ももも さん プロフィール

  •  
もももさん: もももの婚活記録
ハンドル名ももも さん
ブログタイトルもももの婚活記録
ブログURLhttp://yomogidaifuku.blog.jp/
サイト紹介文35歳から婚活を始めて、結婚相談所で出会った男性と結婚しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 73日(平均3.4回/週) - 参加 2017/03/11 14:36

ももも さんのブログ記事

  • 結婚相談所 広中さん?決着
  • 水族館。以前広中さんとデートするならどこがいいか話し合った時、水族館や動物園も好き、という話をしたのでした。もしかして、覚えていてくれたのかな…と思わず胸がときめく私。魚が泳ぐトンネルをくぐり、中に入る。平日の夜の割にはそこそこ人がいるけれど、静かな雰囲気だった。色んな水槽をゆっくりと見て回って楽しい気分になっていると「ショーがあるみたいですよ」と広中さんが教えてくれた。早速ショーの会場を見に行っ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん?行きたいところ
  • ワンピースの上にコートを羽織り、おろしたばかりのショートブーツを履く。今日は夕食の約束で、少し早めの時間に待ち合わせだった。この日は私のリクエストで、ガレットを食べに行くことになっていた。お店は私が指定して、予約は広中さんが入れてくれた。久しぶりに会う広中さん。でも、私の気持ちはとても静かだった。この日、私は何かしらの決着をつけるつもりでいた。待ち合わせの時間の少し前に待ち合わせ場所に表れた広中さ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん?優しくなった
  • 「大変申し訳ないのですが、熱が出てしまったので、明後日の約束は無理かもしれません」広中さんからのそのメッセージを見て、心配になって、その後少しだけ悲しいような気持ちになった。体調が悪いなら仕方がない。無理してこじらせたりしたら良くないし、大事にして欲しいと思う。でも、やっぱり残念な気持ちにはなってしまうわけでお見舞いに行くことも考えたけど、彼の性格から言って、断られることは間違いないだろうと思った [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑳休会する
  • 森林さんと会った翌日、森林さんにお断りの連絡をした。森林さんはいい人だ。でも、私はやっぱり広中さんが好きだな、と思ってしまった。森林さんには申し訳ないことをしてしまったな…と思いますそれから広中さんに、ずっと考えていたことを伝えることにした。それは、結婚相談所を休会すること。実は数週間前から私自身の仕事が急に忙しくなり、週末に面接に行くのも難しそうになってきていたので、例え広中さんのことがなくても [続きを読む]
  • 結婚相談所 森林さん③私の心は
  • 森林さんとの2回目の面接は、展望台と美術館とショッピングモールのある場所だった。まずは展望台に行きましょう、ということになり、エレベーターで昇る。土日ということもあり、館内は賑わっていた。展望台からは都内が一望できて、素晴らしい眺めだった。きっと夜だったらかなりロマンチックな雰囲気になるんだろうなと思いつつ、爽やかな青空を眺める。ひと通り遥かな良い景色を眺めた後、近くの美術館に行った。やっていた展 [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑲迷い
  • 広中さんからの返信に私も返信して、またのんびりとやり取りが続いた。本当は会ってお話したいという気持ちが強かったけれど、広中さんがお忙しそうだったので、少し待つことにした。返信が来てホッとしたものの、この時の私にはまだ迷いがありました。やっぱり、しばらく返信がなかったことが大きかったようです時が経つにつれ、またしても不安な気持ちは大きくなり、私は広中さんのことが好きだけれど、広中さんはきっとそうじゃ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑱仕事と私
  • 待ちに待った広中さんからの返信。けれども見るのを躊躇ってしまう。嬉しい、でも、怖い。ドキドキしながら思い切って見てみると、相変わらずの広中さんだった。「連絡せずにすみません。仕事がたてこんでおりました。何とか元気です」そっか、元気なんだ、と思ったら何だかそれだけでちょっとホッとした。どうやら本当に仕事が忙しいようなのが文章から伝わる。そういえば、と思い出す。広中さんは前の彼女に「仕事と私、どちらが [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑰きっと来ない
  • 恐る恐る返信を見てみると、森林さんからだった。私は思わずため息をついてしまう。…やっぱり、広中さんはもうだめなのかな、そんな思いが強まる。森林さんからのお返事は、先日のお礼と、ありがたいことに、また会いたい旨と、それからもし都合が良ければ今週末はどうか、といったことが書かれていた。まだ会って間もないけれど、森林さんはいい人だと思う。誠実そうで、真面目そうで、穏やかな人だ。今はまだ、好きとかそういう [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑯もう一度だけ
  • 結婚相談所のwebページで開いたのは、広中さんのプロフィール画面だった。相変わらず広中さんからの連絡は来ないままだった。でも、このままでいいの?と広中さんの写真を見ながら自問自答する。やっぱり一度好きになったら、そう簡単には諦めきれないもので連絡が来ないということは、もうだめなのかも…とも思う。けれど、断られたわけではないのだから、もしかしたら、と淡い期待も抱いてしまう。どちらにしても、森林さんと会 [続きを読む]
  • 結婚相談所 森林さん②面接
  • 淡白な彼との面接は、お互いが住んでいるところの中間の駅での待ち合わせになった。婚活で2人目に会う人。写真を見てからお会いするのはこれが初めてなので、少し緊張する。待ち合わせ場所でドキドキしながら待ってるいると、しばらくして改札付近で何か探している様子の男性を見つけた。もしかしてあの人かな…?と思いながらじっと見ていたら、相手も私に気がつき、近づいてきた。「もももさんですか?」「はい、そうです」「初 [続きを読む]
  • 結婚相談所 森林さん①淡泊な人
  • 気がつけば返信をしてしまっていた方とのやり取りは、最初の印象通り、淡白なものになった。質問と、それに対する回答が淡々と続き、返信は私が返した次の日には必ず来る。明日は必ず返事が来るとわかっているのは、どこか安心感がある。やり取りの内容は、好きな映画の話だとか、旅行の話だとかで、あまり婚活っぽい話題ではなかった。これといって盛り上がることもないけれど、不安にも嫌な気持ちにもならなくて、でも、時々ちょ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑮連絡が来ない
  • 広中さんとの4回目の面接のあと、いつも通りお礼を言い合い、そこからぱったりと連絡が来なくなった。面接の時の広中さんの表情を思い浮かべて、やっぱり…とため息をつく。お仕事が忙しいのかもしれないし、他にいい人が見つかったのかもしれない。もしくは単純に私といたくないと思われてしまったのかもしれない。でも、まだお断りの連絡は来ていないし…と再び悩む。こちらから連絡を取ってみようかな、とも思うけれど、それで [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑭4回目の面接
  • 気が付けば季節は夏になっていた。待ち合わせの場所に早めに着いた私は、木陰で広中さんを待つ。 時刻は夕暮れ。それでもまだ明るい空を見上げて、大分日が長くなってきたなと思う。今日は白い透け感のあるトップスに、紺色のスカート。婚活時は、なるべく上半身を白っぽい色にするようにしていた。15分くらい待っていると、広中さんがやってきた。珍しく半袖のシャツにジーンズ姿の広中さん。片手をあげて近づいてくる広中さん [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑬3回目の面接
  • 広中さんとの3回目の面接は、大人な雰囲気のお店だった。カウンターで並んで座ると、いつもより広中さんとの距離が近くて、ドキドキした。ひとまずアルコールと、ハムとチーズを注文する。広中さんはお酒は普段あまり飲まないそうで、誰かと食事をするなどで飲む時は、ビールかワインを飲むとのこと。私はお酒は割と好きなので、広中さんが多少なりとも飲める人で嬉しいな〜と思う。3回目ともなると、大分落ち着いて話ができるよ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑫好きになってしまった
  • 広中さんとお会いしてから数日間、あの日のことばかり考えていた。実家暮らしの女性だったら断る、ということは、一人暮らしの私はOKということ…?あれを言った広中さんの意図は…?と、考えても答えの出ないことばかり繰り返し考えてしまう。この時点で、私は広中さんのことを完全に好きだったように思います。その間も広中さんとのやり取りはのんびりと続いていて、2人ともあの日のことには触れずに日常の話を穏やかにしている [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑪2回目の面接終了
  • ごはんも一通り終えて、話もひと段落ついたところで、店を出ることにした。私が席を外している間に、広中さんがお会計を済ませてくれていた。こういうところが大人だなあと感じる。 帰り道、二人で並んで歩いていたら、酔っていたこともあって、手を繋ぎたいな〜なんて思ってしまった。なので、ちゃっかり手を握ってしまいました 広中さんは一瞬驚いたみたいだったけど、そのまま握らせてくれた。若干、恋人というよりは引率みた [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑩気になっていた
  • 真剣な眼差しで広中さんに見つめられる。「この前も聞いたのですが、どうして今まで、結婚されなかったんですか?」どうしてって…だからこの前も言った通り、単にそういった出会いがなく、平たく言えばモテなかっただけなんですけど…傷を抉られたような気持ちで、「前回もお話したとおり、単純にそういった機会に恵まれなくて…」と言うと、広中さんは重ねて辛いことを聞いてきた。「でも、彼氏がいなかったわけでは、ないでしょ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑨婚活っぽい話
  • 婚活っぽい話でもしましょうか、と広中さんに言われて、私は婚活っぽい話…、と少し悩んでしまう。聞きたいことはたくさんあるけど、どこまで聞いていいのかな、と。なんて、そんなしおらしいことを考えたのは一瞬で、結局色々と聞いてしまいました我慢が足りません。広中さんは結婚相手にあまり望むことは無く、ただ、家にずっといるよりは外の世界と関わりを持って欲しいから、できたら専業主婦じゃない方がいいと、そんな感じの [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑧2回目の面接
  • 広中さんとの2回目の面接は、ゆっくりと食事でも、ということで、ディナーになった。ちなみに予約もお店選びも、広中さんがしてくれた。その日はスーツじゃない、シャツスタイルの、スマートカジュアルな広中さん。広中さんは、特別お洒落とかそういうわけでは無いのだけど、一般的というか、大人の男性としてのマナーを感じられる服装で、そこがとても好みだな〜と思ますお店に入って、お酒とお料理を注文して、最近お仕事はどう [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑦ 婚活のもやもや
  • 広中さんから返信のあった翌日、1日考えて返信をした。すると今度は、その翌日に広中さんから返信があった。私もまたその翌日に返信をして、その翌々日に広中さんからの返信。広中さんからの返信は相変わらずの簡潔な文章だったけど、連絡頻度が高いと、それだけで満たされてしまいます次に会うのも平日の夜。もしかして休日は本命と会っているのでは…なんてこともチラッと考えてしまうけれど、例えそうだったとしても、これは婚 [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑥広中さんからの返信
  • 待ちに待った、けれども見るのが怖い、広中さんからの返信を開くと、こんなことが書かれていた。「連絡が遅くなってしまってごめんなさい。仕事が少々たてこんでおりました。先日はどうもありがとうございました。来週ならお会いできそうですが、〇日か、〇日はいかがでしょうか?ご連絡お待ちしております」何とも簡潔な文章で、広中さんらしいな〜と思ったら、単純な私はそれだけで嬉しくなってしまった。もうこれだけで仕事の疲 [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん⑤連絡待ち
  • 広中さんと面接して、数日が経った。この前の返信には「また連絡します」と書いてあったけれど、連絡はまだ来ない。お仕事がお忙しいのかな…と思う気持ちと、これは婚活だから、きっと広中さんも平行して活動してるよね…と思う気持ちと。考えれば考えるほど、どんどん悪い方向に考えて落ち込んでしまう。他に素敵な方が見つかれば、当然このままお断りされることだってあるんだよな…と。待つことの不安から、自分から連絡を取っ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん④初面接終了
  • その後、広中さんの仕事の話を聞いたりして2時間ほど経った頃、「今日のところは、この辺で…」と、店を出ることになった。お会計は、広中さんがしてくださった。駅まで一緒に歩いていたら、最初に喫茶店に向かう時と同様、何となく広中さんが私の方を気にしながら歩いているのがわかった。そういうさり気ない心遣いが、心地よく感じるなあと思う。「それじゃあ、今日はありがとうございました」「こちらこそ、ありがとうございま [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん③広中さんのこと
  • 少し打ち解けてきたかな、というところで、広中さんのことを聞いてみることにした。最初だし、まずは広中さんのことを知りたいな〜と、当たり障りのないことを聞いてみる。本当は、すぐにでも「結婚したらどんな家庭にしたいですか?」とかを聞きまくりたいんですけどね まだ聞くには早いかな、と思ってやめておく。現在は一人暮らし、弟が2人いて、どちらも結婚していること。趣味は旅行で、年に10回ほど行くとのこと。国内だ [続きを読む]
  • 結婚相談所 広中さん②お互いに初めてだった
  • 広中さんに連れられて入った喫茶店は、落ち着いた雰囲気の喫茶店だった。コーヒーにも、カップにもこだわりのあるお店のようで、カウンターにはサイフォンが置かれ、棚にはたくさんのカップが飾られていた。「せっかくだから、ケーキも頼みましょうか」と広中さんが言ってくださったので、お言葉に甘えてケーキとコーヒーを注文した。広中さんもコーヒーと、いちごのケーキを頼んでいた。ケーキのチョイスが可愛らしかったので、「 [続きを読む]