gochichichi さん プロフィール

  •  
gochichichiさん: はよはよ星人と暮らして
ハンドル名gochichichi さん
ブログタイトルはよはよ星人と暮らして
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goochichichi
サイト紹介文主に同居の愚痴を吐き出しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 50日(平均4.8回/週) - 参加 2017/03/11 19:18

gochichichi さんのブログ記事

  • 庭に物干しざおはあるが義母専用で私は二階のベランダに洗濯物を干す一緒に仲良く場所を分け合って干す、なんて無理だと同居してすぐ思い知らされたので雨が降った翌日義母は私たちの使った傘を庭の物干しざおに干してくれる干してくれるのはいいけど中途半端に乾いていなくても自分の気が済んだタイミングで取り込むので結果乾いていないでしまわれることもたびたび私がもう一度干すのもなんだか嫌味くさいのでできないし濡れたま [続きを読む]
  • 子供たちに近寄ってほしくない理由その2
  • 娘が小学校2年生の二学期運動会で頑張ったご褒美に前からほしがっていた義母がゲームを買ってくれることになり運動会の振替休日に義母と娘はそれまで何回もしていたようにバスに乗って駅前のデパートに出かけて行った数時間後仕事で外出中の夫から電話があり「○○が迷子になったとあの人から電話があった」(夫は小さい頃の出来事以降、母と呼んでいない)私に言いにくくて夫に電話したらしい私は慌ててデパートへ向かった店内で呼 [続きを読む]
  • 子供たちに近寄ってほしくない理由
  • 詳しく書くと悔しさが蘇って辛い・・・息子や娘が小さいとき「あんたも大変だろうから、デパートに連れてって遊ばせてくる」と恩に着せられ出かけてくれたが実際はおもちゃ売り場で子供を一人にして自分の買い物に行っていた(息子と娘は年が離れていたので連れていったのは一人ずつが多かった)全てのお出かけでやっていたかは確かめようがない義母を問い詰めても意味のわからない言い訳を始めて「私は今まで頑張ってきた」みたいな [続きを読む]
  • お土産
  • 昔の話義母が友達と旅行に行った帰ってきて広げた土産を一つ私に渡してお隣に持っていけと言う・・・自分で行けよなんてとても言い返せなかったうら若い私はのこのこお隣へ行った義母の旅行のお土産って説明子供の使いみたいもらう方だって困ったよね次に旅行に行ったときもまた、持っていけと命令してきたのでいい加減にしてよと「やっぱり旅行に行った人が持っていった方が喜ばれますよ・・・」と言ったらやっと気がついたようだ [続きを読む]
  • 昨日と今日
  • 昨日と今日義母が外出している数時間以外ずっと数分おきにぶつぶつ独り言を言ってる義母の来ない二階に逃げても義母が廊下に出てくると聞こえてくる廊下を歩く時はトイレに行く時が多いので独り言は「おしっこ、おしっこ」居間にいるときも自分が見てるテレビの感想とか何かわからないことを聞こえるか聞こえないかくらいに言うずっと言う私が居間のソファに座ってウトウトしかけても隣の部屋の義母の独り言で目が覚めてしまうこう [続きを読む]
  • いきなり話しかけるな
  • 義母は学習能力がなく同じ迷惑を繰り返すやめさせるよりもトラブルが起こらないよう私たちが不愉快な思いをさせられないように回避することが身についた義母は言いたいことがあると私たちのいる部屋の戸を開けると同時に話しだしたり二階にいる私に階下から大声でいきなり話されるので今、義母が何か言ってきたらといつも身を固くして身構えている自営業のまじめな話しをしているとき仕事の電話がかかってきているとき子供とわきあ [続きを読む]
  • しゃもじ
  • 私は炊飯器でご飯を炊いたら仏様のある家は仏様の分のご飯をつけてから底から混ぜると思っていた昔から義母は仏様のご飯をつけたあとそのまんま朝、私が炊飯器のふたを開けると欠け始めた月のように端がよそわれてあとは炊けたまま、真っ平らなごはんそれを私が混ぜる結婚したばかりの頃はこの混ぜられていない、平らな白米の上に小さいしゃもじが乗っかっていたしゃもじは仏様のご飯をよそったあとすぐ入れられているようで保温の [続きを読む]
  • 第二目玉焼き事件
  • 衝撃の第一目玉焼き事件の後結婚式、入籍、新婚旅行など済んで夫、私、義母の生活が始まった衝撃の第一目玉焼き事件のあとも私は努力すれば姑に気に入ってもらえると信じていた・・・若さというか、甘いな考えがっていうか、無知で雑でプライドばっかり高い義母に認めてもらわなくってもいいんじゃない?ってあのときの自分に言いたい・・・話しは戻って再び朝食を作る羽目になった私目玉焼きにリベンジすることにした今度は義母に [続きを読む]
  • 心の中 その2
  • 実家の母が急死して葬儀のあと数日実家にいて私と娘、妹とその子供がそれぞれの家に帰る日父が昼を回転寿司で食べようと言い出したいろいろ忙しかったねぎらいとこれから自分が一人で生活する家から見送るより外で別れた方がいいと思ったのかもしれないこれから実父はちゃんと暮らしていけるだろうか誰もそんな話しはしないで普通に食事して店の前でじゃあね、と別れた車のバックミラーで実父の後ろ姿を見おくった数時間あと帰宅し [続きを読む]
  • 心の中
  • 自分から同居しようと決めておいてすぐに自分の考えが甘かったと思い知らされた私よその核家族の人がうらやましくてたまらない時があるなんで、私だけ病気でもつわりでも子供おぶって必死で義母のために夕飯のおかずを何品も作らなきゃいけないのか「土地は私のものだから」その通りだけどそんな言い方ないよと思いながら土地付きの一戸建てなのに庭いじりもできず心がどんどん狭くなってすぐイライラする自分が嫌いにほんブログ村 [続きを読む]
  • 久々に、爆弾出現
  • 朝、洗濯機が洗濯を終えたので取り出しに行った洗濯物を入れるカゴをのぞくと義母のオマタに入っていたトイレットペーパーの固まり(通称ペーパー爆弾)が入っていた久しぶりだ・・・認知症でもないのにもう何十年もこれに驚かされて不愉快な気持ちがいっぱいになるぐーっと怒りがわき上がるけどなるべく冷静に、と考える私の選択肢はいくつかある①見なかったことにして、爆弾はトイレに流しカゴを拭いて何もなかったように振る舞う [続きを読む]
  • 息子、初めての誕生日
  • 昔の話し・・・結婚2年を過ぎて生まれた息子義母もかわいがってくれた唄まで作ってたもんね抱っこするときいつも歌う唄があった義母、作詞作曲・・・「♪○○君はいい子だよ〜」あぁ、あの頃の色々言われたり迷惑かけられた事が蘇って気分が悪い初めての息子の誕生日私は近所のママ友さんからおいしい、と評判のケーキ屋さんを教えてもらったので張り切って予約したするとその晩仕事から帰ってきた義母にいい店を聞いたから予約し [続きを読む]
  • 日帰り旅行
  • 時々義母は誘われて日帰りのバス旅行に行く帰ってきた感想はつまらなかった、何にもあらへん、ばっかり(口ではそう言うが多分楽しんでるはず)そして夕飯がいるかいらないかの連絡が遅く迷惑だバスに乗せられて連れていかれる旅行だから自分で夕飯をどこでどうするか決められないかもしれないけれど夕方六時近くになって「夕飯買ったでいらんわ」と連絡が来るということはどういうことか主婦と思えない想像力のなさこちらはそんな時 [続きを読む]
  • 義母の貯金
  • 去年の秋、義母が食道静脈瘤破裂で吐血し入院、手術、その後退院したとき夫が義母に「お前、いくら持ってるんや」と通帳を見たそう夫の名誉の為にいうと「自分たちのもらえる遺産がいくらになるか」的なものでなく今後体が弱って医療費がかかったりその先、葬式代とかちゃんと貯めているのか確認したかったよう私にも「心配せんでええ、これだけあるから・・・」と言いかけたけど私はとっさに自分の両耳に人差し指を突っ込んで「聞 [続きを読む]
  • たった今言ったこと
  • 自宅の電話が鳴った表示された番号を見るとフリーダイヤル無視するか一瞬迷ったあと出てみたら義母が最近買ったお酢の通販会社からだった義母に代わると新商品の紹介らしくぐだぐだ喋っている声が大きいからいやでも声が耳に入ってくる夫と二人聞き流していると「○○(息子の名前)が飲むでなぁー」「そうそう」←これは会話の流れ的に息子かと聞かれて返事してる雰囲気私は(初めて話す他人に息子がお酢を飲むって説明するのに、 [続きを読む]
  • 回顧、二人で夕飯
  • 衝撃の第一目玉焼き事件の後結婚式、入籍、新婚旅行など済んで夫、私、義母の生活が始まった夫、義母は平日は会社義母の方が近いところに勤めていたので夕飯は義母の帰る時間に合わせてそれまでに必死で作り義母と二人で夕飯を食べた私が働いていないのでなんとなく後ろめたく夕飯は上げ膳据え膳義母からいつも一言二言お小言か自分が人に良くしてやったとか言う自慢話間違った格言とか見ているテレビ番組への間違ったクイズの答え [続きを読む]
  • 小言
  • 今でこそ義母はおとなしくなって嫌味も言わなくなったけどこの家に来たばかりのころ私のあら探し、とか遠回しに嫌味を言われていた義母は若いころから勤め続けていた会社員夫より近いところに勤めていたので帰りが早く平日は義母と二人で夕飯を食べる生活だった私も家事が上手でなく(今もたいしたことないけど)義母は雑なくせに私のできない事を指摘して優位に立ちたかったみたいでやれ掃除が行き届いてないとか(自分の事は棚に上 [続きを読む]
  • キルトに画鋲
  • これも結婚したばかりの頃のこと若いころ私はパッチワークキルトが好きだった小さいものしか作らなかったけど特に何に使おうと思わず作った正方形のキルトがこちらの家の電話を置く台にぴったりの大きさだったので敷いたある日固定電話が鳴ったので取ると(義母は知らんぷりで私に取らせる)義母宛の用件だったので取り次いだ義母は話し込みながら手持ちぶさただったようで電話の台に刺さっていた画鋲を引き抜いてぐりぐりと私の作 [続きを読む]
  • 第一目玉焼き事件
  • 結婚すると決まってすぐ夫は、今自分が住んでいる家はシロアリにやられているから、と結婚と同時に家を新築した夫なりに自分や私のために、と考えてくれた事だろうが結局この家のローンのために家を出ることもできずローンを支払い終えた今新しい家を建てる元気も財源もなく子供も私もこの町での暮らしに馴染んでいてここで同居し続けている家が完成して夫と義母が仮暮らしのアパートから引っ越すので手伝いに行った作業は翌日まで [続きを読む]
  • ペーパー爆弾
  • 汚い話・・・水洗トイレにナプキンを流していて、それを若嫁の仕業にした義母50を過ぎて「ナプキンはトイレに流せない」と知ってパンツに新たに挟もうと思いついたものは・・・あれはどっちが先だったか廊下にぽとりと落ちていた妙な形にねじれたトイレットペーパーそして廊下で私に背中を向けて歩く義母のズボンからはみ出ていたぷらぷら揺れる妙な形のトイレットペーパートイレットペーパーをお股に挟めば流しても差し支えないし [続きを読む]
  • ハサミ
  • 同居すぐの話台所にハサミがなかったので引っ越してきた時もってきたハサミをそっと置いたその頃青汁ブームだったので義母は毎朝冷凍の青汁を切るのにそのハサミを使い出したなぜすぐわかったかハサミの刃を拭かないのですぐハサミが緑色になったからそのハサミに特別思い入れがあったわけではないけど何か踏みにじられてる気がしたそのハサミには触れなくなったそのハサミを義母への生け贄にして私は新しいキッチンばさみを買って [続きを読む]
  • クレーム
  • 久しぶりに実父にメールしたやっぱり話題が乏しいのでネタに困る・・・-- 近所にできたコンビニへ行ってる?-- 一日おきに行ってる、クレーム何件か言いましたそんな話聞きたくないよコンビニに頼りすぎてごはん作るのが減ってないか探りたかっただけコンビニで「○○がない」とか文句言ってるらしい・・・コンビニって何でも揃う便利な店と勘違いしてない?そこまで行き届く品揃えじゃないよちょっと感覚がずれててクレーム入れ [続きを読む]
  • 自己嫌悪
  • 自分でも驚くくらいどんどん姑とのエピソードが思い出される書くと良いことは夫に、姑の愚痴をほとんど言わなくなれたこと夫も自分の母親をひどく嫌っていて私が愚痴を言ったときの反応は以前ここで打ち明けたとおり世の中のどこかにいるらしい代わりに謝ってくれる夫ではないし相づちも下手で私の気がおさまる返しではないので元々言っても慰めにもなっていなかったけど言わずにいられないときの対象だった愚痴を言われなくなって [続きを読む]
  • ぬれぎぬ
  • トイレの話嫁に来たばかりの頃の話当時この家のトイレは水洗だったが駐車場にタンクがあり定期的に業者に汲み取りに来てもらっていた何回目かの作業の後汲み取りの業者さんが私と義母に作業終了の報告をしてくれた時業者さんが私をやや責めるような目で見ながら「作業中に気になったことが・・・」「ナプキンが多く入っていたので流さないよう気をつけてください」ですって!!わ、私がするわけないっ犯人は業者さんと一緒にさも、 [続きを読む]
  • お総菜
  • 義母は外出すると必ず手土産を買ってきてくれるそこは見習いたいと思う孫たちに、とケーキたまに片寄ってるけどOK問題はお総菜息子夫婦と孫たちに・・・とコロッケやサラダを買ってきてくれるが自分の分を買ってこない(^_^;)「私は、あるものでいいから」いやいや、その“あるもの”を作るの私でしょ?私を楽させてあげようって気持ちでお総菜買ってきてくれるんでしょ?“あるもの”がなかったらどうするの?そもそも何買ってく [続きを読む]