remo さん プロフィール

  •  
remoさん: 日常向上クラブ
ハンドル名remo さん
ブログタイトル日常向上クラブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/remo3782/
サイト紹介文過去のどの時点より、今をいちばんに。
自由文50代、仕事は歌を少し。
出身地の大阪から東京に移り住んで3年目、
こじんまりした賃貸の戸建てに夫と二人暮らし。
日常のカスタマイズを楽しく続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 162日(平均5.7回/週) - 参加 2017/03/10 02:00

remo さんのブログ記事

  • おもてなしのしあわせ
  • 人がうちに来てくれるのは色々と気を遣ったりして楽しいことばかりではないけれど、それほど悪いものでもない。娘が友だちと上京、うちで2泊してさっき帰って行った。20代後半の彼女たちは立派な社会人だし、ホテルで自分たちだけで過ごす方が気楽なのではないのかなと思ったりもするけれど、「泊まりに行っていい?」と聞かれたら断る理由はこちらにはない。東京には夕方に到着、娘が来ると必ず行きたがるお寿司やさんへ。2日目 [続きを読む]
  • うちが一番のしあわせ
  • 5日間の帰省を終えて自宅に戻る。お墓まいりをして気持ちが落ち着く。人と集い、笑って飲んで食べて、かけがえのない時間。でも帰ってくると夫が「うちが一番」と言う。私もそう思う。家族や親族、知人友人の無事や近況を確かめられたら、自分たちの日常に戻り、何でもない毎日の暮らしを紡ぐ。ときどき、あの人、この人、の顔を浮かべながら。いつもの普通の朝ごはんがおいしい。ランキングに参加しています。応援ありがとうござ [続きを読む]
  • 集うしあわせ
  • 父83歳、母79歳、兄56歳、兄の妻55歳、私54歳、夫53歳、娘28歳、息子24歳、姪24歳、甥22歳、10人が久しぶりに揃って集うことができた。父は差し迫った体調ではないにせよ、いろいろと不自由はあり、こういう集いはあと何回できるかわからないと思う。そんなことを思うのはかなしいけれど。本当にそうなったときに少しでもかなしみが薄まるように前もって想像しているのかもしれない。そんなことをしてもかなしいときは拭いようなく [続きを読む]
  • 作ってもらうごはんのしあわせ
  • 旅行や帰省前は冷蔵庫の中の日持ちするもの以外は使い切っておく必要がある。ヨーグルトや牛乳、納豆、卵などの常備のものも残りを日割りして使い切っていく。昨日は私が終日仕事だったので、冷蔵庫の豆腐とネギとエノキダケを見て他の材料を使い切れる量だけ夫が買い物をして夜は水炊きを用意してくれた。夫は真夏でも鍋をしたがるし、私も野菜がたくさん摂れるので鍋はうれしい。ソーセージとジャガイモと玉ねぎも少しずつ残って [続きを読む]
  • おいしいパンのしあわせ
  • 東京はこのところ涼しい。5kmほどウォーキング、帰りにパン屋さんに寄る。食べきれない分は冷凍に。このお店のパンたちが冷蔵庫にあると思うだけでしあわせ。先日スーパーで見かけて買った塩分50%カットのよつばバター(これもおいしい!)を塗って食べる。グルテン控えるのが時流だけど、お米と小麦はやめられそうにない。いまのところ。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人気ブログランキ [続きを読む]
  • ありがたい申し出のしあわせ
  • 年末に大阪、年始に東京ですることになったコンサートで使用する予定の楽器をパートナーの奏者が持っていないので、当初はその機種のある音楽教室やスタジオを借りて練習、合わせをすることになっていた。でも2人の都合を合わせた日程に予約が取れなかったり、体調不良などでキャンセルになると次までかなり日が開いてしまったりで、これで本当に間に合うのか不安になってきた。なので楽器のリース(最短6ヶ月)を検討、普段は奏 [続きを読む]
  • ひとりがいいけど関わるしあわせ
  • 人と関わることには用心深いほうだと思う。なるべく傷つきたくないし、できれば面倒を背負い込みたくない。何かの加減で引きこもりになってたかもしれない。何かをする時、2、3人までなら何とかなりそうかと思えるけど、人数が増えれば増えるほどそこに渦巻く思惑を想像してクラクラしてくる。たった一人の思惑が読めなくてこの一週間ほど悶々とした。何をしていても気になって、やらないといけないことにも集中できなかった。あま [続きを読む]
  • 痛くないしあわせ
  • しあわせを数えたら片手で余るのにふしあわせ数えたら両手でも足りない、というような歌が昔ありました。ばんばひろふみだったか。「エースをねらえ!」の中でジャキー・ビントは『世の中に起きることは幸不幸の性格を持っていない。それを性格づけるのは私たち人間』と言っていました。しあわせになろう。しあわせを感じよう。ポップコーンもしあわせだし、汗をかいたあとのシャワーだってしあわせ。今日は半年ごとの歯科定期検診 [続きを読む]
  • ポップコーンのしあわせ
  • あまりにも小さいけれど、これはたしかなしあわせだ。今まであまり食べてこなかったポップコーン。先日、遅ればせながら観た『美女と野獣』はこじんまりした単館上映で、チケットもぎりの手前で売っていた袋入りのポップコーンをめずらしく夫と同時に「買おうか」となった。「マイクポップコーンのオリジナルキャラメル味」というのだったけど食べ始めるとこれが、お、おいしい。夫と2人で一袋はちょっと足りなかったな。心ゆくま [続きを読む]
  • しあわせって
  • ネットの環境が整ってまたブログを更新しようとしたり、あちこちサーフィンしたりして、それはとても便利で楽しい。でもスマホやパソコンは自分を「しあわせ」にしてるか、と聞かれたらそれはよくわからない。しあわせはもっと別のところにあるような気もする。子どもの頃の夏休み、宿題の中でもドリルは3日くらいでパパッと済ませて、写生とか読書感想文とか自由研究とかはどうも面倒くさくて最後の一週間くらいでやっつけ仕事。 [続きを読む]
  • 「茅の輪くぐり」とブログお休み
  • 上高地から軽井沢へ。そのあと友だちから「6月30日だよ」とLINEが入ったので、帰り道にある神社へ。半年間の無事に感謝し、後半の半年の無事を祈りながら「茅の輪くぐり」をしてきました。ブログは2月から5ヶ月間続けてきましたが、パソコン環境が変わることなどでしばらくお休みします。また再開した折にはよろしくお願いします。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 上高地は最高でした
  • 昨日は上高地へ。思いがけずお天気に恵まれて散策を大いに楽しめました。環境を守る努力をたくさんしているから、水も空気も本当にきれい。どの角度からのビューも素晴らしい。また必ず来たいと思いました。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • SAのおいしいもの
  • 大阪から東京へ戻る途中に少し寄り道をしています。サービスエリアのおいしいもの、ありそうであんまりないなぁといつも思うのですが、恵那峡SAの中のレストランで食べた「ひつまむし」はなかなか美味しかったです。名古屋の熱田神社の近くで食べた「蓬莱軒」のひつまむしを思い出しました。三段階のこんな食べ方をよく考えたものですね。これから上高地や軽井沢に立ち寄りながら東京に戻ります。ランキングに参加しています。応援 [続きを読む]
  • 高層マンションも良いですね
  • 大阪の心斎橋と本町の間くらいに建つ53階建のマンション、49階の部屋を友人が購入したので遊びに行ってきました。高所に弱い自分ですが、明るく見晴らし良く、コンパクトで使いやすい間取り、何より道を挟んで結構広い公園があるのに10分以内に電車に乗れる、なかなか良いな、これからの暮らしのヒントになりました。右側にあべのハルカスが見えています。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人 [続きを読む]
  • 少しホッとしました
  • 大阪に帰省中です。昨日はホールの予約に行き、大阪でのコンサート日程も決まりました。お昼は両親と、夜は子どもたちとごはんを食べました。このひとときを大事にしたいです。旺盛に肉を食べる子ら、息子もちょっとずつ仕事に慣れてきている様子でとりあえずはホッとしました。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 無印良品で買うもの
  • 1983年に大阪のアメリカ村に無印良品のお店ができたとき学生だった私は、シンプルでかっこいいモノがたくさんあって、画期的なお店ができたとワクワクしながら筆記具や封筒便箋などを買っていました。それから約35年、たくさんの無印の商品を買ってきましたが、いまリピートしたり長く使っているものはそんなに多くありません。自分にとって無印良品のモノの中で「良品」だと感じるものは移り変わってきています。たとえばこたつ布 [続きを読む]
  • タンメン初めて食べました
  • 大阪には、というか、私の生活圏だけかもしれないですが、タンメンというメニューはほとんどありません。『お前に食わせるタンメンはねぇ〜』と河本準一が言うのを聞いても、「担々麺やったら分かるんやけどなぁ」と思ってました。今日は千葉の柏で仕事があり、昼休憩に「麺王」というあの辺りにあるチェーンのラーメン屋さんでタンメンを注文しました。初めてでしたが馴染みのある味で、たとえば野菜ラーメンとか五目ラーメンとい [続きを読む]
  • 次世代に送っていく
  • そんな大げさなことではないのですが自分も若い時に年長者からいろんな形で手助けしてもらったり、教わったり、ご馳走や援助をしてもらったりしたので、自分もそれなりの歳になったとき機会があれば次の世代を応援したいと思っていました。今回のコンサートのパートナーが23歳で、力はあるのですが生活に余裕があるとは言えないのでいろいろとバックアップできることはしていこうと思います。してもらったことを、してもらった人 [続きを読む]
  • 頼れる酸素系漂白剤
  • ビフォーを撮り忘れましたが、15年くらい前に買ったスタッキングスツールの座面、ファブリックの汚れがかなりついていました。子どもが小さかった頃についた汚れもあり半ば諦めかけていたのですが、今日来客の際に使う可能性があるのでなんとかしたいと思いました。ダメ元で酸素系漂白剤を熱湯に溶かしブクブク発砲したものを座面に塗りつけ、しばらく置いて拭き取り、半乾きになった頃外に出して陽に干しました。すると、びっくり [続きを読む]
  • 『みみずくは黄昏に飛びたつ』
  • 川上未映子は相当好きですね、村上春樹が。ぜんぜんついていけません。村上春樹本人よりもその作品や登場人物、背景に至るまで知り尽くしているし、インタビューの間に話題に上るかもしれないことについて勉強してきてます。川上未映子は穂村弘との本ではものすごくリラックスして言いたいこと言ってたのに村上春樹にはめちゃくちゃ緊張してお利口さんです。マニアックな質問が多いのでハルキストっていうのだったかな、コアなファ [続きを読む]
  • 『BUTTER』
  • アッコちゃんシリーズの柚木麻子とは少し趣きが違っていて面白く読みました。木嶋佳苗をモチーフにしていて、前半は知れば知るほど奥深い魅力を持っているように思える被告が最後はもうペッラペラになっていき、あまりにギャップがありすぎて、もう少し彼女に幻想を抱いていたかったと思うほどでした。バターはおいしいけど、たくさん食べるのは罪悪感を持ってしまう。パンを食べる時の楽しみは固いバターを薄く削ってパンに乗せ、 [続きを読む]
  • 花言葉は「ひたむきな愛」
  • 昨日は少しまとまった雨が降りました。今朝は晴れて白いアジサイが目に留まります。アナベルという名だったかな。色が移っていくことが多いアジサイですが、白は変わらないと聞きました。そのためか花言葉は「ひたむきな愛」「辛抱強い愛情」だそうです。芯の強さも感じますが、蒸し暑い空気の中で見つけると一瞬、清涼な風が心の中を吹き抜けるようでした。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 続「かもめ食堂」のような食堂
  • 好きかきらいかと言うと好きな味なんです。七分撞き米、キャロットラペ、切り干し大根はヨーグルトで戻しているとか、メインの豚肉のトマト煮、お吸い物、食後には大豆コーヒー、どれもヘルシーで、ちょっと珍しくて、それでいて過剰さがまったくない。ゆっくり味わうと自然に穏やかな気持ちになりそう。でも、プロとしてお店に出せるラインまで、惜しいけれどあと少し到達していない味です。味が薄い、というより、弱いので一品一 [続きを読む]
  • 「かもめ食堂」のような食堂
  • 4月まで一緒に働いていた人が食堂を始めたので、今日はその近くの会場で仕事があった4人でお昼ごはんを食べに行きました。素朴ですが色々と工夫があり、美味しくいただきました。「かもめ食堂」に憧れて始めたとのこと、私なりに感じたことはあったのですが、また後日にします。ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • ズボン役にハマる
  • 今日は二子玉川の109シネマズでメトロポリタンオペラの「ばらの騎士」を映像鑑賞してきました。メトロポリタンで数週前に上演されたものを映像化して世界中で上映されています。日本では毎年10作品ほど、各地で1作品1週間程度上映されます。今シーズン最後の演目の今日は最終日でした。生の舞台とは全く違うものですが演者の細かい表情までくっきり見えるのは生とはまた違った魅力があります。「ばらの騎士」にはオクタヴィアン [続きを読む]