おもちせんせい さん プロフィール

  •  
おもちせんせいさん: 動物看護士のペットと健康でハッピーなくらし
ハンドル名おもちせんせい さん
ブログタイトル動物看護士のペットと健康でハッピーなくらし
ブログURLhttp://omochi-fly-hara.hatenablog.com/
サイト紹介文動物病院でのエピソード、ペットや動物との正しい暮らし方を紹介していきます。
自由文動物看護士おもちせんせいです。動物病院をはじめ、様々な動物業界で仕事をしていました。その経験を活かし、職場でのエピソードやペットや動物との正しい暮らし方を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 45日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/10 19:16

おもちせんせい さんのブログ記事

  • コザクラインコのこはる:いたずら覚えたよ!
  • 生後2か月、うちにきて一月半。少し前まで赤ちゃんで、寝てばかりいたこはるですが、最近はとうとう「いたずら」を覚えました。インコのいたずら・・・それは、かじることです!!インコを飼っている方ならみなさんやられているのでは・・・。こちらは、不器用勝負では負けない自信のある飼い主が、こはるのためにDIY(100均で)したものです。この中のものは、好き放題噛んでよし!ということにしています。この時は、おちょこの [続きを読む]
  • コザクラインコ:こはるの新居
  • 4月になり、こはるも大きくなったのでケージを与えることにしました。これから、数年暮らすケージ。ます、大きさがわからない!色々調べたのですが、35各はあった方が良いこと、四角い形がいいことしかわかりませんでした。私がひとつこだわりたいのは、軽くてシンプルで掃除がしやすいこと!セキセイ兄妹は10年前のビジョンを使っていますが、重い、解体不可能、デザインはいいけど使い勝手が悪かったんです(個人的な意見です [続きを読む]
  • セキセイインコとコザクラインコペレット切り替え奮闘気:後編
  • 3か目からの様子ペレット生活が始まって3日目。こはるは仕方なくぽつぽつ食べ、セキセイ兄弟は餌箱を覗いてはがっかりの日々・・・。こはるはどうにかいけそうですが、セキセイ兄弟は無理かもしれない、そう思い始めてきました。毎日、色々情報を集めました。このペレットは食べるけど、この種類は食べない。そういう情報も聞いて、さっそくほかのペレットも注文しました。私が注文したペレットは、キクスイズプリーグ黒瀬ラウディ [続きを読む]
  • 動物看護士24時
  • 今日は、動物病院で看護士として働くことについてお話しします。最初に言っておきたいのは、これはあくまでも私が働いていた現場のお話であり、全ての動物病院がそうであるというわけではないということをご了承ください。動物看護士の資格動物看護士に人間のような資格は基本的に必要ありません。あればいいかなくらいなものです。実際は現場によって異なりますし、自分で飼育経験のある動物のほうが、実践では役に立ちます。です [続きを読む]
  • ニワトリが作った仲間の輪:にわとりってこんなになつく!後編
  • コッコのおうちです。外敵から身を守れるよう、溶接でがっちり作ってあります。ちなみに、このあと日光浴や砂浴びができるよう、バルコニーを作りました。トンビなどに襲われないよう、しっかり屋根に網をはりました。うちのにわとりさんこのころから私は、あるブログに通うようになりました。それは、同じようにひよこを保護した方がペットとしてにわとりを飼っているという内容のブログです。このブログを見つけたときは、目から [続きを読む]
  • にわとりが作った仲間の輪:にわとりってこんなになつく!前編
  • ニワトリってペットにできるの?時々ペットショップでチャボやひよこを見かけることがあります。そして、大分減ってはきましたが、縁日などでひよこ釣りがあります。そのような様々な環境で出回っているひよこですが、ひよこは2週間ほどでにわとりになります。にわとりはもともと家畜とされてきた生き物です。今も卵や鶏肉の用途で飼育されることが多いです。なかには、コレクターや各種ショーなどの目的でにわとりを飼育してい [続きを読む]
  • 悲しい事件から:ゴールデンレトリバーって危険なの?
  • この写真は、うちで飼っていたゴールデンレトリバーのゴー君です。もう天国へ旅立ちましたが、父親がご主人様なため、一生懸命ご機嫌をとっていました。大きな体に反し、ハートは小さくにわとりのコッコとヘビと雷が大の苦手でした。コッコはゴー君が大好きだったのですが・・・。なにかあると、すぐに飼い主の後ろに隠れてしまう・・・。体格的にまったく隠れていませんが。ゴー君は、家族と一緒に行くキャンプが大好きなわんこ [続きを読む]
  • ハムスターを飼う前に読んでください
  • ハムスター。小さくてとってもかわいいですよね。私も飼育経験があります。この子を始め、7匹飼育した。6匹はジャンガリアンで、1匹はゴールデンです。ハムスターは何といっても生態代が安いことが特徴です。簡単に買えるから簡単に買えるから、衝動買いしてしまったりペットが欲しいという子供に買い与えたりする方が多いように思います。ただ、飼う前に知っておいてほしいことがあります。それは、ハムスターの飼育は費用や手 [続きを読む]
  • いたずらこはる
  • コザクラインコのこはる3月8日にうちに来た小春ですが、まだ一カ月も経っていませんがみるみる成長しています。2月生まれなので、現在生後1か月半といったところでしょうか。心配していた挿うし餌も無事卒業して、ほっとしています。小春は、人間の髪の毛が好きで髪の毛の中にもぐりこんでなにやらごそごそしています。体重は53gくらい。まぁまぁ平均です。めちゃくちゃ可愛くて、毎日メロメロです。しかし、ここのところ法事で忙 [続きを読む]
  • 身勝手な飼い主:末期がんのセントバーナード
  • 始めに私事ですが、祖父の葬儀が無事終わりました。とは言え、まだまだばたばたしているのが現状です。小春も懐かせるために大切な時期なので、長時間放置で申し訳ないです。空いた時間は小春をあやしているので、なんとも時間が取れない日々です。今日の話は・・・今日は、動物病院で勤務していた時に出会った「身勝手な飼い主」さんのお話をしようかと思います。実は、結構身勝手な飼い主さんが多いのが現状です。大切な家族です [続きを読む]
  • いたずらランとおばあちゃんの友情物語
  • 本日、2017年3月26日、私の母方の祖父が亡くなりました。96歳でした。突然死というわけではなく、順を追っての老衰というところでしょうか。入院してからも何度か会いに行っていたので、衝撃的というわけではありません。やんちゃなオス猫「ラン」!私が小学生の時、母がもらってきた猫がいました。名前をランといいます。ランはシャム系のミックスで、昔なので家と外を自由に行き来していました。ランがいない日もしばしば・・ [続きを読む]
  • すくすくこはる!
  • すくすく成長どうも、こはるです!こんなに大きくなりました!体重は50グラムから53グラム。ちょっと大きめです。こはるは、あまり赤くならないのかしら…?!クリッピング相変わらず甘えん坊。でも呼んでも来ません。態度もでかい。一昨日、くりっぴんぐをしました。こはるはまだ飛んだことがないので、少しバランスを崩すくらいで元気です。挿し餌もうすっかり止まり木に止まることができます。足のちからも羽のちからも強くなり [続きを読む]
  • 鳥を飼いたいと思っている方へ
  • 現在、犬や猫に続き、「鳥」をペットにお迎えする方が増えています。先日こはるをお迎えしたペットショップでもインコは人気があり、オカメインコに関しては毎週入荷してもその週にはすべて売れてしまうとのこと。オカメインコ、可愛いですよね。しかし、その一方で飼いきれない飼い主も多いのが現状です。それはなぜか。犬猫より生態代が安いので気軽に購入できてしまう意外と費用や手間暇がかかる寿命が長い鳴き声がうるさいと [続きを読む]
  • 3.11時 うちのペットたちは・・・
  • 震災で被災したとき、私のもとにいたには、インコ4羽・にわとり、金魚です。被災したペット金魚はお祭り金魚です。釣ったものを飼いきれないとのことで、8匹押し付けられ、2匹が生き残りました。20センチくらいの大きさで、とても大きくなりました。インコたち。このなかの白い子は、震災前になくなってしまいました。手前の緑色が母親のピーちゃん、右奥の黄色が父親のキーよ。真ん中の白い子が第一子のミーよ。中央右奥がクラ [続きを読む]
  • ニューフェイス コザクラハインコの小春(こはる)
  • 前回も少し紹介しましたが、2017年3月8日、我が家にニューフェイスがやってきました!コザクハインコの小春(こはる)です。この写真は我が家に迎えた当日。帰宅したのが夜だったので、この一枚しかとれませんでした。ルチノーの子をお迎えしました。まだ筆毛がいっぱい!くちばしが大きい!コザクラは始めてなので、緊張しています。保温に気を配っています。こはるのご飯は、ふやかした粟だまに鳥用のミルクをまぜた流動食。毎日 [続きを読む]
  • 被災地 茨城県より被災時の迷子犬
  • 私が茨城県で被災したとき今日は3月11日。東日本大震災が起こった忘れられない日ですね。私も茨城県で被災しました。私は営業先から職場に帰る際の車内で被災しました。車が横転するのではないかと思うほどの激しい横揺れだったのを覚えています。迷子の犬震災からの自宅までの帰り道は、とても過酷な物でした。地盤は歪み、道路のあちこちから水が噴き出し、まるで海のような洪水。周りの空気は恐怖で混乱で満ち溢れていました [続きを読む]
  • 熱湯をかけられた猫、シロの奮闘記 その2
  • シロの闘病生活シロの治療は点滴による水分補給、酸素濃度の濃い部屋と徹底された温度管理での生活。抗生物質の投与、そして軟膏処置です。シロの火傷の範囲は全体と広く、軟膏処置には2人がかりで行う大変な処置でした。包帯とり、消毒との添付、そして再び包帯を巻く。一回につき1時間はかかる大掛かりなものでした。食欲もないため、高栄養の流動食を毎日強制給餌しなくてはなりません。シロにしたらとても辛い治療でしょう [続きを読む]
  • 家族が増えました!
  • 昨日、3月8日に新しい家族が増えました。小桜インコちゃんです!ルチノーの子です!!生後1か月程です。小桜インコを飼うのは初めてなので、緊張しています。今はまだヒナなので、保温と給餌に気を付けています。エサは1日3回4時間おき!ひよこ電球を飼ったのですが、まだケージデビューしていない子にとっては暑すぎたようで、はぁはぁいってしまったため、今はパネル型のペットヒーターを下に敷き、カイロを入れて、キャリー用 [続きを読む]