へなちょこおやじの自給自足入門 さん プロフィール

  •  
へなちょこおやじの自給自足入門さん: へなちょこおやじの自給自足入門
ハンドル名へなちょこおやじの自給自足入門 さん
ブログタイトルへなちょこおやじの自給自足入門
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takubonterasan
サイト紹介文自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 76日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/10 17:31

へなちょこおやじの自給自足入門 さんのブログ記事

  • 自然農法
  • 農薬や化学肥料を使う、一般的な農業形態を「慣行農法」といいます。それに対して、農薬や化学肥料を使わずに、有機肥料のみを使う農法を「有機農業」というのは皆さんご存じの通りです。かつては、「有機農業」とは「勇気農業」だと、勇気のあるやつだけがする農業だと、揶揄されたりしたらしいですが。。。また、有機の「機」を自然がもつ「仕組み」ととらえ、自然の仕組みの有る農業、すなわち自然の仕組みを利用した農業全般を [続きを読む]
  • メロンの交配など
  • このところ暑い日が続いてますが皆様いかがお過ごしでしょうか?僕は昔から暑いのが苦手で、今日もやはり午前中だけで水1Lをがぶ飲みしてしまいました(^^;)午前中は、メロンの交配をやりました。10〜15節目にある、今日咲いた雄しべの花粉を、これも今日咲いためしべにつけます。雄花の花びらを取り、花粉をあらわにして、絵の具の筆で花粉を取ります。そして花粉のついた筆をめしべにこすりつけます。雄花の花びらを取っったとこ [続きを読む]
  • 「あっ」
  • 僕は今農業の研修を受けているわけで。そして農業をやりたいと思ったきっかけは、いつも安全な食べ物を食べていたいと思ったから。う〜ん。「安全な食べ物」だとちょっとニュアンスが違うような。。。。人為的な操作ができる限り入っていない食べ物って言ったほうがしっくりくるかな。疑うわけではないが、世の中に出回ってるものが本当に安全かどうかなんてわかったものではない。だからこそ、自分で作るのが一番確実だと思い、今 [続きを読む]
  • 今日の研修
  • 今日はいい天気。夏のような日差しで休憩のたびに水をがぶ飲みしてました。育苗ハウスでは、春以来つけていた温床のサーモを切りました。夜間の気温を16℃以下にしないよう設定していたんですが、もうその必要もないようです。午前中の作業、まず一つ目は、アブラムシ対策に油を散布。有機JASでも認可されてるものですのでご安心を。葉面散布の場合は必ず裏面も散布します。というか、むしろアブラムシは葉の裏面にいますので。油 [続きを読む]
  • ハンマーナイフ
  • ハンマーナイフ。なんかすごく危険な感じのする名前ですが、実はこれ、草を粉砕する農業機械です。ORECというメーカーのハンマーナイフローター。10馬力です。この機械、自走式で、手を離しても自動で草をなぎ倒して粉砕していきます。まぁ、でも時々は軌道の修正をしてやらないとダメですが。立派に育ったライ小麦をなぎ倒してガンガン進んで行きます。しっかりと固いライ小麦も細かく粉砕されてハンマーナイフの通った後(両脇の [続きを読む]
  • 本日は雨にて自習なので、つれづれに考えてみたりして
  • 今日夕方、苗を見に行ったらスイカが発芽してた。キュウリに遅れること一日。種蒔きから5日目で発芽です(^^)/そして、今日は一日朝から雨が降り続き、農作業ができない。。。。ということで一日自習でした。読みこなせずにたまってた農業本を読む時間ができた。農業系のビジネス本1冊読む。「小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円」以前読んだ著者の別の本。今回2回目の読了ですが、色々参考になりました。 [続きを読む]
  • 本日は雨にて自習なので、つれづれに考えてみたりして
  • 今日夕方、苗を見に行ったらスイカが発芽してた。キュウリに遅れること一日。種蒔きから5日目で発芽です(^^)/そして、今日は一日朝から雨が降り続き、農作業ができない。。。。ということで一日自習でした。読みこなせずにたまってた農業本を読む時間ができた。農業系のビジネス本1冊読む。「小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円」以前読んだ著者の別の本。今回2回目の読了ですが、色々参考になりました。 [続きを読む]
  • 種が発芽した?
  • 僕が今いる「自然農法国際研究開発センター」ここの研修のいいところは、各コースの実習を通じて農業のイロハを学べるだけでなく、何でも好きな物作っていいよと、研修生一人一人に小区画の畑が与えられるところだと思う。受け身に教わるだけでなく、自分で考えて作ってみて、うまくいったり失敗したり。この経験が就農後に生きてくるように思います。で、先日5/8に、自分の畑用にカボチャとキュウリとスイカの苗作りのために種を [続きを読む]
  • マメとらでの耕耘
  • 今日は、初めて行くS圃場で、マメトラでの初めての耕耘。マメトラ。年季入ってます。軽トラに積んでS圃場へ向かいます。S圃場で育てるのはキュウリとメロン。まず、土壌を酸性からアルカリ性に変える土壌改良材として「シェルフミン」を播きます。シェルフミンを播いた状態。「シェルフミン」は、苦土石灰よりも鉄分が多く含まれています。なお、鉄は光合成に関わる大事な元素で、これが不足すると光合成がうまくできず、根張りが [続きを読む]
  • トマトの鉢上げ
  • 今日は、朝まで雨が降り、午前中は曇り。午後は雲の切れ間に青空が見えるというめまぐるしい天気。昨晩ドブ〇クを漉し、ペットボトルに入れて冷蔵庫へ。今晩、冷やしたドブ〇クをいただきます。楽しみ。今日、午前中はトマトの鉢上げ。このトマト。4/25に種蒔きをし、今日5/10に鉢上げなので、だいたい播種から15日くらいが鉢上げのタイミングとなります。本には本葉1〜2枚の頃と書いてます。鉢上げするトマト苗鉢上げ前日は水をあ [続きを読む]
  • キュウリ・メロンの鉢上げ
  • 昨日と打って変わって風のない穏やかの薄曇り。農業するには最適の日ですな。朝、ハウスからキュウリとメロンの苗をJ圃場に運びます。今回鉢上げするキュウリとメロンは5/1に種まきしたもので、今日が9日なので、播種日から8日間で鉢上げということです。キュウリは、双葉が展開し、本葉が米粒くらいの状態です。メロンは、双葉が展開し、本葉がでてない状態。昨日午後作業したJ圃場の屋外育苗スペース。横に置いてある10.5cmポッ [続きを読む]
  • キュウリの播種など
  • 今日は風は強い日でしたな。ここ松本平は、普段から強い風の吹くところなんですが、今日は特にひどかった。今日午前中は、きゅうりの播種とピーマン、ナス、トマトの鉢上げ用の10.5cmポットの土入れ。育苗トレイに土を入れ、少し深めの溝を入れる。キュウリの種を一列に20粒の種を置いていく。但し、注意する点は、キュウリなど瓜科の種は全て同じように横向きに置いていくこと。こんな風に。瓜科の野菜、双葉が大きいので同じ方向 [続きを読む]
  • NPO信州そばアカデミー「実践・基礎コース」
  • 今日は、朝9時から塩尻の本部道場で、実践・基礎コースの1回目に参加してきました。受講者は23名で、そのうちアカデミーの会員が16名でした。最初、オリエンテーションということで、アカデミーの理事長赤羽先生のお話がありました。それによると、信州そばアカデミーは、2006年に設立されたそうです。当初は、自分たちだけの楽しみとして始まったそうですが、2014年にNPO法人になってからは、そばを通して地域貢献をするという方向 [続きを読む]
  • 連休中のあれこれ
  • 久しぶりにブログ書きます。みなさんは良い休日をお過ごしでしょうか?僕はというと、3日に塩尻の本部道場でソバ打ちを習い、4日は、安曇野にあるお蕎麦屋さんにお蕎麦を食べに行きました。自家栽培の自家製粉のおそば屋さん。僕のやりたい農の形です。お店は観光地でもある安曇野らしく、マシンカットのログハウスです。斉藤農園あぐりす十割そばとかき揚げこのお店もそうですが、手打ちにこだわる「信州そば切りの店」は長野県に [続きを読む]
  • メロンの直まき
  • こんばんは。へなちょこおやじです。今日はC圃場にてメロンの直まきです。メロンというと苗を大事に育てて大きくなったら畑に定植ってイメージがありますが。。。今回のは、メロンを収穫するのが目的ではなく、別の圃場にあるメロンのめしべに受粉させる父親役のメロンの栽培なのであえてきびしい環境で育てます。生ぬるい環境だとみんなおんなじに育ってどれが強いんだかわかりません。きびしい環境の中で、育ちの良い、強い株を [続きを読む]
  • 鉢上げ
  • いやはや農業研修の門を叩いて、はや1ヶ月が過ぎてしまった。8ヶ月の研修の1/8が過ぎてしまったわけですが、ほんの少しくらいは農業のことがわかってきてるのだろうか?僕は。ちょっと不安なへなちょこおやじでございます。それはさておき、一昨日の土曜日には、歓迎バーベキュー大会なぞしていただたりして、本当に感謝感謝です。そして昨日の日曜日は、2回目のそば打ち講習に行ってまいりました。今回は、塩尻にある本部道場です [続きを読む]
  • レタスの定植
  • みなさま、こんばんは。へなちょこおやじでございます。本日午前中はレタスの定植をやりました。4/1に種を播き、ハウスですくすく育って1ヶ月。やっと畑デビューです。まずやることは「どぶ浸け」です。育苗トレーごと水にズブズブと浸けちゃいます。いち、にー、さん、しー、ゆっくり数えて5〜6秒浸けます。その後定植場所のC圃場に移動し植え穴を掘ります。昨日土壌改良材で印を付けたところを三角ホーで軽く掘ります。穴を掘っ [続きを読む]
  • レタスの定植準備など
  • 今日はなんだか肌寒い。暑くなったり寒くなったり。この時期は気温の変化が激しすぎます。皆様お風邪など召しませぬようご自愛くださいませ。ということで、だいぶレタスも大きくなって参りました。明日は定植です。草生栽培のC圃場に定植します。先日は、Ⅰ型ぼかしを定植予定の場所にばらまき除草をかねて軽くすき込みをした。で、今日は定植する位置に土壌改良材をパラパラと置いて目印をつけます。これを使いました。まぁ、別 [続きを読む]
  • メロンの定植など
  • こんばんは。へなちょこおやじです。ちょっとショッキングな出来事が。先ほど自分の圃場から帰ってきたんですが、すくすく育っていた僕の小松菜が、そしてこの間みんなで定植したキャベツが、霜にやられてほぼ全滅状態になってました(T_T)小松菜ちゃんの大部分が黄色く変色キャベツも一部を除き、本葉が黄色くぼろぼろにううっ(T_T)自然を甘くみてはいけないですね。ということで、気分を変えて。。本日午前中、Q圃場にてメロンの [続きを読む]
  • そば道場
  • こんばんは。へなちょこおやじです。土曜日が休日だったのでちょっと農業から離れて、松本市街にあるそば打ち道場に行ってきました。実は僕、去年の12月に山梨県北杜市にあるおそば屋さんでそば打ちを体験してまして。。。。それまでそば打ちにそれほど興味があったわけではなかったんですが新聞の折り込みに 「年越しそばを自分で作りませんか」みたいなチラシが入っており、そのフレーズに惹かれて申し込んだんです。そしたらそ [続きを読む]
  • キャベツの定植など
  • こんばんは。へなちょこおやじです。いきなりですが、水稲って成長が早いですね。種まきして6日でこんな感じです。今朝(4/21)の様子さて本日、午前中はC圃場にてレタスの定植準備です。まず、レタスを定植する畝にⅠ型ぼかしを上からふりかけます。Ⅰ型ぼかしは、米ぬかと籾殻、そしてEM培養液だけでできています。栄養という点では、肥料というよりは堆肥にあたります。完熟堆肥ではなく、もうちょっとで完熟するかなくらいの堆 [続きを読む]
  • 稲の浸種など
  • 一昨日時間切れで書けなかった稲の話。塩水選をして沈んだ種籾をよーく洗って塩を落とします。洗い終わったら脱水機にかけて脱水します。その後に浸種という行程になります。ここでは12℃の水に6日間つけます。その際、種籾には酸素を供給します。いわば、熱帯魚の水槽でポンプで酸素を供給するような感じです。こんな感じ。12℃×6日間が終わったら、32℃のぬるま湯に浸けます。冷たい水からいきなりぬるま湯に入れられて種籾もび [続きを読む]
  • トウモロコシの脱穀
  • 今日は寒かった〜冷えるとトイレに行く回数が増えるへなちょこおやじです(^^;)今日は、自農セの自家採種素材であるモチットコーンの脱穀をやりました。天井に吊して乾燥したモチットコーンこれを下におろして1本ずつ手で粒を外していきます。こんな感じで。午前中は冷たい風が吹きすさぶ中でやってたので寒かった〜。でも、午後は倉庫の中で、しかもストーブまで入れてもらって、ぬくぬくとやらせてもらいました。コーンの果実に [続きを読む]
  • 稲の種籾の湯温消毒など
  • どうも。へなちょこおやじです。本日、午前中は、全チーム合同研修です。先日、水稲の種籾の床土入れと播種をやりましたが、今回は、その流れに逆行するかのように種籾の湯温消毒と塩水選です。本来、稲の苗作りは、種籾の塩水選→湯温消毒→浸種→催芽→床土に播種という流れで行われますが、予備の分をもう一度播くということで最初からやります。で、通常、本やネットでは、塩水選をしてから湯温消毒となっておりますが、自農セ [続きを読む]
  • メロンの定植準備など
  • こんばんは。へなちょこおやじです。本日は、Q圃場にてメロンの定植前の作業をやりました。指導教官は、Tさんです。Q圃場はこんな感じです。緑色の草はライ小麦だそうです。ライ麦ではありません。ライ小麦です。ロシアや北欧の国々では気温が低すぎてライ麦しかできない。どうしても小麦が作りたかった彼らは、小麦とライ麦を掛け合わせたら寒さに強い小麦が出来るんじゃないかと考えた。皮肉なことにできたものは、寒さには強い [続きを読む]