みーな さん プロフィール

  •  
みーなさん: 間質性肺炎(スケート&本&ドラマ)
ハンドル名みーな さん
ブログタイトル間質性肺炎(スケート&本&ドラマ)
ブログURLhttp://kanshitsuseihaien.blog.fc2.com/
サイト紹介文特発性間質性肺炎です。 KL−6が2590もありますが、元気でいます。
自由文特発性間質性肺炎です。
C型肝炎が完治したと思ったら、今度は肺です。
肝臓は再生しますが、肺は繊維化したら治りません。
フィギュアスケート、読書、ドラマについても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 49日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/12 00:09

みーな さんのブログ記事

  • 咳がでそう、どうする?
  • 間質性肺炎では、ちょっとした刺激でかわいた咳がでることが多いですね。私も困っています。?? 身体を動かそうとした時?? なにか話を始めようとした時?? 急いで息を吸い込んだ時?? 冷たい空気を吸い込んだ時こんなちょっとした動作で咳がでるようになりました。1回の咳で2カロリー消費されると言われています。このような咳がつづくとかなりのエネルギーが消費されると同時に、体力も消耗します。咳はいったんでたこ [続きを読む]
  • 亡き母への想い
  • この頃、なぜか母のことをよく思い出します。母が亡くなってもうずいぶん長い年月がたったのに。ずっと昔、母の3回忌の法事の時に、母の友達が「この年になっても、まだお母さんが恋しいのよ」と言ったことがありました。「そうか、いくつになってもお母さんは恋しいものなのか」とびっくりしたことがありました。古いモノクロの写真で、父が母の肩をだいて二人でよりそっているのがあります。父が笑っていて、母は照れくさそうに [続きを読む]
  • イギリス及びアメリカでの間質性肺炎
  • アメリカに住む娘とその夫(獣医)の協力をえて、アメリカやイギリスでの間質性肺炎のガイドラインが読めました。イギリスの医学会の間質性肺炎に関するガイドラインのサイトは以下のとおりです。https://www.nice.org.uk/guidance/cg163これは、患者やその家族のため向けでもあるので、まあ、読みやすいです。13年のデータですが、今年の4月(今年ですね)にまたアップデートされるそうです。Information for the public とい [続きを読む]
  • 2台目のパルスオキシメーター
  • 前回、パルスオキシメーターが不安定で困っているという記事を書いたら、たくさんとてもご親切なコメントを頂きました。本当にありがとうございました。パルスオキシメーターなんて、呼吸器の患者さんやその家族以外では知らない人が多いのでしょうね。それを、わかってくれる仲間がこんなにいるということをとても嬉しいと思いました。コメントのアドバイスを聞いて、電池をかえたり、指を少しあたためたり、おちついて座って測っ [続きを読む]
  • パルスオキシメーター
  • この頃、パルスオキシメーターが変なのです。例えば、酸素飽和度を測ると、97とでて、「お!いいじゃない!」と思うと96、95,94、93、92、91と下がっていって又、92、93、94となったり、94、93、94、93、92となったりします。ジムで歩きながら、測ると、早く歩くと90をきり、90、89、8887とさがっていく点をみれば、あっているのかもしれないと思います。帰宅して、「ちょっとハアハアい [続きを読む]
  • 整体院と整骨院
  • なんかだるい、調子が悪い、肩がこってしかたがない、などなんとなく具合が悪い時、「なんとかしてくれる場所」がありますか?そういう時、整体院とか整骨院とか鍼灸師のところはどうでしょうか?リフレクソロジー、カイロプラクティック、マッサージ、整体、整骨、鍼、お灸、色々ありますね。一番よく見られる整体院と整骨院、どういう違いがあるのでしょうか?最近になってようやく違いがわかりました。整骨院(接骨院)というの [続きを読む]
  • 認知症の詳しい検査
  • 実は、つれあいのことで、2月から心配なことがありました。物忘れが急にひどくなりました。「さっき言ったことを忘れる」「昨日言ったったことを忘れる」それは70才過ぎならよくあることかもしれません。心配になったのは、大きなエピソード全体がすっぽり抜けてしまっていることが何度もあるということに気がついたからです。たとえば3年前、息子が婚約者をはじめて紹介したいというので、4人で食事をしたことがありましたが [続きを読む]
  • 検査結果
  • 次の大きな病院の予約は6月なので、かかりつけ医で気になっているものの検査をしてもらいました。      基準値   12月2日     4月4日KL-6 0〜499      2,744 1,326SP-A 0〜43.7 &nbs [続きを読む]
  • ゆる体操
  • 「ゆる体操」というのを知っていますか?友達が「ゆる体操」の指導員をしています。彼は70才を超えても、身体中、どこも悪いところがありません。彼をみていると、「ゆる体操」がとても効果があるという実例なんだと思います。もって生まれたすぐれた遺伝子があるのかもしれません。でもお父上は早くに亡くなられたと聞いています。日常生活、心と身体によいことばかりしているのかもしれません。すぐれた身体能力があるのかもし [続きを読む]
  • 身体と心に良いことばかり
  • 娘からのラインです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜往年の金メダリスト(アメリカのフィギュアスケート)のスコットハミルトンが、インタビューで自分の脳腫瘍の話をしていた。2004年にはじめてできて、2010年に再発して去年また再々発。もう辛い治療はしたくないし、手術も嫌だしということで今回は様子をみることにしたんだって。それで、一念発起して、生活を見直して、体に良いものしか食べない、運動もちゃんとする、教会 [続きを読む]
  • リビングウイル
  • 桜が満開になりました。どうして桜を見ると幸せな気持ちになるのでしょう?すみれだって、たんぽぽだって、バラだってきれいなのに。桜は一時期だけ、広範囲で咲くから?ピンクの薄桃色がなんともきれいだから?そんな幸せな気分なのに、書き始めてしまった緩和ケアー関連の話。もう少し書いてみようと思います。 以下のような文を書いた紙をお財布にいれていつも持ち歩いています。交通事故などで血小板減少の病気のために重 [続きを読む]
  • 緩和ケア(続き)
  • 一昨日の記事の後、思い出したことがありました。姉の夫のことです。彼は妻である姉が亡くなった後、身うちが殆どいなくなってしまいました。義兄は、両親、兄弟も亡くなっていて、子供はいないので姉亡き後は、妻の妹である私(と妹)が一番近い身うちになってしまいました。年に数回会う程度の、義理の妹たちが、彼の生活を決めていかなければなりませんでした。肝臓ガンと認知症がありましたが、高度医療病院は長い入院は認めら [続きを読む]
  • 緩和ケア
  • 今日はとても重い暗い話です。そういう話はイヤと思う方は読まないでください。肺がん末期の友達がいます。去年の10月に主治医に「あと何年生きられますか?」と聞いたら「年単位ではなく月単位です」と言われたそうです。腎臓癌の手術、肺癌の手術をへて、またたくさんの肺癌が再発した彼は、抗がん剤他いっさいの治療をことわりました。前の年に膵臓癌と胆管癌で亡くなった友達の辛い大変な抗がん剤治療をみていたからです。人 [続きを読む]
  • 体調が悪い時、どうする?
  • 今日は朝から調子悪いです。それでも、「毎週土曜日はプールで泳ぐ」と決めています。体重減らしたいし、少しでも体力をつけたいから。自らを叱咤激励して、行くべきかどうか?ふと、昨夜のテレビを思い出しました。冷たい雨の降るなか、まだ2部咲きの桜を前にしてお花見をしている人たちがいました。「決めたことだから」と。それは滑稽だ! 笑える!なんて思いながら見ていました。氷雨で、あまり咲いてないのにお花見だなんて [続きを読む]
  • 逆流性食道炎
  • この数日、胃の内容が逆流してきます。もともと逆流性食道炎があるので、その薬をのんでいますがかなり悪化しているようです。間質性肺炎の患者には逆流性食道炎を併発しやすいのです。それがわかっているのに、食欲があるので、つい調子に乗って食べ過ぎてしまいました。猛反省です。この頃、食欲も減り、ちょっと気持ちが悪いので自戒のために、逆流性食道炎のことを調べてみました。食べてはいけないもの1。脂っこいもの    [続きを読む]
  • スケート
  • しばらく体調は、まあ元気という具合です。咳が割と頻繁にでます。急いで歩くと息がきれます。毎日、間質性肺炎のことを考えない日はないけれど時にはそのことを全く忘れて楽しいことをしたいと思います。今夜は、いよいよフィギュアスケート世界選手権大会です。女子ショートの滑走順が発表されました。注目選手は以下の通りです。場所はヘルシンキですが、以下の時間は日本時間で、多分リアルタイムのライブと思いますが、フジテ [続きを読む]
  • 肺と心臓の関係
  • 「ちょっと長く歩いたら、息切れがして、心臓がバクバクした」と娘にラインしたら「どうして肺が苦しくなると心臓がバクバクになるの?」と質問されました。心臓と肺はつながっているものとして、当たり前に思っていましたが、そういわれてみると、「なんでかな」と考えてみました。アメリカに住んでいる娘は東海岸なので、日本との時差は13時間になります。朝晩がちょうど反対で、お互いラインを交わすのに都合のいい時間になり [続きを読む]
  • 間質性肺炎と運動
  • 間質性肺炎の人はどのくらい運動したらいいのでしょうか。肺の病気になったとわかった時、「もう運動はできないだろう」と悲しく思いました。週3回くらい楽しく通っていたスポーツクラブに「休会制度はないのですか」と尋ねたりしていました。休会制度はないそうで、しばらく様子をみようかと思っていました。1月には、一番ひどかった状態がなくなり落ち着いてきました。おそるおそるストレッチをしたり、腹筋のマシーンで筋トレ [続きを読む]
  • 希望的観測 & カルテット
  • ふと思いました。希望的観測です。(というか夢想かもしれません)もしかしたら、私のは「特発性間質性肺炎」ではなく、「薬剤性間質性肺炎」ではないのでしょうか?2014年からC型肝炎の新しい飲み薬を2回のみました。(初めの薬を半年間、別の薬を3ヶ月)初めの方の薬の副作用に間質性肺炎があります。薬剤性間質性肺炎ではないか、ともう一度考えてみることにしました。主治医は、「飲み終わって時間がたっているので、そ [続きを読む]
  • 間質性肺炎とは? 
  • カンシツセイハイエン という言葉にはじめて出会ってから3ヶ月半たちました。間質性肺炎とは何かをもう一度考えてみたいと思います。長井苑子著「間質性肺炎、肺線維症」倉原優著「ねころんで読める呼吸のすべて」神奈川県立循環器呼吸器病センター 「間質性肺炎センター」を読んでまとめています。肺は、心臓とともに、胸郭の中に囲われています。肺は心臓と密接な関連があり、空気と血管に富む弱い臓器です。気管という空気の [続きを読む]
  • 難病になった私の、友達とのつきあい
  • 「間質性肺炎になってしまった」と友達に告げたあと、色々なやさしさに出会いました。病気になって、誰にもいわず、音信をたって閉じこもる人もいます。そういう生き方もありますね。私は、友達と連絡がとれなくなったらとても寂しいです。今までそうしてきたように、なんでも話して、つながっていたいと思います。でも、難病を告げられた友達の方は、重苦しい気持ちになり「どよよ〜〜〜ん」といやな気持ちになってしまうでしょう [続きを読む]
  • 略語
  • この病気の方は気付かれていると思いますが、間質性肺炎はとても略語が多いのです。ちょっとまとめてみたいと思います。IIPs   idiopathic interstitial pneumonias 特発性間質性肺炎    原因不明の間質性肺炎の総称IPF idiopathic pulmonary fibrosis 特発性肺線維症    臨床診断名UIP usual interstitial pneumonias   [続きを読む]
  • 同じ病気の仲間達
  • ブログ初心者で、あたふた、うろうろしている私をサポートしてくださる方達がいます。ブログをはじめて、同じ病気をもつお仲間をみつけて本当に嬉しいです。はじめる前は、「どなたかのお役に立てば」という気持ちでしたが同病の方とお知り合いになることがこんなに嬉しいとは思いませんでした。違うジャンルに登録してしまったのですが、ようやく間質性肺炎のグループにはいれたようで、ほっとしています。今日は気持ちのいい暖か [続きを読む]
  • セルベックス
  • テレビでヒートショックプロテイン(HSPs9) のことをとりあげていました。しなびたレタスが50度のお湯にいれるとしゃっきとするとか、42度のお風呂につかるのがいいとか。HSPsとセルベックスのことを、ゆりりんさんが書いていらっしゃいました。セルベックスが間質性肺炎の症状を改善するというのがたとえ動物実験の段階であるにせよ、ためしてみてもいいのではないか、と思います。私は三食、食後にのんでいます。以下の記事 [続きを読む]
  • 今日はとても元気
  • 陽射しは暖かいけれど、北風がちょっと寒い今日、私の間質性肺炎を見つけて下さったS院長のいらっしゃるクリニックへ行ってきました。C型肝炎のために殆ど毎日、強力ミノファーゲンの注射をしに10年以上通ったところです。100ミリという太い注射を2本静脈注射するので時間がかかり、私はいつも看護婦さんと楽しくおしゃべりしていました。Tさんという看護婦長(今は看護師長というみたい)が、優しいけれど凛々しくテキパキ [続きを読む]