つきゆり さん プロフィール

  •  
つきゆりさん: つきゆり磁器絵付け日誌
ハンドル名つきゆり さん
ブログタイトルつきゆり磁器絵付け日誌
ブログURLhttp://moonlily.tsukinouenoyuri.raindrop.jp/
サイト紹介文日本海を臨む新潟市で磁器絵付け制作に取り組んでいます。絵付けにかかわる暮らしを綴っているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 195日(平均5.9回/週) - 参加 2017/03/09 20:54

つきゆり さんのブログ記事

  • 翡翠色の試作
  • 転写紙ではできないような、自分なりの表現・世界を広げられないかと試作微妙な色を重ねて感覚で描くのは楽しいです。 直径7cmほどの小さなプレート中央にはやわらかな色合いの勿忘草かうすいピンクの薔薇を描こうかな [続きを読む]
  • 実りの秋
  • 毎年恒例の多忙な時期がおわってホッと一息昨日は友人と新潟県の北へ行ってきました。 台風がくる前でしたが、幸い雨は少なく今まさに!「黄金色の田んぼ」 ずうっとどこまでも続く豊かな実り 聖籠町には、葡萄園がたくさんあります。「ベニバラード」という葡萄色が美しいと思って購入したけど、お味も最高でした。 昨晩は家が揺れる程の強風でした。稲も葡萄も、沢山の丹誠込めた実りが無事でありますように。 [続きを読む]
  • 絵はがきが好き
  • 絵はがきが好きで、展覧会などいくと必ず購入してしまいます。自分用と、いつか誰かに出せるように同じ絵柄を2枚と決めています。引き出しに持っているだけでも、なんだかオリジナルの図録が増えるようで嬉しいけれど・・ 先日、帰宅しポストをみたら私宛に素敵な絵はがきが2枚届いていました。 ヘレンドのお皿柄と、下は中学時代の友人からなんと、友人はいまフランスにいるようで、しかも旅でなく滞在している模様!人生は色々 [続きを読む]
  • ゾウさんのミニチュアプレート
  • サーカスの雰囲気が何故だか好きで。直径5.2cmほどのプレートに象さんを描く。 以前制作したC&Sのソーサー部分にのせてみたらピッタリだったので写真にとってみる。 今度は、こういうデザインで蓋物をつくってみたらどうかな、と思いつく。他にも象さんシリーズ、少しずつ制作中。 [続きを読む]
  • 小千谷 片貝まつりにいく
  • 新潟県では素晴らしい花火大会が数多く開催されますが、代表的なものが3つあります。全国的に有名で信濃川河川敷で開催される「川の長岡花火大会」日本海を臨む海岸で開催される「海の柏崎花火大会」そして浅原神社とその森・山を背景に開催される「山の片貝花火大会」 今回は片貝花火で桟敷席がとれたので行ってきました。新潟駅から「四尺玉号」という臨時列車で向かったのですが・・・新潟駅で花火のデザインで行き先が描かれ [続きを読む]
  • 3色の薔薇とレースのプレート
  • 夏からコツコツ制作しているプレート何だか訳もなく「彩り鮮やかに作りたい!」と思い立ち、作りはじめて・・ レースのグリーンは、2色を薄く重ねてパディングしてみた色縁に近くなるにつれグリーンを少し濃い色合いにした このあと、好みのブルーでさらにレース そしてレースに深みを出そうともうひと手間 これから薔薇の葉など描き込んで最後の焼成にする予定 [続きを読む]
  • 白い線を描く練習
  • アンティークの銅版画などで表現されてる細い線その線でない白い部分を逆にスクラッチで描けないかな、と小さいお皿に実験してみる。 う〜ん・・下絵をちゃんと考えてもっと頭で整理して白い部分を描き出さなきゃ!練習していって、アンティークな静物の表現や、この技法でカメオの図案とか人物が描けたら装飾的に使えて食器にいいのにな、と思案中。 [続きを読む]
  • 小鳥の茶さじ 2
  • 小鳥さんの茶さじ2ケ、できあがる。多くの作品は下描きデザインをしっかり作るけど、これは描きながら考えていったもの。 縦長の面は構図が難しい。けれど時々美術館で、日本画の表具ものを見て良いなあと思ったり、奥が深い楽しみもある。 [続きを読む]
  • 制作中にガックリ
  • 夏休み中に発見した埋蔵白磁の絵付けが終了 直径は27cmほど飾り皿としても、ケーキなど置いても良いように中央の薔薇は淡めの色彩に。 これに色を描きたして このプレート、途中で撃沈する出来事が!!一回焼成を終えた頃、白磁の縁に亀裂を発見したのです・・・ がっくり〜〜とはこの事制作前にちゃんとチェックしなかった私が悪いのです、はい。ですのでなおさらがっくり。 制作を取りやめようかと思いましたが、がんばって金 [続きを読む]
  • ゾウさんシリーズ 2色のパディング
  • 以前ハートのペンダントトップに描いたゾウさん、また描きたくなり帯留めと小さい蓋物に。ゾウさんがグレーなので周りを優しく華やかな色にしたいと金色ともう一色でパディング。 2色のグラデーションを馴染ませるのは、以外と難しい。焼成してみたら、なんとか思ったイメージに。 これから、ゾウさんやサーカスの国旗などに色をいれていきます。蓋物は盛りの装飾もして仕上げたい。 [続きを読む]
  • 秋のミニ薔薇でケーキ皿
  • シンプルなデザインのケーキ皿を2枚制作秋の味覚、リンゴや栗や木の実といった焦げ目や茶系が美しいケーキに合うように、ちょっとシックな色合いを心がけました。 普段ヨーロピアンの絵付けではあまり使わない、平筆・遅乾性で描いてみました。ちょっと時間をおいても、さっと色を抜いたりができるのはとても楽しい使い心地です。 食器にのせるケーキからイメージが膨らむ事が多いのは・・・食いしん坊なのデス! [続きを読む]
  • 絵付け展示会にいく
  • 上京最終日は、一番の目的だった「PAマスタークラブ展示会」を観るため品川へ。ふだん田舎生活で孤独に制作しているので、たくさんの素晴らしいペインターの作品を鑑賞できる場は大変貴重です。会員の皆様の統一テーマであるタイルやC&S、自由作品と多岐にわたり、個性豊かな力作に圧倒されて、何時間も見入ってしまいました。このクラブの素晴らしい所はデモが多く、会員以外でも鑑賞と同時に技法も学べる所です。本当に楽しかっ [続きを読む]
  • ターシャ・テューダー の映画を観る
  • ここ3日間程、上京していました。中1日、ジャコメッティ展を観に行こうかと思っていましたが、なんだか暑くて六本木まで行く気になれず実家近くの映画館へ。「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」を観てきました。何1つ事件など起こらない、淡々としたドキュメンタリーで、途中コックリ寝てしまってもストーリーがわからなくなることはありません。でも、静かな美しい自然の中を旅してきたような、清涼感を得られました。以前 [続きを読む]
  • ほら貝に憧れて
  • これは山形プチ旅の続きです。羽黒山の麓におりると雨が上がっており、「いでは文化記念館」へ。ここは山岳信仰と文化、修験道についての展示が中心です。私の目的はここにある「ほら貝体験」でした。「山伏」が山で吹く姿・・ずっと憧れていて、私も館内に響くような勇壮な音を出すのだ!とワクワクしてトライしましが・・ めまいがする程に!顔を真っ赤にしてがんばりました、でも駄目です。みかねた受付の方が「トランペットの [続きを読む]
  • 羽黒山に登る
  • 山形にプチ旅、羽黒山に登ってきました。以前読んだ小説「月山」がとても心に残っていて、出羽三山に興味があったのです。雨の予報でしたが、曇りだったので決行。 羽黒山は、フツーの道路を進んでいるときからは想像できないくらい、突然別世界になる不思議なところです。これが一の坂登り口にある国宝「五重塔」杉木立の中、木材の美しい色が緑と響きます。 このあと、もっと美しい杉木立や景色はあったのです・・・が、徐々に近 [続きを読む]
  • 小鳥さんの茶さじ
  • ぼかして描く平筆も楽しいけど、細い線をクリアに描くペンも楽しい 手のひらに入る小さな白磁焦げ茶でラインを描き、一度焼成したものに色を入れる。小鳥さん、何色にしようかと考えながら葉の緑も決める。 [続きを読む]
  • 白磁は消せる
  • 先日の勿忘草と同じプレートこれは華やかに色鮮やかに仕上げようと思う。 一度目焼成して その後レースになる部分の色や模様を試作同じように見えるけど、微妙にレーズデザインが異なります。どれにしようか.. 試作のあとは、アルコールでふきとってきれいに落とせます。紙だと絵の具は吸収されるけれど、白磁は焼成前は描く前ににリセットできるのが利点です。手間はかかる、でも色柄のお試しは自分の制作姿勢も試されている [続きを読む]
  • 勿忘草のプレート
  • 引き続き、発見埋蔵白磁に絵付けこれは、レリーフもリムもない真っ白なプレート なんだか、勿忘草づくしのデザインにしたくなって描き始める。最近マイブームのミニ平筆で。 勿忘草を平筆で描くのは初めて。 描き進める、淡く清楚な感じに仕上げるのが目標 [続きを読む]
  • リムに凹凸のあるプレート
  • 夏休み、絵付け材料の整理をする。持っていた事も忘れてた埋蔵白磁をいくつも発見、しばらくはこれらに絵付けしていこうと決意 最近あまり買わなくなったレリーフ入りの白磁、直径27cmほど一度焼成したところ 金彩など描き込んでこれからまた焼成中央の薔薇は、やや抑えた薄めの色使いにしようと計画中 テレビ番組で家の中の整理整頓のコツをやってたのを思い出す。服を1枚買ったら、1枚着ていないのを捨てよ、と。家にある白 [続きを読む]
  • 萩尾望都展にいく
  • 先日、新潟の万代で開催されていた「萩尾望都SF原画展」に行って参りました。萩尾望都さんは、小学生の頃、学校の漫画クラブに入っていた私が一番大好きで影響をうけた漫画家です。 今回はSF特集だったので「ポーの一族」とか「トーマの心臓」等の分野はありませんでしたが、あの「11人いる!」をはじめ「百億の・・」など名作の原画がたっぷりでした。カラー原画も素敵ですが、私はやはり萩尾望都さんの白黒の表現が好き。 美 [続きを読む]
  • 平筆続く
  • 材料を整理していたら、昔途中まで描いて凍結していた作品を発見青いリボンだけ描いてあった。ここで発掘した白磁くん、しまい込むとまた存在も忘れそうなので制作することに。けっこう深さのある鉢、下絵は描かないで平筆で薔薇を、リボンの左右にペンで線を描く。 焼成してまた少し描き込む その後、線の外にパディングして、薔薇や葉ももう少し描き込んで焼成 遅乾性オイルも面白いな。 [続きを読む]
  • 私の先生 マイセン2
  • マイセンの小花のプレートを模写していたのが、出来上がる。勉強のため。 第一焼成 加筆して第2焼成 小花は出来たけど、物足りない。そう、お手本は周囲に金彩の装飾がはいっていた。私もがんばる。 やっぱりマイセンは華やかな美しさも魅力のひとつだなと思った。プレートの直径は約23cm、ブーケの長さは4cm程。 [続きを読む]
  • 日本の名滝100選 鈴ケ滝へいく
  • ちゃんと理由が言えないけれど、なんだか好きなものってみなさんがお持ちだと思うけど、私の場合は「灯台」と「滝」 今日は日本の名滝100選に入っている新潟県村上市の「鈴ケ滝」を訪れました。緑豊かな集落の廃校沿いの道を曲がって山道を約30分この山道が大変美しく恐ろしゅうございました。進む程片側は深い谷底、Uピンカーブの連続、車1台分だけの道幅・・・車で行ける限界の先は徒歩で山に入ります。 山へ入ってわりとすぐに [続きを読む]