かもりん さん プロフィール

  •  
かもりんさん: デジかも
ハンドル名かもりん さん
ブログタイトルデジかも
ブログURLhttp://degikamo.com/
サイト紹介文デジかもは日々の暮らしを少しだけ楽しくする総合日常ニュースサイトです。
自由文ゲーム関連・面白動画・サイト・商品、たまに政治のことなど、様々な気になったニュースを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 18日(平均14.4回/週) - 参加 2017/03/09 22:31

かもりん さんのブログ記事

  • 【偶然の一致】春のセンバツに21世紀枠で出場した高校が21まみれに!
  • 偶然の一致…ありえないような事象が、いくつか重なった時に人々は、その事象に何かしらの意味を求めて、そのように表現することが世間一般ではよくあります。偶然の一致とはいっても、よくよく見てみれば、そこまでの一致ではなくただ大げさに騒ぎ立てている例もかなり多く、偶然の一致というにはいささか弱かったり、これはさすがにこじつけすぎだろ…と思うのも多数あります。今現在、甲子園球場で行われている高校生の野球部員 [続きを読む]
  • 【36年ぶり!】大幸薬品が正露丸の新商品を発売へ!
  • 日本人なら誰もが知る、ラッパのマークの下痢止め薬である「正露丸」発売は1902年で、115年前。当時、日露戦争のさなかであり、ロシアに進軍していた兵士たちのための薬として元々は「征露丸」と書かれていた商品でした。征露は言葉の通り、ロシアを討伐するという意味です。一度聴いたら頭に残る、あのラッパの音は、進軍ラッパということになっています。正露丸と言う薬がありますが名前の由来を教えて下さい「正露丸」の由来は [続きを読む]
  • 【亀山モデル】SHARPの液晶テレビ事業・国内生産は撤退へ【終了へ】
  • 目のつけどころがSHARPでしょ?のキャッチフレーズで、一時期は日本の家電産業を引っ張ってきた大手電機メーカーである「SHARP」一時期は、SHARPブランドと言えば、日本では信頼と安心のブランドとして国内消費者に浸透していた企業でしたが、最近は業績不振により経営難に陥り最終的に、台湾のメーカーである鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたのはまだ記憶にも新しいところです。シャープと言えば、日本の数ある電機メーカー [続きを読む]
  • 【専用CMまで!】スプラトゥーン2の試射会体験版がDL可能に!
  • 今年の夏に、ニンテンドースイッチで続編が発売される予定の任天堂のイカしたTPSである「スプラトゥーン」※画像は初代ですw任天堂が世に放った、純国産TPSは、爆発的ブームとなり日本では、売れない要素しか揃っていなかったにも関わらず新規IPでミリオン達成というとんでもない偉業を成し遂げました。かくいう管理人も、未だに気が向くとインクリング達のイカした世界にこもることが未だにあり、発売から二年近くがたとうとして [続きを読む]
  • 【過労死基準超え】残業時間上限「100時間未満」で首相裁定
  • いわゆる、ブラック企業などが問題視されている現在の日本の労働環境。常態化する長時間労働やサービス残業など。一度離職するとなかなか再就職しづらい状況もあって、なかなか労働待遇の改善に動けない労働者が多いのが事実。特に、過労死にもつながりかねない、長時間労働は主にサービス業や小売業などで悪質な例も数多く見られます。そんな日本の労働環境の改善をするべく、政府が導入を目指しているのが残業時間上限制度。きっ [続きを読む]
  • 【2ndレビュー】ブレスオブザワイルドおもしれぇ!!
  • 3月3日に、ニンテンドースイッチの発売とともにスイッチのロンチソフトとして、Wii Uと縦マルチで発売された「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」スイッチの本体購入と同時に、ゼルダの伝説を購入したデジかも管理人はファーストインプレッションのレビュー記事を書きました。【超大作】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの1stインプレッションレビュー最初のレビューということで、ろくにプレイもしていない状況で感じたままのレ [続きを読む]
  • 【原因判明】合奏のテンポが走る現象の原因を東大が解明!
  • 多人数で、音楽を演奏すると、よく起こりうる現象の一つに「テンポが走る」という現象があります。機械などで、正確に演奏するのとは違って、人間の手での演奏は必ずゆらぎがあるもので、同じ人物が同じ曲を演奏しても、毎回演奏のテンポや質というのは、一定しない…だからこそ、人力での音楽には心揺さぶるものがあるとも考えられています。どんなに練習しても、一つとして同じものはない不完全なものだからこそ逆に感動を生むと [続きを読む]
  • 【誰得】電脳戦機バーチャロンが復活!謎のコラボで…
  • 1995年に、アーケードの対戦型体感筐体としてセガから発表されたバーチャロイドと呼ばれるロボットたちが1対1で闘うゲームであった「電脳戦機バーチャロン」というゲームがありました。 当時のゲーセンでは、存在感のある専用筐体が使われ少し大きめのゲーセンに行かないと置いてありませんでしたが操縦桿に見立てたツインスティックを操って、ロボットたちを操作する独特の世界観は、一躍ブームを巻き起こし、家庭用に移植もさ [続きを読む]
  • 【作業用動画】最近の作業用動画【6】
  • ゲリラ的に更新される、全く反響が無い管理人の趣味丸出し企画です。いつも反響が無いので、めげそうになりますが、そんなことは気にせず私は作業用動画を紹介していくよ!←今まで、5回更新してきた企画ですが、第4回がRPGツクール2、第5回がF-ZEROとSFCソフトの音楽が立て続けに続いておりましたが、今回もまたSFCのゲームから作業用動画を紹介したいと思います。今回紹介するのは、若干マイナーながらも、一時期は知名度も結構 [続きを読む]