから頂いたとても香りの良い白い薔薇咲き始めは淡いピンクで、まっ白にかわるのが素敵 亡くなった親友がくれたペンタス、今年も白い可愛いお花が咲いたよ [続きを読む]
  • 光をくれた人を観る
  • 映画「光をくれた人」を観る。海沿いの崖に建つ灯台の風景が、昔から訳もなく好きで・・ 大変美しい風景が織り込まれていました。おだやかな海も荒れた海も美しかったです。灯台を取り囲む世界も独特の美しさですが、灯台守は過酷です。過酷というのは、仕事だけでのことではないです。それに付随して戦争の残した影が随所に出てきます。っていうなかなか良い映画でした。 昔みた日本映画で灯台守の話を思い出しました。これも美し [続きを読む]
  • 私の先生 KPM-2
  • 「赤い色」の表現は絵付けでは特に難しいと思う。焼成後に色が飛んだり、混色が難しい絵の具があったりと。 KPMの模写をしてみて、輪郭線や色の陰影に「赤い色」が使われていることが多いとわかる。そして、焼成後渋めになることを意識して使用してると思われるところもある。 やっぱり私は2回焼成になってしまうとくに赤は気を使う。 少ない使用色で、微妙な色合いを出していくKPMのペインターはすごい、と思った。 [続きを読む]
  • 私の先生 KPM
  • 絵付けを学ぶ方法は様々ですが、最近は「実物」が一番の「先生」です。地方に在住していたりと諸事情ありで、都心のレッスンにあまりいけないというのもあります。 今回は大好きなKPMのプレートから、いくつか抜粋して模写してみました。 どんな風に描いたのかな、と探りながらすすめるおそらくKPMのペインターは1回焼成で仕上げている、けれど私にはまだできない下は2回めの焼成したところよく観察すると、小さな添えの花の細い [続きを読む]
  • 甘いスケッチ
  • 直径10cm程の小皿葉をメインに、今咲いている「パンジーゼラニューム」を描いてみた。左上に和菓子などのせて、と思いデザイン、縁はプラチナ彩 葉をスケッチしてから描いたのだけれど・・ 白磁に描いてみて、いかに自分のスケッチが甘いものだったのかと気付く。ものの見方も鉛筆での描写も詰めが甘すぎると反省する。 [続きを読む]
  • やらかいピンク
  • 薔薇が次々と咲き出して嬉しいやわらかい色の大きな薔薇2種 お友達マダムが挿し芽したのを頂いた「ロココ」(ありがとう!成長しました)少しオレンジがかったピンク色で好きな色 ナエマ ツルなので、どのように誘引しようか悩み中誘因の仕方でもっと数多く咲くような気がする。 [続きを読む]