ちゃむ さん プロフィール

  •  
ちゃむさん: 乳幼児のための楽しく学ぶ教室
ハンドル名ちゃむ さん
ブログタイトル乳幼児のための楽しく学ぶ教室
ブログURLhttps://www.charmpoint-lab.com
サイト紹介文子どもが楽しく学ぶコツを紹介しています! 時々、子育てや夫婦関係の話題も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 14日(平均14.0回/週) - 参加 2017/03/10 23:16

ちゃむ さんのブログ記事

  • ママが「いやーーー」となるのはいつ?
  • 今日は育児の研究をシェアします。 母親といえど、人間です。 子どもはかわいいけど、イヤ〜と思うこともあります。 ある研究(菅野,2008)では「何がイヤなのか」を調べています。 0か月:泣くこと 9か月;いたずら 18か月:自己主張、反抗   子どもの発達によって、困りごとが変わっています。 私も、息子の赤ちゃん時代は、泣きに対して辛いと [続きを読む]
  • ほめられた時「脳」はどうなるの?
  • 人からほめられた時、脳はどんな活動をしていると思いますか? 生理学研究所の定藤先生らの研究では「あなたは信頼できるよ」「あなたは優しいね」といったほめ言葉をいわれると「線条体(せんじょうたい)」という部分の活動が高まることが報告されました。 この線条体は「快楽」や「やる気」などに関連する部分だといわれています。 ちなみに、この線条体はお金をもらったときに [続きを読む]
  • 夫婦で違いがある!? 抱っこの秘密
  • 皆さんはどんな時にお子さんを抱っこしますか? 幼児を抱く目的について調査した研究があります。 父親と母親で明らかな差がみられたのは、以下の2つでした(ラム,1986) ・「世話」は父親よりも母親が多い ・「遊び」は母親よりも父親が多い 私自身の子育てを振り返ってみても、遊びよりも子どもが泣いてしまった時(世話)に抱くことが多かったです。 [続きを読む]
  • 久しぶりに本屋さんで買った本は?
  • 今日は、息子たちと本屋さんに行きました。 最近は図書館ばかり利用していたので久しぶりでした。 図書館の場合は人気のある本は「貸し出し中」が多いので、初めて目にした本も多くありました。 また、新刊もあったりして新鮮でした! やはり、本屋さんもいいですね! どんな本を買ったかというと... 恐竜大好きな次男は ↓↓↓↓↓↓↓ この [続きを読む]
  • 夫が悩みを話してくれない理由
  • 今日は夫婦の話をします。 みなさんは悩んでいる時どうしていますか? じっくり一人で考えたいですか。 それとも誰かに話したいですか。 あくまでも一般的な傾向ですが... 男性は人に悩みを話したがらず、女性は人に悩みをきいてほしいという傾向があると言われています。 男性が悩みを一人で抱えこんでしまいがちなのは「悩みを話すこと=男らしくない」と捉えて [続きを読む]
  • 息子に言われてハッとした話
  • 時間が許す日は、息子たちが寝る前に絵本を読んでいます。 大体、1日に4冊くらいをその日の状況(気分)に合わせて選びます。 先日、キャパオーバーしてしまい、気持ちに余裕がない日がありました。 絵本を読んでいると、長男から「なんで今日はそんなに(読むスピードが)早いの?」と言われました。 さすがわが子。私の心はお見通しです:笑 絵本の読み聞か [続きを読む]
  • 子どもの生き抜く力に欠かせないもの:アクティブラーニング
  • 私は「楽しく学ぶ」ことに興味があります。 それは、おそらく、自分自身が楽しく学ぶことを知らずに育ったことを後悔しているからです。 私が学ぶことの楽しさを知ったのは、25歳で大学に再入学してからでした。 学ぶことがこんなに楽しいなんて... もう一度子ども時代に戻れたら...と何度も思いました。 だから、子どもには、学ぶことの楽しさを伝えていきたいと思っています。 [続きを読む]
  • 褒め方によって子どもの行動が変わるのか?
  • 今日は、アメリカの心理学者ドゥエック(Dweck)の研究をもとに、褒める時に大切なポイントをお話します。 どこに焦点をあてるかで「褒め方」が変わってきます。 「その子の能力・知能に焦点をあてる褒め方」 例:頭がいいね、賢いね、天才だね 「その子が達成するために使ったプロセスに焦点をあてる褒め方」 例:粘り強く頑張ったね、努力したね、積極的にチャレンジした [続きを読む]
  • 【子育て】マインドフルネスな子育て
  • 先日、パピマミさんで「マインドフルネスな子育て」について書きました。 記事:今の瞬間を大切に! “マインドフルネス”を子育てに取り入れるポイント マインドフルネスとは「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」とされています(日本マインドフルネス学会)。 マインドフルネスには、以下のようなさまざまな効果が [続きを読む]
  • 【夫婦】うまくいっていない夫婦の特徴とは?
  • 今日は「夫婦」に関する研究をご紹介します。 適応できている夫婦とそうでない夫婦では、コミュニケーションにどんな違いがあると思いますか? ハルフォード(1990)によると、うまくいっていない夫婦の目立った特徴として非言語によるネガティブなやりとりを止められないことがあげられています。 たとえば、ムスっとした顔をする、疲れた仕草をする、目を見ないなども非言 [続きを読む]
  • 【知育】楽しく学ぶために親ができること
  • 私は”楽しく学ぶ”を大切にしています。 自分の知らないことを吸収することで世界が広がったり、さまざまな視点から物事が見れるようになったりするなど、学ぶことは本来楽しいことなのです。 でも、多くの子は学ぶことに苦手意識があります。 私も子どもの頃はそうでした。 「国語」と聞くだけで「つまらない」と思い、算数と聞くだけで「わからない」と思っていました [続きを読む]
  • ひらがなを学ぶ
  • わが家で愛用したひらがな表、カタカナ表、ABC表を紹介します。 数ある品物の中でこのシリーズを選んだ理由は「シンプル」なこと。 キャラクターの表もありましたが、「ことば」に注意が向きやすいシンプルなタイプを選びました。 ただ、お子さんによっては、シンプルなもの [続きを読む]
  • 絵本を選ぶ時に大切にしていること
  • 私は絵本を選ぶ時、同じ題材の本を複数選ぶことが多いです。 1冊の本を読んで『あの本にはこう書いてあったよ』と別の本を調べたり『ここにも同じことが書いてあった』と関連づける。 そうして本を通じて、自分で気づいたり考えたりすることが大切だと思っているからです。 同じ題材の本が複数あるだけで、私が何も言わなくても、息子たちは自分から調べることを楽しんでいます。 [続きを読む]
  • 【知育】子どものやる気をひきだす言葉
  • 今日は、子どもの「やる気」について書きます。 お子さんのやる気をひきだすためには、お子さんが「どんな言葉にどんな反応を示すか」を把握することが大事です。 例えば「これは難しい問題だよ」と言った時、どういう反応をしますか? 「やってみよう!」と闘志を燃やしますか? それとも... 「できない」と諦めてしまいますか? また「これはそれほど難しくない問題だ [続きを読む]
  • 【知育】時間がないお母さん
  • 今日は「家庭学習を身につけるためには、親が見てあげることが大切だとわかっていても時間が足りない」そう感じている方に向けて書きます。 他にもやることがあるし、なかなか時間が作れない時。 そんな時は「家事をしながら同時に」をおすすめしています。 たとえば、洗濯物を畳んでいるとき耳はあいています。 ですので、洗濯物を畳みながら、お子さんの音読に耳を傾け [続きを読む]
  • 塾に通うだけで安心していませんか?
  • 何度言っても宿題をやらないので、心配になって塾を入れたけど...子どもは嫌々通っているし、このままでいいの? そんな気持ちを抱えている方は多いです。 残念ながら、大半のお子さんは塾に行っただけでは、勉強ができるようにはなりません。 1週間のうち、数時間勉強しても、家庭学習をしなければ身につくことはありません。(嫌々だったらなおのことです) た [続きを読む]
  • 【夫婦】夫に言われて傷つく言葉とは?
  • 今日は夫婦のコミュニケーションについて書きます。 ご主人から言われて傷つく言葉としてよく聞くのが「うるさいな」「少し静かにして」という言葉です。 特に、真剣に話している時にこう言われたら、傷つきますよね... この言葉がきっかけとなり、ケンカが始まってしまうかもしれません。 こんな時におすすめしたいのは、なぜ「うるさい」と言われたかを冷静に振りかえることです。 [続きを読む]
  • 【夫婦】妻が求めることばとは?
  • 今日は夫婦の研究についてご紹介します。 ある研究によると、適応できている夫婦は、そうでない夫婦よりも メッセージを適切に相手に伝えること 相手のメッセージを適切に受けとること が効果的に行われているようです。 一般的には、妻(女性)は相手から「共感」や「情緒的な答え」を期待しやすい傾向にあります。 たとえば、 妻:今日、スーパーで泣い [続きを読む]
  • 【知育】スピードばかりにとらわれない!
  • 子育てをする中でこんな経験はないですか? まだ○歳なのにひらがなやカタカナが読める! まだ○歳なのに英語が話せる! つまり、子どもの学ぶスピードを喜ぶことです。 ”学ぶスピードが早い” これは親にとっては安心だし、嬉しいですよね。 私も息子が早期に学習できるとこんな気持ちになります。 ただ私は「早さ」だけに注目しないよう心がけています。 [続きを読む]