ちゃむ さん プロフィール

  •  
ちゃむさん: 乳幼児のための楽しく学ぶ教室
ハンドル名ちゃむ さん
ブログタイトル乳幼児のための楽しく学ぶ教室
ブログURLhttps://www.charmpoint-lab.com
サイト紹介文子どもが楽しく学ぶコツを紹介しています! 時々、子育てや夫婦関係の話題も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 52日(平均7.1回/週) - 参加 2017/03/10 23:16

ちゃむ さんのブログ記事

  • 【子育て】子どもの成長と向き合う
  • 今春、小学生になった長男。 まだまだ甘えん坊な子ですが、最近、”お兄ちゃんになってきたな”と思うような行動をみせるようになってきました。 たとえば、私と別れた後の行動です。 長男は、集団登校をしているのですが、しばらくの間息子が歩いている列を見守っていると... 私のことを見つけると、周りに気づかれないように”こっそり”手を振るようになりました。 [続きを読む]
  • 【知育】パパも楽しめる!? 絵本育児
  • 最近では、父親(パパ)の育児に関する話題をよく耳にします。 研究でも、「パパがどんな育児に関わっているか」といった調査が行われています。 たとえば、75%ほどのパパが「お風呂」や「外遊び」をしていることがわかっています。 外遊びではありませんが、絵本もパパが読むとお子さんは喜ぶと思います。 わが家も、時間がある時はパパが担当します。 [続きを読む]
  • 【知育】ぬり絵はよくない?ぬり絵への否定的な意見
  • 私の子ども時代から変わらずある遊びの「ぬり絵」。 ぬり絵に関しては、”否定的な考え”を持っている方もいます。 ”ぬり絵は、画一的な作業であり、子どもの創造性を欠くから”というのが、否定的な考えを生む理由の1つです。 確かに、すでにデザインされているものをぬるというぬり絵は、真っ白なキャンパスに”絵を描く”ことに比べて、創造性は磨かれないのかもしれ [続きを読む]
  • 【知育】「できる」体験を重ねる!
  • 何でもそうですが、人は「できる」と楽しくなります。 勉強も例外ではありません。 「できる」と楽しくなり、楽しいからやるため、ますます「できる」ようになっていきます。 ですから、まずは「できる」という体験を少しずつ重ねていくことが大切なのです。 そうはいっても、できるようになるまでに時間が必要な子もいます。 時間がかかるため、多くの子(親 [続きを読む]
  • 【知育】選んではいけない!?絵本選びのこと
  • 「どんな絵本を読んだらいいか?」 真面目なママほど悩むと思います。 赤ちゃんの成長によって、視覚的に見やすいもの、繰り返しの多いもの、なじみのあるテーマのものなどが推奨されています。 私もこのことについては、過去記事で書いています。 「古くからある絵本がよい」という意見も見かけます。 10年以上前に発表された絵本から選ぶとよい、などと書かれているのも [続きを読む]
  • 【知育】絵本は「○○の栄養」!?
  • 世の中には「子どもの力になる!」 と言われる「遊び」がたくさんあります。 積み木、トランプ、迷路... 数えたらきりがありません。 その中で、「絵本」については、否定的な意見を聞いたことはありません。 絵本は「心の栄養」とも言われ、子どもの心を育てるといいます。 私自身もそう感じます。 絵本を読むことで、いろんな世界が経験でき、いろん [続きを読む]
  • 子どもは自分をどう捉えているのか?
  • 日本人は「自分は価値ある人間だ」と思っている人が少ないと言われています。 話は少しずれますが、私はこれまでさまざまな親子にお会いしてきました。 中でも印象に残っているのは、お母さん・お父さんが「お子さんの力を信じて応援している」親子です。 お母さんは、お子さんの得意なことを大切にし、育児をされていました。 お子さんの力を信じ、応援されている姿が [続きを読む]
  • オスの子ザルも車のおもちゃを好むのか?
  • お子さんはどんなおもちゃがすきですか? 一般的に、男の子は電車や車、女の子は、ぬいぐるみや人形を好むといわれます。 そして、これはヒトに限ったことではありません。 『子ザル』の場合も、オスとメスでおもちゃの好みに差があることが報告されており、オスの子ザルは車のおもちゃ、メスの子ザルはぬいぐるみで遊ぶことが多いそうです。 このことから、おもちゃの好みは [続きを読む]
  • 子どもが集中できる環境とは?その2
  • 今日も「子どもが集中できる環境」について書きます。 集中できる環境ということでは「部屋(机)を整える」ことも意識しています。 ゴチャゴチャしている部屋(机)よりもスッキリした部屋の方が集中できるからです。 色々な物が目の前にあると、そこに注意が奪われやすくなります。 ですので、子どもに集中してほしいなら、部屋をスッキリ整えることも大切です。 [続きを読む]
  • 子どもが集中できる環境づくり
  • 今日は「子どもが集中できる環境」について書きます。 私が気をつけていることの1つが「音」です。 特に、子どもは、いくつもの「音」があると気が散りやすいと言われています。 もしお子さんが、本に集中できない時には「音」を見直してみましょう。 テレビはついていませんか? 窓の外から大きな音が聞こえていませんか? わが家の場合は、特別に見たい番組がある時 [続きを読む]
  • ママの睡眠時間はどのくらい減るのか?
  • 私がこれまでの育児で辛かったと思うのは、赤ちゃん時期の「寝不足」です。 特に、冬の深夜の授乳や抱っこ、オムツ替えはきつかったです... 今日は、養育者の睡眠に関するデータをご紹介します。 ”生後1年までの赤ちゃんを育てる人は、睡眠時間が最大で700時間は減る”と言われています。 眠りが妨げられると人は「落ち着き」や「判断力」を失うと言われます。 [続きを読む]
  • 家でわがままなのは○○の証拠 !?
  • 今日は私がスクールカウンセラーをして感じたことを書きます。 学校でのお子さんの頑張りをお母さんにお伝えすると「家ではわがままで困るんですけど...」「家ではなかなか言うことをきかなくて...」といわれることがよくありました。 もちろん、そのような状態での育児は大変です。 でも、お母さんやお父さんが側にいない外の世界では頑張れるけど、お母さんやお父さんにはかっこ悪い自分も [続きを読む]
  • わが子の匂い
  • 今日は、母子に関する研究をご紹介します。 9割のお母さん(出産後4〜5日)が「他の子どもの匂いと自分の子どもの匂いを見分けることができた」と報告されています。 (※10分〜60分赤ちゃんに接している場合) 私はこの時期、緊張と興奮で匂いについては全く意識していませんでした:汗 この時期の記憶にあるのは、服を着せるのも母乳をあげるのも慣れてなくてワタワタしていた [続きを読む]
  • 楽しい!を大事にしたい:ラキュー
  • 息子たちはLaQが大好きです。 「LaQ」に関する参考ページ LaQの紹介ページ 先日はカメレオンを作っていました。 舌が動いたり、目が飛び出たり、これまでで1番の大作です。 息子がLaQに向かう姿はまるで職人:笑 「楽しくて作っている」というのが伝わってくるので、私まで幸せな気持ちになります。 なぜ私が息子の楽しむ様子にここまで感動するか.. [続きを読む]
  • 親が子どもをかわいいと思う時
  • 今日は「子どものかわいさ」に関する研究をシェアします。 妊娠初期から出産4か月までの場面で、わが子を「とてもかわいい」と回答した割合です(大日向,1988) 最も高かったのは「赤ちゃんが笑っている時」「赤ちゃんが声を出してごきげんの時」でした。 私も、子どもの笑顔を見ると思わず笑顔になってしまいます ^^ また、子どもが何かに集中している時もかわいいなと思 [続きを読む]
  • 地図を見てワクワクする子になる!?
  • 私が「地図」について最初に学んだ記憶があるのは小学生の頃です。 いわゆる「勉強」として学んだので、楽しかった記憶がありません。。 「子どもの頃、この絵本を読んでいたら地図(社会)が好きだったな」と思う本があります。 この本の中には、山の高さに関する比較があリます。 息子から「8848mってどのくらい?」「エベレストよりもキリマンジャロの [続きを読む]
  • 親子の会話は子どもの性別によって変わる!?親子の会話は
  • 今日は、博物館を舞台にした研究をご紹介します。 その研究では、展示物の前にいる『親子の会話』を録音しています。 (対象は、5歳前後) そしてそこでの親子の会話をある観点から分析しました。 その観点とは『展示物に対して科学レベルの高い話がどの位含まれているか』というものです。 結果は、【男の子だけ:41%、女の子だけ:12%】 親は女の子よりも男 [続きを読む]
  • 結婚満足度に影響するもの
  • 心理学の分野では『サポート』をいくつかの種類にわけて考えます。 その中の1つが『情緒的サポート』とよばれるものです。 情緒的サポートとは、共感や信頼など情緒面におけるサポートのことです。 そんな情緒的サポートですが、夫婦関係についても研究されています。 ある研究(末盛,1999)によると、夫から妻への『情緒的なサポート』は『結婚満足度』に影響すると [続きを読む]
  • 「なんのために」がわかっていたら勉強がすきだった?
  • 私は今でこそ「楽しく学ぶ」をテーマに活動していますが、子どもの頃は勉強を一生懸命やった記憶がありません。 「これを学んで何になるんだろう...」といつも思っていました。 もし子ども時代 ”なんのために勉強するのか"を納得していたら、違った人生を歩んでいたと思います。 なぜなら、私は理由がわかることでエンジンがかかるタイプだからです。 実は、長男も理由がわ [続きを読む]
  • 「ママ」特有の睡眠とは?
  • 今日は、子育て中の睡眠のことを書きます。 一般的には子どもが産まれると睡眠時間は減少します。 それに加えて起こるのが、いつ起こされるかわからなくなることです。 子どもの様子によって、次の起床が1時間後だったり5時間後だったり...なかなか予想がつかない場合も多いのではないでしょうか。 ある研究によると、7時に起きることがわかっている時は、その1時間ほ [続きを読む]
  • 一人前の母親になれた
  • 今日は母親を対象とした研究(山口,1997)をご紹介します。 『あなたは一人前の母親になったと思いますか』 この質問に対して『はい』と答えた人が非常に少ないことがわかりました。 正直なところ、私自身もこの質問をされたら『はい』と言い切れません... ^^; でも、6年前の自分よりはだいぶ成長できたかなと思います:笑 お役立ち記事が [続きを読む]