もじたろう さん プロフィール

  •  
もじたろうさん: いつものとおり
ハンドル名もじたろう さん
ブログタイトルいつものとおり
ブログURLhttp://mojitaro.exblog.jp/
サイト紹介文50代、子無し、夫婦共非正規雇用。今日1日が無事終わることのありがたさ。人生はその繰り返しです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 93日(平均2.0回/週) - 参加 2017/03/11 23:05

もじたろう さんのブログ記事

  • 双極性障害
  • 病気の波が大分収まりつつある。どうして、この病は自分が意図していないまま、感覚がおかしくなっていくのだろう。なにかわかりやすい付加やストレスがかかった時はともかく、なんでもないときにも、現実感覚がだんだんずれていくときがあるのだ。毎回毎回の発病の経験をもとに、次から対処していくしかない。脳の欠陥といったら残念なことだが、いろいろこの病気になったた... [続きを読む]
  • 歳を重ねること
  • 妻と高校生の頃、はじめて出会って何年になるだろう。いつも、おなじ音楽を聴き合って月日を重ねてきた。歳を重ねるといろいろと趣味や考え方も変わってくる。そのことを共感できる人が、唯一ひとりいて幸せだと思う。今は私がアコーディオンを弾き、妻がピアノを弾いて、つたない曲をちょこちょこ練習している。昔は2人共、イギリスのロックにあこがれて、いろいろ聞いていたのに... [続きを読む]
  • 落語
  • 落語を見たり、聞いたりしているとホッとする。江戸から続く話芸。人情、商売、滑稽話。皆、市井の人々のたわいもないできごと。どれもこれも、話にひと癖あってなんともいえない。長屋ネタなんて、結構好きだし、食べ物が絡んできてもおもしろい。エア・ソバ食い。これちょっと真似たりもする。今日から、「みおつくし」という江戸の食べ物のドラマがやるな。おもしろいかな... [続きを読む]
  • 病気とともに
  • いろいろあって、また病気が再発した。しばらく仕事は休養期間をもらう予定。しかし、そんな自分のことを理解してくれる職場や仲間がいて幸せだと思う。早くまた、「いつものとおり」になって仕事をしたい。今はとりあえずゆっくり休もう。妻にも感謝せねば。 [続きを読む]
  • 苛立ち
  • ときどき、わき上がる「苛立ち」。そっか、草かんむりに可能の可って書くんだ。感情をコントロールするのが難しくて、何かに怒りをぶつけたくなる。若い頃、パンクミュージックを聞いたり、ノイズ・インダストリアルミュージックを聴いていた感覚。それが、ゆるやかな、バンドネオンの音楽に変化していくまでの時間。これがなかなか大変なのである。やさしい、シンガーソングライタ... [続きを読む]
  • いつものとおり
  • ブログのタイトル、「いつものとおり」。こういうふうに生きていくことがいかに難しいか感じている。「いつものとおり」は、決して永遠ではない。でも、なんとかして「いつものとおり」でありたいと思う。気楽に、のんびり、楽しく、幸せに。「いつものとおり」が、いつまでも続いて欲しいと思う。 [続きを読む]
  • マルシェの音楽
  • よく行くスーパーの2つとも、いつもアコーディオンの軽快な音楽が流れている。フランス映画のあの雰囲気。マルシェって、フランス語で「市場」ってことみたいだけど、そう、市場で買い物しているような雰囲気。なんか、つい買い物カゴがいっぱいになってしまいそうな、購買力をそそる音楽。ミゼットととも言われている、このアコーディオンの音楽。好きなんです。ときどき哀... [続きを読む]
  • パートのおじさん
  • 訳あって、人から見ればいい年であるが、パート契約で働いている。大抵の男の人、いや女の人もそうかもしれないが、50代といえば働きざかり、というか、バリバリ働いていてあたりまえの歳かもしれない。でも、自分は残念ながら、もうバリバリ働けない。30代後半で、病気して、そのあとはずいぶん悩んだ。40代の頃もまだなんかできるんじゃないかって、いろいろ苦悩した。... [続きを読む]
  • ジムに行く回数
  • 近所にわりとリーズナブルなスポーツクラブがあるので、会員になっている。もう、かれこれ4,5年は続いている。でも、過去の自分手帖を見ていると、必ずあまり行かない月というのがあって、それが、3月。なんでかわからないけど、断然行く回数が減ってしまう。花粉症とか、いろいろ気分のせいもあるのかな。この時期に日常的に運動をするのが、課題です。だいたい、さぼり... [続きを読む]
  • 春を感じる散歩
  • 久しぶりの奥さんとの2連休だった。午後、近所の自然公園をのんびりと散策した。イヌシデの新芽が芽吹いていた。もうすぐ大好きな新緑の季節だ。カタクリが、いくつか咲き出していた。アズマイチゲという花も咲いていた。コブシも独特の臭いを放ちながら満開だ。シロハラという野鳥も見かけた。身近な公園で、こうして春を感じられることが、とてもありがたいな、と思... [続きを読む]
  • 庭しごと
  • 小さな家だけど、小さな庭が、ついている。奥さんと2人で、2時間ぐらい庭に出た。宿根草の新芽が、ちらほら出始めてきた。冬を何とか乗り越えてくれた。だめそうなのもいくつかある。しかたないな。クリスマスローズが、とてもいい感じだ。花の少ないこの時期には、やっぱりきれいだ。土を掘り返していると、少し春のにおいがする。休日にこうして庭しごとができることを、... [続きを読む]
  • イライラ
  • 今日は、いつもより仕事中イライラしていたように思う。どうしてだろうか。少し疲れがたまっていたせいか。出来ないことに対して、無理して対応してしまったせいか・・・。家に帰っても引きずらないことが1番である。あまり考えすぎても始まらない。楽な仕事なんてないからな。また、こんな気持ちになることはやってくるかもしれない。でも、しょうがない。仕事ってそんなもん。... [続きを読む]
  • 他者貢献
  • 職場でのコミュニケーションが、少し気になりひっかかっている。でも、前向きに解決していこうという本を買った。あたりまえの悩みでもあり、たいしたことではない。そのとき、そのときを楽しくやっていくことにつきる。アドラーの「他者貢献」とはそういうことだ。自尊心にふりまわされるまえに、もっとやるべきことはたくさんある。そのほうが楽になれる。基本的にあまり考えすぎ... [続きを読む]
  • 長寿はたしかに素晴らしいけど
  • 長寿の人のいい話の本とかよくでまわっているけど、たとえば50代、60代、70代で亡くなる人もいるわけで、そういうのが、かわいそうとか、不幸とか、そういう感じになるのはおかしくて、あんまり、長寿=素晴らし、ばっかりアピールするのもイマイチな気がするのだな。いかに生きたかということだから、人には決められない。 [続きを読む]
  • エレカシ
  • 久しぶりにエレカシを聞いてます。デビューからずっとファンだったけど、数年前から、あまりおっかけなくなっていた。そしたら、今年はなんとデビュー30周年だそうだ。すごいな。ブログタイトル「いつものとおり」は、エレカシの曲名です。「悲しみの果て」が入っている8枚目アルバム「ココロに花を」とか、いい曲ばっかで思い入れが深いなあ。1996年の頃です。「4月の風」... [続きを読む]
  • 腰をクネクネ
  • 今日がまあまあだったとか、そういうことが大事で、カラダの具合も、まずまずであることも大事で、やれやれとなるんだな。おもしろい音楽聞いて、少し腰をクネクネ。ありがたいひととき、少しのお酒。何かが起きるのかもしれない。いつも怖い。たしかに、いろいろな仙人というか、えんま様というか、そういった世界はフワフワとしてある気がする。間違えてしまっ... [続きを読む]
  • 日常がとぎれる
  • 突然、この平穏な日常がとぎれてしまったら、どんなになるだろう。想像するととても怖い。心が狂ってしまうかもしれない。へらへらしていてもダメだし、うかれていたらダメだし、1日1日が大事で、そっと気を付けて生きていかないとな。 [続きを読む]
  • 喧嘩じゃなく話し合い
  • 夫婦で、よくお金の問題になると話がこじれる。で、けっこう、口調もお互いきつくなるのだけど、やっぱりそこは喧嘩じゃなくて、話し合いをしているのだから・・・ということで、冷静にならなければいけない。だいたい、ウチにはお金がないのに、なんか要求するのは、おいちゃんのほうです。だから、大抵、おいちゃんの考えがちょっとおかしい、ということになります。時間が... [続きを読む]
  • 家飲み
  • 休み明けの仕事は、ちょっと疲れるかな。でも、なんとか無事に終えて、我が家に帰ってくると、やっぱりホッとするもんだ。帰る場所があるって言うのはありがたいこってす。おいちゃんは、あんまり外では飲まない。というか、節約生活しているので、外食はもったいないのである。なので、一杯やるのもおうち。だいたい、いつも食事を作りながら、奥さんと、飲みが始まる。でも... [続きを読む]
  • 町内会デビュー
  • それほど地域のつながりが濃い場所に住んでいる訳ではないけど、なんとなく、ゆるやかな近所づきあいは大切にしたいと思うのである。4月から町内会の会計係を引き受けることになりました。町内会と行っても、180世帯ぐらいの小さな規模です。でも、はじめて集まりに出て、やっぱいろんな人がいるもんだ、と思った次第です。おいちゃんは、まだまだ若いグループに属します。この... [続きを読む]
  • 鳥の観察
  • なんで、歳をとってくると身近な自然が気になり出すのかな。あんまり本格的にカメラ担いでとかじゃないけど、ついつい鳥とか観察したくなってくる。今日も奥さんとぶらぶら1時間半ぐらい近くの公園を歩いて来た。なんか、コブシとかモクレンとか分かりにくいけど、とにかく花が咲き出していて、なんか小さな春の訪れが楽しくなるんだな。で、鳥の鳴き声なんかも気になって、双眼鏡でのぞ... [続きを読む]
  • 自慢
  • おいちゃんは、自慢話が嫌いである。でも、アコーディオンのこと自慢しちゃったかな。ちょっと伝えたいだけのことと、自慢話になってしまうことの、境目が難しいと思う。人を不快にさせないような内容を、書こうと思うけど、それも、なかなか難しい。でも、おいちゃんは気を付けたい思う。世の中、自己中心的に物事を垂れ流していること、多いいもんね。 [続きを読む]
  • 中流より少し下
  • 自分は中流より少し下ぐらいの生活レベルだと思って、暮らしている。なかなか、いつも欲しいモノが買える身分ではない。ミニマリストとか、シンプルなくらし、とか、どちらかといえば、そっち系で、なるべく無駄なく暮らすことで、金欠具合をまかなっている。お金がないといろいろ工夫するから、そこがまた面白い。趣味もなるべくシンプルにしている。たまたま、3万円で買... [続きを読む]
  • オトコのサウナ
  • 混んだサウナが好きだ。で、妙にし〜ん、としていると、なおさら好きだ。隣の人に触れてはいけない、微妙な間隔。汗がしたたりおちる時間。急に空きだしてくると、なぜか、みんな雑談しだす。ギュウギュウ詰めじゃないと、あの沈黙はないのだな。また、行こ、サウナ。 [続きを読む]
  • 高級な工芸
  • いわゆる「作家もの」、というのが苦手である。陶芸とか木工とか手芸とか・・・。品があるとなおさらである。なんでかな。よくわからんけど、自分の趣味ではない。無印良品とか、IKEAとか、工業製品や、量産され企画されたものなら大丈夫である。品のある作家が集うギャラリーが苦手である。まあ、自分がそれらが高くて手が出ないというのもあるが・・・。普通の感... [続きを読む]