i勤怠 さん プロフィール

  •  
i勤怠さん: 経費節減!超簡単に導入できる勤怠アプリ
ハンドル名i勤怠 さん
ブログタイトル経費節減!超簡単に導入できる勤怠アプリ
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikintai/
サイト紹介文無料でも使える勤怠アプリ『i勤怠』とそのフレンズ、新シリーズの紹介。など。
自由文アプリの紹介をしています。いろいろな製品を違う角度から切り込んだ斬新な記事をお届けしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 20日(平均20.3回/週) - 参加 2017/03/11 20:10

i勤怠 さんのブログ記事

  • i勤怠のカレンダー機能
  • カレンダーは、結構重要ですよね。 たとえば、いまだに仏滅に結婚式は不吉という習慣がありますが、アレは日本だけのようです。 六曜はただの占いの習慣がなぜか日本では定着してしまったという、面白いケースです。 たとえば、トランプというのも、日本だけの呼び名です。 不思議ですよね。 そういってもやはり、そのような習慣があることは確かで、自分は気にしなくても相手先が気にするケース [続きを読む]
  • 工事日報のクラウド化、どうやって導入すればいいの?
  • 工事日報@Directorは工事現場で必要な機能をワンパッケージにしたスグレモノです。 職人さんなどの勤怠的なものから備品購入による経費の記録、そして日報などの機能が満載です。 しかし、すごそうでもすぐに自分の会社で導入することはできないという人も多いはず。 そのような場合、まずは無料のセミナーに参加することがお勧めです。 使い方や設定のしかた、そしてどのようなメ [続きを読む]
  • i勤怠による経費処理の流れ
  • i勤怠は、勤怠アプリですが、他にもいろいろな会社で必要とされる機能を持っています。 その一つが、経費管理です。 今回は、その経費の管理について、一連の流れをご紹介します。 まずは、上記の画像の通り、経費を使います。 パンダさんは、会社の経費でサトウキビを買いました。 名目というか勘定科目的には、福利厚生費です。 申請が終わると、メールなどで通知がされ [続きを読む]
  • オーダーメイドで作ってもらうクラウドアプリもOK
  • i勤怠は、既製品アプリで、バージョンは増えたとはいえ勤怠アプリです。 勤怠以外のものもクラウド・アプリで管理したいというケースもあるでしょう。 そういう現場の悩みを解消してくれるサービスを、i勤怠を開発したワンダフルフライ㈱派行っています。 このソリューション・サービスというのが、まさしくそれです。 主に製造業向けの生産管理などが得意なようです。 他にも、様々な業態向 [続きを読む]
  • スマホで見るi勤怠とはどんな感じか?
  • i勤怠は、スマホやiPadなどで持つ変えるとても便利な勤怠アプリです。 スマホでの画面はこんな感じです。 そのはじめ方ですが、設定にかかる作業が各30秒と、かなり短時間。 全部で3分以下で、勤怠業務に使うことができます。 設定の仕方はあらかじめ動画とかで紹介しておけば、スマホで動画を見ながら進めることができるでしょう。 そういう意味では、導入に掛ける手間というものが [続きを読む]
  • BIチャートって、いったいなんですか?
  • 実は、皆さんが普通に使っているので、今まで訊くに聞けなかった、そして、検索しても的外れなのしかでてこなくて『そこまで常識化しているのか』と疑ったことが。 BIチャートってナンですか? で、調べて調べてやっとでた結論が、Business Inteligence Toolで作ったチャートと言うことのようです。 そして、i勤怠にはこのBIチャートがたくさん用意してあります。 こんなのや。&nbs [続きを読む]
  • googleマップとの連携
  • i勤怠にもこの機能は使われていますが、googleマップと連動させていて、使用者の位置が分かるというものです。得意先などもこれで表示できるのかもしれませんね。ただ、営業で得意先周りなら、場所とか自然に覚えますから。まるで、粘菌の学習能力並みに近道を見つけ出します。しかし、この機能があれば、自分がいけないときに他の人に言ってもらうのにクラウドならではの効果を発揮します。自分が記録しておけば、他の人は検索と [続きを読む]
  • i勤怠のお申し込み方法
  • i勤怠はデモでもいじることができるので、どんなアプリか体験したい人にはお勧めです。 お申し込みフォームがあるので、こちらで登録ができます。 https://saasforce.sakura.ne.jp/register/register.html ログインIDやパスワード、そして、個人情報を入力する必要があります。 ただ、住所とか、本当の住所を書いた記憶がないですね・・・。 たぶん、ここら辺はいい加減でも大丈夫で [続きを読む]
  • 営業を高速化する!
  • 最近、日本企業のアフリカでの売り上げが落ちている要因のひとつに、中国企業の進出があげられているといいます。 日本企業がおたおたしている間に、中国企業は現場で決定して、必要なら賄賂も使うという営業スタイルに、上司の承認が必要と言う日本スタイルは、どうしても後手後手に回るそうです。 もちろん、インドネシアの鉄道の話もありますが、契約した後どうなるかはちょっと不明ですが。 しかし、事 [続きを読む]
  • i勤怠のこんな機能始めてみました!
  • こんにちは、皆さん。 ちょっと重大ニュースです。 先日、『予定時間承認』という業務について『軽く』触れました。 ブログでも語っている通り、正直わけが分からないというか、予想しかできない機能だったので。 詳細はこちら。 http://ameblo.jp/ikintai/entry-12252618941.html この記事で書いたとおり、おそらくシフト勤務用の機能ではないかと。 で、こち [続きを読む]
  • 経産省!なかなかやってくれます!
  • このブログでもたびたびご紹介している経産省の補助金対象としてi勤怠とそのフレンズが選ばれています。 i勤怠は無料版でも十分機能があるので特に急ぎってこともないですが、どちらかと言うと高額でありながらも使えるアプリ『SS』と『Pro-Sales』でしょう。 3分の2が保障されるということですから、500円の3分の2より2000円の3分の2のほうが金額大きくなりますよね。 つまり、バーゲン品は同 [続きを読む]
  • 工事日報とi勤怠の違いとは?
  • 工事日報は、i勤怠のフレンズで、工事現場に特化した勤怠アプリです。 ほとんどi勤怠と同じなのですが、社有のレンタル品を誰に貸したかなどの管理ができます。 安全帯とか、ヘルメットとか、工事現場で管理するものはそれなりにありますからね。 セオドライトやレベルとかも、貸したりするのでしょうか? レベルは中古なら4万とか5万でしたが、瀬尾ドライとは中古でも15万はしまし [続きを読む]
  • 日報という、面倒な仕事を簡素化しませんか?
  • 実は、サラリーマン時代に日報は書いたことがありません。 たぶん。 ただ、営業をして回る会社に関して、紙に書いた記憶はありますが、内容は何も書かなかったと思います。 納品とか、機材の引取りとか、そんな決まりきった仕事内容だったからでしょう。 しかし、工期があるとか、プロジェクトとか、業務の進行具合が利益に大きくかかわるお仕事の場合、かなり重要ですね。 特に、底 [続きを読む]
  • 築炉工事のためのアプリ
  • 炉。 それは、反射炉が日本で作られて以来、製鉄では必要な施設となっています。 なお、韮山の反射炉は、世界遺産ですね。 その炉を作るために特化した、かなりニッチなアプリが『築炉工事』です。 誰が使うのだろう? そう思う人も少なくないでしょうが、日本の炉作りは健在です。 ネットで検索すると、結構でてきます。 製鉄は、日本の一大産業でしたから。 ダンピングと騒がれ [続きを読む]
  • 上司の顔を見なくても申請できる!i勤怠
  • ikintaiのいいところのトップとも言えるのが、休暇申請です。 なんといっても、顔色を見る必要なく、早朝でも真夜中でも、休暇申請ができてしまいます。 この便利さは、なんともいえません。 特に、有給をとるのにストレスを感じていた人にとっては、ハードルが一段下がったといえるのではないでしょうか? 日本は、驚くほど有給をとるのが難しい国で、法律で補償されているにもかかわらず『理由 [続きを読む]
  • あれ!?なんか1位になった!
  • 昨日の今日ですが、iPadと言うジャンルでブログランキング1位に輝きました! くすんでいませんので、一応輝いておきます・・・。 住んでいる地元のパソコン教室さんを追い抜いて堂々の1位(いいのか?)。 この感動を両親にって言うのは、今ははやらないですよね、昔はレコ○ド大賞新人賞のテンプレでしたが。 で、iPadなのですが、管理や承認業務はできるんですよ、i勤怠の場合。 で [続きを読む]
  • 日報ですが、なにか?
  • 日報承認が、2箇所にあるのはお気づきですか? 私の目の間違いではないようですね。 確かに2つあります。 ちなみに、下のほうですが、2か月分の期間指定して検索したところ、こんな感じでした。 拡大すると、こんな感じです。 それぞれの個人について、1週間分ずつの記録がでてきています。 勤務時間と作業内容などを記入できるようになっていま [続きを読む]
  • 作業位置確認ができるi勤怠の機能
  • これって、GPSでリアルタイムに居場所がばれる、というものでしょうか? もしそうなら、外回りの人は断固拒否するでしょうね。 日比谷公園で寝ているなんて、今までばれたこともないでしょうから。 作業している場所が分かる機能ですが、逆に言うと震災などで社員がどこにいるか把握することもできるスグレモノです。 特に、通勤時間で事故を社員が何の過失もなくあってしまった場合は、会社の責 [続きを読む]
  • 人気ブログランキングで、2位に!
  • ブログを書いていて、やはり気になるのは読者が読んでくれているか、役に立ったとか、面白かったとか、思ってもらえるかです。 そんな中、人気ブログランキング,iPadで2位になりました。 ちょっとびっくりするぐらいの衝撃の事実です。 エントリーしているブログが少ないのかと言うと、・・・・59ブログ中ですね・・・。 まぁまぁではないですか? 他のジャンルでは、まぁま [続きを読む]
  • 予定時間承認とは?
  • i勤怠で、私がよく分からない昨日の一つに、『予定時間承認』というものがあります。 上の画像の勤怠システムの横のほうに書いてある文字を見ていただければ、分かると思います。 何の予定か、ということを調べてみたのですが、右下のAIの回答はこんな感じでした。 正直、人事関連の勤務がなかったので、よく分かりません、何いってるのか。 で、検索すると、どうもシフト関連で、勤務時間が現時 [続きを読む]
  • i勤怠の打刻修正
  • 打刻をしたくても、何か不慮のアクシデントでできないことってあるかもしれません。 それは、i勤怠のようにネット経由でスマホでできるようなシステムでも、です。 もちろん、カードリーダーで読み取るようなシステムみたいに、並ぶ場合は、もっとトラブルは多いでしょう。 ikintaiの場合は、打刻修正がとても簡単にできます。 どれぐらい簡単化というと、ワン で終わってし [続きを読む]
  • 直行直帰の勤怠管理、打刻はアプリが便利!
  • 今日もパンダさんは、直行です。 今日は、伊豆にわにのご飯である、卵を産まなくなった鶏を1羽10円でどうですか?という商談をしに行きました。 もちろん、中国からの輸入ですが、従来の30円に比べると大幅なコストカットです。 最近、日本向け輸出量が落ちていて、送料がお得になっているのでできる値段です。 と言う設定ですね。 まぁ、そういう脳内商談はさておき、直行と直帰のやり方で [続きを読む]