walking-history さん プロフィール

  •  
walking-historyさん: 歴史あれこれ
ハンドル名walking-history さん
ブログタイトル歴史あれこれ
ブログURLhttp://ameblo.jp/walking-history/
サイト紹介文歴史についての話 古代史、近代史 古墳、神話の話
自由文歴史の裏側、自分の意見
神話の意味、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 15日(平均10.3回/週) - 参加 2017/03/11 18:37

walking-history さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 歴史あれこれ
  • つまり日本書紀や、古事記のもっと前の日本の歴史のことを言っているようですね。 まあ現代の社会においても、日本人とユダヤ人は、能力が高く他の民族とはちょっと違いますよね。まんざら、嘘ではないかもしれません。 フェイスブックの創始者、ザッカ―バーグはデイビットロックフェラーの孫。 クリントン元大統領は、ネルソンロックフェラーの妾の子 これらは有名な話です。ネルソンも、クリントンも同じ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 古代史や天皇のこと考えてると、いつも思うのですが、日本書紀とかにかかれてる話は、神話で現実世界で起こりそうもない話が、いっぱいでて来るのですね。天から船にのって降りてきたとかヤマタノオロチのしっぽから剣が出てきたとか、他にも限りなくあると思いますが、その神話の世界で起こった場所に、神社があったり、その物があったりすると言うことです。この非現実世界から、現実世界にいきなりつれてこられるギャップこれ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • ということで、日本書紀や古事記は、日本人と朝鮮人のの、壮大な、融和の物語だったのかもしれません。 うまく、現地人で、女性のシャーマンである、卑弥呼=天照を立てて、みんなでまとまろうとした。 ということでは? 事実、秀吉や、近代史の朝鮮問題以外は、朝鮮と日本はずっと友好的だったのではないかと思います。 家康は、秀吉なきあと、朝鮮と仲良くしようと、使者を送り、 仲直りをしようとしま [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • その部族同士がなかなかまとまらなかった、 そこで卑弥呼という女性を立てて、まとめようとした。そもそも天皇制は、創設のころから、象徴天皇で 一つの冠の下で、みんな利害を調整しようとした。とう言うことではないでしょうか? 奈良にある地名は、部族の名前が多いです。 生駒、平群、葛城、巨勢、弓削、なんか日本語にはない読み方ばかりですね 実際これらの部族の多くは渡来系とされています。&nb [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • ちょっと話それて、古墳について書きたいと思います。 古墳というのはいろいろあるみたいですが。代表的な前方後円墳と、方墳というのがあります 方墳は特に山陰地方から、北陸地方に出ています。それが下記のURLにあります。 写真は私がとった西谷古墳群の写真です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E8%B0%B7%E5%A2%B3%E5%A2%93%E7%BE%A4 こういった方墳は、前方後円墳が出てくる前よくあ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • この姫も、天照の時代より後の姫とされていますが、この辺りも時系列、はっきりしていないので、卑弥呼と考えてもおかしくないのでは? その先に発掘された、竪穴式の遺跡から沢山の桃の種が発掘されました。 桃は中国の太古から、祭壇に祭られた果物で現在でも中国あるところでは、桃を備えものとして、扱っています。 つまりこの竪穴式の遺跡は、祭壇で、桃を供え物をとして、シャーマンが、祈りを捧げていた。& [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 元伊勢神社言って感じたことは、鳥居から眺めると二上山が正面にくっきりみえ、手前には箸墓古墳 その先は、5年ほど前発掘された、過去最大の竪穴式の遺跡どうやらそこには大きな祭壇があったようです。 箸墓古墳は、日本最古の前方後円墳。前方後円墳とは四角と丸がくっついた鍵穴みたいな形をした古墳ですが、 これは大和朝廷が始まってからできたものです。大和朝廷=前方後円墳と考えていいわけです。 箸 [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 倭姫はあちこち探してやっと見つけたのが伊勢なんですが、 伊勢に遊びに行くと、ここを選んだ理由がよくわかる気がします。 伊勢の向こうは海、つまり土地のエンドですね地の果て、天へ行く感じです 朝日が昇ってくるのを見ると、天照大神が昇ってくるような気がしますよね。 この土地全体がパワースポットのような気がします。 奈良の真東が、伊勢で真西が出雲で、真北に天智天皇の墓があるということ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 今日は卑弥呼はどこにいたかということについて、書いてみたいと思います。 私は間違いなく、畿内に邪馬台国があった思います。 九州にも、多くの国があった、だろうと思いますが、日本の国の端、国を治めようということ、そもそも普通のひとなら考えないですよね。 アマテラスは別名、日御子ともいうそうです。卑弥呼や、邪馬台国とは、中国の魏志倭人伝に書かれているわけで、 中国は日本を見下しているの [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • その後、中臣鎌足の子供、藤原不比等が、日本書紀を編纂するのですが、 彼は天皇家と姻戚関係をもち、そして初めての、藤原家の血をもつ天皇が、あの東大寺を建立した、聖武天皇です。 聖武天皇が、奈良のほかに、難波の宮に都を移し、副都心的に使用し、自らも移ったと、いうのは、なにか因果を感じますよね。 なぜか?祖先の中臣(藤原)鎌足と、その上司の中大兄皇子は、蘇我入鹿を殺した後、この難波の宮をつ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 最近の歴史では、聖徳太子はどうやら実在しなかった意見が強いようです。 まず日本書紀に、聖徳太子がでてこない。 一万円札で有名な装束も、聖徳太子のころはなかった。 17条の憲法も、役人の呼び方や内容、当時ではあまり用いられてなかった後世の考え方が入っている。 17条の憲法も日本書紀には記載されていない。 第一聖徳太子は、蘇我家の系列の人です。聖徳太子の死後、その子供を蘇我入鹿ら [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 今日もちょっと藤原氏と聖徳太子のことを書いてみたいと思います。 何せ、この日本の創生のころから存在し今もその子孫がいて、人殺しをしながら、 歴史を書き換え、日本書紀という唯一の日本の歴史書を編纂し、他には何も残さず。 自分の書いたものが正しい歴史としてきた。 おまけに日本の歴史に突然現れた、どうやら韓国の方らしい、といくれば、日本人や日本って国はなんやねんということになりますから [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 風土記ってご存知ですか、日本の各地にある地域の歴史書です。 これはほとんど各地方、全部残っているものはないのですが、この出雲の地方の風土記が、無傷で全巻のこっているのですね。 他の地域の風土記は、日本書紀の正当性を固めるために、大和朝廷は、処分したけれど、出雲の風土記だけは、さすがに処分できなかった??ということではないでしょうか? やはり悪いやつですよね、日本書紀を編纂指示した、藤 [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • この方(アメノホヒ)、アマテラスに地上を治めるために派遣されました。その時地上を治めていた、あのオオクニヌシノミコトところに派遣されたのですが、オオクニノミコトのことをきにいっちゃって、そのまま天に帰らず、オオクニヌシノミコトのもとにいて、のちの子孫が出雲の国造家になったんです。だから正確にいうと今回天皇家の方は、出雲一族に嫁いだというより、アマテラスの子孫、つまり天皇家の同族の人に嫁いだというこ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • さて、この出雲大社の神官の一族、この人たちもすごい出雲大社って二つの社あるでしょう?左側の社、そう、五円玉差し込むしめ縄あるとこです。これが千家、右側社が、北島家という家が、代々、国造家として、出雲大社を見守ってきています。2000年以上もね・・・日本てすごい国ですよね。神話の世界と現実の世界がつながっていてまだその子孫が、現実に存在し2000年以上も同じ仕事をしている。ある意味恐ろしいわ〜国造 [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 二日ほどブログさぼりました、すみません久しぶりにゴルフに行き、ショットは少し戻ってきたような感じです、スコア―はいまいちですが。 さて、出雲の話の続き・・・ 奈良も、先に言いましたように、大三輪神社、オオモノヌシ出雲の神様です ズバリ、オオモノヌシはオオクニヌシノミコト同じ人(出雲神社に祭ってある人) 日本最古級の、大神神社が大和朝廷の、始まったおひざ元 今なお、三輪山を神と [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 出雲は祟りますが、、 出雲は協力もしています、大和朝廷に・・・ 出雲のある一族に、加茂族というのがいます。加茂という地名も出雲に見られます。 銅鐸が多く出たところがあります出雲の加茂倉岩遺跡というところで発見されました。 加茂という言葉ありますね? 加茂?どこかで聞いたことありません?賀茂川、下賀茂、上賀茂神社・・・ ね出てくるでしょう、京都の御所のすぐそばに、 実は [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 前回は出雲の祟りについて述べました、 八坂神社お祭りの起源(応仁の乱、疫病)これは、出雲の祟りだということで、八坂神社を祀ったという説もあります。 納得できる話だと思います。大和朝廷のおひざ元の京都にわざわざ出雲の神があるのですからね。 奈良に大神神社という古い立派な神社があります。この神社も、日本最古クラスで、出雲の神が祀ってあります。 誰かわかります? オオモノヌシノカミ [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 話を、大和と、出雲に戻しますが、 出雲がたたるという話、これも伝説と言えば伝説なのですが。 出雲は国を譲ったのですが、機会あるごとに祟りという形で、大和を責めます。 ある天皇(垂仁天皇)の子供が耳が聞こえなくなり、それは、国譲りの約束だった出雲大社をちゃんと立派なものにしないからと占い師に言われ、出雲大社を建て直したら、耳が聞こえるようになったとか。 八坂神社が、なぜ京都のど真ん [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • きのうは、モーゼとキリストの墓について言いましたが、そのことが、下のURLに出ています。 http://www.nazotoki.com/moses.htmlhttp://bqspot.com/hokuriku/ishikawa/130 このURLにモーゼの墓について、乗っています、嘘かもしれませんが、実際に墓が形としてあるのです。 http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51910560.html このURLには、青森にあるイエスキリストの墓について書いています。 [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • 出雲について、話したいと思います。以前から、出雲に神さんがいて、大和朝廷にも神様がいる。 この関係がどうも、わからなかった、今もはっきりとわかりませんが、 この日本を作ったのは、出雲からくる一派と、宮崎からくる一派つまり天照、神武の流れの、大和族の一派であるような感じです。どちらとも渡来してきたのか? 両方の場所が、海流から流れ着くとこですよね。 そして出雲は最初この日本を、治め [続きを読む]
  • 歴史あれこれ
  • ヤマタノオロチのしっぽから剣が出てきたと言いましたが実はこの出雲地方に350を超える青銅の剣が工事中偶然発掘されました、それもきれいにそろってです。 これは日本で発掘されている青銅剣の大部分を占めます。これが下の写真です。出雲大社に隣接する博物館にすべて展示されています。http://www.izm.ed.jp/# また神話と繋がりますね。 おそらく韓国(朝鮮から)渡来した、技術力ある集 [続きを読む]
  • 過去の記事 …