『子宮内膜症かもね�・。』 さん プロフィール

  •  
『子宮内膜症かもね�・。』さん: 『子宮内膜症かもね�・。』
ハンドル名『子宮内膜症かもね�・。』 さん
ブログタイトル『子宮内膜症かもね�・。』
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sa_kop
サイト紹介文2015年1月、強烈な月経痛から始まり、『子宮内膜症』『卵巣嚢腫(チョコ)』と診断される。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 29日(平均3.6回/週) - 参加 2017/03/10 22:02

『子宮内膜症かもね�・。』 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 入院しました。
  • 今、病室から更新です。昨日10:00に受付だったので、9:40頃に病院に来ました。説明のオンパレードでした。いやー、しかし肩凝りやばし。多分緊張からきてるのもあるかな…今日は15時頃〜夕方に手術始まります。後は術後の更新かなぁ〜…いよいよです。怖いけど、ヘッチャラな気分で挑みます!ダイジョブダイジョブ〜 [続きを読む]
  • リュープリン3回目〜4回目〜現在。
  • 2月22日に3回目、3月22日に4回目のリュープリンを打って来ました。3月22日には、いよいよ4月7日に手術と言う事で、母親と手術の説明を聞いて来ました。その前に手術前の検査があり、午前中は採血、採尿、胸のレントゲン、肺活量のチェック、心電図、歯科検診がありました。午後から母親も病院に到着し、担当医と初対面でした。この時、採血の結果も教えられたのですが…肝機能の数値が少し高めとの事。AST          41ALT [続きを読む]
  • 仕事。
  • 話しは少し戻り…。前にも書いた通り、2016年12月いっぱいで退職をした。8時〜17時の仕事だったので、深夜〜朝に痛むと、とてもじゃないけどツラかった。私は多分、普通の人より睡眠時間が長くないとダメ。そして、低血圧だったせいか、朝が弱い。なかなか体が動かないし、目が覚めて〜布団から出るまで時間がかかる。もともとそんな体質だったので、そこに夜中の痛みが加わると、より一層朝が弱くなる…。これから仕事はどうしよ [続きを読む]
  • 快適!
  • あんなに不安だったリュープリンだったけど、快適である。・・・。いや、快適、と言ったら嘘になるかも?そりゃー、ちょっとは副作用はある。ホットフラッシュ、発汗、頭痛、睡眠不足、動悸、車酔い船酔いの様な感覚、太る、倦怠感、抜け毛、手のしびれ、血圧上昇(上下共+20くらい)、肩凝り等。毎日あるのは、ホットフラッシュと発汗。なんだか気持ち悪いなぁと感じる時は血圧が上がっている(特に下。)普段は少し低血圧気味で、10 [続きを読む]
  • リュープリン2回目〜【※閲覧注意※】卵巣嚢腫MRI画像あり
  • 1月25日。2回目のリュープリン。診察室に呼ばれる。                     ※プリントアウトして貰い、二つに折った為、折れ線(横)が入ってます。Dr.:『前回のMRIです。全体で5.5?くらいで、5つくらいの部屋に分かれてる感じですね。子宮に癒着しているかと思われます。予定通り4月に手術しましょう。どうですか、痛みの方は。前回の痛み止め使ってみました?』私:『のたうち回るほど痛い日が数回あって、 [続きを読む]
  • リュープリン1回目〜超激痛襲来。
  • リュープリンの投与は生理中に行うそう。前回の記事と少しかぶるけど、12/27の受診で1回目のリュープリンの注射をした。この日の朝に生理がきて、本当にギリギリセーフと言う感じだった。それから、少し前の話しになってしまうけど、12月中旬頃に職場へ行き、12月いっぱいで退職と言う形をとった。ちょうど良かった。8月から3ヶ月ほど働いたが、不満が多い会社だった。プチブラック的な感じ。なので、いつかは辞めてやると思ってい [続きを読む]
  • 恐怖のリュープリン。
  • こうなるとリュープリンの事しか考えられない。『どうしよう? 不安…』友達に相談する。『やってみないとわかんないんじゃないの? 個人差あるんでしょ?』彼氏に相談する。『えー…。』母親に相談する。『ふ〜ん。』こんな時のための某サイト。医者に相談だ。『リュープリンの副作用が不安。リュープリンではなく、ピルではダメなのか?』ほとんどの医者が、『それは難しい』と。ピルも色々な種類のピルがあるようで、その中か [続きを読む]
  • 安心感。
  • いざ、T病院婦人科へ。どんなに待たされてもいいと、覚悟してきた。でも思ったほど混んでいなかった。何故かは解らない。でも待たされた。何分待ったか、看護師さんに呼ばれた。今までの経過を聞かれた。とても厄介で面倒な説明になってしまった。ポイントは、①約一年前の生理痛〜市民病院MRI〜経過観察②S病院泌尿器科〜M消化器内科〜N婦人科〜市民病院〜                   〜市民病院MRIキャンセ [続きを読む]
  • 新たな良い病院を求めて。
  • 2016年11月29日の市民病院の診察の日の後、風邪を引いた。38.5℃くらいまで上がった。2〜3日ゆっくり過ごし、市民病院の日から1週間後の12月6日、M消化器内科へ行く。実はネットで子宮内膜症治療の評判の良い病院を調べまくった。その結果、T病院(総合病院)の情報を沢山見つけた。もうここしかないと思った。早速T病院に紹介状を書いて貰おうと思い、M消化器内科に行ったのだ。(M消化器にCTの画像等のデータがある為)担当医 [続きを読む]
  • 呆れた。
  • S皮膚科泌尿器科に行った日から4日後。やっと市民病院の予約の日。相変わらず混んでいる。予約なのに呼ばれるまで絶対1時間以上はかかる。この日もそうだった。やっと呼ばれ、診察室に入る。『こんにちは、よろしくお願いします。』椅子に座る。医者は何も言わずモニターを見ている。・・・。Dr.:『…ふ〜ん。』N婦人科からの紹介状を読み、前回のデータ(エコーやMRI等)を見ながら、Dr.:『今は痛くない?』私:『はい。深夜痛 [続きを読む]
  • 診断書を求めて。
  • ほぼ毎日痛いのは変わらなかった。しかし、N婦人科で書いて貰った診断書の期限が過ぎた。そうなると病休扱いにならず、傷病手当も貰えなくなる。会社から、『休むのであれば診断書を書いて貰ってください。』N婦人科へ。しかし…『個人病院だと、これ以上は診断書書けないんです。』『わかりました。』診察室から出て、トイレに行った時、アナウンスが流れた。『〇〇番の方、もう一度診察室へお戻りください。』なんだろうと思い [続きを読む]
  • 初体験!大腸内視鏡検査の巻②
  • 『ごめんなさいね、今先生来るからね。』年配の看護師さんがそう言うと、注射してくれた看護師さんが戻って来た。『ごめんなさい、今先生来ましたから!』続いて担当医が来た。『ちょっとドキドキしました? さっきした注射のせいだと思います。そうゆう副作用みたいなのが出たりする注射なので、大丈夫ですよ。』と脈を測りながら話してくれた。不思議と安心する。『ではカメラを入れて診ていきますよ〜。』肛門から内視鏡が入っ [続きを読む]
  • 初体験!大腸内視鏡検査の巻①
  • 今までに、胃カメラは何度か経験している。胃カメラも大腸内視鏡も経験のある知り合いに訊いたら、胃カメラの方が断然余裕だと。半信半疑だった。大腸内視鏡検査の日は、7:30までに病院に来てと言われたので、余裕をもってM消化器内科へ向かう。次男の学校送り出しは母親に頼んだ。病院に着き、受付をして下剤を時間かけて飲んでいく。確かモビプレップと言う下剤。私の他に、年配(70〜80台)の男女3名(男1、女2)が待機室の様な部 [続きを読む]
  • 痛みに耐える日々。
  • とにかく毎日、ほぼ深夜〜午前中の4時間前後が痛みが酷かった。それ以外はほとんど痛くなかった。これでは仕事は本当に出来なかった。周りから見たら、ただのズル休みにしか見えなかっただろう。しかし、みんなが寝ている時間、私は激痛と闘っていた。『昨夜も酷かった。』『昨夜は今までで一番酷かった。』毎日のように、朝起きてから家族の前でそう言うと、『いつもそんなに痛いの?』と疑いの目で母親。そうとしか見えないのだ [続きを読む]
  • 病休の始まり。
  • 2016年11月10日、日付が変わった頃。激痛の波。のたうち回る。朝まで続き、また仕事を休む。すぐにN婦人科へ。私:『昨夜、激痛に襲われて…痛み止めが効かなくなってきてて、仕事もしんどいんです。』Dr.:『診断書出すから、仕事休んでください。それから市民病院に紹介状書きます。痛みが酷い事、強く言ってください。そうしないと市民病院は手術しないと思うので。それから、市民病院に行く日までにまた酷い痛みに襲われたら、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …