Dr.Luke さん プロフィール

  •  
Dr.Lukeさん: DR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
ハンドル名Dr.Luke さん
ブログタイトルDR.LUKE'S iDLE UTTERANCE
ブログURLhttp://www.dr-luke.com/wp/
サイト紹介文Dr.Luke的日々のココロ。聖書、スピリチュアルから政治経済、サイエンスまで、幅広くカヴァー。
自由文聖書を宗教から­解放すべく自然科学者の視点から解き明か­す。聖書は神による人間の「取り扱い説明書」であり、物理­的世界と霊的世界の関係を啓示しており、スーパーナチュ­ラル。その解読にはカギがいる。WHOも「霊的健康」なる­概念が提唱するが、物質界および霊的世界のサイエン­ス、『霊精神身体医学』を開拓する。健やかにして豊かな生は両世界のダイナミクスを知ることにより可能。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 22日(平均14.6回/週) - 参加 2017/03/09 22:39

Dr.Luke さんのブログ記事

  • いじるな・まぜるな・がんばるな!-霊的オーガニック-
  • なんだか、この雪崩事故も、登山は中止したが、ラッセル訓練は行ったとか。なんでそんなに頑張るんかね? 私たちのキャンプの参加者がみなおっしゃるのは、普通の日本の教会の修養会とかキャンプでは、スケジュールや当番がみっちりきまっていて、現地に到着するとすぐにあれこれの奉仕で分単位で追い立てられるとか。 ところが私たちの場合は、まずはゆっくりして、温泉や観光をどうぞ、と。さらには諏訪大社巡りまでしち [続きを読む]
  • いじるな・まぜるな・がんばるな-霊的オーガニック-
  • なんだか、この雪崩事故も、登山は中止したが、ラッセル訓練は行ったとか。なんでそんなに頑張るんかね? 私たちのキャンプの参加者がみなおっしゃるのは、普通の日本の教会の修養会とかキャンプでは、スケジュールや当番がみっちりきまっていて、現地に到着するとすぐにあれこれの奉仕で分単位で追い立てられるとか。 ところが私たちの場合は、まずはゆっくりして、温泉や観光をどうぞ、と。さらには諏訪大社巡りまでしち [続きを読む]
  • 邦語訳聖書の罠に注意!
  • 私は何度も繰り返している、日本語マトリックスで真理を理解してはならないと。Dr.Kさんがギリシャ語レベルでガラテヤ2:16(Gal 2:16)について指摘されている。ぜひ、お読みください。 ガラテア2章16節における日本語訳について一言。 余りにひどいので正確に見ておきたい聖句の一つだ。 律法の働きは人を義とはしない イエスキリストの信仰が人を義とする イエスキリストにあって それを我々は確かに [続きを読む]
  • ちょっと諏訪の温泉に
  • 私は何度も繰り返している、日本語マトリックスで真理を理解してはならないと。Dr.Kさんがギリシャ語レベルでガラテヤ2:16(Gal 2:16)について指摘されている。ぜひ、お読みください。 ガラテア2章16節における日本語訳について一言。 余りにひどいので正確に見ておきたい聖句の一つだ。 律法の働きは人を義とはしない イエスキリストの信仰が人を義とする イエスキリストにあって それを我々は確かに [続きを読む]
  • 主が祝福が命じられたところ
  • 主は【兄弟】がひとつになるところに祝福を命じた(教職と信徒や教団や宗教組織ではない!)。「命じる(command)」は"tsavah"、意味は"put into order"。病気はDisorder=orderからの逸脱、あるいはDisease=easyを失うこと。神は無秩序の神ではない。すべてをしかるべきorderに置くこと。これが命じることの意味。こうしてキリストと共にいのちにより支配する(Rom 5:17)。 [続きを読む]
  • 漢詩:水鳥の春夢―一石
  • 水鳥の春夢 一石 梅花 亭上(ていじょう) 流泉(りゅうせん)を聴く 日漏れて 波紋 春憐れむ可(べ)し 澹澹(たんたん) 翠微(すいび) 酒の如く緑なり 知らず 水鳥 夢相牽(あいひ)くを (七言絶句・平起式・下平声仙韻) [続きを読む]
  • 空気文化の国ニッポンの象徴-森友問題-
  • ?昭恵夫人、涙ぐむ=「自分の甘さ反省」 森友は結局、各方面みな"空気"で動いていたのでしょう。山本七平の言う、"空気文化ニッポン"の典型。だからとりあえず決定的ハード・エビデンスはないわけ。 しかし安倍の奥さん、「神様はどこに導かれるんでしょう」って、このセリフよくキリスト教徒が使うが、自己責任回避の典型的手法。ニッポンキリスト教も"空気"で動いているわけ。そもそもFBで反論って・・・。 こ [続きを読む]
  • 時空間は幻想だ
  • ついに物理学者も認め出した。重力はイリュージョン!そもそも時空間自体が幻想なのだ。真の存在は、もちろん神のレーマ、神のバイブレーション。それが五感に投影されているのが、われわれの経験する物理的世界。 フェイスによって、わたしたちは、この世界が神の言葉(レーマ)によって創造(フレーム化)され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。―ヘブル11:3 [続きを読む]
  • 御霊により変調された言葉を語る
  • フェイスにより語り出された言葉は霊のバイブレーションの場(フィールド)を動かす。それがこの五感の領域に実体化される。 今、フェイスとは願う事柄のサブスタンス、まだ見ていない事の立証である。―ヘブル11:1 この「フェイス」には定冠詞はない。つまり人類普遍のシックスセンスとしての能力を言う。ポイントはそれを用いて、どのポータルあるいはチャネルを通してスピリチュアル・リアムにアクセスするか。 [続きを読む]
  • Dr.Lukeの一言映画評-PASSENGERS
  • かつての『2001年宇宙の旅』やその続編、さらに『インターステラー』や『ゼロ・グラビティー』に続く宇宙のSF。映像も美しく、ちょうど宇宙のアダムとエバ的なストーリー。果たして人は物理的空間において二人だけで生きられるのか。宇宙で孤立することを考えるとある種の畏怖の念を覚える。 が、考えてみれば、この地球とて、物理的には孤立系。70億人と2人の違いだけ。つまり物理的にはこの広大な宇宙でポツンと放置されて [続きを読む]
  • クリスチャンこそが真のニューエイジャー
  • worth listening to….彼は元々はハードコア・サイエンティスト。ニューエイジの方が霊的に開かれている。ただ、ポータルが異なるが・・・・。 まさにこのことを語っている。空間はエンプティーではない。われわれのマインドと絶えず相互作用をしているのだ。 もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。 この日は言葉をかの日につたえ、この夜は知識をかの夜につげる。 話すことなく、語ることなく、そ [続きを読む]
  • バビロンの人類飼育システム
  • このグラフは実に興味深い(⇒ソース)。人々、特に若者が食うことに追われて、モノを考えなくなってきている。 長時間労働で疲弊した人は新聞を読む気力もなく,物事を深く考えなくなる。少しの情報だけで自分の意見を決める。それが世論になってしまう。欧州では家族で食事をとりながら会話をしたり,広場やカフェで自由に議論をしたりする。時間に余裕があるかどうかは,民主主義の成熟と深く関わっている可能性がある [続きを読む]
  • 栄光の中での主の癒しのみわざ
  • 昨日のプレイヤーMTGでの報告によると、今回のキャンプで【いつの間にか】(?これがカギ。自分から意識が離れるとき、御霊は働くのだ。いつ癒されるか、まだか、まだか、とその症状を見つめているとなかなか・・・)いろいろな癒しを受けた兄弟姉妹がいたようです。別に私が手を置かなくても、栄光(カボド=重さ)にある臨在(パニーム=神の顔)の中で、御霊のタッチを受けてしまうのです。すると もし、イエスを死 [続きを読む]
  • 書籍&DVD『真理はあなたを自由にする』の再版のお知らせ
  • 2001年に出した本書、現在絶版中ですが、希望者がいまだに多いのです。今回、出版社から版権を引き上げましたので、自由にこちらで出版が可能となりました。とりあえずKindle版で出す予定です。また当時VHSだったレクチャービデオ(2巻)はすでにDVD(2枚)化して、販売しております。なお、ワークブックは現在も出版社から入手可能です。 ・オンラインショップ(⇒http://shop.kingdomfellowship.com) またサイト [続きを読む]
  • Paul Washer 心臓発作で倒れる
  • このブログでも何度か紹介しているが、きわめてキツキツの説教をすることで有名な彼、今回心臓発作で倒れたようだ。この手の人はたいてい心臓をやられる。自責感の強い人は自己免疫疾患とかね。彼のメッセは解放感と喜びがまったくない。この写真の目も輝きがないし、作った笑顔で、表情全体が曇っている。 参考までにこのメッセ、聞いてみてください。救いの喜びはどこに?この霊が自分の肉体を痛めつけているのだ。 &nbs [続きを読む]
  • 霊的オーガニック耕法
  • God's Kingdom Grows Through Spiritual Organic Cultivation. 人手によらず、人はそれを知らず・・・・。何も足さない、何も引かない、御言葉だけで・・・・。聖書はね、道徳や倫理や人生論や思想や哲学や神学の本ではありません。ましてやキリスト教の教典でもない。それは生命現象の書です! [続きを読む]
  • 視・聴・臭・触・味そして信(再掲)
  • この五感は誰もが分かる。視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚によって私たちのうちにある世界のモデルが構築されている。私たちはこの五感あるいは五覚によって何気に生きている。それぞれの覚はそれぞれの物理的実体、つまり物理的サブスタンスを私の主観的経験とする。これを実体化(Substantiation)という。 普通の人は光の実体は知らない。電磁波であり、光量子でもあると物理学では教える。そのエネルギーはhνであるとも。 [続きを読む]
  • 牧師VS.牧者
  • 牧【師】というのは信徒の期待に応える存在。でも牧【者】の条件は、その期待を超えること。―Dr.ルーク 今わたしは、人に喜ばれようとしているのか、それとも、神に喜ばれようとしているのか。あるいは、人の歓心を買おうと努めているのか。もし、今もなお人の歓心を買おうとしているとすれば、わたしはキリストの僕ではあるまい。−ガラテヤ1:4 わたしたちは神に認められ、福音をゆだねられているからこそ [続きを読む]
  • 誉め言葉に注意!
  • 誉められるより、卑下される方が幸い。パウロは言っている: ののしられては優しい言葉をかけている。わたしたちは今に至るまで、この世のちりのように、人間のくずのようにされている。 誉められることは、実に罠なのだ。まず裏があると思った方が良い。 逆に、誉めることも要注意。ソロモンはこう言っている: あからさまに戒めるのは、ひそかに愛するのにまさる。 ・・・人を責める者は、へつらいを言う者より後に、恵みを [続きを読む]
  • Faith Camp 特別レク:真理はあなたを自由にする
  • ●MSGタイトル:Faith Camp 特別レク:真理はあなたを自由にする ●聖書個所:John 8:32など ●2017年3月26日のセレブ: ・場所:エスカル会館2F会議室 ・時間:1300-1700 ●Web:Kingdom Fellowship® ●YouTube:Dr.Luke's Kingdom Fellowship Celebration ●ApplePodcast:Kingdom Fellowship Celebration ●セレブレーションのライブ録音DVD:希望者にお分けできます。1ヶ月分、3,000円(原則4DVD);あるいは希 [続きを読む]
  • 自分が何を求めているのか-Stephen Kaung
  • ウォッチマン・ニーの親密な同労者だったStephen Kaungのメッセージ。彼はすでに100歳を超えているはず。自分が何を求めるのか。人は自分が真に求めているものに気がつかない。とりあえず食う事とこの世をサバイバルすることでマインドが占有される。その結果は鬱病。パウロは牢獄の中でもキリストを追求していたのだ。 [続きを読む]