徒花 さん プロフィール

  •  
徒花さん: 本で死ぬ
ハンドル名徒花 さん
ブログタイトル本で死ぬ
ブログURLhttp://ada-bana.hatenablog.com/
サイト紹介文基本的には本の話。でもたまに別の話。
自由文ビジネス、自己啓発、ミステリー、SFが多いです。あと、映画の記事も多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 194日(平均3.1回/週) - 参加 2017/03/11 23:24

徒花 さんのブログ記事

  • 『横浜駅SF』のタイトルに対する20の壮大な考察
  • 読みました。横浜駅SF【電子特典付き】 (カドカワBOOKS)作者: 柞刈湯葉出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房発売日: 2016/12/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る増殖を続ける横浜駅が日本の大部分を侵食しちゃった!という小説。もくじ SFはなんの略称か? 1.Science Fiction(空想科学)説 2.Space Fantasy(宇宙幻想)説 3.Speculative Fiction(空想思索) [続きを読む]
  • MBAって結局、なに?〜『MBA100の基本』のレビュー〜
  • 今回紹介する本はこちら。MBA100の基本作者: グロービス,嶋田毅出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/01/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る著者になっているグロービスというのは企業の名前だ。これについては、以下で詳しく説明する。 グロービスってなに? で、MBAってなに? ベストプラクティスに解はない よきリーダーとなるためには、よきフォロワーとなれ 借金は素晴らし [続きを読む]
  • 最近の売れてるビジネス書、実用書(2017年8月17日)
  • ●取次や大手書店の売上データに個人的な感覚・好みをバイアスとして加えて選定●新書、文庫は含まない●基本的には最近発売された新刊がメイン『論理的思考力を鍛える 33の思考実験』論理的思考力を鍛える33の思考実験作者: 北村良子出版社/メーカー: 彩図社発売日: 2017/04/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るパズル作家が書いた、大人のビジネスパーソンに向けたいわゆるクイズの [続きを読む]
  • 時代に翻弄される女性たち〜『政略結婚』のレビュー〜
  • 今回紹介する本はこちら。政略結婚作者: 高殿円出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/06/24メディア: 単行本この商品を含むブログを見る幕末、明治、昭和を生きた3人の女性を中心に、その時代時代で変わっていく「結婚」「家柄」にまつわる物語。著者の高殿円センセは『シャーリー・ホームズと緋色の研究』を読んでいたので知っていたが、この本自体はブクログのプレゼントで当選したので読んだものだ。シャーリー・ [続きを読む]
  • 最近の売れてるビジネス書、実用書(2017年8月2日)
  • ●取次や大手書店の売上データに個人的な感覚・好みをバイアスとして加えて選定●新書、文庫は含まない●基本的には最近発売された新刊がメイン『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい作者: 西山耕一郎出版社/メーカー: 飛鳥新社発売日: 2017/05/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る1日5分、テレビを見ながらでもできるトレーニングで肺炎を予防できると謳った [続きを読む]
  • 貧困ビジネスとしての奨学金〜『「奨学金」地獄』のレビュー〜
  • 今回紹介する本はこちら。「奨学金」地獄 (小学館新書)作者: 岩重佳治出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/02/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る子どもの貧困問題をきっかけに奨学金の底知れない闇を知り、奨学金の返済が困難な人々の支援活動をしてる弁護士の先生が書いた、奨学金の問題を分析した一冊。とはいえ、「奨学金(・A・)イクナイ!!」というのは、それなりにニュースを見たりしている人なら、最近はよ [続きを読む]
  • アルチンボルド展に行くべき33の理由
  • アルチンボルド展に行ってきた。今回はアルチンボルド展に行くべき理由を33個挙げる。それくらい素晴らしい展覧会だった。 1.涼しい 2.「考える人」が見れる 3.チケットがきれい 4.ナンパができる 5.イスに座って休める 6.薄暗くて目に優しい 7.上野藪そばがうまい 8.新宿の高島屋に入っている小松庵もうまい 9.J.S. BURGERS CAFE 新宿店もおいしい 10.the 3rd Burgerもおい [続きを読む]
  • ウンコのにおいがする〜『「香り」の科学』のレビュー〜
  • 今回紹介する本はこちら。「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで (ブルーバックス)作者: 平山令明出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/06/14メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る東海大学の教授が書いた、香りを科学した本。本エントリーではすべてスルーしているが、実際には化学式をふんだんに用いた、純粋文系が軽い気持ちで手に取ると結構しんどい一冊であることは申し伝えておく。ちなみに、ブクロ [続きを読む]
  • サングラスをかけてない人はこんなに損している
  • 海外旅行に行くと人生観が変わる、というのはよく聞く話だ。しかし海外旅行に行ったことがなかった私は、そんな与太話を鼻で笑ってあしらっていた。しかし私は先月、ついに、いよいよ海を越えた。向かった先はアメリカ合衆国でありながら日系人がやたら多く、アロハマハロなど現地の独自な言葉が飛び交う摩訶不思議な島・ハワイである。お店の人に「ハロー」と話しかけると、「いらっしゃいませー」と返されてちょっとこっ恥ずかし [続きを読む]