JINTAX さん プロフィール

  •  
JINTAXさん: 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロク
ハンドル名JINTAX さん
ブログタイトル高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロク
ブログURLhttp://ameblo.jp/tax-labo/
サイト紹介文できるだけ短く要点をかいつまんで、軽いタッチで日常を綴ってゆきます。皆様宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 112日(平均7.6回/週) - 参加 2017/03/09 22:07

JINTAX さんのブログ記事

  • 4月は入退社が多い季節、各種届出漏れにはご注意ください!
  • 税務というか社会保険関係は事業所の責任で提出願っていますが・・・ 従業員に異動があられた場合は、各種届出の失念にご注意ねがいます 毎年4月は ・被保険者資格取得届・被保険者資格喪失届 の増える時期ですね また70歳以上の方については、上記に加えて、70歳以上被用者該当・不該当届というのがあつようですね 3〜5年おきに調査があって適宜チェックされますが、そこで指摘されてからではいろいそ煩わしいし、遡及という [続きを読む]
  • 短時間労働者の適用範囲が広がっていますね
  • 今日はたまたま通った年金事務所の駐車場が満車でした(;^_^A いよいよ算定基礎届(定時決定)の期限が近付いてきたからでしょうか とくに今年の4月からは短時間労働者の適用範囲が広がっていますね 原則、常時501人以上の事業所ですが 労使合意により適用事業所として任意に申し出ることができます 中堅規模の企業は任意に加入されるのかもしれませんね 但し、従業員の立場からすれば、退職後雇用延長をされている在職老齢年金の [続きを読む]
  • 医療費控除添書類の見直し
  • 再三書いてますが改めてこの改正て平成29年分以後の確定申告つまり平成30年1月1日以後に提出するものから「医療費の明細書又は医療品購入費の明細書」を「添付」しなければならないこととされましたまた確定申告期限等から5年間は、税務署長から領収書の提示等を求める場合がありますので手元に保管しておきましょうではまた。 [続きを読む]
  • 飲食業等を開業前のあなたに③
  • 一番最初に言うべきことでしたが お店選定前に(少なくともお店候補が上がって場所の決定前に)相談に来てもらいたいな と思います 相談相手は、私でなくても結構です 先輩でも商工会でも銀行の方でも中小企業診断士でも税理士でも構いません。 中小企業診断士の場合は、税務署に一度相談にいられておくべきかなと思います。 税務に詳しくない方もおられます(業法上の壁から税務について回答されないケースも含め) 特に税理士 [続きを読む]
  • 遺言を書くのは大変?
  • 遺言を書くのは大変! って思っておられる方が多いと思います、正直なところ。 どうしてか? 全部の財産の処分について、事細かに決めておかないと思っておられる方が多いということです。 そうなると、何かその作業も、考えるのも、リストにするのも大変だということになりますよね でも、実は違います!  あなたが大切に思っている人に・・・  この人にだけはこれこれを残してあげたい・・・  これはあの人に引き継いで欲 [続きを読む]
  • 医療法の一部改正法案の成立
  • 少し前に、イエス◯◯クリニックで話題になってた法案です改正による規制の対象は「広告その他の医療を受ける者を誘引するための手段」としてますこのことから、Web等による情報提供も同法の適用対象となり、「虚偽の広告をしてはならない」との規定の下に置かれます今後は、ホームページ等の記載についても、医療広告ガイドラインに沿っているか否かに留意する必要があります。さらに、受け手が誤解しないように・比較優良広告・ [続きを読む]
  • 被災地での事業継続
  • 業界の会報誌に掲載された昨年の熊本地震における同業者の被災地体験を読ませて頂きました本当に大変です大変な中において、私たちの職務は事業者の経営を支援しなければなりませんまだ1年立っても壁には亀裂が入ったままの建物で生活したり、交通環境が復興しない中2時間以上かけて事務所に通勤し、仕事をこなしていかれているということでした我が国では、地震は避けられないものです したがって、常日頃からどのように対策を [続きを読む]
  • 昨日の補足
  • 言葉足らずでしたm(__)m 昨日の例は、何が言いたいか? 会社の規模の判定で、大会社にはなれないということです。 大会社ですと類似業種比準価額一本で評価計算されますね ところが、中会社ですと併用方式と申しまして、上記方式と純資産価額方式のを併用して計算されます つまり両方の価額が一定の割合でミックスされます 今年度の贈与について昨年の贈与時と比べて、株価評価額が大きく変動し、贈与税額の負担が当初の見込みか [続きを読む]
  • 例年通りに株式の贈与をされる場合・・・
  • 少し規模の大きい会社は注意が必要ですね 財産評価基本通達が改正されています 例えばで1つご紹介・期末以前一年間の取引額(売上高)は5億円・株主への配当支払いはなし・課税所得は800万円(非経常的な利益に該当する収入はなし)・帳簿総資産は11億円・前期末以前継続勤務従業員数は55人 参考例の会社ですと、「帳簿総資産価額」の要件について、小売業を営む会社が大会社に該当するための要件が、10億円以上から「15億円以上 [続きを読む]
  • 無料相談会でした
  • 専門家同士の相談会に参加してきました相続の相談が一番多かったですかねそのうちの1つですが相談者の男性、76歳奥様6年ほど前に他界御子様お二人うち次男と同居うち長男は結婚して兵庫に住んでいる最初10分ほどは遺言というのは書いておいた方が良いのか否かというあたり一辺倒なお話が続いていましたが…話を聞いているうち、本当のことを相談して頂いた実は奥様の相続の時に、法定相続通りに子供たちに公平に遺産の分割を行っ [続きを読む]
  • そろそろ予定納税の時期ですね
  • 所得税の予定納税通知書が届きますいい、天気、の続く梅雨の時期ですがいやな時期ですねというのは、国民健康保険料、住民税、自動車税、人によっては固定資産税等などたくさんの封書が届きますこれは所得税の予定納税について申し上げます自動振替でない場合は、納付書も同封されてます失念すると、延滞税がかかりますのでご注意ください昨年より売上が減少した場合等の諸事情に変動がある場合は、7月15日までに減額の申請を出し [続きを読む]
  • ネット販売の方から相談受けました
  • 今日表題の相談ございました 開業前云々のブログ更新してて・・あれなんですが そんな準備もなく、思い付きで初めてドンドン売上を上げていく方というのもいるものですね 結局その人のパワーなんでんしょうね ご質問は税気の申告について、今から何をしておけばいいのか?です 税務署で行われるような記帳の方法の指導や税金申告のための一連の作業をかいつまんでご説明いたしました その上で自分でできるとこまでまずは一度やっ [続きを読む]
  • 開業前のあなたに②
  • 開業・独立いう夢があるとしよう オレは自分の店を持つんだぜ なんて吹聴するのは簡単だ でも、本当に独立のために何かしているのか 今日、相談に来られた女性は現在、勤め先と掛け持ちのアルバイト(2つ仕事されてる)の件も含めて税金のことを相談に来られたとのこと ずばり伺った 開業資金はいくらくぐらい用紙しておられるのですか? 1.000万円程とのことでした 配偶者から借金してまでするな、と言われているので自己資金で [続きを読む]
  • 離婚・再婚同志の相続
  • まだまだ少ないですが、再婚同志の方の相続ってたまにあります 相談に来られた奥様は、 「夫は過去に結婚していたけれど子供もいなかったので、私のみの手続きですぐに完了すると思います」 と仰せでしたが・・・。 調べていくと・・・ 離婚された前妻の連れ後さんを前回の婚姻時に養子縁組みされておられ、離縁をしていなかった事実が判明しました こうなりますと、相続手続きはおいそれと [続きを読む]
  • 開業前のあなたに①
  • 開業後に資金相談を受けることがあります が、開業後はそう簡単に資金は引き出せないとお考えいただきたい 明らかに売上が好調で新たな設備投資を要するような前向きな融資は別です 開業時に難しい計画書を作れといっているのではございません ・現実身のある売上計画か? ・自分及び家族の生活費をどうみているのか? ・万が一の自己資金はしっかりプールできているのか? このあたり当たり [続きを読む]
  • コビィー
  • 重要だけど緊急性のないタスクを緊急性のものにひきあげる今日は同業の先生の話を聴いた中で、自分の中でも耳が痛い、取りかからずにいた課題であった。しかし改めて、その大切さに気付いた心のモヤモヤが少し晴れた気がした実践してみようと思うというか、実践しなければならないと思った 皆さんもこういったことはないですか?ではまた。 [続きを読む]
  • 賃上げのセンティブ
  • 所得拡大促進税制というものございます以下の3つの要件を満たすことが必要です①平成24年度より3%増加②雇用者給与等支給額は前事業年度以上の増加③平均給与等支給額が前事業年度を上回る増加税額控除を受けられる額は、増加額の10%平成29年4月以降22%に引き上げられています(中小企業者等)ご検討くださいではまた。 [続きを読む]
  • 夏のボーナス
  • 厚労省毎月勤労統計調査(医療機関)によると平成28年度5人から29人規模の事業所におけるきまって支給する給与に対する支給割合は、0.93%ということです つまり夏のボーナスは、1ヶ月分の給与に少し満たない金額が相場と言えますご参考ください他の業種においても勤労統計調査をご参考くださいではまた。 [続きを読む]
  • スイッチOTCの領収書捨ててませんか?
  • 念のため申し上げておきます今年から始まってますよ1年間のOTC医薬品の購入費用が1万2000円を超えるとき、その超える部分の金額についてその年分の所得から差しことができます(控除額の上限は8万8000円)この制度の対象商品は、購入時のレシートの商品名の前に★印などのマークが記載されるようになっていますドラッグストアの領収書を今一度確認くださいレシートの保管場所を決めてしっかり保存願いますまた確定申告でセルフメ [続きを読む]
  • 高齢者マンション
  • 〔入居時〕●入居一時金 2,000〜8,500万円(同伴者追加の場合+700万円)●健康管理費1人あたり500万円 〔入居後〕管理費+食費●管理費 95,000円 (2人143,000円)●食費63,000円(2人126,000円) 単身と仮定した場合、一番ランク下の部屋の場合一時金2700万円毎月158,000円×12ヵ月×15年=2,844万円合わせて10年で4,396万円15年で5,344万円が必要となります 将来的に年金受取額が減額されていく中で、上記の [続きを読む]
  • 年金は大丈夫か? 国民年金の追納制度について
  • 追納制度は、 全額免除半額免除4分の1免除4分の3免除 などの保険料免除を受けた被保険者又は被保険者であった者は(老齢基礎年金受給者を除く)が、その免除を受けた保険料について過去10年まで遡って納付することができる制度です つまり厚労大臣の免除の承認を受けていることが前提で10年間遡ることがきでます 過去の保険料ですので政令で定める額を加算した額となります2年以内であれば加算はない 通常の [続きを読む]
  • 随所作主
  • ワガママではなく在るがままに 周囲の言葉や目の前の出来事に惑わされず、主体的に自らの人生を生きる ことができるという禅宗の教えの一つだそうです どこにいても、主となれているのか?あるがままに居することができているか? 本当の意味での在るままのは、自分の中に真実の自己を見出し、これ即ち「随所に主」といい、いかなる雑念にも惑わされないということであろう それは場所を選ばないこと  [続きを読む]
  • 預貯金の名義
  • 相談を受けました子供に毎年キッチリ贈与してきた通帳(贈与税申告済)でしたが、メインバンクを変更した時から父親の名義となっていたとのことこの父親名義の通帳から子供がお金を引き出せば、贈与税がかかりますか? と質問をお受けました贈与の問題というより、事実認定の問題ですねまず現銀行に真正なる名義人への通帳名義の是正を依頼されてはとお話しました旧通帳から新通帳へは、ほぼ相違なく残高が移転しており、普通ならば [続きを読む]
  • 小規模企業共済に思うこと
  • リタイアメントプランニングといいますが 現役時からの老後の資金準備ですが これについては、計画立てて行わないといけません その典型例が任意解約というリスクですあくまて任意の場合ですが まさか!? って坂はあるから何ともいえないんですが・・・ 小規模企業共済の場合、掛金払込月数が240ヵ月未満の時は、その解約返戻期は掛け金合計額を下回ります ましてや、払込月数が12ヵ月未満のとき [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度
  • 5月29日にスタートしました相続手作りを放ったらかしにされてる方が多いかなからだろうと思いますその手続きが複雑であることと不動産の手続きにお金がかかるからですかねその点を少しでも楽にしようと表題の制度がスタートしています特に預貯金は支店ごとに相続関係書類の提出を求められますこれを法定相続情報一覧図にという証明書にまとめて交付する、以降はこの証明書で各銀行を回って手続きしてもらえるということですね何よ [続きを読む]